イヤリングの正しい付け方は?位置やネジ式のやり方も!【痛くない】

イヤリングは、ピアスホールがなくても耳に付けられるアクセサリーです。お洒落で可愛いデザインがあります。イヤリングを、耳のどこに付けると痛くないかなどを解説します。イヤリングは、樹脂やネジ式の付け方が異なります。その正しい付け方を紹介します。

イヤリングの正しい付け方は?位置やネジ式のやり方も!【痛くない】	のイメージ

目次

  1. イヤリングの正しい付け方 11選 イヤリングで可愛さアップ
  2. イヤリングの正しい付け方① 耳たぶの真ん中に挟む
  3. イヤリングの正しい付け方② ヘアアレンジの後
  4. イヤリングの正しい付け方③ 樹脂イヤリング
  5. イヤリングの正しい付け方④ ネジ式イヤリング
  6. イヤリングの正しい付け方⑤ 両面テープを使う
  7. イヤリングの正しい付け方⑥ シリコンカバーをつける
  8. イヤリングの正しい付け方⑦ 大きいイヤリング
  9. イヤリングの正しい付け方⑧ ノンホールピアス
  10. イヤリングの正しい付け方⑨ アイプチを使う
  11. イヤリングの正しい付け方⑩ バネの調整
  12. イヤリングの正しい付け方⑪ 金具の交換
  13. マグネットタイプのイヤリング
  14. フープタイプのイヤリング
  15. イヤリングの正しい付け方は、どうでしたか?

イヤリングの正しい付け方 11選 イヤリングで可愛さアップ

イヤリングは、ピアスと違うデザインで華やかさのあるアクセサリーです。
ピアスの穴を開けたくない人が付けるアクセサリーとしても、人気です。
耳たぶに挟むタイプは、耳が痛くないように耳たぶの柔らかい部分に挟みます。
イヤリングは、落ちやすいからきちんと耳たぶに挟む必要があります。
イヤリングの正しい付け方を紹介します。

イヤリングの正しい付け方① 耳たぶの真ん中に挟む

イヤリングは、耳たぶの厚みのある真ん中に付けます。
耳たぶの厚みがある部分に付けると、痛くありません。
イヤリングを、耳たぶの真ん中にきちんと挟むと落ちません。
耳たぶの真ん中なら、イヤリングが重く感じないです。

耳たぶの真ん中にイヤリングを挟むと、バランスも良いです。
綺麗に耳を飾ってくれます。
耳たぶが痛くないから、違和感がありません。
イヤリングを初めて付けるなら、耳たぶの厚みのある真ん中にしてください。

クリップ式イヤリング

クリップ式イヤリングは、付け方が簡単です。
クリップを耳たぶに挟んで、しっかり付けられます。
重さのあるデザインのイヤリングも、クリップ式なら安全です。
耳たぶが痛いと感じるなら、両面テープやシリコンカバーを使ってください。
耳たぶの真ん中に付けると良いです。
デザインが大きいイヤリングも、クリップ式がつけやすくて外れにくいです。

イヤリングの正しい付け方② ヘアアレンジの後

イヤリングは、髪の毛を挟んでしまうことがあります。
特に、ロングヘアの女性はイヤリングを耳たぶに挟む時に、イヤリングに数本の髪の毛が絡まりやすいです。
髪の毛をハーフアップにするか、綺麗にまとめてヘアスタイリングをした後にイヤリングを付けましょう。
イヤリングに、髪の毛が絡まると髪が抜けたり痛い思いをします。

耳たぶの下の方にイヤリングを付けると、外れやすいです。
イヤリングを安定して付けるために、髪を綺麗にセットしてから耳たぶの真ん中に付けます。
髪がイヤリングに挟まったら、イヤリングを外してつけなおしてください。
イヤリングに、ビジューやパールなどの飾りがあると髪が絡まりやすいので、気を付けましょう。

イヤリングの正しい付け方③ 樹脂イヤリング

樹脂イヤリングは、最近注目を集めているイヤリングです。
ノンホールピアスと呼ばれているイヤリングで、小ぶりのピアスに似たイヤリングです。
耳たぶの薄い部分に付けることができます。
樹脂イヤリングは、とても軽いので耳への負担がありません。

樹脂イヤリングの正しい付け方は、耳たぶの下から上の位置につけます。
耳たぶの端から付けても構いません。
耳たぶの薄い部分に樹脂ピアスを付けた後は、下の方へ滑り下ろします。
綺麗に見える位置まで樹脂イヤリングを下へ滑り下ろしたら、装着完了です。

樹脂ピアスの注意点

樹脂ピアスは、付けてから広げ過ぎてはいけません。
樹脂ピアスを広げると、元のサイズに戻らなくなります。
美しいフォルムを保つには、丁寧に扱います。
樹脂ピアスは、ソフトで伸びやすいので注意しましょう。

イヤリングの正しい付け方④ ネジ式イヤリング

ネジ式イヤリングは、耳たぶの真ん中に付けます。
最初にネジを緩めてから、耳たぶの真ん中に合わせます。
耳たぶに挟んだ後で、ネジ式ピアスのネジを締めます。
耳たぶに痛さを感じない程度に、ネジを締めるといいです。

ネジ式イヤリングを耳たぶの真ん中に挟んでから、ネジをいったん緩めて痛くない程度に調節します。
ネジ式イヤリングは、耳たぶの真ん中に付けることが正しい付け方です。
イヤリングの種類によって、耳たぶに付ける位置が違います。
耳たぶから落ちないように、イヤリングを付けるコツをつかみます。

イヤリングは、デザインが豊富

イヤリングは、デザインが煌びやかで華やかなアクセサリーです。
アクセサリーとして、耳にピアスの穴を開けないで付けられます。
アクセサリーが好きな女性にとって、イヤリングは色々持っておきたいお洒落アイテムです。
デザインもフラワーをモチーフにしたものやビジューをたくさん使ったもの、メタリックでハードなデザインなど様々です。
イヤリングは、色々なファッションと合わせて、たくさん持っていたいアクセサリーですね。

イヤリングの正しい付け方⑤ 両面テープを使う

耳たぶに両面テープを貼ると、イヤリングのネジを緩めたときにイヤリングが落ちないです。
両面テープを貼ると、痛くなって緩めてもネジ式のイヤリングを固定できて便利です。
イヤリングの重さは、両面テープで支えることができます。
クリアな両面テープをカットして使います。

クリップ式やネジ式のイヤリングに、両面テープを使う時に薄いクッションを挟むと、痛くありません。
傷みはイヤリングを外すか、緩めると軽減します。
イヤリングをしたいけれど、痛みを感じる場合は、両面テープとクッションを使ってみてください。
100均で両面テープと薄いクッションが購入できます。

イヤリングの位置

ネジ式イヤリングやクリップ式イヤリングは、耳たぶの中心の位置に付けます。
イヤリングの重さを保てる、絶好のイヤリングの位置が耳たぶの真ん中です。
ノンホールピアスやマグネット式ピアスの位置は、耳たぶの薄い位置につけます。
イヤリングの位置は、痛くないや落ちにくいことを考えて選びます。
ぶら下がっているイヤリングが揺れても、きちんとした正しい位置なら落ちません。
イヤリングを付ける位置は、とっても重要です。
イヤリングを頻繁に付ける人は、耳たぶが痛くならないように少し位置を変えると良いでしょう。

イヤリングの正しい付け方⑥ シリコンカバーをつける

イヤリングにシリコンカバーを付けると、ネジをきつく締めても耳たぶが痛くなりません。
ソフトなシリコンカバーが、耳たぶを刺激から守ってくれます。
シリコンカバーは、とっても安いのでたくさん買っておくと便利です。
1個50円~のシリコンカバーは、イヤリングに簡単に付けることができます。
耳たぶが痛くて、可愛いイヤリングを付けられない女性にシリコンカバーが役に立ちます。

シリコンカバーは、ネジ式やクリップ式のイヤリングに使えます。
耳たぶを挟んだ時の痛みがなくなり、外れにくいですね。
イヤリングを落とすこともなくなるでしょう。
シリコンカバーを使うと、痛くてできなかったイヤリングも付けられるようになるでしょう。

耳が痛くなりにくいイヤリング用シリコンカバー 10ペア(20個)
540円
楽天で詳細を見る

イヤリングの正しい付け方⑦ 大きいイヤリング

イヤリングが大きいと、小顔に見えます。
挟むタイプのイヤリングは、大きくて綺麗なデザインのイヤリングがあります。
大きいイヤリングの飾りは、重く感じるものもありますが、挟むタイプなら頑丈で落ちにくいです。
顔を小さく見せたい女性におすすめです。

大きいイヤリングは、デザインが豊かで可愛いから付けたくなります。
ファーやビジュー、リングなど、様々なデザインのイヤリングは煌びやかで、お洒落です。
落ちそうで心配な時は、きちんと耳たぶに挟むためにクッションやシリコンカバーを使います。
丁寧なイヤリングの使い方が、肝心です。
挟むタイプのイヤリングは、耳たぶの真ん中に付けると、安定感があっていいです。

人気の挟むタイプやクリップ式

イヤリングは、挟むタイプやクリップ式のデザインも可愛くて人気です。
高級ブランドのイヤリングは、大きくて煌びやかなデザインでクリップ式や挟むタイプがあります。
宝石のイヤリングも挟むタイプやクリップ式が頑丈で丈夫です。
大きなロゴデザインやパワーストーンのイヤリングも、大きいのでクリップ式や挟むタイプです。

イヤリングは、重さがあるデザインのものは挟むタイプやクリップ式が頑丈で固定しやすいです。
揺れるアクセサリーが付いたイヤリングも、挟むタイプやクリップ式が良いでしょう。
挟む式やクリップ式のイヤリングが痛く感じたら、シリコンカバーをしてください。

■参考記事:小顔になれる髪型とメイク、コチラもチェック!

顔がでかい女性に似合う髪型は?ショートからロングまで!【小顔効果】
ハイライトの入れ方・使い方のススメ!メイクテクでツヤ肌・小顔に!

イヤリングの正しい付け方⑧ ノンホールピアス

ノンホールピアスを付ける時は、耳たぶを強く持って引っ張ります。
それから、耳たぶにノンホールピアスをしっかり挟み、ピアスの位置まで動かします。
ノンホールピアスを引っ張って、落ちないことを確認してください。
ピアスホールがなくても、ピアス風に見えるのがノンホールピアスです。

ノンホールピアスは、長さのある物や小さくて可愛いデザインなどがあります。
ノンホールピアスは、ピアスの穴を開ける必要がないから人気が集まっています。
ノンホールピアスの正しい付け方は、誰でもできる簡単な方法です。
耳たぶにきちんと挟むと、取れることがありません。

イヤリングの正しい付け方⑨ アイプチを使う

アイプチは、瞼を一重を二重にしたい場合に使われます。
そのアイプチをイヤリングに付けるときに、クッション代わりにします。
イヤリングの金具にアイプチを付けるだけです。
耳たぶの痛みは、無くなるはずです。

アイプチは、イヤリングの金具や耳たぶのお肌を傷つけることがありません。
アイプチは瞼に使うものだから、お肌に優しいです。
イヤリングの重さにも耐えれて、イヤリングが落ちることもないはずです。
アイプチを使うことで、耳たぶにしっかり挟めます。

ショートヘアに、イヤリング

イヤリングは、ショートヘアに似合うアクセサリーです。
ショートヘアは、ボーイッシュですがイヤリングを付けると可愛く似合います。
アクセサリーは、ショートヘアの女性をガーリーに見せる必需品ですね。
大きなイヤリングは、ショートヘアにカッコいいイメージを与えるアクセサリーです。
お洒落は、アクセサリーの付け方から学べますね。
イヤリングやネックレスを、ショートヘアの女性に頑張ってつけてほしいと思います。
様々なデザインがあるイヤリングは、いくつも持っていたいと思えるアクセサリーですね。

イヤリングの正しい付け方⑩ バネの調整

イヤリングのバネを調節して、痛みを和らげることができます。
バネの調整ができるイヤリングは、自分で調節できるものもあります。
ジュエリー店で購入したものは、バネの調整ができるか、お店で確認すると良いですね。
イヤリングをしっかり挟めるように、バネを調整します。

イヤリングのバネを自分で調節するときは、イヤリングのバネを伸ばし過ぎないようにします。
イヤリングのバネの調節は、とっても簡単なようで難しいです。
高価なイヤリングは、お店でバネの調節ができるか尋ねてみてください。
イヤリングは小さくて、壊れやすいから丁寧に扱うべきです。
耳たぶに挟んでから痛みがなくなるまで、何度もバネの調整をしましょう。

イヤリングの正しい付け方⑪ 金具の交換

イヤリングは、色々な種類があります。
ネジ式、ネジバネ式、ノンホールピアス、クリップ式、パイプ式などです。
イヤリングを耳たぶに挟んで、痛みがあるなら金具を交換しましょう。
金具を替えるだけで、痛みがなくなります。
耳たぶに合った金具を使ってみましょう。

耳たぶの痛みは、金具の種類によって違います。
耳たぶの感じる痛みが少ない金具に交換すると、いつでもイヤリングを付けられます。
好きなイヤリングが、挟みやすい金具でなかったら、金具の交換をすると良いですね。
金具によって、耳たぶに合う合わないがあります。

マグネットタイプのイヤリング

マグネットタイプのイヤリングは、耳たぶが厚いと磁力が薄れて外れやすいです。
マグネットタイプは、耳たぶの薄い部分に付けると外れません。
イヤリングでは、付ける位置が重要になります。
外れにくくて、痛くない位置を自分で知っておきましょう。

マグネット式イヤリングは、小ぶりのデザインが丁度いいです。
磁力でくっつけるから、耳たぶが厚い人は使わない方が良いです。
マグネットは、痛みが少ないから敏感肌の女性におすすめです。
お肌に優しいマグネットイヤリングや金具のイヤリングを選んでください。

フープタイプのイヤリング

パイプタイプのイヤリングは、痛みが少なくて耳たぶにしっかり付けられます。
フープタイプのイヤリングは、痛みは人によって違いますが男性も付けられるシンプルなデザインです。
フープタイプは、耳たぶ以外にも付けることができます。
痛みを感じるなら、皮膚の柔らかい部分に付けましょう。

イヤリングは、お洒落で付けたくなります。
フープタイプのイヤリングは、外れにくくて耳にフィットします。
フープタイプは、耳たぶに挟んでぶら下げるように付けます。
落ちにくく、固定しやすいです。
耳の上に付けたり、色々な箇所に付ける人もいます。

フープタイプは、シンプル

フープタイプのイヤリングは、挟むタイプより細くて軽いイメージがあります。
挟むタイプよりもフープタイプは、痛くないので初めてイヤリングを付ける方におすすめです。
挟むタイプは、耳たぶを締め付けますが、フープタイプは軽く耳たぶを挟む感じで付けられます。
耳たぶが薄い人は、フープタイプのイヤリングが付けやすいでしょう。
挟むタイプは重さもあるので、耳たぶが薄い方が付けると、跡がついたり赤くなったりします。

イヤリングの正しい付け方は、どうでしたか?

イヤリングは、お洒落で可愛いアクセサリーです。
素敵なファッションやヘアスタイルに合わせて、イヤリングを選ぶことは楽しいですね。
イヤリングを付けて、痛みがなかったら本当に嬉しいと感じる人もいるでしょう。
イヤリングの正しい付け方をして、シリコンカバーなどを使うと痛みがなくなります。
ぜひお気に入りのイヤリングを付けて、お洒落を楽しんでください。

アクセサリーについてもっと情報を知りたいアナタに!

バレッタの付け方・使い方!簡単でおしゃれなアレンジをご紹介!
バンスクリップの使い方!簡単まとめ髪アレンジと可愛い留め方紹介!
三角クリップでへアアレンジ!簡単可愛いアレンジ9選紹介!
指輪つける位置には意味がある!10本の指ごとに解説!【願いが叶う】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ