単純接触効果を使ったテクニックで恋愛を成功に導こう!【悪用禁止】

単純接触効果を使ったテクニックで恋愛を成功に導こう!【悪用禁止】

単純接触効果という心理効果を知っていますか?好きな人ができるとアプローチをしなければなりません。そんな異性の気を引く恋愛テクニックの中には心理学を取り入れた方法もあります。その中でも、即実践可能で効果が得られやすい単純接触効果はおすすめです。

記事の目次

  1. 1.【悪用禁止】単純接触効果という恋愛テクニック
  2. 2.単純接触効果って何?
  3. 3.単純接触効果を恋愛テクニックに応用する
  4. 4.単純接触効果は回数が肝
  5. 5.接触に言葉は必要ない
  6. 6.連絡も単純接触効果の範囲内
  7. 7.単純接触効果が失敗しているとき
  8. 8.恋愛以外にも有効な単純接触効果
  9. 9.自分にも単純接触効果はある?
  10. 10.単純接触効果で職場恋愛を実らせる
  11. 11.まずは地盤を固める

【悪用禁止】単純接触効果という恋愛テクニック

あなたには片思い中の人はいてますか?好きな人ができるとアプローチをしなければなりません。アプローチの方法にはいくつも種類があります。優しく接したり、頻繁に連絡を取ったり、プレゼントしたりといろいろな方法で好きな人の気を引こうとみんな努力します。

そんな異性の気を引く恋愛テクニックの中には心理学を取り入れた方法もあります。その中でも、即実践可能で効果が得られやすい単純接触効果(ザイアンス効果)はおすすめです。

単純接触効果って何?

単純接触効果(ザイアンス効果)というのは接触が多い人、つまり、毎日会ったり、会話したり、連絡を頻繁に取る相手には良い印象を持つようになる心理効果のことです。

毎日、通勤や通学の途中でいつも同じ場所に、同じ時間に、同じ人を見かけていると、名前も知らず、話したこともない相手にも関わらず親近感を抱いたことはありませんか?毎日、見かけるというだけでも、回数を重ねると良い印象を持つようになります。これが単純接触効果(ザイアンス効果)です。

この心理効果はアメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが提唱したことかザイアンス効果とも呼ばれます。

実はこれも単純接触効果(1)

人は接触する回数が多い人に対して良い印象を持つようになります。学校などでは違うクラスの異性よりも、同じクラスの異性を好きになる確率が高いのは毎日、教室で接触することになるからです。

職場でも同じです。職場恋愛をする人たちは全く関わりのない部署の職場の人よりも同じ職場や、よく関わる部署の職場の異性と恋愛関係になることがあります。仕事とはいえ、接触する回数が多いので単純接触効果(ザイアンス効果)が働きます。

実はこれも単純接触効果(2)

単純接触効果(ザイアンス効果)はテレビや広告にも使われています。
最初は何とも思っていなかった芸能人もテレビで何回も見ているうちに印象が変わっていきます。

テレビのCMなどで興味の無かった商品がいつの間にか、今度一度、買ってみようと思うようになることも、実は単純接触の効果なのです。

単純接触効果を恋愛テクニックに応用する

上記に述べた通り、単純接触効果(ザイアンス効果)はたしかに人が持つ印象に対して影響を及ぼします。この心理効果を恋愛テクニックとして利用しない手はありません。上手く単純接触効果(ザイアンス効果)を利用して異性の気持ちを動かしてやりましょう。

単純接触効果は回数が肝

単純接触効果(ザイアンス効果)は時間ではなく回数を重視します。好きな人と30分の話しをするよりも、5分の話しをする機会が6回ある方が良いということです。この効果を利用するのであれば、好きな異性をデートに誘って一日中デートするよりも、短時間で終わるランチやカフェなどに何度も誘う方が効果的ということです。

一日中のデートよりも気楽なランチの方が誘いやすいので、誘う側にもメリットがあります。

次のページ

接触に言葉は必要ない

関連記事

人気の記事