• lovely
ハロウィン傷メイク!ティッシュ、ボンドやシールで簡単にできる!

ハロウィン傷メイク!ティッシュ、ボンドやシールで簡単にできる!

ハロウィンといえば仮装やコスプレ、奇抜なメイクをしている人をたくさん街で見かけますよね。実際にどうやったらハロウィンの特殊な傷メイクができるのでしょう?簡単にハロウィンの傷メイクを完成する方法とそれに必要なアイテムをご紹介します!

記事の目次

  1. 1.怖くて可愛いハロウィンのメイク方法ってある?
  2. 2.ハロウィンの傷メイクに必要な4つのアイテム
  3. 3.ハロウィンで顔に傷メイクしても大丈夫?
  4. 4.ハロウィンの傷メイクに役立つアイテム
  5. 5.ハロウィンの傷メイクを動画でチェック
  6. 6.ハロウィンの傷メイクにはどんなコスチュームが合う?
  7. 7.ハロウィンパーティーに役立つアイテム
  8. 8.メイクや仮装をする時間がない!
  9. 9.ハロウィンに気をつけておきたい注意点
  10. 10.大人も子供もハロウィンを楽しもう!

怖くて可愛いハロウィンのメイク方法ってある?

ハロウィンは楽しそうだけど仮装を考えるのはちょっと大変!
そう思っている女性は多いのではないでしょうか。年々一大イベントになってきているハロウィンパーティー。10月になるとテーマパークやイベント会場などでユニークで怖い仮装をしている人たちをたくさん目にしますよね。

すごく時間をかけて作ったんだなと分かるコスチュームもあれば、とっても可愛い衣装を着ている人もいて、見ているだけでもお祭り気分を味わえますよね。しかし、実際に自分でメイクや仮装をするとなるとなかなか難しいものです。ハロウィンをさらに楽しむために、メイクする箇所や色の使い方によって何通りも変化することができる怖くて可愛い傷メイクをご紹介します!

■関連記事:ハロウィンにはお洒落したい!こちらもチェック!

ハロウィンネイルデザインまとめ!【2017年】 | Lovely[ラブリー]のイメージ
ハロウィンネイルデザインまとめ!【2017年】 | Lovely[ラブリー]
ハロウィンと言えば、仮装ですが今やクリスマスやバレンタインよりも気合いを入れる人が多くなっている大イベントですね! ハロウィンで仮装をするなら、やっぱりハロウィンネイルも楽しむべきではないでしょうか? ここではおすすめのハロウィンネイルを紹介します!
ハロウィンの仮装衣装を手作りで!簡単に100均で子供と作れる! | Lovely[ラブリー]のイメージ
ハロウィンの仮装衣装を手作りで!簡単に100均で子供と作れる! | Lovely[ラブリー]
ハロウィンの雰囲気が漂ってきて、仮装を考える方も増えてきましたよね。仮装衣装を買うと高いし…という方は、今年は衣装を手作りしてはどうでしょう?手作りのハロウィン仮装は、100均の材料だけでも子供と一緒に作れちゃいますよ♪

ハロウィンの傷メイクに必要な4つのアイテム

それではどうやったら怖くて可愛い傷メイクが簡単にできるのか、傷メイクに必要なアイテム4つをご紹介いたします!

①ボンドとファンデーションを混ぜる

傷メイクで大切なのがボンドをファンデーションに混ぜて使うことです。まずは、傷メイクをしたい体のパーツを決めます。初めて傷メイクをする場合は、手や腕だと傷メイクがしやすいです。一度手や腕にしてみて慣れてきたら、フェイスや指先など細かい箇所にも傷メイクをしてみましょう。

手順を覚えてしまえば簡単な作業です。ぜひチャレンジしてみましょう! 

まずは傷メイクをしたい箇所を決めます。傷メイクするところが決まったら、いつも使っているファンデーションを手の甲に出し、ボンドをファンデーションと同じ量出して満遍なく混ぜます。この時、ボンドが手の甲にくっついてしまわないように、混ぜたらすぐに傷メイクをしたい場所に塗るようにしましょう。

手で直接メイクをしてしまうと、ボンドの粘着力でベタベタになってしまいます。綿棒を使ってボンド入りのファンデーションをつけるようにしてください。ボンド入りのファンデーションを塗る際、真ん中に少し空洞ができるように塗るのがポイントです。ちょっと開けた口のような形にすることでよりリアルで傷そうな傷メイクになります。 

②ティッシュで傷にリアルな雰囲気を出す 

傷メイクで凹凸を作り、リアルな傷感を出すのに使うのがティッシュです!長さや大きさは適当で構わないので、ティッシュを小さくちぎります。小さくちぎったティッシュを先ほど塗ったボンド入りのファンデーションの上に敷き詰めていきます。一通り満遍なくティッシュを敷いたところで、もう一度ボンド入りのファンデーションをティッシュの上から塗っていきます。この作業を2〜3回繰り返してください。

ボンド入りファンデーションの上からテイッシュを重ねた箇所に凹凸ができてきたら、少しだけ開けておいた箇所の周りも線にそるようにテイッシュを付けていきます。線に沿うようにティッシュを付けたら、穴の箇所にもちぎったテイッシュを付けていきます。付け終わったら、もう一度ボンド入のファンデーションでティッシュの白い色が消えるまで塗っていきましょう。 

ティッシュをつける作業は手で、ボンド入りのファンデーションを塗る時は綿棒を使うと、手がベタベタせずに傷メイクを作ることができます。しっかりとティッシュがくっつくようにボンド入のファンデーションは満遍なく塗るようにしてください。

ティッシュとボンドが乾くまで10分〜20分は触らずにそのままにしておきましょう。どうしても早く傷メイクしたい場合、ドライヤーで乾かすことをおすすめします。 

次のページ

ハロウィンで顔に傷メイクしても大丈夫?

関連記事

人気の記事

Copyright (C) Lovely