ベースメイクの正しい順番|崩れないやり方やおすすめコスメを紹介

メイクは女性の身だしなみの基本!でも正しいベースメイクのやり方などをきちんと理解できていますか?今回はベースメイクの正しい順番や崩れないやり方、おすすめのコスメなどについて詳しくご紹介致します。メイクの基本を知りたい方は要チェックですよ♡

ベースメイクの正しい順番|崩れないやり方やおすすめコスメを紹介のイメージ

目次

  1. 基本のベースメイク
  2. ベースメイクの順番を知ろう!
  3. おすすめベースメイクアイテム7選
  4. ベースメイクを崩さないためのポイント
  5. ベースメイク時短テク!
  6. 正しいやり方を知って崩れないベースメイクを!

基本のベースメイク

大人の女性にとってお出かけ前のメイクはとても大切な身だしなみです。自分に合ったメイクは女性を美しく若々しく見せることができます。

しかし皆さんは基本のベースメイクについてちゃんとその順番や役割などを理解できていますでしょうか?

メイクのアイテムにはそれぞれ効果や役割が決まっていて、正しい順番で使うことで初めてそのアイテム本来の効果を発揮することができるようになります。

今回はベースメイクの正しい順番や崩れないやり方、おすすめのコスメなどについて1つ1つ丁寧に解説を添えながらご紹介致します♪

まずベースメイクはスキンケア、下地、ファンデーション(コンシーラー)、フェイスパウダーなどが基本となりますが、ファンデーションのタイプや追加アイテムによって使うべき順番は変わります。

以下でその詳細についてしっかりチェックしていきましょう!

ベースメイクの順番を知ろう!

ではさっそくベースメイクのアイテムごとに、使う順番をご紹介します。ベースメイクの正しい手順を知って今よりもキレイを目指しましょう♡

■ベースメイクについてもっと知りたい方は以下の記事もどうぞ!

ベースメイクの順番とやり方は?基本を解説します!

ファンデーション

まずベースメイクで最も大切なファンデーションですが、ファンデーションにはいくつか種類があります。

ここではリキッドファンデーション、パウダーファンデーション、クッションファンデーションについて見ていきましょう。

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは液体状のファンデーションです。乾燥肌の人でも肌に馴染ませやすいのが特徴です。適量を指かスポンジに取り肌にのせていきます。

リキッドファンデーションは最初に化粧水やクリームで肌をしっかり保湿した後に化粧下地をつけてから使います。

リキッドファンデーション自体にも水分を含んでいますが、化粧下地をつけておくとメイクが崩れにくくなります。最後は粒子の細かいルースパウダーで肌のきめを整えればベースメイクが完成します。

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションはスポンジや専用のパフにつけて肌にのせていきます。

パウダーファンデーションはリキッドファンデーションに比べると水分量は少ないです。化粧下地はをつけすぎると崩れやすくなることもありますので、その前の化粧水とクリームでしっかりと保湿をしてください。

パウダーファンデーションを肌にずべらせた時点で完成はしますが、ルースパウダーをつけるとより崩れにくくなるでしょう。

クッションファンデーション

クッションファンデーションは専用のパフに既にリキッドファンデーションが染み込ませてあるファンデーションです。近年口コミなどを話題に人気が出ていますね。

クッションファンデーションは商品にもよりますが、化粧下地の成分や日焼け止め成分を含んでいるものもあります。場合によっては化粧下地を省略することも可能です。

クッションファンデーションひとつでも完成しますが、やはり仕上げにルースパウダーなどを軽くつけたほうが崩れにくいでしょう。どんな成分が含まれているか購入前にしっかり商品の表示を確認しましょう。

BBクリーム

BBクリームは女性に嬉しい美容効果を含むクリームとして非常に人気が高いコスメです。

BBクリームには美容効果の他に化粧下地やファンデーションの成分を含むものがたくさんあり、これ1つでベースメークが完成する商品もたくさんあります。

化粧水やクリームで保湿をした後に適量を指やスポンジなどに肌に馴染ませ、仕上げにルースパウダーを使います。

日焼け止めはどこで使う?

多くの人が悩みがちな日焼け止めですが、日焼け止めは化粧水とクリームで保湿をした後に使います。ファンデーションやBBクリームは日焼け止めの上から塗るのが基本となります。

ただし日焼け止めは一度塗ればOKというわけではなく、日中外出時間が長くなる時は重ね塗りをする必要があります。

メイクをした上から日焼け止めを重ね塗りすると白く浮いてしまうこともありますので、そのような時は日焼け止め効果のあるファンデーションなどを使って重ねていくのが良いですね。

コントロールカラーはどこで使う?

顔の赤みなどを消したい時に使うコントロールカラーは、化粧水とクリーム、化粧下地をした上から使います。

コントロールカラーで肌の色を調整してからその後にファンデーション、ルースパウダーと重ねていきます。

ハイライトやシェーディングはどこで使う?

ハイライトやシェーディングは肌に陰影をつけたい時や明るさをプラスしたい時に使います。

使う順番はファンデーションを使いルースパウダーを使った後の一番最後に入れるのが基本となります。ハイライトやシェーディングはベースメイクの総仕上げと覚えておきましょう。

おすすめベースメイクアイテム7選

ベースメイクの基本がわかったところで、次はおすすめのベースメイクアイテムをご紹介します♪お値段や成分など自分に合ったものを選んでみてくださいね。

ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ【エスティローダー】

エスティローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ
エスティローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

こちらは「エスティローダー」から販売されている「ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ」です。毛穴やシミをしっかりカバーし、ムラのない陶器のような肌を作り上げると人気があります。

CCクリーム【パーフェクトワン】

パーフェクトワン CCクリーム
パーフェクトワン CCクリーム

「パーフェクトワン」の「CCクリーム」です。1つで化粧下地、ファンデーション、コントロールカラー、日焼け止め、クリーム、美容液の6役の効果があるという優れもので使いやすさに定評があります。

マキアージュドラマティックパウダリー UV【資生堂】

資生堂 マキアージュドラマティックパウダリー UV
資生堂 マキアージュドラマティックパウダリー UV

こちらは「資生堂」の「マキアージュドラマティックパウダリー UV」です。紫外線を防ぐ効果の高いUVファンデーションで、肌への伸びや馴染みが良く素肌のような美肌を実現します。

アルティメットカバークッションマット【オフィ】

こちらは韓国の人気コスメ「オフィ」の「アルティメットカバークッションマット」です。長時間キレイな美肌を長続きさせる圧倒的なカバー力が話題です。

オフィ アルティメットカバークッションマット
オフィ アルティメットカバークッションマット

ミネラルファンデーション パウダー【インディフィニ 】

インディフィニ ミネラルファンデーション パウダー
インディフィニ ミネラルファンデーション パウダー

こちらは「インディフィニ」の「ミネラルファンデーション パウダー」です。天然のコーティングパウダー配合で肌に優しく、しっかりカバー力もあるお手頃価格が魅力です。

プリマヴィスタ【花王ソフィーナ】

花王ソフィーナ プリマヴィスタ
花王ソフィーナ プリマヴィスタ

こちらは「花王ソフィーナ」の「プリマヴィスタ」化粧下地です。汗や皮脂によるメイク崩れを防止し、気温が高い日や雨の日でも綺麗な肌を持続させます。リーズナブルな価格でコスパの高さが人気です。

マシュマロフィニッシュパウダー【キャンメイク】

キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー
キャンメイク マシュマロフィニッシュパウダー

こちらは「キャンメイク」の「マシュマロフィニッシュパウダー」です。ベースメイクの仕上げに軽く肌に馴染ませるだけでマシュマロのようなふわっとした質感の肌を作り合げます。プチプラなのでぜひ1つは持っておきたい商品です。

■ベースメイクのおすすめアイテムについては以下の記事もぜひチェック!

ベースメイクおすすめアイテム大特集!優秀時短コスメも紹介♡

ベースメイクを崩さないためのポイント

ベースメイクはちょっとしたコツでキレイを持続させることができます。次はベースメイクを崩さないためのポイントもチェックしておきましょう。

メイク前にしっかり保湿

オールインワンクリーム ドリームワン
オールインワンクリーム ドリームワン

ベースメイクを崩さないためには、メイク前にしっかり保湿をしておくことが最も大切!

肌が乾燥してくるとどうしてもファンデーションなどが浮き上がりやすくなります。化粧水やクリームを使って肌に水分をしっかり補給しておく必要があります。

上記の商品などはべたつかない上に肌に必要な水分をしっかり補給し保湿できるクリームとして話題になっています。

ただしネット上の口コミで人気があるものですが、必ずしも全ての人に効果を保証しているものではありませんのでご了承ください。

化粧下地などを塗りすぎない

ベースメイクを崩さないためには、化粧下地などを塗りすぎない事も大きなポイントです。

しっかりメイクをしたい時は化粧下地などは厚く塗るのではなく、薄くムラなく塗るとキレイが長持ちします。

皮脂をしっかり防ぐ

さらにベースメイクを崩さないためには皮脂をしっかり防ぐことも重要です。浮いてきた皮脂はすぐに取り除き、ルースパウダーなどで皮脂を抑えて常に肌の表面をサラサラにしておくとベースメイクが長持ちします。

■透明感のあるメイクを作るベースメイクのやり方については以下の記事も参考に!

透明感はメイクで作れる!ベースメイクがピュア肌演出のポイント!

ベースメイク時短テク!

では最後はベースメイクの時短テクについてご紹介します。朝の時間がない時は少しでも手早くメイクを完成させたいですよね!

以下で紹介するベースメイクの時短テクをぜひ実践してみましょう♪

BBクリーム、CCクリームを使う

ベースメイクを時短したい時に頼りになるのはやっぱりBBクリームやCCクリームです。

1つで化粧下地やファンデーションの効果を発揮するBBクリームなどがあれば、パパっと一瞬でベースメイクを完成させることができます。肌に合ったものを1つ持っているととても便利ですよ♪

クッションファンデーションを使う

クッションファンデーションはスポンジなどにリキッドファンデーションが染み込んでいるファンデーションです。サッと取り出してそのまま肌にのせていくだけの手間いらずのアイテムです。

普段のベースメイクの時間を短縮したい時におすすめです!

パール配合の下地で明るさをプラスする

どうしても時間がない時は、シミやくすみをカバーできるパール配合の化粧下地で明るさをプラスするだけでファンデーションを省くという方法もあります。

保湿さえきちんとしておけば十分美しい素肌に見せることができます。

正しいやり方を知って崩れないベースメイクを!

今回はベースメイクの正しいやり方や手順、おすすめのベースメイクアイテムなどをご紹介しました!

正しいベースメイクのやり方を知っていればメイクは今よりもきっと楽しくなります。崩れないベースメイクでキレイを長持ちさせましょう♡

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ