【ディズニー】日付指定なしチケットって?プレゼントにおすすめ!

【ディズニー】日付指定なしチケットって?プレゼントにおすすめ!

ディズニーチケットの日付指定なし(オープン券)についてご紹介します。ディズニーチケットの日付指定なしの前売りチケットはプレゼントにもおすすめですが、入園できない日もあるため、注意も必要です…!日付指定なしディズニーチケットの楽しみ方もお伝えしていきます♪

記事の目次

  1. 1.【ディズニー】日付指定なしチケットのメリット・デメリットは?
  2. 2.日付指定なしディズニーチケットの値段/購入方法は?コンビニで買える?
  3. 3.【ディズニー】「指定なし」と「指定あり」…どちらがおすすめ?
  4. 4.ディズニーを思い切り遊び尽くそう

【ディズニー】日付指定なしチケットのメリット・デメリットは?

出典: https://unsplash.com/photos/a-kj7trIw_Y

ディズニーの入園に、日付指定券と日付指定なしのチケットがあるのはご存じでしょうか?行く日が決まっていないときやプレゼント用など、日付が指定されていないほうがよい場合もありますよね。

ディズニーにはいくつかの種類のチケットがあり、買い方も含めわけがわからない…という方も多いかもしれません。

この記事では日付指定なしのチケットのメリットやデメリット、購入方法など、気になる点をチェックしていきます!

日付指定なしのディズニーチケットとは?

ディズニーチケットには、日付指定があるものと日付指定なしの2種類のチケットがあります。

以前は日付指定なしのディズニーチケットであれば、いつでも入園することが可能でしたが、現在はいつでも必ず入れるわけではありません。

日付指定なしチケットの有効期限は、基本的に購入日から1年となっています。有効期限内であればいつでもディズニーランドやディズニーシーを楽しめるチケットです。

ディズニーの近くに住んでいる方や、日にちまでは決まっていないけど、近いうちにディズニーに足を運ぶという方には重宝されるチケットと言えますね。


■参考記事:ディズニーストアでのチケットの買い方は?コチラも参照!

ディズニーストアでのチケットの買い方!店舗はどこ?クレカは使える? | Lovely[ラブリー]のイメージ
ディズニーストアでのチケットの買い方!店舗はどこ?クレカは使える? | Lovely[ラブリー]
ディズニーストアでのチケットの買い方についてご紹介していきます。実際にディズニーチケットを購入できる店舗や、ディズニーストアでのクレジットカードの利用可否にも触れていきます。また、チケットのデザインなどにも注目していきますので、どうぞ参考にしてください。

日付指定なしチケットのメリットは?プレゼントにもおすすめ!

日付指定なしのディズニーチケットは、誰かにプレゼントする時におすすめです。ディズニーチケットをプレゼントされても、日付指定の場合、プレゼントされた人が行けない可能性も高いですが、日付指定がなければ有効期限内にいつでも楽しむことができます。

そういった意味で、誰かにプレゼントする際には日付指定なしのディズニーチケットをプレゼントしてあげると良いでしょう。

彼氏や彼女、親戚や兄弟姉妹など、ディズニーチケットをプレゼントされれば喜んでくれる人も多いでしょう。

他のプレゼントでは、もらってもあまり嬉しくないということがあったとしても、ディズニーチケットをプレゼントされて嬉しくないという人は少ないのではないでしょうか。

ディズニー好きな人であれば、なおさらもらって嬉しいプレゼントですよね。日付指定なしチケットは、まさにプレゼントにも最適な商品と言えます。

日付指定なしのディズニーチケットのデメリット

日付指定なしのディズニーチケットのデメリットは何と言っても、入園規制がかかった時にパーク内に入れないことです。

日付指定券であれば、入園規制がかかっても入ることができるので、この点が日付指定ありとなしの最大の違いと言えますよね。

日付指定なしチケットはディズニー公式オンライン販売やディズニーストアなどで前売り券として入手することができます。

しかし、日付指定なしチケットは、前売り販売しているものの、コンビニでは入手できない点はデメリットと言えるでしょう。

近くにコンビニがあって便利な生活をしている方でも、ディズニーの日付指定なしチケットを手に入れるためには、ディズニーストアに行くか、ディズニーオンラインショップを利用するしか購入方法はありません。

コンビニでしかチケットを購入できないときに気を付けましょう。

日付指定なしのディズニーチケットが使いにくいときも…

日付指定なしのディズニーチケットの場合、当日の混雑の影響でパーク内で入園制限がかかってしまうと、入園することができません。

また、日付指定付きのチケットが前売りで完売している場合も、パーク内に入ることができない可能性があります。

その場合は、ディズニーのチケット窓口で日付指定なし券(オープン券)と追加料金の200円を払ってチケットを購入しないといけません。

こういった手間がかかることが理由で、日付指定なしのディズニーチケットは使いにくいと言われてしまうことがあります。

また、後ほど詳しくご紹介しますが、2016年10月から12月の間の土日祝は、日付指定なしのチケットではパーク内に入園できないという事象が発生していました。

もともと、ハロウィーンやクリスマスといったイベントと重なる時期でもあり、日付指定なしのチケット保持者は完全にシャットアウトされる形となってしまったのです。

そのため、当日の入場規制がかかるようなとき、季節もののイベントの期間にディズニーに行きたいときは、日付無しチケットを避けたほうがよいでしょう。もしくは事前に日付指定チケットに変更させましょう。その方法については、後ほど詳しく紹介します。

日付指定なしディズニーチケットの値段/購入方法は?コンビニで買える?

出典: https://unsplash.com/photos/DmlPTYhPYhY

では、日付指定なしのディズニーチケットはどこで、いくらで購入できるのでしょうか。以下、気になる日付指定なしチケットについて、詳細を説明していきます。

日付指定なしのディズニーチケットの値段は?

日付指定なしチケットは、ディズニー公式オンラインショップか、各地のディズニーストアで手に入れることができます。

その場合の値段ですが、「1デーパスポート」と呼ばれるチケットで、大人7,400円、中人(中学生・高校生)6,400円、小人(4歳~11歳)4,800円となっています。

ディズニーは年々チケットの値段が高くなっている印象を受けますが、値段が上がっても行きたくなるのがディズニーワールドの魅力と言えますよね!

大人の場合、7,400円と決して安い値段ではありませんが、家族や恋人、友達同士の思い出作りの場としてもディズニーは最高ですよね。まさに値段以上の価値があると言えます。

ディズニーシーにはディズニーシーの魅力、ディズニーランドにはディズニーランドの魅力がそれぞれあり、どちらに行っても素敵な時間を過ごすことができますね!

日付指定なしのディズニーチケットの購入方法・購入場所は?

日付指定なしのチケットの値段を把握して、実際に手に入れようと思ったら、その購入方法としてはディズニーオンラインショップか、ディズニーストアに行って購入する方法があります。日付指定なしチケットは、コンビニでは購入することができないので、注意してください。

ディズニーストアは、全国にありますが、それほど店舗数が多いわけでないので、大半の人にとって日付指定なしチケットの購入方法はオンラインストアでの購入となるでしょう。

プリンタがあれば、自宅でプリントアウトすることもできますし、プリンタがなくてもチケットを郵送してくれるので、安心の購入方法と言えます。

ただし、配送には時間がかかるので、直前の購入はできないということを頭に入れておきましょう。

通話料無料・24時間相談できる「恋ラボ」

・通話料無料!
・キャンセル料一切なし!
・初回限定1,000円オフクーポンあり!

恋ラボはexcite(エキサイト)が運営する恋のカウンセリング専門サービスです。

恋ラボの魅力は相談にかかる費用の安さ。通常、電話相談は通話料+相談料がかかり、約10分電話しただけでも3000~5000円ほどかかってしまいます。

ですが、恋ラボの運営元exciteが提供する「エキサイト通話アプリ」を利用すれば通話料無料で相談可能です。

また、初回のみ使える1,000円クーポンを利用すれば恋愛カウンセラーのプロのアドバイスが受けられます。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談


また、電話相談が苦手な方に向け、チャットやメールでの相談もできるのも恋ラボの特徴です。

料金表(税込)

電話相談 110円~/1分
チャット相談 110円~/1分
メール相談 1,100円~/1通

・友達には相談しづらい悩み
・相談しても思うようなアドバイスを周囲からはもらえず一人で悩んでいる

そんなときは恋ラボの経験豊富な恋愛のカウンセラーに相談してみましょう。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談



次のページ

【ディズニー】「指定なし」と「指定あり」…どちらがおすすめ?

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely