マフラーのプレゼントおすすめブランド特集!彼女・彼氏が喜ぶ!

冬に贈るプレゼントといったらマフラー!とお考えの人も多いはず。では、せっかく贈るプレゼントならばブランドや年齢層、特徴などを抑えて上で相手にベストなマフラーを贈りましょう。この記事ではマフラーのブランドの王道からちょっとレアなものまでご紹介します!

マフラーのプレゼントおすすめブランド特集!彼女・彼氏が喜ぶ!のイメージ

目次

  1. 今年の冬に贈るプレゼントはマフラーにしたい人必見!
  2. 恋人にマフラーを贈る本当の意味
  3. 【男性向】ラルフローレン【マフラーのプレゼント】
  4. 【男性向】ポール・スミス【マフラーのプレゼント】
  5. 【男性向】バーバリー【マフラーのプレゼント】
  6. 【男性向】ヴェルサーチ【マフラーのプレゼント】
  7. 【男性向】ユナイテッドアローズ【マフラーのプレゼント】
  8. 【男性向】ジャーナルスタンダード【マフラーのプレゼント】
  9. 【男性向】ディーゼル【マフラーのプレゼント】
  10. 【男性向】カルバンクライン【マフラーのプレゼント】
  11. 【男性向】アルマーニ【マフラーのプレゼント】
  12. 【女性向】ロロピアーナ【マフラーのプレゼント】
  13. 【女性向】DAKS【マフラーのプレゼント】
  14. 【女性向】エルメス【マフラーのプレゼント】
  15. 【女性向】ルイ・ヴィトン【マフラーのプレゼント】
  16. 【女性向】フルラ【マフラーのプレゼント】
  17. 【女性向】コーチ【マフラーのプレゼント】
  18. 【女性向】アナスイ【彼女・妻へ】
  19. 【女性向】フェンディ【彼女・妻へ】
  20. 【女性向】ランバン【彼女・妻へ】
  21. マフラーの巻き方3選
  22. さぁ、相手にベストなマフラーを選びましょう!

今年の冬に贈るプレゼントはマフラーにしたい人必見!

さぁ、いよいよ冬も本番に近づいて参りました。冬は毎日寒いですよね。大切な彼氏や彼女に少しでも温かくしてすごしてほしい。
そんなあたたかい贈り物ができるのも、冬ならではです。
そこで、今年は王道中の王道「マフラー」をチョイスしてみてはいかがでしょうか。
冬はプレゼントを贈るイベントもたくさんありますので今年は一つレベルアップしたブランド物のマフラーを選んでみてはいかがでしょう。

この記事では、彼氏や旦那様などの男性向けと、彼女や奥様にあてた女性向けそれぞれに9種類ずつマフラーのブランドをご紹介します。
更には、プレゼントにマフラーをチョイスする意味の解説や最後にはスタンダードなマフラーの巻き方などもご紹介します。

ブランドはこの世に数あれど、あなたが心を込めて選んだマフラーは世界にただ一つ。
沢山あるブランドの中でも大切な人に贈るベストなマフラーを選んでいきましょう。
ブランドの特色、年齢層・価格層も様々ありますので、ぜひプレゼント候補の中に入れて検討してみてください!

恋人にマフラーを贈る本当の意味

ところで、いつの時代も贈り物によってその人の本心や意味が変わるというのはまことしやかに言われ続けていることですが、マフラーにもそのような意味が含まれていることをご存知ですか?
実はその意味の中でもマフラーは「私だけのもの(首輪)」という意味や「あなたを首ったけにしたい」という意味が込められているそうです。

何気なく贈っているプレゼントでもそのような意味が含まれているというのは愛ゆえにいろんな意味でドキドキしますね。

マフラーのほかにもプレゼントの意味についてご紹介するならば、まずは同じような意味を持っているネクタイ。
ネクタイもマフラーを同じく首に巻くもので「あなたは私のもの」といった意味も含まれているそうです。

更に時計などは男性が女性に贈る意味と、女性が男性に贈る意味が異なるものもあります。
男性が女性に贈ると意味は「同じ時を歩んでいきたい」というメッセージになり、女性が男性に贈ると「あなたの時間を握りたい」という意味になるようです。
女性のほうはどうしても相手を独り占めしたいという意味あいが強く前に出てくるようです。

マフラーを含めて贈る側も受け取る側も意味を知っていらなかったらお互いに何とも思いませんが、どちらかが知っていたらドキドキするような意味をもつプレゼントも存在するようです。

【男性向】ラルフローレン【マフラーのプレゼント】

それでは早速、マフラーのブランドのご紹介にうつります。
まずは男性向けのブランドをご紹介しますので、意中の男性や彼氏さん旦那様などへプレゼントを計画する女性は必見です。

一つ目はラルフローレン。有名ブランドの一つですね。中堅といっても差しさわりのないランクです。マフラーの価格帯は大体5,000円から6000円くらいを見積もっておくとよいでしょう。

ラルフローレンというブランド自体はアメリカ発祥のものですが、イギリスの伝統的なファッションスタイルと、アメリカのカジュアルテイストをミックスさせたブランドです。
女性よりも男性に人気があり、手触りなどもよくセーターもちくちくしないものが多いと好評を博しています。もちろんマフラーも肌触りが良く、日常で気持ちよく使える品質です。

デザインも割とシンプルなものが多く、あまり柄物は多くありません。年齢層も全年齢対象で、どの年代の男性が着用してもしっかりと様になります。マフラーも同様に良質だけども控えめな印象を強くうけます。
ブランドの思考としては上流階級を目指しているので上品だけど動きやすい、カジュアルさも欲しいという男性はもってこいのブランドといえるでしょう。


◆関連記事:おすすめマフラーブランドはこちら

クリスマスプレゼントでマフラーを彼氏・彼女へ!人気ブランドは?

【男性向】ポール・スミス【マフラーのプレゼント】

次にご紹介する男性向けのブランドはポールスミスです。
ポールスミスは1970年にイングランドのノッティンガムで誕生したブランドです。
1976年にパリコレに出展したのを機に世界中で爆発的な人気を博しています。
そんなポールスミスの特徴はなんといってもとてもファッショナブルなカラーリングであるということ。
ポールスミスを着ているだけでお洒落上級者に映ります。

彼氏や旦那様がとてもスタイリッシュでお洒落に興味がある人ならばポールスミスのブランドを持つマフラーをプレゼントすると、反応が一味違ってくるでしょう。

ポールスミスのマフラーの価格帯は大体8,000円~15,000円。
しかし品質はピカイチです。高品質が大前提のブランドで、デザインもクラシックなスタイルの中に、ハイキーな配色を用いてポールスミスらしさを演出してくれます。


年代も若い年代からミドルな年代まで問わず上品に着用できるため、ビジネススタイルでも、プライベートな時も重宝するマフラーとなるでしょう。
彼氏や旦那様がファッショナブルなものを好む傾向であれば、ぜひ候補に加えてみてはいかがでしょうか。

【男性向】バーバリー【マフラーのプレゼント】

次にご紹介しするのは、知らない人はいないと言っても過言ではないハイブランド「バーバリー」です。
バーバリーのマフラーは値段が張りますが、その分品質はピカイチ。ちなみに値段は男性のマフラーの中でも比較的高めの30,000円~50,000円ほどです。

特にビジネスライクな印象も強い上にとてもハイクラスなブランドなため年齢層はやや高めの30代半よりも上ならば特に上品な着こなしができるでしょう。

そもそもバーバリーというブランドはイギリス発祥で、ブランドを立ち上げたのは「ト―マス・バーバリー」という人でした。
1856年にイギリスで誕生したブランドが今や100年以上の月日を経て世界中の人に愛され続けています。
現在ではイギリス王室の人たちにも愛されているブランドになり、ロイヤル称号まで授かっています。

【男性向】ヴェルサーチ【マフラーのプレゼント】

次は、ヴェルサーチというブランドです。ヴェルサーチはイタリア発祥のブランドです。
1978年にヴェルサーチというブランドを立ち上げました。
さらに1982年には「ゴールデン・アイ」という賞を授かります。この賞をはじめとして数多くの賞を受賞することで認知度はどんどん高まっていき、世界的ブランドの仲間入りを果たすのです。

そんなヴェルサーチのブランドを一言で表すとすればそれは「官能」の一言に尽きるでしょう。
ヴェルサーチは艶やかで官能的・セクシーな魅力にあふれているブランドといえます。
使用している素材も非常に高級なものばかりなうえに、卓越した裁縫技術で繊細に作り上げられていることがヴェルサーチの特徴ともいえる部分でしょう。その完成美に多くの人が心を奪われています。

マフラーのデザインは無地のものはあまり存在しません。それよりもルネサンス時代のとてもアンティークなテイストにセレブさを加えたデザインが特徴的です。
価格帯は7,000円~10,000円程で推移しているようです。
彼氏がミステリアスな雰囲気や官能的な色気に包まれているタイプ、またはシンプルな服装を好むためにアクセントが欲しいタイプならば、このブランドを選んでみるとよいでしょう。


◆関連記事:とにかく女性向けブランドが知りたい方はこちら

マフラーの人気ブランドランキング13選!【レディース編】

【男性向】ユナイテッドアローズ【マフラーのプレゼント】

次にご紹介するブランドはユナイテッドアローズです。
ユナイテッドアローズは実は日本のセレクトショップの中でもかなり重宝されているカジュアルブランドの一つです。
しかしユナイテッドアローズは、実は「BEAMS」から独立したブランドであるという事を知っている人はどれくらいいるでしょうか。「BEAMS」が手頃感のあるブランドへと変貌を遂げているときに「本当に良いものを」取り扱うセレクトショップとして立ち上げられたブランドなのです。

そんなユナイテッドアローズのマフラーの価格帯は大体10,000円~15,000円ほど。
そしてマフラーのデザインも綺麗・シンプル・ファッショナブルの三拍子が揃っていますのでブランドの中でも使いやすいさや洋服の合わせやすさはピカイチのものといえるでしょう。

彼氏や旦那様の年齢で言えば大体20代後半から30代くらいがベストマッチの年齢層といえます。
さらに、テイストもクールなものが多い為ビジネスでもプライベートでも幅広く活用できるでしょう。
彼氏や旦那様のプレゼントに落ち着いたマフラーを選ぶなら、ベストチョイスになりえそうです。

【男性向】ジャーナルスタンダード【マフラーのプレゼント】

次にご紹介する男性向けのマフラーラ分度はジャーナルスタンダードです。
ジャーナルスタンダードのマフラーをプレゼントするのにお勧めな男性はズバリ「仕事人間」が良いでしょう。
ジャーナルという言葉が付く通りにとてもビジネスライク・ビジネス基調のデザインやカラーリングのものが多いと言えます。
さらに、マフラーだけではなくアウターや小物なども働く男性にとっては心くすぐられるデザインばかりです。
そのため、仕事が大好きな彼氏や旦那様を持っている人はジャーナルスタンダードのブランドを選んでみてもよいかもしれません。

ジャーナルスタンダードのマフラーは価格帯が10,000円~12,000円程。
プレゼントをするにしてもブランドもののマフラーの中ではそこまで高額な値段ではありません。
デザインの特徴としては無地が多くビジネスライクなファッションやスーツなどと合わせても違和感のない色味です。ネイビー・ダークグリーン・ボルドーなどといった落ち着いた色がとても多いです。

彼氏や旦那様がお仕事で一生懸命頑張っていることを応援する意味でも、ジャーナルスタンダードのマフラーをプレゼントしてそっと見守ってあげましょう。

【男性向】ディーゼル【マフラーのプレゼント】

ディーゼルは1978年にイタリアで誕生したブランドです。ブランドの傾向としてデザインもカジュアルなものが多くみられます。

ビジネスライクなものはあまりありませんので、若い年齢の彼氏だったりカジュアルな服装を好む彼氏さんならセンス良く着こなすことができるでしょう。
価格帯は大体5,000円~8,000円前後で、若年層を中心にオフスタイルにベストマッチなデザインが徐々に人気を博してきているブランドです。

デザイン的にもワイルドなものが多いためフォーマルな服装にはやや不向きです。
日常で毎日気軽に使えるタイプの彼氏さんに贈ってあげると良いでしょう。
独特のワイルドなロゴが目立つ色合いでも、目立ちにくい色合いでも、いつの時代も「ワイルド」は男性にとってはあこがれるもの。
彼氏の趣味や傾向がワイルドならプレゼント候補にしてみてはいかがでしょうか。

【男性向】カルバンクライン【マフラーのプレゼント】

次にご紹介するプレゼントにお勧めのマフラーブランドはカルバンクラインです。
カルバンクラインはアメリカにおいてとても有名なブランドであり、世界的にもその知名度は認められています。
ラルフローレンと同じくアメリカにおける三大ブランドと呼ばれています。

1968年に誕生したブランドで、ジーンズを発端に大きく飛躍。ジーンズも野暮ったくないデザインやシルエットが絶大な人気を博しています。

マフラーもしかり、カルバンクラインの大きな特徴は黒に軸を置いたスタイルでとてもスタイリッシュである事です。
ジーンズで人気を博したといってもその高級感からオンでもオフでもきちんと感を失わずに着用できます。
プレゼント予算から見ても5,000円~10,000円とそこまで値は張りませんが、老若男女問わず楽しめるブランドといえます。

日本国内で言えばラルフローレンのほうが広く知られているかもしれませんが、他の人とプレゼントをかぶらせたくない女性は彼氏さんや旦那様にカルバンクラインのマフラーをプレゼントにチョイスしてみてはいかがでしょうか。

【男性向】アルマーニ【マフラーのプレゼント】

最後に男性向マフラーのプレゼントとしてご紹介するのはアルマーニです。
これはある意味ビジネスパーソン憧れのブレンドといえるでしょう。
アルマーニはイタリアで誕生したファッションブランドでスーツ等がとても有名です。
「セルジオ・アルマーニ」を主軸として「エンポリオ・アルマーニ」などの遊び心のあるデザインもとても高い評価を得ているブランドです。

そのため、アルマーニを愛するビジネスマンも多いです。もし、アルマーニを知ってない男性であっても、このシンプルかつオシャレなデザインのマフラーをプレゼントされたら、嬉しく思うはずです。

エンポリオ・アルマーニのマフラーをプレゼントにチョイスするならば、予算は5,000円~10,000円程を見積もっておくとよいでしょう。

洋服の色もデザインも嫌わない万能なマフラーで、仕事のオンスタイルでも、プライベートのオフスタイルにも浮上にマッチするマフラーを望むなら、アルマーニのマフラーをプレゼント候補にするとよいでしょう。

【女性向】ロロピアーナ【マフラーのプレゼント】

ここからは、彼女や奥様に向けた女性向けのマフラーのプレゼントをご紹介します。
まずは、女性も男性もあこがれのブランド、ロロピアーナです。

ロロピアーナは1936年にイタリアで誕生したブランドで、最高級のカシミヤと最高級のウールを使用する高級ブランドです。

そのため、スーツを始め最高級の生地を使用した製品は世界中でも絶賛されるほどのワールドワイドなブランドと名高いです。

もちろん、スーツのメーカーとしても名高いロロピアーナですが、最高級のカシミヤの生地を用いたマフラーも人気を博し、プレゼントにはもってこいの名品です。

お値段はやや張りますが、デザインもシンプルで使いやすく、カシミヤ素材が肌になじむためプレゼントされた側はその使用感にうっとりしてしまうかもしれません。
プレゼントするマフラーとしては最高級といっていいほど良質なプレゼントとなるでしょう。

【女性向】DAKS【マフラーのプレゼント】

次にご紹介するプレゼントにオススメもマフラーブランドは、DAKSです。
DAKSというブランドは日本国内ではあまり名前こそ知られていないものの、知る人ぞ知る由緒あるイギリスの英国ブランドです。

当初は紳士服のみの取扱でしたが、1900年代も半ばにさしかかる頃、婦人服のブランド展開も開始しました。
そんなDAKSの特徴的なデザインは「DAKSハウスチェック」と呼ばれるデザインです。
マフラーにももちろん施されていますが、最も高級な生地として代表的なタータンチェックが考案され、今でもなおそのデザインは使われ続けているのです。

歴史や由緒あるブランドを好む彼女や奥様にマフラーをプレゼントするなら、俄然DAKSがお勧めです。
日本国内での知名度はまだ広くはないですが、最高級の確かな品質や英国王室御用達と言われるほどの上品で重みのあるブランドですので、上品な着こなしができるようになるでしょう。

プレゼントの予算もマフラーで10,000円~15,000円程とみておくと良いでしょう。

【女性向】エルメス【マフラーのプレゼント】

彼女や奥様にプレゼントするマフラーの中でも最も高価なブランドの一つがこの「エルメス」でしょう。

エルメスはある意味女性のあこがれと言っても過言ではないブランドです。
エルメスは当初パリで馬具工房としてスタートし、1837年に誕生しました。その後3代目のエルメス氏が事業を手広く始め、様々な分野へと進出していきます。

そして19世紀末にバックの製造を開始し、世界的に有名なファッションブランドの道を駆け上がって行くのです。

そんなエルメスの特徴は何時、どんな時代のどんなファッションにでもスタイリッシュになじみ合う不変のハイセンスさ。
さらに最高級の繊維を使い、最高級の技術を駆使した品物の数々は多くの女性を魅了し、セレブ達から愛され続けてきてきたブランドとも言えるでしょう。

そのため、ブランド志向の彼女や奥様に向けてのプレゼントや、長く愛用して欲しいという勝負のプレゼントにもってこいのマフラーといえるでしょう。

【女性向】ルイ・ヴィトン【マフラーのプレゼント】

次にご紹介するマフラーも、彼女や奥様など女性に贈るプレゼントの中では高価なブランド品の一つです。

ルイ・ヴィトンはもともとはトランクの作製稼業でした。そこから1854年に世界初の旅行用トランクを販売。計量でコンパクト。計算されたフォルムに使い勝手の良さが好評を博し、世界シェアはどんどん広がりました。

ヴィトンの特徴であるモノグラムも一度目にしたら忘れないデザインで、誰が目にしても「ヴィトンブランド」は世界で認められてきたブランドと言えるでしょう。

そんな歴史あるヴィトンのマフラーを彼女や奥さんへプレゼントするなら、プレゼントの予算は大体50,000円~80,000円程度を見積もっておきましょう。

さらに、せっかくヴィトンのマフラーをプレゼント候補にしているのならば、ぜひリサーチも欠かさないで下さい。ヴィトンと一口にいってもデザインは様々。さらにはキャラクターなどとのコラボレーションも多彩に行っているブランドでもありますので、彼女や奥さんが好みの「ヴィトン」を選んでプレゼントをしてあげることもまた、喜びもひとしおかもしれません。

【女性向】フルラ【マフラーのプレゼント】

次にご紹介するのはフルラというブランドのマフラーです。

フルラのマフラーをプレゼントに選ぶならプレゼント予算は大体20,000円~30,000円を見積もっておくとよいでしょう。

フルラというブランドは1927年にイタリアのボローニャという土地で誕生しました。
生みの親はアルドとマルゲリータという二人のご夫婦で生みだしたのです。
誕生して間もなくはアクセサリーなどの装飾品を取り扱っていましたが、1970年代にこのブランドに「女性の社会進出」という転機が訪れてからは、バック等の製品が好評を博し、女性のステータスの一部になっていったのです。

フルラというブランドはメンズにおいてはなかなか耳にしない、いわば女性ならではの人気ブランドですが品質はもちろん本物。

更に年代層でみると20代から30代前半の働く女性に特に人気が高いようです。
上品さだけではなく、フェミニンな可愛さや女性らしいパステルカラーなども女心をくすぐる要因の一つ。
彼女や奥さんが可愛しい、かつ上品なブランドを好むようであれば、フルラのマフラーをプレゼント候補として選んでみてはいかがでしょうか。

【女性向】コーチ【マフラーのプレゼント】

次に、彼女や奥様へ贈るマフラーのプレゼントとしてお勧めのブランドは「コーチ」です。
世界中で愛されているコーチですから、一度は耳にしたことのある彼氏さんや旦那様も多いのではないでしょうか。

コーチは1941年に誕生したブランドです。その発祥地はアメリカ・ニューヨークのマンハッタンです。
丈夫な作りに上質な材質、さらには素材本来の美しさを表すその技術に世界の注目を集めました。
1988年には日本にも上陸し、女性の身近且つ上品なブランドとして今もなお人気が衰えることはありません。

彼女や奥様があまりミーハーでないなら、コーチのマフラーをプレゼントすることをおすすめします。
他のブランドのマフラーだと目立って敬遠する女性もいますので、程よく上品で品物も良くさりげなく「イイ女」を演出してくれるコーチなら、少々控えめな彼女や奥様であっても毎日のお伴に一緒に出歩いてくれるでしょう。

プレゼント価格は大体10,000円~20,000円ほどを見積もっておくと良いでしょう。

【女性向】アナスイ【彼女・妻へ】

次に紹介するブランドはアナスイです。
アナスイは好みがはっきりと分かれるブランドであるがゆえに、このブランドのマフラーをプレゼントするならしっかりとした事前リサーチを怠らないようにしましょう。

アナスイは若い女性をターゲットにしたブランドでブラックとパープルの混ざり合った非常にセクシーな色合いのブランドです。価格は15,000円~23,000円ほどがプレゼントの予算となるでしょう。

アナスイはブランド業界においては非常に若いブランドで1992年に中国系アメリカ人がデザインしたブランドです。
ブランド業界にアジアンテイストやエスニックテイスト、さらには黒と紫の非常に大人っぽい配色を施したエスニックブランドの先駆者ともいわれていると名高いブランド。

彼女や奥様がアナスイのようなエスニックな配色やブランドが好みならプレゼント候補にいれてみてはいかがでしょうか。

【女性向】フェンディ【彼女・妻へ】

さぁ、続きましてご紹介するブランドはフェンディです。

フェンディも高級ブランドと名高いですが、誕生の地はイタリアのローマ。
1925年に産声をあげました。更に、毛皮工房としてのスタートだということも有名です。

このブランドは派手な装いや若々しい装いよりも、シックで大人な配色が近年では目立ちます。
そのため、彼女や奥様が大人しめな服装や配色を好む場合はこのブランドをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

確かにハイクオリティなブランドですが、マフラーのプレゼント予算は大体10,000円~20,000円ほどが打倒です。

フェンディを代表する「ズッカ」というデザインのものも含めて、お仕事モードのオンスタイルでも、プライベートモードのオフスタイルでも大人な生活にマッチする柔軟さがあるブランドな為、長く使える、もしくは長く使ってほしいという人にはこのブランドのなかからマフラーのプレゼントを選んでみましょう。

【女性向】ランバン【彼女・妻へ】

さあ、いよいよ最後のご紹介です。
最後にご紹介するプレゼントにおすすめのマフラーブランドはランバンです。
ランバンは歴史も長く1889年にフランスのフォーブルという土地で誕生したブランドです。
当初は帽子店からのスタートでしたが、店主の娘にドレスを作ったことがきっかけで洋服の世界へと飛び込んでいくことになりました。

東洋的なデザイン、ディティールや伝統をヨーロッパの中でも先駆けて取り入れ、とても柔軟な発想を以て現在ではレディースだけではなくメンズにも非常に厚い支持を受けています。

さらに、ランバンは色鮮やかさにも引けをとりませんが、決して派手な鮮やかさでは有りません。
一目引くというよりは吸い込まれるような見事なワンカラーの商品が多いです。

特にランバンブルーというシリーズでは藍にも似た見事な青が「ランバン」の看板を背負って日本でも人気を博しています。
地味なのは嫌だけども、派手な柄物は嫌い…というこだわりの強い彼女や奥様にマフラーを贈るならランバンのマフラーを検討してみてはいかがでしょうか。

マフラーの巻き方3選

最後に、ここからは、マフラーの基本的な巻き方をご紹介します。
一つ目と二つ目は簡単ですが、一番最後のニューヨーク巻きは少々練習が必要かもしれません。

一周巻き

こちらは、至極簡単なマフラーの巻き方です。
首を中心にマフラーをぐるりと巻いて両方とも肩よりも前にたらします。

ワンループ巻き

こちらも比較的簡単な巻き方です。
まずはマフラーを半分に折ります。
そのまま首に巻き付けて、折った部分にできた穴に両端を合わせた部分をくぐらせるだけ。
これだけでも外れにくいマフラーの巻き方になります。

ニューヨーク巻き

最後に、ニューヨーク巻きは片方を長くして首にかけて、まずはぐるりと一周巻きをします。
そのあと、肩より前に出したマフラーの端を緩く結びます。
これだけで、映画に出てきたあの女優さん、俳優さんがしていたマフラーの巻き方が完成です。

意外と簡単なマフラーの巻き方ばかりなので、ぜひ試してみましょう。

さぁ、相手にベストなマフラーを選びましょう!

いかがでしたでしょうか。貴方の彼氏や彼女、大切な人へ似合そうなブランドはありましたか?
一生懸命に選んで贈ったプレゼントは必ず相手に気持ちが届きます。

相手のイメージ・ライフスタイル・洋服の趣味に合わせてベストなマフラーを選んであげましょう。

もっとマフラーについて知りたいアナタはこちらをチェック

マフラーの編み図まとめ!【無料】手編み・棒編み・かぎ針編み別!
マフラー・ストールの洗濯方法・洗い方!【カシミヤ・アクリル・ウール】
ピッティ巻きが一番おしゃれなマフラーの巻き方!徹底解説します!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ