人付き合いが苦手な人の特徴11選!あるあるネタも紹介!

人付き合いが苦手だという人も多いでしょう。心当たりがある人も多いと思いますが、実は人付き合いが苦手な人にはある特徴があるものです。そこで今回は、人付き合いが苦手な人の特徴や、人付き合いが苦手な人のあるあるなどを紹介していきたいと思います。

人付き合いが苦手な人の特徴11選!あるあるネタも紹介!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】人付き合いが苦手
  2. 【人付き合いが苦手な人の特徴①】知り合いを避ける
  3. 【人付き合いが苦手な人の特徴②】二人きりになったらスマホ
  4. 【人付き合いが苦手な人の特徴③】趣味は一人でできること
  5. 【人付き合いが苦手な人の特徴④】目を見れない
  6. 【人付き合いが苦手な人の特徴⑤】話しかけるなオーラ
  7. 【人付き合いが苦手な人の特徴⑥】克服しようとしない
  8. 【人付き合いが苦手な人の特徴⑦】トラウマがある
  9. 【人付き合いが苦手な人の特徴⑧】声が小さい
  10. 【人付き合いが苦手な人の特徴⑨】電話が苦手
  11. 【人付き合いが苦手な人の特徴⑩】休日は引きこもり
  12. 【人付き合いが苦手な人の特徴⑪】自己主張しない
  13. 【まとめ】人付き合いが苦手な人は様々な弊害が出てくる

【はじめに】人付き合いが苦手

人付き合いが苦手で困ることが多いという人も多いでしょう。人付き合いが苦手な人は、人が怖いと思ったり、人間自体を嫌いになってしまったりするものです。しかしそのようなことだと、特に仕事では大きな支障が出てしまいます。

仕事を行う上では、人付き合いをうまくやるということがかなり大切になってきます。人が怖いや嫌いなどといっている場合ではないのです。相手がクライアントであれば、どれだけ人付き合いが苦手な人でも、しっかりと仕事のために、人付き合いをしなければならなくなります。

仕事のためにもなんとか人付き合いが苦手な状態を克服したいものですが、そのためには人付き合いが苦手な人に共通する特徴やあるあるを知っておくと良いです。特徴やあるあるは、人付き合いが苦手な原因でもありますので、その原因を改善するために役立ちます。

そこでここからは、人付き合いが苦手な人の特徴やあるあるを紹介していきたいと思います。仕事に支障が出ているという人は、しっかりと読んでおきましょう。

【人付き合いが苦手な人の特徴①】知り合いを避ける

人付き合いが苦手な人のあるあるとしては、知り合いと街中で遭遇してしまうと避けてしまうというあるあるがあります。

人付き合いが苦手な人は、仕事場の同僚であってもそれほど心を開かないため、うまく会話をすることができません。そのような相手と街中で会ってしまえば、どんな会話をすれば良いかわからなくなってしまいます。だからこそ、避けるのです。

仕事場の同僚程度の間柄であれば、なかなか会話が弾まないというのもわからない話ではないでしょう。しかし完全に仕事場の仲間を発見しているのに、あえて会わないように隠れるというのは、人付き合いがかなり苦手ということになります。

何度か会ったことがある仕事場の仲間でも、人付き合いに苦手な人からしたら、スムーズに会話できない相手なのです。他意はないのですが、相手を不快にしてしまうこともあるため、注意が必要です。

【人付き合いが苦手な人の特徴②】二人きりになったらスマホ

人付き合いが苦手な人のあるあるとしては、二人きりになったらスマホを見る、というあるあるもあります。

人付き合いが苦手な人は、基本的に人見知りです。そのため、あまり親しくない人間と二人きりになるということが嫌いで仕方ありません。極力、そのような状況を避けようとしますが、意図せず二人きりになってしまうこともあるでしょう。

人付き合いが苦手な人は、このような時に会話をすることができないため、思わずスマホを見て、その気まずい時間を乗り切ろうとするのです。

人付き合いが嫌いという人や怖いと感じている人は、このようなあるあるを多くの人が持っているものです。わかりやすい特徴でもありますので、そのような特徴を発見したら、人付き合いが苦手なのだと察してあげましょう。

【人付き合いが苦手な人の特徴③】趣味は一人でできること

人付き合いが苦手な人の特徴としては、趣味は一人でできることをする、という特徴もあります。

人付き合いが苦手な人は、人付き合いが嫌いであったり、怖いと感じるため、一人でいることを楽だという風に感じるものです。

そのため、趣味も一人でできる趣味、ゲームや読書、裁縫というようなものが趣味になるという特徴があります。

人付き合いが苦手な人にとって、集団で行わなければならない、フットサルやテニスというような趣味は息抜きできる趣味ではありません。嫌いという思いや、怖いという感覚があるため、当然でしょう。どうしても、一人でできる趣味を好むという特徴が現れてしまいます。

【人付き合いが苦手な人の特徴④】目を見れない

人付き合いが怖いという人や、嫌いと思っている人は、人の目を見て話すことができないという特徴もあります。

人付き合いが怖いという感情があると、なかなか仲良くない人の目を見て会話することができません。その結果、相手の首元や口元などを見て、会話をするということが増えてしまいます。

人付き合いが怖かったり、嫌いだったりする人は、このようにして目に近い部分を見て会話をするというのが、一つのコツなのです。このコツを使えば、怖いという感情があっても、相手は目を見て会話しているという感覚になります。

このコツは人付き合いが嫌いな人が多用するコツですので、ある意味、このコツによって、人付き合いが嫌いな人を見分けることができるということにもなります。わかりやすい特徴ですので、しっかり観察してみましょう。

【人付き合いが苦手な人の特徴⑤】話しかけるなオーラ

人付き合いが苦手な人のあるあるとしては、話しかけるなオーラを出す、というあるあるもあります。

人付き合いが苦手な人は、人と話したくないという気持ちがあるため、人と話さなくても良いように、話しかけるなオーラを全開にしています。こうすることで、知らない人から話しかけられるのを、未然に防いでいるのです。

話しかけるなオーラを出すコツは、悩んでいたり、機嫌が悪いというようなフリをするということです。眉間にシワを寄せていたり、腕組みをしていたりすれば、機嫌が悪かったり、悩んでいるというように見せることができるでしょう。

このコツを使えば、話しかけるなオーラを出すことができるのですが、なかにはこのようなコツで話しかけるなオーラを出していても、話しかけられることもあります。そのようなとき、人付き合いが苦手な人は本当に機嫌が悪くなるため、注意が必要です。

【人付き合いが苦手な人の特徴⑥】克服しようとしない

人付き合いが苦手な人のあるあるとしては、そもそも人付き合いが苦手な状態を克服しようとしない、というあるあるもあります。

人付き合いが苦手な人も、その状態を克服しようと努力してみたことはあるはずです。しかしどれだけ克服のための努力をしてみても、結局克服することはできません。そして何より、克服するために、知らない人に話しかけるというのは、人付き合いが苦手な人にとってかなり苦痛なことです。

その結果、人付き合いが苦手な状態を克服しようという気すらなくなってしまい、克服のための努力をしなくなってしまいます。

克服するためには、人付き合いが苦手な原因を見つけだし、その原因を一つ一つ排除していくことが大切になってきます。原因もわからず、克服の方法を我流で実行し、失敗してしまうと、克服したいとすら思わなくなるため、注意が必要です。

【人付き合いが苦手な人の特徴⑦】トラウマがある

人付き合いが苦手な人のあるあるとしては、トラウマがあるというあるあるもあります。

これは人付き合いが苦手になった原因そのものなのですが、過去にイジメられたり、人付き合いによってトラブルに巻き込まれたということがあると、それが原因で人付き合いが苦手になってしまうことがあるものです。

そのため人付き合いが苦手な人は、このような原因を持っているという人が多くなります。

トラウマが原因で人付き合いが苦手になると、なかなかそれを克服することができません。少しずつ、人間を信じていくしか方法がないため、ゆっくり克服していきましょう。

【人付き合いが苦手な人の特徴⑧】声が小さい

人付き合いが苦手の人のあるあるとしては、声が小さいというあるあるがあります。

人付き合いが苦手な人は自信がなく、知らない人の前では緊張してしまうため、思わず声が小さくなってしまうものです。

あまりにも声が小さく「えっ?なに?」と聞き返されたり、「大きな声で喋って」といわれたりするというのは、人付き合いが苦手な人の代表的なあるあるでしょう。

気をつけていても、思わず声が小さくなってしまうため、人付き合いが苦手な人の辛い部分です。

【人付き合いが苦手な人の特徴⑨】電話が苦手

人付き合いが苦手な人は電話が苦手というあるあるもあります。

人付き合いが苦手な人は、会話をする時に、スムーズに次の言葉が出てきません。

そのため、自分のタイミングで返信することができるメールなどのほうが、好きなのです。

電話だと無言になってしまったり、会話が続かないというようなあるあるがあります。

【人付き合いが苦手な人の特徴⑩】休日は引きこもり

人付き合いが苦手な人は、休日になると引きこもるというあるあるもあります。

人付き合いが苦手な人は、できるだけ一人の時間を確保したいと思ったり、人に会いたくないと思ってしまうものです。

そのようなことができるのは休日しかないでしょう。

そのため休日には一人の時間を謳歌するために、家に引きこもるのです。

【人付き合いが苦手な人の特徴⑪】自己主張しない

人付き合いが苦手な人は、自己主張をしないようになるというあるあるもあります。

人付き合いが苦手という部分があるため、このような人は集団の中で自分の意見を言うことが難しいです。

その結果、自己主張したいという欲求よりも、人付き合いが苦手という部分が上回ってしまうことになります。

そうなれば当然、自己主張をせず、黙ってしまうようになるでしょう。言いたいことがないわけではないが言えない、というあるあるです。

【まとめ】人付き合いが苦手な人は様々な弊害が出てくる

人付き合いが苦手な人について紹介してきましたが、人付き合いが苦手な人は、日常生活や仕事で様々な弊害が発生してしまいます。それを考えれば、やはり人付き合いが苦手な状態を改善したほうが良いため、少しずつでも自分を変えていくようにしましょう。

もっと人付き合いに関する情報を知りたいアナタへ!

人付き合いが面倒な心理7選!めんどくさい原因は?
人見知りの特徴と克服方法完全解説!
人見知りを治す9つの方法!コミュ障の原因って何なの?
人見知りあるあるまとめ!人見知りなら共感できる!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ