50代のアイメイクのコツは?こうすれば若く見える!

50代になると、とたんにアイメイクがやりづらくなると感じませんか?だからといって、50代でアイメイクを全くしないのは絶対にいけません。50代だからこそ、若々しさと上品さを取り入れたアイメイクをしませんか?50代は本物の美しさが女性には出てきますよ!

50代のアイメイクのコツは?こうすれば若く見える!のイメージ

目次

  1. 50代のアイメイクのコツとは?ナチュラルがいい?
  2. 50代のアイメイクの悩み①くすむ
  3. 50代のアイメイクの悩み②シワ
  4. 50代のアイメイクの悩み③ハリがない
  5. 50代のアイメイクの悩み④暗くなる
  6. 50代のNGアイメイク①アイシャドウのつけすぎ
  7. 50代のNGアイメイク②アイシャドウの色が派手
  8. 50代のNGアイメイク③マスカラのつけすぎ
  9. 50代のNGアイメイク④つけまつげ
  10. 50代のNGアイメイク⑤カラコン
  11. 50代のNGアイメイク⑥ガタガタメイク
  12. 50代のNGアイメイク⑦ナチュラルすぎる
  13. 50代のアイメイク商品の選び方①持ちがいい
  14. 50代のアイメイク商品の選び方②上品な色のもの
  15. 50代のアイメイク商品の選び方③手に馴染むもの
  16. 50代のOKアイメイク①ベースは軽めに
  17. 50代のOKアイメイク②クマを隠す
  18. 50代のOKアイメイク③アイシャドウはパール系
  19. 50代のOKアイメイク④2~3色でグラデーション
  20. 50代のOKアイメイク⑤アイラインでメリハリを
  21. 50代のOKアイメイク⑥ビューラーでまつげをパッチリ
  22. 50代のOKアイメイク⑦マスカラはナチュラルに
  23. 50代のOKアイメイク⑧眉は太めで優しく
  24. 真似したい!50代芸能人のメイク①石田ゆり子
  25. 真似したい!50代芸能人のメイク②山口智子
  26. 真似したい!50代芸能人のメイク③小泉今日子
  27. 真似したい!50代芸能人のメイク④天海祐希
  28. 真似したい!50代芸能人のメイク⑤黒木瞳
  29. 50代のアイメイクはとっても大切な若返りポイント!

50代のアイメイクのコツとは?ナチュラルがいい?

50代になると、メイクの出来栄えで見た目の差がかなり出るようになります。そのためにも大切なのがアイメイクです。50代の女性で、「美しいな」とか、「素敵だな」と思う人は、アイメイクが上手な人に多いのではないでしょうか。

では、50代のアイメイクはどんな風に仕上げたらいいのでしょうか?今回は、50代の女性がもっと美しく、そして若さを強調することができるアイメイクのコツについて紹介したいと思います!

50代のアイメイクの悩み①くすむ

50代のアイメイクの悩みは、くすみがありますね。目元がくすんできているので、どんなメイクをしても映えない!と思っている人も多いようです。くすみができてしまうのは、仕方がないことなので、くすみをいかに抑えながらメイクをしていくかがポイントになります!

50代のアイメイクの悩み②シワ

50代のアイメイクの悩みは、シワにもあります。目のシワというのは、30代ぐらいから気になってくるもので、50代になるとシワもだいぶ深みを増してきますよね。そのため、アイメイクが上手にできないと思っている人も多いようです。

シワが多いと、メイクをすればするほどシワに入り込み、余計にシワが目立ってしまうこともあるでしょう。アイメイクをするときの目のシワとは、上手に付き合わないといいメイクができないでしょう。

50代のアイメイクの悩み③ハリがない

50代のアイメイクの悩みには、目元のハリのなさも挙げられます。これは、年々ハリがなくなるのを感じてくるので仕方がないことですが、ハリがないだけでアイメイクをしても意味がないと思ってしまいますよね。しかし、ハリがないからこそ、アイメイクでハリを作るのが重要なのです。

50代のアイメイクの悩み④暗くなる

50代のアイメイクの悩みには、目元が暗くなるというものもあります。これは、目が落ち窪んでくるので、その分、目元が暗さを帯びてしまうというものです。目元の暗さは、アイメイクでなんとかなります。目元が明るくなっただけでも、かなり印象が変わるので、諦めないでくださいね!

50代のNGアイメイク①アイシャドウのつけすぎ

50代のアイメイクでしてはいけないのが、アイシャドウのつけすぎメイクです。アイシャドウのつけすぎは、目ではなくまぶたを強調させてしまうため、へたくそなメイクと見られてしまうでしょう。また、アイシャドウがシワに入り込むこともあるでしょう。

確かに、50代のアイメイクではアイシャドウはつけたほうがいいですし、アイシャドウでメイクを楽しむといってもいいのですが、つけすぎてしまうと、痛いメイクになるということを覚えておきましょう!

50代のNGアイメイク②アイシャドウの色が派手

今の50代の人は、若いときにブルーのアイシャドウとか、グリーンやパープルのアイシャドウが流行ったことだと思います。そのときの影響を今も受けている人は、いまだに濃い発色のアイシャドウを使っていますが、派手なアイシャドウは古臭さを感じさせるため、老けてみえます。

アイシャドウにカラーを入れたいのなら、薄めのピンクぐらいにしておきましょう。ブルーなどのカラーは、そもそも使いこなすのが日本人には難しいので、浮いたメイクになりやすいのです。

50代のNGアイメイク③マスカラのつけすぎ

50代のNGアイメイクには、マスカラのつけすぎもあげられます。マスカラを一生懸命つけて、まつげがダマになってしまうと、かなり痛いメイクになります。若いときは許されるようなことも、50代になると痛いだけになるので気をつけてください。

50代のNGアイメイク④つけまつげ

50代でつけまつげをした盛りメイクをしている人がたまにいますが、やめたほうがいいでしょう。いくら目元を派手にして若さを演出したいからといっても、つけまつげはやりすぎです。確かに目元が明るくなっていいかもしれませんが、つけまつげをつけるテクニックがあるのなら、違うことで活かしましょう。つけまつげは痛いです!

50代のNGアイメイク⑤カラコン

50代のアイメイクで絶対にやめたほうがいいのがカラコンです。これ本当に痛いですよね。ナチュラルなカラーならまだしも、明るいカラーのものを選んでいる人は、若作りにしか見えないでしょう。自分の世界に入りきっている人に見られるので、常識はずれと思われます。

50代のNGアイメイク⑥ガタガタメイク

50代のアイメイクで絶対にしてはいけないのが、ガタガタメイクです。ガタガタメイクというのは、アイシャドウはムラがあったり、グラデーションが上手にできていなかったり、アイラインが綺麗に引けていないメイクのことを言います。

確かに、アイラインは引きにくくなってくると思いますが、そこは50代のテクニックを魅せなければなりません。ガタガタメイクになっていたら、一気に化粧が下手な50代になってしまうので、注意してくださいね!

50代のNGアイメイク⑦ナチュラルすぎる

50代のアイメイクでしてはいけないのが、ナチュラルすぎるメイクです。ナチュラルに見えるメイクはOKですが、ナチュラルすぎるメイクはダメです。なぜかというと、ナチュラルすぎるメイクって老けて見えるからです。50代は、スッピンよりもメイクをしたほうが美しいですよね。

それと同じで、ナチュラルすぎるメイクよりも、ナチュラルには見えるけど、実はしっかりメイクをしているメイクのほうが、若く、そして美しく見えるのです。

50代のアイメイク商品の選び方①持ちがいい

50代のアイメイクの選び方ですが、まずは持ちがいいものを選びましょう。アイシャドウでもアイライン、マスカラでもなんでも持ちの良さが大切です。ただ、どうやって持ちがいいか分かるの?と思うことでしょう。そこが分からないと、選び方にもミスが生じるかもしれません。

そこで活躍したいのが口コミです。口コミで持ちがいいと書いてあるものが多くあったら、それを使ってみてください。選び方のコツとして口コミを取り入れるのは大切なことです。

もし持ちが悪いメイクを選んでしまったら、メイク直しを何度もしなければなりませんね。そのたびに、少しずつメイクも崩れてきます。アイメイクは、仕立てが1番綺麗なので、仕立ての美しさをキープできるものをチョイスするのもいいアイメイクの選び方に繋がるでしょう。

50代のアイメイク商品の選び方②上品な色のもの

50代のアイメイク商品の選び方2つ目は、上品な色のものを選ぶということです。特にアイシャドウですね。50代のアイメイクで1番色を使うといったらアイシャドウなので、アイシャドウでは上品さが際立つようなベージュ系のものや、ブラウン系のものを選ぶようにしてください。

たまにアイラインをピンクにしたり、マスカラをカラーものにする人もいますが、50代のアイメイクの選び方としてはおすすめできません。必ず上品さ、清潔さを重視した選び方をしてくださいね!

50代のアイメイク商品の選び方③手に馴染むもの

50代のアイメイク商品の選び方の3つ目は、手に馴染むものです。初めて使うメイク道具って馴染みにくいと感じるものもあるでしょうが、最初から手に馴染んで使いやすいものもあります。なぜ、手に馴染むものを選んだほうがいいのかというと、色ムラ防止のためです。

手に馴染まなかったら、色ムラができやすくなります。色ムラができると、下手なメイクに仕上がってしまうので、自分の手に馴染むものを選びましょう。こればっかりは、使ってみないと分からないところもあるので、選び方としては、色々使ってリピートするものを決める方法がいいでしょう。

50代のOKアイメイク①ベースは軽めに

50代のアイメイクのコツですが、まずはアイシャドウベースを使うことです。アイシャドウベースを使うと、アイシャドウの発色が良くなり、アイシャドウの持ちも良くなります。また、まぶたを最初に綺麗に整えることができるので、ベースを使うとアイシャドウがつけやすくもなりますよ!

意外とアイシャドウベースを知らないという人もいて、使ったことがない人もいると思うので、この機会に使ってみてください。きっと必需品になることでしょう。

おすすめベース

キャンメイク アイシャドウベース PP ピンクパール 2g
540円
楽天で詳細を見る

おすすめのアイシャドウベースは、キャンメイクのアイシャドウベースです。キャンメイクは、目元が明るくなり、くすみを抑えてくれる効果もあります。何よりもコストパフォーマンスが最高ですよね!アイシャドウベースにお金をかけたくない人は、キャンメイクで十分だと思います!

50代のOKアイメイク②クマを隠す

50代のアイメイクで重要なのは、クマを隠すところにもあります。クマって本当に天敵で、クマがあるだけで疲れて見えますし、老けても見えてしまいます。クマは、目の下にすぐできるものなので、アイメイクのときに隠さなければなりません。

クマを隠すコツですが、隠れないからといって、何度もコンシーラーを重ねてはいけません。コンシーラーって実はかなり重たいテクスチャーになるので、シワに入り込んだらシワがより目立つようになるのです。そのため、軽くつける程度にしてください。そして、上からパールのアイシャドウで少しボカしたら、クマはある程度緩和されます!

おすすめコンシーラー

資生堂 マキアージュコンシーラースティックEX 
2,380円
楽天で詳細を見る

おすすめのコンシーラーですが、マキアージュのコンシーラースティックです。このコンシーラーは、カバー力がしっかりありながらも、仕上がりがナチュラルです。まさに探していたようなコンシーラーだと思います。コンシーラーの選び方で重要なのは、仕上がりの美しさなので、マキアージュのコンシーラーはかなりの合格点になるでしょう。

50代のOKアイメイク③アイシャドウはパール系

50代のアイメイクで使いたいアイシャドウは、パール系のものです。パール系のものを使うと目元がキラッと明るくなります。注意してほしいのが、ラメのような大きな粒のものを使うのではなく、パールの細かい粒子のものを使うことです。ラメは可愛いですが、キラキラしすぎて若作りに見えるので、パールの上品な輝きでアイメイクを魅力的なものにしましょう!

おすすめアイシャドウ

シャネル レキャトルオンブル #266 
5,994円
楽天で詳細を見る

おすすめのアイシャドウは、シャネルのレキャトルオンブルです。このアイシャドウは、かなり綺麗なパール感があり、発色も良く、持ちもいいのでアイメイクをとても綺麗に仕上げてくれるでしょう。使いやすいチップが2本入っているので、カラーが混ざることなく使えるのもいいですね!

ブラウン系のアイシャドウは、落ち着きがありつつも、しっかりと主張してくれるところもあるので、50代のアイメイクには欠かせないアイテムになります!

50代のOKアイメイク④2~3色でグラデーション

50代のアイメイクは、グラデーションを上手に作るのも大きなポイントになります。アイシャドウでグラデーションを作っていくのですが、このときに、わかりやすいグラデーションではなく、ナチュラルなグラデーションを作らなければなりません。

そのため、2色から3色程度でグラデーションを作っていくようにしましょう。ナチュラルに仕上げたいので、色の差が出過ぎないアイシャドウを使ってくださいね。




◆関連記事:もっと50代を楽しもう!

50代向け結婚式ドレス!フォーマルもパーティーも!親族はこれ
50代に似合う髪型・ヘアスタイル特集!【2018】

50代のOKアイメイク⑤アイラインでメリハリを

50代のメイクでアイラインってあったほうがいいのかな?と思う人もいるようですが、アイラインは必須です。できれば、黒やダークブラウンのアイラインを使って、くっきりとした目を作りましょう。なぜアイラインが必要かというと、アイラインを使うだけで目元がはっきりするからです。

50代は、目が落ち窪むとか、目元が暗くなる、ハリがなくくすむという人が多いですよね。それらの悩みを緩和するのがアイラインです。アイラインがなかったら、ぼやけた目元になってしまうので、アイラインをしっかりいれましょう。

入れ方のコツですが、目の際に入れて、黒目の上を少し太めに書き、縦のラインで目を大きく見せるようにします。そして、目じりは下げないことです。水平か水平より少し上向きで仕上げてください。目じりを下げると、全体的に下がった印象になり、老けてしまうので注意しましょう。まぶたの際もしっかりつけて、違和感のない目元にしましょう!

おすすめアイライン

ラブドロップス インパクトアイライナー(ブラック)
1,296円
楽天で詳細を見る

おすすめのアイラインは、ラブドロップスのインパクトアイライナーです。このアイラインは、初心者でも簡単にかけるといわれているので、アイラインがひきにくくなった50代の目元にも引きやすいのです。そして、インラインにもしっかり書くことができるアイラインなので、インラインが苦手な人にもおすすめです。

アイラインの選び方は、いかに綺麗に仕上がるかがポイントになるので、ブランドのものとか、人気があるものよりは、使いやすいもの、簡単にできるものを選ぶようにしましょう!

50代のOKアイメイク⑥ビューラーでまつげをパッチリ

50代のアイメイクは、ビューラーでしっかりまつげを上げて、パッチリさせることも重要になってきます。ビューラーをすると、たるむという人もいますが、まつげは上げないと目元の印象が暗いままになってしまうので、パッチリ目に仕上がるようにビューラーを使いましょう。

ビューラーを使うときは、まつげ美容液をつけることも忘れないでくださいね。そして、根元から3段階で徐々に上げていきます。力は入れすぎないようにしてください。ソフトな力でもしっかり上がってくれます。

おすすめビューラー

シュウウエムラ Sカーラー
898円
楽天で詳細を見る

おすすめのビューラーは、シュウウエムラです。目の形にフィットしやすく、まつげに負担が少ないように、軽く使っただけでもカールが綺麗にできるようになっています。ビューラーの選び方は難しいかもしれませんが、自分の目の形に合うものが1番いいでしょう。

そして、カールが持続するものと、カールが軽い力でもしっかりつくものを選ぶのも、いいビューラーの選び方になります。

50代のOKアイメイク⑦マスカラはナチュラルに

50代のアイメイクで重要なマスカラですが、マスカラはナチュラルに仕上げるのがポイントです。他の部分は、凝りながらもナチュラルに仕上げるのが大切ですが、マスカラに至っては、ナチュラル重視でいきましょう。しかし、長さもボリュームもあったほうがいいでしょう。

1本1本のまつげが生きているような使い方をしてください。マスカラが苦手な人は、まつげエクステをつけるのもおすすめです。

おすすめマスカラ

ランコム LANCOME ヴィルトゥーズ マスカラ 黒
3,179円
楽天で詳細を見る

マスカラの選び方ですが、数回つけただけでボリュームや長さがしっかり出るものです。おすすめは、ランコムのヴィルトゥーズマスカラです。このマスカラは、少量でボリュームも長さも出るので、ダマになる心配がありません。大人のマスカラって感じがして、見た目も素敵ですね!

50代のOKアイメイク⑧眉は太めで優しく

50代のアイメイクをより美しくみせるには、眉毛も大切ですね。50代の人の眉毛でよく見かけるのが角度のある細い眉毛です。バブルを感じさせるので、やめておきましょう。ポイントは、太めの眉毛で優しい印象に仕上げることです。平行眉よりは、アーチ系の眉のほうが50代の顔を綺麗にみせるので、軽く角度をつけてください。

おすすめアイブロウ

ニューボーン ダブルブロウEX
1,296円
楽天で詳細を見る

おすすめのアイブロウは、ニューボーンのダブルブロウです。このアイブロウは、ペンとパウダーが1本になっているものなので、眉尻にペンを使い、他はパウダーで仕上げるように使うといいでしょう。1本で全てできるというのは、とても便利ですよね!

真似したい!50代芸能人のメイク①石田ゆり子

50代芸能人で真似したいメイクは、石田ゆり子さんです。とってもナチュラルで自然に見えるメイクで素敵ですよね!肌作りなんかは完璧です。アイメイクは主張しすぎない感じで、自分の顔にあったメイクになっています。マスカラをしっかり使っているのがポイントですね!

真似したい!50代芸能人のメイク②山口智子

山口智子さんもお手本にしたいメイクですね。なによりも幸せオーラがあふれ出ているのが憧れるポイントです。山口智子さんは、アイライン、マスカラともにしっかりいれながらも、ナチュラル感が伝わってくるメイクなので、このメイクこそ、50代女性を美しくするメイクという感じがしますね!

真似したい!50代芸能人のメイク③小泉今日子

いつまでも可愛い印象の小泉今日子さんもお手本になります。目じりのシワが多めですが、ナチュラルに仕上げてシワがあっても可愛い雰囲気を出していますね。アイラインをしっかり入れて、はっきりした印象を残しています。

真似したい!50代芸能人のメイク④天海祐希

天海祐希さんは、老けない顔立ちをしていますね。シワができにくいパーツなので、若さあふれる雰囲気があります。大人のメイクでダークカラーを使うことが多いですね!アイシャドウもアイラインもしっかり入れています。

真似したい!50代芸能人のメイク⑤黒木瞳

黒木瞳さんの爽やかながらも芯の強そうなメイクも真似したいですね。ポイントはアイラインです。アイラインをしっかり入れて、まつげをしっかり上げたメイクをして、目元を可愛い子犬のような雰囲気に仕上げています。

50代のアイメイクはとっても大切な若返りポイント!

50代のアイメイクについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?50代になると、ナチュラルに見えつつも、しっかりとしたアイメイクをしないと、急に老けて見えるようになるので、気をつけなければなりません。しかし、コツさえ掴むことができたら、「奇跡の50代」と、あなたも言われるようになるのではないでしょうか。

まずは、50代のアイメイクの悩みとなる、くすみやシワ、ハリなどを抑えるメイクをしなければなりません。そのためにも、アイシャドウをつけすぎたり、マスカラをつけすぎるなどのやりすぎメイクは、NGです。その反面で、ほぼすっぴんのような、ナチュラルすぎるメイクもNGです。

50代になると、若いときのようにやりたいメイクをやりたいようにすることはできませんが、上品で清楚なメイクがよく似合うようになるので、どこからみても美しいと思われるようなメイクをしましょう!

これを機にファンデーションを変えてみたい人へ!

【プレゼント】総額9500円相当の「MAISON LEXIA」コスメが10名様に当たる♡

もっと50代のメイクについて知りたいあなたへ!

50代のファンデーションおすすめ人気ランキング11選!
石田ゆり子のメイク方法!口紅・眉・アイメイクのポイントは?
ナチュラルアイメイクのやり方!アイシャドウやアイラインの使い方は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ