シンク下の収納はニトリグッズで!便利アイデアまとめ!

気が付くとゴチャゴチャ汚くなってしまうシンク下の収納。シンク下の収納はニトリグッズで解決しましょう!この記事ではシンク下の収納のポイントと、活用できるニトリグッズをいろいろとご紹介します。引き出しの中もすっきりして、食器も取り出しやすくなりますよ!

シンク下の収納はニトリグッズで!便利アイデアまとめ!のイメージ

目次

  1. シンク下の収納はニトリグッズで解決しよう!
  2. ニトリも活用!シンク下の収納にはどんなポイントがある?!
  3. 【シンク下の収納のポイント1】毎日使う道具を決める
  4. 【シンク下の収納のポイント2】決めた場所に決めたモノを!
  5. 【シンク下の収納のポイント3】カゴを有効活用!
  6. 【シンク下の収納のポイント4】洗剤類はまとめて収納!
  7. 【シンク下の収納のポイント5】ごみ袋はまとめて収納!
  8. 【シンク下の収納のポイント6】食品はシンク下には置かない!
  9. ニトリのシンク下収納ラックで高さを生かした収納を!
  10. 【ニトリのシンク下収納ラック1】ワイヤーラック
  11. 【ニトリのシンク下収納ラック2】伸縮ラック
  12. 【ニトリのシンク下収納ラック3】伸縮スリムラック
  13. 【ニトリのシンク下収納ラック4】ステンレス棚スリム
  14. 【ニトリのシンク下収納ラック5】簡単に設置できるラック
  15. シンク下収納ラック以外のニトリグッズも活用できる!
  16. 【ニトリ活用シンク下の収納術1】引き出しはこれで小分けを!
  17. 【ニトリ活用シンク下の収納術2】ファイルケースを活用!
  18. 【ニトリ活用シンク下の収納術3】フライパン立てを活用!
  19. 【ニトリ活用シンク下の収納術4】マガジンラックも活用できる!
  20. ニトリのグッズを上手に活用してスッキリシンク下を!

シンク下の収納はニトリグッズで解決しよう!

毎日、家族のためにおいしい料理を作るために立つキッチン。キッチンには食材の他に、食器や鍋やフライパン、ボールやおたまなどの調理器具、サランラップやジップロック、ゴミ袋などの消耗品が沢山ありますよね。

こういったものの収納をどうしたらいいのかというのは、キッチンに毎日立つ人には大きな悩みになっているものです。

特にシンク下には大きな収納があり、収納に活用したいのですが、排水パイプと水道管が収納の真ん中に通っているので、なかなかうまく活用することもできません。

そこでこの記事では、快適な暮らしを創造するためのグッズをたくさん売っているニトリのグッズを使って、シンク下の収納を上手にまとめるアイデアを見ていきたいと思います。

ニトリグッズを使って、どのようにシンク下収納が上手くまとまっていくのか、そのアイデアを見ていきましょう!

■参考記事:キッチンのシンク下収納アイデア、コチラも参照!

キッチンのシンク下収納術!簡単アイデア45選解説!【便利】

ニトリも活用!シンク下の収納にはどんなポイントがある?!

まず、ニトリグッズを具体的にシンク下収納に活用していくアイデアを見ていく前に、シンク下収納を整理するときには、どんな点を考えながら整理していけばいいのか、シンク下収納のアイデアのポイントについてみていきましょう。

普通の収納というのは、引き出しや棚で使いやすいように小分けされているものです。しかしシンク下というのは、水道管と排水パイプが真ん中に通っているために、棚で小分けにすることができません。そのために、真ん中にパイプが通っている、大きな使いにくい空間がどうしてもできてしまうのです。

大きい空間のために、何も考えずにただ適当にモノを入れていってしまうと、気が付くとゴチャゴチャになって、見るのもつらくなってしまう収納空間になってしまいがちです。

そんなことにならないようにするためには、あらかじめ収納空間を整理する前から、気をつけるべきことを頭に入れておく必要があります。いったいどんなことに気を付けながらシンク下の収納空間を整理していけばいいのか、まずはそのポイントについてみていきましょう。

【シンク下の収納のポイント1】毎日使う道具を決める

ついついニトリやホームセンター、雑貨屋さんに行くと、便利そうな調理器具や、可愛い食器、クールな食器に目が行ってしまい、衝動買いしてしまうこともあるかと思います。しかし、そんなふうに衝動買いした、野菜カッターや万能包丁などの調理器具や、可愛い食器などは普段のお料理でどのくらい活用出来ていますか?

実は、ついつい衝動的に調理器具や食器類を購入してしまっても、毎日の食事に使う道具や食器はある一定のものに決まってしまうことがほとんどです。というのは、共働きのご家庭の増えている中、新しい調理法や盛り付けにチャレンジする余裕がある家庭の方が少なくなっているからです。

普段の調理法や出来上がった料理を良く考えてみましょう。いろいろな調理器具を揃えても、使うボールやお鍋、おたまや菜箸は自分が使いやすいものしか使っていませんよね。

使う食器も使い勝手がいいものばかりになっているはずです。収納場所を整理する前に、自分が毎日の生活の中で使うもので、キッチン周りを固めて、特別なお客さんが来た時に使う食器類などは、別の場所に保管するようにしましょう。

【シンク下の収納のポイント2】決めた場所に決めたモノを!

シンク下の収納を作る時には、決めたモノを決めた場所に置くようにすることが大切になります。収納を整理するというのは、毎日の調理の効率を上げる、という目的もありますよね。毎日キッチンで調理をするたびに、モノの位置が変わっていたら、それを探すことに時間を取られてしまって、調理の効率が落ちてしまいます。

どこにどんなものを収納しておけば、毎日の調理が楽にできるようになるのかを考えながら、収納を考えることが大切になります。ここで大きなポイントになるのは、よく使うものは取り出しやすい高さの手前の場所へ収納して、あまり使わないものは取り出しにくい高さの奥の方へ収納すると、毎日の料理が楽になっていきます。

【シンク下の収納のポイント3】カゴを有効活用!

シンク下の収納は、大きな空間がドーンといった感じであるのが特徴になります。シンク下収納には、引出しタイプと観音開きタイプがありますが、どちらのタイプでも、他の収納に比べると、大きな空間が広がっていることには変わりありません。

この広々とした空間を有効活用しながら、収納を使いやすいように整えて行くためには、同じ種類のものをまとめて小分けにしながら収納していく必要があります。この小分けをする時に大活躍するのが、カゴになります。

スポンジやたわしは同じカゴに、ゴミ袋は同じかごに、ラップ類は同じかごに、といった感じで、カゴに小分けして収納すると広い空間もかなりスッキリと使うことができるようになります。

また同じものでも、洗剤類のストックは同じカゴに入れてシンク下の奥の方へ収納。洗剤類でも今使っているモノは別のカゴにまとめてシンク下の手前の方へ収納。こんな感じにすると、使い勝手がさらによくなっていきますよ!

【シンク下の収納のポイント4】洗剤類はまとめて収納!

シンク下の収納をスッキリさせるためのポイントには、洗剤類をまとめて収納する、ということも大切になります。キッチンには本当にたくさんの種類の洗剤がありますよね。

食器洗い用の洗剤、レンジや換気扇周りの強力な油汚れ専用の洗剤、水垢落としの洗剤、フキン用の洗剤、漂白剤などなど…

また、これらの洗剤のストックも必要になります。これらをシンク下にバラバラに収納してしまうと、シンク下もごちゃごちゃとし過ぎてしまい、整理がつかなくなってしまうことがよくありますよね。

食器洗い用の洗剤やフキン用せっけん等、毎日の生活で使う洗剤はシンクの上に出しておいてもいいのですが、毎日使わない洗剤類は1つのカゴにまとめてシンク下に収納してしまいましょう。

この時の収納のポイントには、今ふたを開けて使っているものと、まだふたを開けずに使っていないストックは別々に収納する、ということが大切になります。使っているものはシンク下の手前の方へ、まだ使っていないストックはシンク下の奥へ、と収納することで、シンク下をよりスッキリと使いやすくすることができます。

■参考記事:シンク下の臭いが気になる時は?

シンク下の臭いの対策は?臭い取りの方法を解説します!

【シンク下の収納のポイント5】ごみ袋はまとめて収納!

キッチン周りでは、ゴミ袋の収納というのも頭が痛い問題の1つですよね。最近では、ゴミの分別が強化されている地域が多く、ゴミ袋の種類も燃えるごみと燃えないごみの2種類だけではなくて、生ごみ専用、空き缶専用、空き瓶専用と、いくつもの種類が必要になる地域もあります。

また、三角コーナーや排水溝のゴミ受けにネットを使っている人もいますが、このネットの収納もなかなか頭が痛い問題になります。

そこで、これらのゴミ袋やネットなども、1つのカゴにまとめて収納するようにすると、1つにまとまる上に、どこに何があるのかが必要な時にすぐにわかるので、取り出しやすくなり、キッチンの掃除や整理がよりわかりやすくやりやすくなっていきますよ!

【シンク下の収納のポイント6】食品はシンク下には置かない!

シンク下にお米や、しょうゆやみそのストックなどの食品を置いている人がいますが、シンク下に食品を置くことはNGです。

というのは、シンク下収納には排水パイプが通っているために、水漏れなどがしていなくても、どうしても湿気が溜まりやすく、食品にカビが付きやすいためです。

食器やなべやフライパンなど、調理に使うものを置くのには全く構わないのですが、食品を置く場所としてはちょっと衛生的にお勧めできません。シンク下には食品は置かないようにしましょう。

■参考記事:シンク下にはゴミ箱を置くべき?

キッチンのゴミ箱はシンク下に置くべき理由5選!

ニトリのシンク下収納ラックで高さを生かした収納を!

ニトリにはこんな便利なシンク下収納ラックが!

ここまでシンク下収納を考える時のポイントについてみてきましたが、ここからは具体的にニトリのグッズを使ったシンク下収納のアイデアについてみていきたいと思います。ニトリのシンク下収納と言えば、シンク下収納を考えて作られたラック類があるのでそちらからみていきましょう。

シンク下収納が引き出し方になっているお家では必要ありませんが、引き出し方ではなく、観音開き方になっているお家では、シンク下の収納というのは、横にも縦にも仕切りがなくて、引き出し方と比べると、とても使いにくいものになってしまっています。

そんな使いにくい観音開き方の空間に高さの仕切りを作って、収納力をアップさせるのに便利なモノが、シンク下の収納に活用することを想定されて作られているニトリのラック類になります。

ニトリからはシンク下用のラックがいくつか発売されているので、それぞれの特徴についてみていきましょう!

【ニトリのシンク下収納ラック1】ワイヤーラック

ニトリから発売されているシンク下ラックの1つ目は、シンク下ワイヤーラック スリムになります。価格は税込1990円で、サイズはおおよそ47-75×30.5×42cmとなります。横幅が47cmから75cmまで調節できるので、シンク下の幅に合わせて設置することができます。主にステンレスが使われています。

棚板の取り外しが自由で、排水パイプを避けて、中に通すようにして設置することができるので、どうしてもデッドスペースになりがちな、排水パイプの周辺も活用することができるのがありがたいですね!

棚が2段なので、シンク下収納の底面を入れると全部で3段の収納ができるので、お鍋やお皿の収納に高さを存分に生かすことができるようになります。ステンレス製なので、湿気がこもりやすいシンク下でもさびにくく、プラスチックよりも耐久性があるのがうれしいですね!

【ニトリのシンク下収納ラック2】伸縮ラック

ニトリから発売されているシンク下ラックの2つ目は、シンク下伸縮ラックになります。価格は税込2550円で、サイズはおおよそ巾50×奥行30.3×高さ39.9cmとなります。

こちらのラックも横幅が47cmから75cmまで調節できるので、一人暮らし用の小さなお部屋のキッチンから、一般家庭用の大きなキッチンまで自由にサイズを調整できるのがうれしいですね!主な素材はポリプロピレンとなります。耐荷重は棚1つ当たり5kgまでとなります。

こちらの伸縮ラックの大きな特徴は、排水パイプを通すところの板をあらかじめ取り外すことができるので、組み立てたままシンク下に設置できるということと、高さの調整ができるということです。

棚が取り外しやすいようにすのこ板みたいになっているので、細かいものは置けませんが、鍋の収納には全く問題ありませんね!

【ニトリのシンク下収納ラック3】伸縮スリムラック

ニトリから発売されているシンク下ラックの3つ目は、伸縮スリムラックになります。価格は税込1018円で、サイズはおおよそ巾46×奥行14×高さ23cmとなります。こちらのラックは横幅が46cmから67cmまで伸縮できます。

奥行きが14cmと狭いのですが、こちらの伸縮スリムラックは水切りカゴとしても活用されるようです。しかし、いろいろなラックやカゴを組み合わせても、どうしても使いようがない、15cmほどの隙間ができてしまった時に、その隙間を活用するのにちょうどいいのでないでしょうか?

【ニトリのシンク下収納ラック4】ステンレス棚スリム

ニトリから発売されているシンク下ラックの4つ目は、シンク下ステンレス棚 スリムになります。価格は税込2990円で、サイズはおおよそ巾75×奥行30×高さ42cmとなります。こちらのラックも横幅が47cmから75cmまで伸縮できます。

こちらのラックも、棚がすのこ状になっていて、排水パイプの部分を取り外して、排水パイプを通せるようになっているのですが、他のラックとは違い、すのこ状の棚板と棚板の間に隙間ができません。

そのために、小さな小物類も置くことができるのが、他のシンク下ラックとの大きな違いになります。ステンレス製なので錆に強くて、湿気がこもるシンク下でも安心して使えて、耐荷重も棚1段当たり7.5kgと強度もしっかりとあるのは嬉しいですね!

【ニトリのシンク下収納ラック5】簡単に設置できるラック

ニトリから発売されているシンク下ラックの5つ目は、簡単に設置できるシンク下伸縮ラックになります。価格は税込1990円で、サイズはおおよそ巾75×奥行30×高さ40cmとなります。

工具不要で組み立てることができて、値段が他のラックと比べても安い割に、組み立てやすいとのこと。排水パイプがあっても設置できる構造になっていることから、シンク下の空間をしっかりと活かすことができるのがうれしいとの口コミがあります。

組み立て家具が苦手だ、という人でも簡単に組み立てられるように、工具不要で作られているので、工作や組み立てが苦手で収納グッズを購入できない、という人でも安心して購入することができます!

シンク下収納ラック以外のニトリグッズも活用できる!

ニトリグッズをとことん活用しよう!

ここまではニトリで販売しているシンク下用のラックをご紹介してきましたが、ニトリには他にもいろいろなグッズがあります。シンク下専用に作られているものではなくても、アイデアによっては、食器やなべ、フライパンなどを上手に収納できるアイデアがいくらでもありますよね!

特にシンク下用のラックが必要ない、引出し型のシンク下収納になっている人にとっては、ラック以外のニトリグッズの方が引き出しには向いているものもたくさんあります。

ここからはアイデア次第で食器などの収納の幅がぐんと広がる、ニトリで販売している様々なグッズのご紹介と、使い方アイデアのご提案をお伝えします!いったいどんなグッズをどんな風に活用できるのでしょうか?!

【ニトリ活用シンク下の収納術1】引き出しはこれで小分けを!

シンク下の引き出しもかなりの大きさになります。引き出しの中の空間も、上手に小分けをして使うようにしないと、なかなか使い勝手が悪くなってしまいますよね。シンク下の引き出しの中を小分けにするためには、やはりカゴ類が最も使い勝手がいいようです。

ニトリには小分けするためのちょうどいい感じのカゴ類があまりないので、大きな引き出しの小分け用のカゴは100均などでちょうどいいサイズのものを探すと良いでしょう。

また、シンク横の小さな引き出しの中を、スプーンやフォークと言った小さな食器類の収納に活用したいときには、ニトリで販売しているカラトリーケースを活用できます。ニトリのカラトリーケースは様々な素材やデザインから選ぶことができるの、お好みのものを選んで使うと良いでしょう!

【ニトリ活用シンク下の収納術2】ファイルケースを活用!

ニトリにはA4サイズのファイルを整理して収納するためのファイルケースを販売していますが、このファイルケースを上手にシンク下の引き出しに活用すると、フライパンやお皿を立てて収納するのに使うことができます。

最近では、食器などの収納に立てる収納が流行しています。重ねると下のお皿をなかなか使えなくなってしまうのですが、立てて取り出しやすくして収納することで、どのお皿もまんべんなく使えるようになります。

この立てる収納に活躍するのがA4ファイルケースになるのです。普通は縦に置くファイルケースを横にしておくことで、お皿やフライパンを立てられるようになります。ファイルケースはアイデア次第で大きな引き出しの収納の幅がぐんと広がるアイテムになります!

【ニトリ活用シンク下の収納術3】フライパン立てを活用!

ニトリにはフライパン立ても売っています。このフライパン立ても、アイデア次第ではシンク下の大きな引き出しの収納の幅を広げてくれるアイテムになります。フライパン立てだからといって、フライパンしか立ててはいけない、ということではありません。

フライパン以外にも、大きなお皿の縦の収納や、なべやフライパンのふたの収納、フライパンそのものの収納等、いろいろなものの収納に使うことができます。また、ボウルやザルの収納に活用しているという人もいます。

フライパン以外のものでも、うまく収まる大きさのものであれば、いろいろな物の収納に活用することができるので、ぜひ、あなたなりのアイデアをもっと出して、収納の幅を広げてみてはいかがでしょうか?!

【ニトリ活用シンク下の収納術4】マガジンラックも活用できる!

ファイルボックスの活用と同じような使い道であれば、ニトリで販売しているマガジンラックも大きな引き出しに入れば、同じように縦型収納に活用することができるグッズになります。

ファイルボックスを使うというアイデアと比べると、マガジンラックを使うというアイデアのメリットは、なんといってもデザイン性になります!外からは見えないとは言っても、キッチンの細かい見えない部分のインテリアのこだわりも持ちたいという人も中にはいますよね。

マガジンラックというのはリビングに置くことを前提として作られているものなので、ファイルケースよりもおしゃれなデザインになってます。

キッチンのおしゃれにこだわる人にとっては、ファイルケースよりもおしゃれなデザインのものを選べるマガジンラックの方が楽しいキッチン収納を作れるアイテムになりますよね!

ぜひキッチンの見えない部分のデザイン性も考えたいのなら、マガジンラックも活用してみてはいかがでしょうか?!

ニトリのグッズを上手に活用してスッキリシンク下を!

この記事では、ニトリのグッズを上手に活用したキッチンのシンク下の収納アイデアについてみてきましたがいかがでしたか?!なかなか普段の生活の中で、ゴチャゴチャとしてしまいがちなシンク下の収納ですが、ニトリで販売している伸縮ラックやファイルケースなどを活用すれば、かなりスッキリと収納できることがわかりましたね!

ニトリの他にも、100均や無印良品にも優れた収納グッズがたくさんあります。ニトリグッズだけでは補えない部分も、100均や無印グッズを組み合わせれば完ぺきになります!ぜひいろいろなアイデアで上手に組合わせて、スッキリと使い勝手のいいシンク下収納を作ってみてください!

キッチンの収納術についてもっと情報を知りたいアナタに!

キッチンのシンク下・コンロ下収納術!引き出しを活用しよう!
キッチンの吊り戸棚は邪魔?スッキリ収納術で上手に活用!
IKEAのキッチンワゴンが便利!使い方や活用アイデアまとめ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ