【ディズニー】日付指定なしチケットって?プレゼントにおすすめ!

ディズニーチケットの日付指定なし(オープン券)についてご紹介します。ディズニーチケットの日付指定なしの前売りチケットはプレゼントにもおすすめですが、入園できない日もあるため、注意も必要です…!日付指定なしディズニーチケットの楽しみ方もお伝えしていきます♪

【ディズニー】日付指定なしチケットって?プレゼントにおすすめ!  のイメージ

目次

  1. 【ディズニー】日付指定なしチケットのメリット・デメリットは?
  2. 日付指定なしディズニーチケットの値段/購入方法は?コンビニで買える?
  3. 【ディズニー】「指定なし」と「指定あり」…どちらがおすすめ?
  4. ディズニーを思い切り遊び尽くそう

【ディズニー】日付指定なしチケットのメリット・デメリットは?

ディズニーの入園に、日付指定券と日付指定なしのチケットがあるのはご存じでしょうか?行く日が決まっていないときやプレゼント用など、日付が指定されていないほうがよい場合もありますよね。

ディズニーにはいくつかの種類のチケットがあり、買い方も含めわけがわからない…という方も多いかもしれません。

この記事では日付指定なしのチケットのメリットやデメリット、購入方法など、気になる点をチェックしていきます!

日付指定なしのディズニーチケットとは?

ディズニーチケットには、日付指定があるものと日付指定なしの2種類のチケットがあります。

以前は日付指定なしのディズニーチケットであれば、いつでも入園することが可能でしたが、現在はいつでも必ず入れるわけではありません。

日付指定なしチケットの有効期限は、基本的に購入日から1年となっています。有効期限内であればいつでもディズニーランドやディズニーシーを楽しめるチケットです。

ディズニーの近くに住んでいる方や、日にちまでは決まっていないけど、近いうちにディズニーに足を運ぶという方には重宝されるチケットと言えますね。


■参考記事:ディズニーストアでのチケットの買い方は?コチラも参照!

ディズニーストアでのチケットの買い方!店舗はどこ?クレカは使える?

日付指定なしチケットのメリットは?プレゼントにもおすすめ!

日付指定なしのディズニーチケットは、誰かにプレゼントする時におすすめです。ディズニーチケットをプレゼントされても、日付指定の場合、プレゼントされた人が行けない可能性も高いですが、日付指定がなければ有効期限内にいつでも楽しむことができます。

そういった意味で、誰かにプレゼントする際には日付指定なしのディズニーチケットをプレゼントしてあげると良いでしょう。

彼氏や彼女、親戚や兄弟姉妹など、ディズニーチケットをプレゼントされれば喜んでくれる人も多いでしょう。

他のプレゼントでは、もらってもあまり嬉しくないということがあったとしても、ディズニーチケットをプレゼントされて嬉しくないという人は少ないのではないでしょうか。

ディズニー好きな人であれば、なおさらもらって嬉しいプレゼントですよね。日付指定なしチケットは、まさにプレゼントにも最適な商品と言えます。

日付指定なしのディズニーチケットのデメリット

日付指定なしのディズニーチケットのデメリットは何と言っても、入園規制がかかった時にパーク内に入れないことです。

日付指定券であれば、入園規制がかかっても入ることができるので、この点が日付指定ありとなしの最大の違いと言えますよね。

日付指定なしチケットはディズニー公式オンライン販売やディズニーストアなどで前売り券として入手することができます。

しかし、日付指定なしチケットは、前売り販売しているものの、コンビニでは入手できない点はデメリットと言えるでしょう。

近くにコンビニがあって便利な生活をしている方でも、ディズニーの日付指定なしチケットを手に入れるためには、ディズニーストアに行くか、ディズニーオンラインショップを利用するしか購入方法はありません。

コンビニでしかチケットを購入できないときに気を付けましょう。

日付指定なしのディズニーチケットが使いにくいときも…

日付指定なしのディズニーチケットの場合、当日の混雑の影響でパーク内で入園制限がかかってしまうと、入園することができません。

また、日付指定付きのチケットが前売りで完売している場合も、パーク内に入ることができない可能性があります。

その場合は、ディズニーのチケット窓口で日付指定なし券(オープン券)と追加料金の200円を払ってチケットを購入しないといけません。

こういった手間がかかることが理由で、日付指定なしのディズニーチケットは使いにくいと言われてしまうことがあります。

また、後ほど詳しくご紹介しますが、2016年10月から12月の間の土日祝は、日付指定なしのチケットではパーク内に入園できないという事象が発生していました。

もともと、ハロウィーンやクリスマスといったイベントと重なる時期でもあり、日付指定なしのチケット保持者は完全にシャットアウトされる形となってしまったのです。

そのため、当日の入場規制がかかるようなとき、季節もののイベントの期間にディズニーに行きたいときは、日付無しチケットを避けたほうがよいでしょう。もしくは事前に日付指定チケットに変更させましょう。その方法については、後ほど詳しく紹介します。

日付指定なしディズニーチケットの値段/購入方法は?コンビニで買える?

では、日付指定なしのディズニーチケットはどこで、いくらで購入できるのでしょうか。以下、気になる日付指定なしチケットについて、詳細を説明していきます。

日付指定なしのディズニーチケットの値段は?

日付指定なしチケットは、ディズニー公式オンラインショップか、各地のディズニーストアで手に入れることができます。

その場合の値段ですが、「1デーパスポート」と呼ばれるチケットで、大人7,400円、中人(中学生・高校生)6,400円、小人(4歳~11歳)4,800円となっています。

ディズニーは年々チケットの値段が高くなっている印象を受けますが、値段が上がっても行きたくなるのがディズニーワールドの魅力と言えますよね!

大人の場合、7,400円と決して安い値段ではありませんが、家族や恋人、友達同士の思い出作りの場としてもディズニーは最高ですよね。まさに値段以上の価値があると言えます。

ディズニーシーにはディズニーシーの魅力、ディズニーランドにはディズニーランドの魅力がそれぞれあり、どちらに行っても素敵な時間を過ごすことができますね!

日付指定なしのディズニーチケットの購入方法・購入場所は?

日付指定なしのチケットの値段を把握して、実際に手に入れようと思ったら、その購入方法としてはディズニーオンラインショップか、ディズニーストアに行って購入する方法があります。日付指定なしチケットは、コンビニでは購入することができないので、注意してください。

ディズニーストアは、全国にありますが、それほど店舗数が多いわけでないので、大半の人にとって日付指定なしチケットの購入方法はオンラインストアでの購入となるでしょう。

プリンタがあれば、自宅でプリントアウトすることもできますし、プリンタがなくてもチケットを郵送してくれるので、安心の購入方法と言えます。

ただし、配送には時間がかかるので、直前の購入はできないということを頭に入れておきましょう。

日付指定なしのディズニーチケットはコンビニでも買える?

日付指定なしのディズニーチケットの購入方法として、コンビニでも買えるかという疑問について、残念ながらコンビニで日付指定なしのディズニーチケットを手に入れることはできません。

コンビニの場合、日付指定券の販売しかないので、気をつけてください。値段的には日付指定なしのディズニーチケットと変わらないので、ディズニーに行く日にちを決めてから、コンビニで日付指定券を手に入れると良いでしょう。

コンビニでの前売りチケットの購入方法としては、来園予定日の2ヶ月前から購入することができます。

特にゴールデンウィーク、クリスマス、バレンタインなどといった大型連休やイベントと重なる時期はディズニーも混雑しやすいので、早めに前売り券を手に入れることをおすすめします。

イベントのある日でも、入場制限に関係なく入園できるのが日付指定券のメリットと言えます。


■参考記事:ディズニーチケットをコンビニで買うと…?コチラも参照!

ディズニーチケットをコンビニで買うと絵柄はどうなる?

日付指定なしのディズニーチケット前売りはいつから?

日付指定なしのディズニーチケット前売りは特に指定がなく、いつでも好きな日を選んで来園することができます。その有効期限は1年となっており、有効期限内であればいつでも利用することができます。

これは、日付指定券の前売りと異なる部分であり、日付指定券の場合は、当然指定された日付にしか入園することができません。日付指定券の場合も前売りで購入しておくのがおすすめです。

日付指定券が前売りで売り切れている場合、日付指定なしのチケットを持っていても入園できない可能性が高くなります。

日付指定券を持っていれば、来場者数に関わらず入園することができるので、行く日にちが決まっているのであれば、あらかじめ前売り券で日付指定券を買っておくのがおすすめです。

日付指定なしのディズニーチケットの有効期限は?行くなら朝からがおすすめ!

日付指定なしのディズニーチケットの有効期限は購入日から1年となっています。1年以内の有効期限内であれば、いつでも利用することができますが、入場規制がかかっている場合にはパーク内に入ることができません。

そういったリスクを避けるために、開園前から並んでおくことで、パーク内に入れる可能性も高まります。

日付指定なしのディズニーチケットの有効期限は1年なので、確実に1年以内に使うようにしましょう。1年あるからいいやと思っていると、意外とあっという間に過ぎてしまうこともあります。

気づいた時には有効期限切れだったということがないように、日付指定なしチケットでも、計画的に利用することをおすすめします。

【ディズニー】「指定なし」と「指定あり」…どちらがおすすめ?

日付指定なしのディズニーチケットのメリットとデメリットを上記で見てきましたが、果たして日付指定券とどちらがよいのか迷いますよね。

「指定なし」と「指定あり」、どちらがおすすめなのか、ケースに応じて徹底比較します。

日付指定なしのディズニーチケットでは入園できないのはどんなとき?

日付指定なしのディズニーチケットでは入園できない可能性もあることを頭に入れておきましょう。

そのパターンとしては、とにかく「入園規制」がかかっている時です。ゴールデンウィークやクリスマス、バレンタインなど、あらかじめ混雑が予想される時期は、日付指定券を購入してからディズニーに出かけるようにしましょう。

ディズニーは混雑する日にはもちろん、入園規制がかかることもありますが、基本的には問題なく入れる日の方が圧倒的に多いので、安心してくださいね。

チケットの購入方法を頭に入れて、その購入方法にしたがってチケットを入手することで、安心してディズニーの雰囲気を楽しむことができます。

もし都合が合えば、平日にディズニーに行けば、それほど混雑の影響を感じることなく、アトラクションやパレードを楽しむことができるので、おすすめですよ。


■参考記事:ランド・シーで入場制限が…!入れるチケットは?

ディズニーランド・シーの入場制限の確認方法!入れるチケットはどれ?

限定入園日は廃止?2019年は無しの可能性大かも…?

ディズニーでは、2016年の10月から12月にかけての、土日祝に限定入園日の制度を導入しました。限定入園日とは、日付指定券を持っている人のみ入園可能という意味で、日付指定なしのチケットでは入園できないことを表しています。

これまでも、10月から12月にかけての土日祝には入園規制がかけられることも多かったことから、ディズニー側の判断で、こういった制度が設けられることになりました。

ただし、限定入園日の制度は一時的なものであって、2018年1月から3月31日までの間は、その制度が実施されないことが発表されています。

その後も限定入園日は設けられておらず、2019年は無しの可能性が大と見込まれています。今後も来客動向次第では、再び限定入園日制度が復活する可能性もありますが、1年前には通知が出るようなので、ディズニー公式サイトなどを確認するようにしましょう。

予定が決められるときは、日付指定券を買うのがおすすめ!

ディズニー前売り券の購入方法としては、コンビニやディズニーストア、ディズニーオンラインショップなどで購入する方法がありますが、できれば日付指定券を買うのがおすすめと言えます。

日付指定券を買っておけば、混雑や入園規制に関わらず、確実にパーク内に入ることができるので、特に遠方からはるばる来るという方は日付指定券を購入しておくと良いでしょう。日付指定券であれば、コンビニで手軽に買うことができるのもおすすめです。

もちろん、指定された日付にしか入園できませんが、あらかじめ予定を立てておくことで、その日は思いっ切りディズニーワールドを楽しむことができます。

日付指定なしのディズニーチケットを日付指定に変える方法

日付指定なしのディズニーチケットを日付指定に変える方法としては、2パターンあります。
1つは、ディズニリゾート内のチケットセンターやディズニーストアに行って、前売りの日付指定券へ変更してもらう方法があります。

そして、もう1つは、当日にディズニーランドに行って、チケットブースに並んで日付指定券に変えてもらう方法です。当日の場合、入園制限がかかった後ですと、日付指定券に変更してもらうことができないので、混雑が予想される場合は、チケットブースになるべく早めに並ぶことが大切です。

日付指定なしのディズニーチケットを日付指定に変えるためには、変更手数料として200円かかるので注意してくださいね。

もともとディズニーに行く日にちが決まっているのであれば、前売りの段階から日付指定券を購入するのがおすすめです。

ディズニーを思い切り遊び尽くそう

ディズニーの魅力に触れることができたら、ぜひディズニーランドやディズニーシーに行って、思い切り遊び尽くしましょう。

好きな人にチケットをプレゼントして一緒に楽しむのも素敵ですよ。ディズニーワールドは、チケットの値段以上の価値があると言えますよね。

まさに夢の国であり、日頃のストレスや心配事などをすべて忘れさせてくれる魅力的な空間と言えます。チケットの値段を気にすることなく、自分へのご褒美だと思って、チケットを購入してみましょう。

ディズニーチケットについて、その購入方法や値段、有効期限などを中心にご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

やはり、どれだけ値段が上がってもファンが多いのがディズニーの魅力ですよね。コンビニで手軽にチケットを購入できるという便利さも、ディズニー人気の一つの要因と言えるでしょう。

チケットの購入方法を頭に入れたら、日付指定なしチケットの有効期限も頭に入れておきましょう。

有効期限がまだ先だからと言って、うっかりしていると有効期限切れになってしまう可能性もあります。せっかくのディズニーチケットを無駄にしないように、計画を立てることも忘れないでくださいね。

ディズニーについてもっと情報を知りたいアナタに!

ディズニーランドのショーレストランおすすめランキングTOP5!
ディズニーデートで失敗しないためのポイント7選!【要注意】
ディズニーシーの写真スポットおすすめ7選!カップル必見!

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ