ディズニーシーの楽しみ方解説!驚きの裏技とは?

皆さんは、ディズニーシーで、どのような楽しみ方をしていますか? カップルで、デートスポットとしてディズニーシーを楽しんだり、友達や、子供と一緒に楽しんだり、楽しみ方は、それぞれです。 おすすめの、ディズニーシー楽しみ方について、まとめてみました。

ディズニーシーの楽しみ方解説!驚きの裏技とは?のイメージ

目次

  1. ディズニーシーの楽しみ方
  2. ディズニーシーの楽しみ方(1)ファストパスを利用
  3. ディズニーシーの楽しみ方(2)混雑しない日を選ぶ
  4. ディズニーシーの楽しみ方(3)ディズニーシーが混む日は?
  5. ディズニーシーの楽しみ方(4)アフター6を利用
  6. ディズニーシーの楽しみ方(5)スターライトパス
  7. ディズニーシーの楽しみ方(6)大人の楽しみ方
  8. ディズニーシーの楽しみ方(7)食事の楽しみ
  9. ディズニーシーの楽しみ方(8)カップルの楽しみ方
  10. ディズニーシーの楽しみ方(9)オリジナルグッズ
  11. ディズニーシーの楽しみ方(10)ロマンチックな夜景
  12. ディズニーシーの楽しみ方(11)子供との楽しみ方
  13. ディズニーシーの楽しみ方(12)マーメイドラグーン
  14. ディズニーシーの楽しみ方(13)アラビアンコースト
  15. ディズニーシーの楽しみ方(14)友達との楽しみ方
  16. ディズニーシーの楽しみ方(15)写真をたくさん撮る
  17. ディズニーシーの楽しみ方(16)ゲームも楽しめる
  18. ディズニーシーの楽しみ方(17)食べ歩きフード
  19. ディズニーシーの楽しみ方(18)お土産を買う
  20. ディズニーシーの楽しみ方 まとめ

ディズニーシーの楽しみ方

デートスポットとしても、有名な、ディズニーシーですが、皆さんは、どのような楽しみ方をしていますか?

カップルで遊びに行ったり、子供を連れて、家族と一緒だったり、友達と一緒だったり・・・

大人から、子供まで、楽しく遊べる、ディズニーシー について、一緒に見ていきましょう。

ディズニーシーの楽しみ方(1)ファストパスを利用

1つでも、多くのアトラクションに乗りたいのであれば、やはり、ファストパスでしょう。

ファストパスとは、30分、または1時間刻みなどで、発券している、アトラクションの優先乗車券といったところでしょうか。

ファストパスに記載されている時間内に、アトラクションに行くと、普通に並ぶよりも、かなりの時短で、アトラクションに乗ることができます。

これを利用しないのは、もったいないです!
ぜひ活用してくださいね。

(1)待ち時間の長いものは、ファストパスで乗る

大人でも、子供でも、待ち時間というものは、あまり好きではないですよね。

友達やカップルで来ていても、120分待ちなどの時間は、話も尽きてしまうほどです。

アトラクションの待ち時間の長いものは、ファストパスを取っておくことを、オススメします。

また、ファストパスは、一回とると、一定の時間発券できなくなりますので、優先順位を決めておくことも大事です。

アフター6などでは、すでに発券が終わっていることもありますので、早めにファストパスを発券することを、オススメします。


◆関連記事:ファストパスについて知りたい方はこちら

マジックランプシアター完全解説!仕掛けやファストパスは?
【ディズニーシー】センターオブジアースの怖さは?ファストパスは?

ディズニーシーの楽しみ方(2)混雑しない日を選ぶ

たくさんアトラクションにも乗ることができて、レストランや、フードワゴンなども、待ち時間が少なければ、ディズニーシーを満喫できますよね。

では、どのようにしたら、たくさんのアトラクションなどに乗れるのでしょうか?

答えは、空いている日に行くことです。

当たり前のような答えですが、混雑は、日によって変わるものです。
混雑しない日とは、どんな日なのでしょうか?

(1)こんな日が空いている

1月から2月にかけて、ディズニーシー・ディズニーランド、共にとても空く時期になります。

閉園時間が早い時期でもあり、人が少ないです。
学生が、冬休みに入っていない2月は、穴場の時期と言えるでしょう。

また、事前に、混雑予報などを見ていくことも、オススメしますが、その予報を見て、空いているパークに、人が流れていく傾向もありますので、気をつけたいところですね。

アフター6などでいく際には、その日のアトラクションの、待ち時間を見て、混雑を予測していきましょう。

ディズニーシーの楽しみ方(3)ディズニーシーが混む日は?

では、逆に、ディズニーシーが混む日は、いつなのでしょうか?

この日を避ければ、入場制限などに引っかかることもないかもしれません。

カップルで、ディズニーシーに来たのに、入れなかったら、デートスポットとしては、マイナスですよね。

また、遠方から来る人たちも、混雑する日を避けるべきでしょう。

カップルもそうですが、家族一緒で、大人だけではなく、子供がいたら、なおさらのことです。

(1)キャラクターの誕生日

ディズニーフレンズの誕生日は、非常に混み合います。

人気のキャラクターですと、より混み合います。

人気のキャラクターの誕生日に、ディズニーシーに行き、おめでとうと言えたら、嬉しいですよね。

そんな人たちが、たくさん訪れる日ですので、混み合うのも、わかりますよね。

(2)ダッフィーグッズの発売日

毎年、毎回のことですが、ダッフィーのグッズが、新しく出る日には、ディズニーシーは、非常に混み合います。

ショップに並ぶ人も多いため、最初は、アトラクションにも乗りやすいですが、買い物を終えた人たちが、アトラクションや、レストランに流れていきますので、この日も、混み合います。

アトラクションは、いつもと同じように乗れたとしても、人口密度が高いため、大人でも、子供でも、人混みが苦手な人は、絶対に、避けるべき日と言えます。

ディズニーシーの楽しみ方(4)アフター6を利用

アフター6というパスポートは、知っていますか?
夕方の6時からパークに入れる、お得なパスポートです。

アフター6でも、ファンタズミックなどのショーは見ることができますし、アフター6の時間帯でも、ファストパスが取れる場合もあります。

アフター6だと、時間が短いような気もするかも知れませんが、子供連れの家族などは、夜になると、帰ってしまうことが多いので、アフター6の方が、待ち時間が少なく済むこともあります。

カップルなど、デートスポットとして、ディズニーシーに来るのにも、ライトアップが綺麗になり、アフター6での入園は、とてもオススメになります。

(1)夏は5時からの夏5

アフター6は、平日の夜6時からで、一年間通して、ほぼ毎日販売されているチケットです。

ですが、日の暮れるのが、遅い夏の時期には、アフター6ではなく、夏5というチケットに変わり、夕方の5時から、入園できます。

アフター6より一時間長いだけですが、遊べる時間が長いことは、大人でも子供でも、どちらも嬉しいですよね。

ディズニーシーの楽しみ方(5)スターライトパス

平日にアフター6があると述べましたが、休日は、アフター6のようなチケットは、あるのでしょうか?

土日と、休日には、アフター6の代わりに、スターライトパスポートというチケットが、販売されています。

アフター6は、6時からですが、スターライトパスポートは、午後3時から、入園することができます。

3時からですと、ショーが見れたり、ファストパスなども取りやすい時間ですね。

スターライトパスポートは、パスポートの値段も、アフター6よりも、少し高い設定になっています。

(1)以外と長い時間遊べる

アフター6や夏5、スターライトパスポートだと、思い切り遊べないよ。
と思うかもしれませんが、先ほども述べたように、子供連れの人たちは、帰る人が多いので、以外とアトラクションにも乗ることができます。

空いている日には、ファストパスが残っていることもありますし、ファンタズミックを見ることを目当てとしている人には、非常にオススメなのが、アフター6なんです。

一日歩き回れる自信のない、大人や子供にも、オススメのパスポートと言えるでしょう。

ディズニーシーの楽しみ方(6)大人の楽しみ方

次は、大人のための、大人ならではの、ディズニーシーの楽しみ方を見ていきたいと思います。

子供のように、遊びまわることは、できないけれど、ディズニーシーには、いきたいな。
と感じている、大人の人に、参考になれればと思います。

では、大人のディズニーシーを楽しみ方を見ていきましょう。

(1)決まった場所では、お酒も喫煙もできる

大人になると、お酒や、タバコを吸う人もたくさんいますよね。

ディズニーシーでは、お酒を提供しているレストランがあります。

パークの雰囲気を見ながら、ほろ酔いになるのも、大人ならではの楽しみ方ですよね。

喫煙所も、パークの中に、4箇所設けていますので、タバコが吸えるのかな?と、気にしないでも大丈夫です。

ディズニーシーの楽しみ方(7)食事の楽しみ

子供は、ピザや、ポテトでも、満足しているけれど、大人なら、もう少し、しっかりと食事をしたい。
そう感じる人も多いのではないでしょうか?

ディズニーシーというと、やはり、ファーストフードや、食べ歩きのスナックをイメージしがちですが、ディズニーシーには、大人向けとも思える、レストランがあり、素敵な料理を、提供してくれます。

(1)ディズニーシーはお酒が飲める

先ほども述べましたが、ディズニーシーは、お酒を提供しているレストランがありますので、レストランで、お酒を飲みながら食事をしたり、お酒のおつまみにもなる食事をすることができます。

ディズニーシーでは、お酒は飲めますが、飲める場所は、お酒を提供している、レストランの中のみです。

お酒を持ってきて、外で飲もう。
なんていうことは、できませんので、注意してくださいね。

(2)ホテルでの食事もオススメ

ディズニーシーの中のレストランだけではなく、ホテルのレストランも、大人の方には、オススメです。

カップルのデートスポットとしても、使える、少し豪華な食事になります。

ディズニーシーの中にある、ミラコスタというホテルなら、ディズニーシーの雰囲気を見ながら、食事をすることができます。

もちろん、再入場をすることもできますので、外のオフィシャルホテルでの食事も、オススメです。

再入場の場合は、手の甲に、再入場用のスタンプを押してもらうことを、忘れないでくださいね。

ディズニーシーの楽しみ方(8)カップルの楽しみ方

カップルのデートスポットの代表とも言える、ディズニーですが、デートスポットとして、ディズニーシーを訪れるカップルに、特別にできることはあるのでしょうか?

ディズニーランドよりも、大人の雰囲気のあるディズニーシーに、デートスポットとして、訪れたカップルの楽しみ方について見ていきましょう。

(1)デートスポットでもお馴染み

デートスポットとしても、有名ですし、ディズニーランドよりも、雰囲気などが、大人向きなため、ディズニーシーには、多くのカップルが、訪れています。

お揃いのアクセサリーを購入したり、お揃いのコーディネイトをしてみたりと、デートスポットならではの楽しみ方が、たくさんあります。

カップルにとって、デートスポットとして、納得のいく楽しみ方が、できる場所なんですね。

ディズニーシーの楽しみ方(9)オリジナルグッズ

ディズニーシーの中に、名前や、イニシャルを入れてくれる、オリジナルのグッズを作れるショップがあるのをご存知でしたか?

パーツなどを、好きに組み合わせたり、イニシャルなど、名前を自分の名前にできたり、カップルにとっては、思い出に残るお土産になります。

入れられる名前は、自分の名前や、ニックネームと、ディズニーキャラクターの名前だけですので、注意してくださいね。

カップルで、二人のイニシャルを入れることなどは、大丈夫です。

(1)作れるものは時期によって違う

作れる、オリジナルグッズは、時期によって違います。

その時にやっている、イベントに合わせたものであったり、スマホケースなどの時期もあります。

毎年、クリスマスの時期になると、ペアリングがありましたが、ここ最近、2年ほど、ペアリングは、販売されていません。

カップルで、ペアのグッズを作るために、デートスポットに選ぶのも、いいですね。

ディズニーシーの楽しみ方(10)ロマンチックな夜景

カップルが、デートスポットに、ディズニーシーを選ぶ、理由の一つとも言える、ディズニーシーの、夜景について見ていきたいと思います。

昼間とは、全く違う顔になる、ディズニーシーですが、ディズニーランドよりも、照明が少なく、暗いため、夜景のイルミネーションは、実に綺麗です。

オススメの2箇所を、あげて見ましたので、見ていきましょう。

(1)マーメイドラグーンのライトアップがデートスポットにぴったり

夜の、マーメイドラグーンは、お城が、ライトアップされ、デートスポットには、もってこいの、ロマンチックな雰囲気になります。

ピカピカにライトアップされるわけではなく、ぼんやりと、白と青で、海をイメージしているかのような、ライトアップをします。

マーメイドラグーンの夜景を見ながら、お城の前で、告白されたら、きっととてもロマンチックで、素敵でしょうね。

(2)海のライトアップがデートスポットにぴったり

船着き場などの、海の周りのライトアップも、とてもロマンチックです。

漆黒の海に、イルミネーションが映り込み、カップルで、思い出の写真が撮れる場所とも言えます。

海の周りも、昼間とは、全く違う雰囲気になり、暖かい色合いのライトで、ライトアップされます。

ここを一緒に歩くだけでも、デートスポットに決めてよかった。と感じられる場所です。

ディズニーシーの楽しみ方(11)子供との楽しみ方

次に見ていくのは、子供と一緒にディズニーシーを楽しむ時の、楽しみ方です。

子供は、乗れるアトラクションや、食べれる物など、限られてしまうこともあり、下調べと、準備は、しっかりとしていくことで、子供も、思い切り楽しめることができます。

荷物を持ったり、準備をする大人は大変ですが、子供の笑顔のためなら、頑張れそうですね。

(1)ベビーカーがあると安心

ディズニーシーは、歩く距離が長く、子供としては、疲れてしまう。
と、感じることがあります。

また、疲れたら眠ってしまう。などを考えると、ベビーカーを持っていくことをお勧めします。

子供が乗っていない時は、荷物をいれておくこともできますね。

子供と行くと、買ったはいいものの、持たない。
などの荷物が増えるので、ベビーカーがあると、とても便利です。

ディズニーシーの楽しみ方(12)マーメイドラグーン

子供とディズニーシーに行く時、子供でも楽しめるエリアを、見ていきたいと思います。

ディズニーシーは、絶叫系のアトラクションが多いですが、子供でも、楽しめるアトラクションがありますので、安心してディズニーシーに行くことができますね。

まずは、マーメイドラグーンについて、見ていきましょう。

(1)アトラクションに乗れない、子供でも遊べる場所がある

全く、乗り物に乗ることのできない子供がいても、遊べるアトラクションがあります。

アトラクションという言い方が、似合わない感じもしますが、パーク地図には、ちゃんと、アトラクションとして記載されています。

海の中を、歩くという、誰にでも楽しめる、アトラクションがあります。
暗い場所が苦手な子供には、向かないかもしれませんが、待ち時間などもなく、いつも幼い子供たちで、賑わっています。

ショーが観れるのであれば、マーメイドラグーンシアターも、オススメです。

(2)キッズ・ベビーのアパレルショップ

マーメイドラグーンには、ベビーグッズや、子供向けの、アパレルショップがあります。

ダッフィーのベビーグッズも取り扱っています。

自分の子供に、お土産として購入するのもいいですし、ギフトもありますので、自分たち以外の子供のお土産にも、喜ばれます。

ディズニーシーの楽しみ方(13)アラビアンコースト

次に見て行くエリアは、アラビアンコーストです。

アラビアンコースト言えば、アラジンや、シンドバットの世界観を意識したエリアですが、ここのエリアも、子供と行くときには、オススメなエリアになります。

子供と楽しむ、アラビアンコーストの、楽しみ方を見ていきましょう。

(1)子供でも乗れるアトラクションが多い

アラビアンコーストには、マジックランプシアターという、ショーを見る場所があります。
最後の仕掛けが、とても楽しく、ファストパスが発券されるほどの人気です。

また、その近くには、ジニーのメリーゴーラウンドのような、アトラクションがあります。
普通の馬に乗るよりも、ライドが太いため、安定感があると言えます。

シンドバットの冒険アトラクションは、大きな船に乗り、ゆっくりと、シンドバットの世界を旅して回るアトラクションになります。

いずれも、子供でも乗れるアトラクションですので、子供と、ディズニーシーに行くときには、アラビアンコーストは、おすすめエリアです。

ディズニーシーの楽しみ方(14)友達との楽しみ方

次は、友達と、ディズニーシーを楽しむ方法について、見ていきたいと思います。

友達とは、年代が同じだったりするので、アトラクションも、一緒に乗ることができて、楽しいですよね。

友達とだからこそ、楽しめる、楽しみ方もあると思います。

では、友達とディズニーシーに行った時の、楽しみ方について、見ていきましょう。

(1)お揃いのコーディネート

カップルだと、なんとなく恥ずかしい気持ちもある、お揃いコーデも、友達とだったら、とても楽しめますよね。

時には、弾けたコーディネートを楽しむことも、楽しみの一つです。

ディズニーシーに来たんだから。
と、ディズニーコーデで、お揃いをしてみてはいかがですか?

ディズニーシーの楽しみ方(15)写真をたくさん撮る

友達とディズニーシーに行ったら、思い出を残す意味でも、写真をいっぱい撮ると、テンションも上がり、楽しいです。

フォトスポットとも言える場所が、ディズニーシーには、たくさんあります。

待ち時間に、自撮りをするだけでなく、いろいろな背景や、オブジェと写真を撮ってみてはいかがですか?

(1)インスタのいいね!

ディズニーのハッシュタグで、インスタグラムにアップすると、「いいね!」がつく率も、上がります。

それほどに、皆さん、ディズニーに、興味を持っているんですね。

友達との、面白い写真や、ディズニーシーコーデをしている、写真を、インスタグラムに、アップしてみるのも、周りの反応が見れて、とても楽しいです。

ディズニーシーの楽しみ方(16)ゲームも楽しめる

ディズニーシーには、ゲームコーナーがあるのを知っていましたか?

アラビアンコーストの一角で、2種類のゲームを、楽しむことができます。

どちらのゲームも、とても人気で、いつも待ち時間ができています。

商品は、ここでしか手に入れることのできない、ディズニーフレンズのぬいぐるみになります。

(1)失敗しても平気!

どちらのゲームも、一回のゲームで、ゲームに挑戦できる回数が決まっています。

全部失敗してしまっても、がっかりしないでください!
ちゃんと、参加賞が、もらえます。

ディズニーフレンズの、ピンがもらえる時が多く、他にも、チャームなどがもらえる時があります。

一回のゲームで、一個の参加賞が、もらえます。
また、ぬいぐるみをゲットした人は、参加賞が、もらえませんので、注意してくださいね。

(2)時期によって賞品が変わる

ゲーム成功の時の、ぬいぐるみも、参加賞も、時期によって変わります。

その時のイベントや、季節を意識した商品が、もらえます。

また、ぬいぐるみは、ミニーちゃんとミッキーのどちらか。
のように、常に二つあり、どちらかを選べます。

ミニーちゃんとミッキー、スティッチとエンジェル、チップとデール、デイジーとドナルドなどの、ラインナップがあります。

ディズニーシーの楽しみ方(17)食べ歩きフード

次に見ていきたいのは、ディズニーの楽しみとも言える、食べ歩きフードです。

ディズニーシーには、ディズニーシー限定の、食べ歩きフードが、たくさんあります。

その中でも、人気の、ポップコーンと、餃子ドッグについて見ていきましょう。

(1)いろんな味が楽しいポップコーン

ディズニーといえば、ポップコーンといってもいいほどに、人気があるポップコーンですが、販売場所によって違う味が楽しめます。

また、その場所のイメージにあったキャラクターのポップコーンバケットなども、人気です。

ディズニーシーには、ディズニーランドにはない、アリエルのバケットや、ダッフィーのバケットなど、たくさんのバケットがあります。

バケットを持っていたら、2回目からは、そのバケットにポップコーンを入れてもらうこともできます。

もちろん、紙のケースでのポップコーンの販売もあります。

(2)いつでも行列の餃子ドッグ

いつも、行列の出来ている、餃子ドッグですが、餃子ドッグとは、どのような食べ物なのでしょうか?

肉まんや、あんまんなどの皮の部分を思い出してみてください。
その中に、餃子の具が、入っています。

餃子は苦手という人は、チキンチャウダーの入った、チャンドゥのものや、海老の入った、浮き輪マンがあります。

ディズニーシーの楽しみ方(18)お土産を買う

ディズニーシーに来たら、お土産を買うのも、楽しみの一つですよね。

お菓子などの食べ物や、文房具、洋服など、いろいろなものが販売されています。

エリアごとに販売されている、スーベニアメダルのケースファイルや、キャラクターに、サインをもらうための、サイン帳も、販売しています。

(1)エリアごとにイメージキャラクターのグッズがある

エリアごとに、そのイメージのキャラクターなどのグッズが、たくさん販売されています。

そのエリアに行かないと、買えないお土産もあり、ディズニーシーでお土産を買って帰るときの、特別感が味わえます。

先ほど取り上げた、マーメイドラグーンですと、アリエルのものは、もちろんたくさんありますが、フランダーや、セバスちゃんのグッズは、マーメイドラグーンにしかありません。

アラビアンコーストでも、ジニーのものはもちろんたくさんありますが、チャンドゥのものは、ここにしかありません。

また、アラビアンコーストには、手品グッズを扱うショップもあります。

(2)ダッフィーはディズニーシー限定

ダッフィーと、ダッフィーの仲間たちのグッズは、ディズニーシーにしか、販売がないので、ぜひ買って帰りたいお土産の、1つでもあります。

ダッフィーも、お菓子や、バッグなどのお土産があります。
また、他にも、絵本や、ベビーギフトなどもあります。

一番の人気は、やはり、ぬいぐるみではないでしょうか?

1つ1つ、顔を選んで買った帰った子は、特別に可愛いこと間違いなしです。

ディズニーシーの楽しみ方 まとめ

いかがでしたか?

自分に似合った、ディズニーシーの楽しみ方が見つかると、ディズニーシーに行くのが、もっと楽しくなりますよね。

自分だけでなく、一緒に行く人のことも考えて、予定を組んでみてはいかがでしょうか?
きっと、一緒に行った人も、喜んでくれますよ。

もっとディズニーシーについて知りたいあなたはこちら

ディズニーシーのチュロスの売り場や種類、味など完全解説!
プーさんのハニーハント攻略法!待ち時間・ファストパスや隠れミッキーなど!
ディズニーランドファストパスの効率の良い取り方は?時間ごとに解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ