女性の正装特集!準礼服とは何が違うの?【フォーマルファッション】

女性の正装といえば、結婚式などの冠婚葬祭が多いですよね。けれど、実情は正装までいかない服装をすることがほとんど。準礼服や略礼服がかえってふさわしい場合も。今時の女性のフォーマルファッションはどんな感じ?パンツスーツはOK?

女性の正装特集!準礼服とは何が違うの?【フォーマルファッション】のイメージ

目次

  1. 女性の正装~フォーマルファッションの実情
  2. 女性の正装~今時のフォーマル
  3. 女性の正装とは?~フォーマルの種類
  4. 女性の正装~一般的な準礼服はどう違う?
  5. 女性の正装~昼と夜のフォーマル服のルール
  6. 女性の正装【和服】
  7. 女性の正装【昼:ドレス】
  8. 女性の正装【昼:ワンピース】
  9. 女性の正装【昼:スーツ】
  10. 女性の正装【パンツスーツ】
  11. 女性の正装【ドレスパンツ】
  12. 女性の正装【パンツスタイルのコツ】
  13. 女性の正装【夜:ドレス】
  14. 女性の正装【夜:ワンピース】
  15. 女性の正装〜冬のコートはどうする?
  16. 女性の正装【小物・アクセサリー】
  17. 女性の正装〜おすすめな購入方法
  18. 女性の正装【男性のフォーマル】
  19. 女性の正装【世界のフォーマル】
  20. 女性の正装〜準礼服・略礼服で問題ない?

女性の正装~フォーマルファッションの実情

結婚式やお呼ばれパーティーなど、正装が必要な時ってありますよね。女性の服選びはとても迷うもの。

正装となれば、ルール・マナーをふまえておかないとやっぱり恥ずかしい思いはするし、かといってカチカチになり過ぎず、おしゃれに着たいなとも思いませんか。けれど悩ましいのは、正装する機会って頻繁にあるわけでもなく、一枚の服にたくさんの費用をかけるのもためらってしまうところ。

また、一昔前ほどかしこまった服のスタイルではなくなった今の時代、最近の正装やフォーマル事情も気になります。どちらかといえば、今や準礼服よりな傾向も?必ずやスカートスタイルではないとNGになる?

そんな悩みや疑問を持つ女性へご参考までに、今時に見合った正装・準礼服をふまえながら、フォーマルでもいけそうなスーツやパンツスーツも一緒に紹介していきます。

女性の正装~今時のフォーマル

いわゆる「フォーマル」と言われる正装は、正式なルールや、ふさわしいとされるスタイルが分かれていますよね。また、いくらフォーマルでも、流行り廃りやファッションの種類も様々で、どんな感じの服装ならOKとされるのかも、ちょっと区別がつきにくい感じも。

けれど、一番格式が高いフォーマルスタイルを考えた場合、特に皇室がいい例ですが、よほど品格が必要とされる席や、身内の結婚式ではない限り、あまり一般的ではないと言えそうです。

最近の傾向で言えば、生活様式など事情は変わり、公の場でも略式的な感じだったり、いろんなスタイルの催しやパーティーがある中で、その場の雰囲気にふさわしい服装であれば問題はないのでしょう。女性なら、だいたいがおしゃれなワンピースやドレス系、場合によってはスーツやパンツスーツを着る人も増えてるかも。

女性の正装とは?~フォーマルの種類

おさらいまでに「正装」とは、式典・儀式や冠婚葬祭など、公の場で着る服装をいいます。きちんとした場や人前に出る時に、最も格式が高い「服装=フォーマル」をするのがルール・マナーでもありますね。

また、今は洋装のフォーマルファッションが一般的。いつもよりドレスアップしたり、品格ある装いがマナーです。お手本になるのは、皇室の方々が着ているドレッシーでロング丈の「正装」を見るとよくわかるかもしれません。

ここで「フォーマルスタイル」の種類を格式の順に挙げてみると

・正装…フォーマル。昼:アフタヌーンドレス・夜:イブニングドレス。皇室や身内の結婚式など。
・準礼装…セミフォーマル。昼:セミアフタヌーンドレス・夜:カクテルドレス。友人の結婚式など、最も一般的。
・略礼服…インフォーマル。平服もここに入る。一般的な服装。

一般人の公の場というと、そのほとんどが、特に身内の結婚式・喪の席・子供の入学式・お祝いなどお呼ばれの席やパーティーにあたるでしょう。

女性の正装~一般的な準礼服はどう違う?

正装とはまた違う「準礼服」は、いったいどんな服装をいうのかが気になるところですね。

正装が一番格式高いフォーマルスタイルだとすると、「準礼服」はそれより一段下の服装を差します。例えば、友達の結婚式・披露宴にお呼ばれされた時や、子供の入学式などに着るワンピースやスーツなど、セミフォーマルファッションを想像すればわかりやすいかもしれません。

実際には、この「準礼服=セミフォーマル」を着ることが多いのでは?

もちろん、普段着の雰囲気が出ていてはおかしいし、いつものオフィスなどに着ていくようなスタイルやスーツとは、基本的に別物と考えないといけませんよね。例えば、シルクやレースなどの素材でできたワンピース・アンサンブル・スーツ・パンツスーツなら、ふさわしい服装といえるでしょう。

女性の正装~昼と夜のフォーマル服のルール

女性の洋装のフォーマルファッションには、正装・準礼服を問わず、時間帯によって共通のルールがあります。

昼のフォーマル服

・ロング丈であまり肌を見せない。長袖または7分丈。光る素材の服は控える。
・靴:パンプスや中ヒールまたはハイヒールで、革製やサテンのもの。
・アクセサリー:光を抑えたもの。パールやコサージュなど。
例)アフタヌーンドレス・セミアフタヌーンドレス・ワンピース・スーツ

夜のフォーマル服

・格式の高い正装(フォーマル)になるほど、胸や背中の空いたドレスなど、肌の露出が許される。
・袖なしで、ヒール丈・フロア丈。光沢のある素材の服。
・靴:パンプスや中ヒールまたはハイヒールで、光沢がある金・銀でも大丈夫。
・アクセサリー:光沢のあるゴージャスなもの。
例)イブニングドレス・カクテルドレス・ワンピース・スーツ

女性の正装【和服】

日本人女性の正装というと、本来なら和服=着物なのでしょう。今の時代こそ洋装スタイルが一般的だけれど、もし着ることが可能なら、和服も素敵なフォーマルスタイルになりますよね。

また、和服の場合は、洋装のフォーマルのように時間帯ルールは関係ありません。ただし、親族などの立場や、未婚か既婚かによっての区別があるくらいでしょう。

・未婚の場合の和服
振袖を着用できる。家族など身内の結婚式や、友人の結婚式なら、中振袖や小振袖が良いでしょう。

・既婚の場合の和服
黒留袖や色留袖を着用。黒留袖は、身内の結婚式が一般的でしょう。
 
・未婚または既婚でも着れる和服
訪問着。色無地の紋付。つけさげ(略礼服)。友人の結婚式に良いですね。

■参考記事:訪問着に似合う髪型は?

訪問着に合う髪型・ヘアアレンジ紹介!結婚式お呼ばれなら?【年代別】

女性の正装【昼:ドレス】

女性が正装する場合なら、結婚式が一番多いのかもしれませんね。お祝いの席だからこそ、ルールはふまえながらも華やかに装いたいもの。

そこで、昼間の時間帯にふさわしい正装のアフタヌーンドレスや、準礼服にもあたるセミアフタヌーンドレスを挙げてみます。

・ピンクのアフタヌーンドレス
袖が7分丈のレースで、ロング丈の明るく綺麗な色のドレスは、昼間の正装として叶っていますね。家族や身内の結婚式には、このくらいの華やかさがふさわしいでしょう。発表会にもいいかも。

・ネイビーのアフタヌーンドレス
結婚式で、主役よりも目立たない雰囲気の正装ドレスを選ぶなら、ネイビーも大人っぽくて素敵です。家族や親しい友人の結婚式のお呼ばれに良さそう。

・ネイビーのセミアフタヌーンドレス
今時の準礼服なら、ミディ丈の華やかなドレスがいいでしょう。落ち着いたネイビーのレースでも、華やかさは充分にありますね。

女性の正装【昼:ワンピース】

結婚式など、女性の正装ドレスよりも着やすく、華やかに装いできるのはワンピースでしょう。今の時代、一般的にはかしこまった正装というよりも、準礼服ともいえるワンピースで昼間の時間帯にふさわしい感じのものを挙げてみます。

・淡いブルーのワンピース
春夏の結婚式にはぴったりな淡いブルーが可愛いワンピース。このくらいの準礼服なら、家族や親族関係の結婚式でもいいかも。

・ネイビーのワンピース
結婚式に限らず子供の入学式やお呼ばれ席など、いろんな場面にふさわしいネイビーのワンピース。一枚は持っていると、何かと役に立ちそうな理想の準礼服とも言えそうです。

・黄色のワンピース
レースが華やかでエレガント!落ち着きがある黄色なら、明るめの色でも着やすいかも。

女性の正装【昼:スーツ】

子供の入学式や大切な学校行事など、どうしても正装が必要になる場合もありますよね。一般的には、やはり正装というよりも準礼服のスーツを着る機会が多いでしょう。家族関係の行事に限らず、お呼ばれの席や友人の結婚式にも対応できるのもいいですね。

・ノーカラーのスーツ
一番オーソドックスなノーカラーの準礼服スーツは、ワンセットで持っていると、どの行事やお祝い事にも着られる万能なもの。特に子供の入学式などにふさわしい服かも。

・ノーカラーのネイビースーツ
ツイード素材でできたネイビーの準礼服スーツは、地味過ぎず、程よい華やかさがありますね。これなら、学校行事や友人の結婚式にも対応できそう。

・ブラックフォーマル
冠婚葬祭の礼服には、ブラックフォーマルも部類に入りますね。一般的には、喪服として着ることが多く、何かの場合にシンプルなタイプを一枚用意すると役にたちそうです。

女性の正装【パンツスーツ】

女性の正装でも、今やスカートだけに限らず、ドレッシーな雰囲気のパンツスタイルも許されてきているようです。また、スカートやワンピースは苦手な女性にとっては、ちょっと特別感のあるパンツスーツを取り入れたいものですね。

・シンプルな正装パンツスーツ
子供の入学式や学校行事などに活躍しそうなノーカラーのパンツスーツ。マニッシュながら、正装な雰囲気ですね。ちょっとしたお祝いの席にも使えそう。

・ドレッシーで綺麗色の正装パンツスーツ
結婚式や子供の入学式など、特に昼間の時間帯の正装パンツスーツとして最適かも。色が明るくて綺麗!ウェストがリボンなのもドレッシーで、女性らしい華やかさがありますね。

・着回しできそうなシンプルパンツスーツ
シンプルなノーカラー&落ち着いた色のパンツスーツなら、友人の結婚式や学校の行事など、いろんな場面で活躍してくれそうですね。準礼服な雰囲気のパンツスーツを持っていると、着回しもできそう。

女性の正装【ドレスパンツ】

正装が必要な場面での女性のパンツスタイルは、できるだけ華やかな雰囲気にすると、よりドレッシーになるかもしれませんね。パンツスーツも素敵だけれど、フェミニンな感じを出すならドレスパンツもおすすめです。

・ネイビーのセットドレスパンツ
春夏の結婚式や二次会パーティにふさわしい半袖タイプのネイビーのドレスパンツ。レース素材やショート丈のパンツがエレガントな雰囲気ですね。

・着回しできそうなドレスパンツ
準礼服な雰囲気なら、トップスとドレスパンツをコーディネートしてもいいですね。やはりレース素材が入るだけで、ドレッシーで華やかな感じに。

・ジャケット+ドレスワイドパンツ
パンツスーツやセットアップに限らず、ジャケットとワイドパンツのコーディネートも素敵!色合い的にもドレッシーですね。準礼服なパンツスタイルのお手本になりそう。

女性の正装【パンツスタイルのコツ】

女性の正装でより華やかな雰囲気のパンツスタイルにする場合は、スカート系と同様に、素材感などいくつかのポイントをふまえておきたいものですね。

ここで、よりパンツスタイルを素敵に着こなせるポイントを挙げてみると
・パンツスーツの場合は、ノーカラーがエレガントに見える
・いろんな場面で使えそうなパンツスーツを選ぶ場合は、素材をワンランクアップしたものに
・ややショート丈のパンツは、エレガントな雰囲気が出やすい
・スカートと同様に、パールなどのアクセサリーやコサージュでドレッシーさを出す
・靴はヒールにすると、女性らしい感じが出る(特にパンツスーツ)
・ネイビーや黒のパンツの中に履くストッキングを白にすると、よりドレッシーな雰囲気に

女性の正装【夜:ドレス】

女性の正装で夜の時間帯なら、昼間の服装とは違って、肌の露出が許されますね。本来の洋装フォーマルは、けっこう胸や背中が空いているけれど、日本人の感覚だとやっぱり抵抗ある人が多いかも?そんな過度にならない程度のムード感ある素敵な正装ドレスを挙げてみます。

・黒のイブニングドレス
夜の催しや発表会に良さそうな素敵な正装ドレスですね。とても品格ある雰囲気!どちらかと言えば主役に近いかも?

・ロイヤルブルーのパンツドレス
パンツ派には、こんなドレッシーなパンツドレスも品位ありますね。白レースや光沢ある素材も、夜のムードにはぴったりな感じ。二次会パーティにいいかも!

・黒のミディ丈ドレス
袖なしの黒のミディ丈ドレスは、準礼服に近い雰囲気で、いろんな場面で着れそうですね。二次会パーティやお呼ばれパーティにも良さそう。

女性の正装【夜:ワンピース】

夜の時間帯の催しやパーティには、女性らしい雰囲気で楽しみたいものですね。正装までいかなくても、準礼服に近いワンピースなら、かしこまらずに着やすいかもしれません。ほどほどに肌の露出のあるキレイ系のワンピースを挙げてみます。

・黒のシンプルなワンピース
黒の品格ある光沢感が素敵なワンピースは、夜の催しのいろんな場面で活躍できそうですね。フレアのシルエットも可愛くて女性らしい雰囲気!

・シルバーのワンピース
肩の空いたデザインは、デコルテの綺麗さを活かせますね。露出は高めだけれど、気になる場合は上にショートジャケットを羽織っても素敵かも!レース+フレアのシルエットなので品格あります。

・赤の総レースワンピース
鮮やかな赤の総レースは、女性ならではの華やかさ!襟元がクルーネックなので、品位がありますね。上から黒ジャケットを羽織っても素敵かも。

女性の正装〜冬のコートはどうする?

結婚式や子供の学校行事など、正装が必要とする大切な場面では、肌寒い時や寒い冬にあたる場合もあるでしょう。けれども、あまりに普段着のようなアウターでは、さすがに恥ずかしいもの。

こんな時にも備えて、一枚はきちんとしたコートを持っているといいかもしれません。シンプルでキレイ目なデザインであれば、正装の時以外でも活用できますね。または、準礼服であればトレンチコートでも代用できそうです。

もし、冬などコートを着用する場合は、ホテルならフロントに預けることもできます。

シンプルで流行にあまり左右されないコートは、一枚あると重宝しますね。日頃の服装の傾向に合わせて、色を選ぶと活用しやすいかも。

正装のブラックフォーマルなら、黒または紺などのコートがふさわしいでしょう。

マメ知識

結婚式などの催しやパーティー会場は、ホテルの場合も多いでしょう。やはりホテルという所は、コートで人間を判断するので、きちんとしている人へのサービス度合いも変わってきます。

女性の正装【小物・アクセサリー】

正装をする時は、女性の場合は小物やアクセサリーなどで華やかに装いますよね。

基本的には、正装・準礼服を問わず、時間帯によって身につけるものが変わってきます。これは服と同じように、昼は光沢を抑えたもの、夜はゴージャスな感じのものがルールです。

皇室の方々の装いをチェックすると、とても参考になるでしょう。

アクセサリーのルール

昼の場合:光沢のないアクセサリー 
     例)パールのネックレスやイヤリング・ピアス、コサージュなど

夜の場合:光沢のあるアクセサリーやジュエリー・豪華な感じが出るもの

バッグのルール

バッグは、昼・夜ともに、基本的には小型にします。大きいバッグは野暮ですよ!また、ビーズのバッグは昼・夜問わず兼用で大丈夫。

・昼の場合:光沢のないもの 例)ベルベット・サテンなど
・夜の場合:光沢のあるもの 例)エナメル・シルクなど

小型のバッグとは言っても、実用性を考えると持ち物に悩んでしまう人も多いのでは?そんな時は、フォーマル用のサブバッグも最近はたくさん出ていますよ。

女性の正装〜おすすめな購入方法

一般的には、正装や準礼服を着る機会というのは、あまり数多くない…という人がほとんどでしょう。それでも、冠婚葬祭や人生の節目など、どうしても必要な場合があるもの。

気になるのは、小物やアクセサリーを含めた服装にかける予算ではないでしょうか。けれど、今やネットショップや通販でも、充分に素敵で華やかなドレスやワンピース、パンツドレスやパンツスーツまで、1万円前後で買えるアイテムがたくさんありますよ。

中には、5000円〜1万円以下のアイテムも!自宅で試着できるキャンペーンをしている親切なサービスのネットショップまで出てきてますね。

また、正装に近いスタイルほど必要なフォーマル用の小物・アクセサリー・バッグまでをセットで買えるショップで、お得なお値段で揃えるのもいいかもしれません。

女性の正装【男性のフォーマル】

男性の正装の場合、昼のモーニングコートや夜のタキシードなどを着る機会というのは、一般的には新郎や新郎の親族がほとんどではないでしょうか。また、最近のフォーマルファッションはもっと色やデザインが自由になって、花嫁さんに合わせた新郎のお色直しも!

招待客なら、準礼服や略礼服にあたるブラックスーツが一着あれば、冠婚葬祭問わず対応できる風潮が未だにありますね。

ブラックスーツの主なポイントを挙げてみると
・シャツ:白無地
・ネクタイの色:結婚式/シルバーグレイまたは白、喪の席/黒
・ポケットチーフ:白
・上着が三つボタンの場合は、真ん中のボタンを閉める
・靴:基本的に黒(カジュアルなステッチの靴はNG)

また、正装まで必要としないお祝いパーティーなどの場では、濃紺やグレーなど、無地のダークスーツがふさわしいようです。

■参考記事:結婚式のお呼ばれ、スーツ・ネクタイのルールは?

結婚式スーツ・ネクタイの常識!男性ゲストの服装マナー解説!

女性の正装【世界のフォーマル】

最も格式の高い正装は、日本人でも洋装が主流だけれど、元来は欧米人の洋装スタイルから来ていますよね。正装のルールでも、日本人の感覚が入ったりして、欧米諸国とはちょっとズレがあるのは仕方ないのかもしれません。

例えば、諸外国の人たちのドレスアップを見ると、大胆に胸や背中が空いていたり、ちょっとびっくり!でも、欧米人の骨格に見合ったスタイルだからこそ、素敵なのでしょう。

また、ハワイウェディングの正装といえば「ムームー」という派手な花柄のリゾートファッションですよね。ちょっとお堅い日本人の結婚式の雰囲気とは真反対で、ずいぶんラフな印象さえ受けます。

でもそれが、かえって人の気持ちを明るく開放的にさせて、最近では沖縄あたりで「ムームー」を来た招待客に囲まれながら、結婚式を挙げる日本人もいるようですね。

■参考記事:ハワイでの服装についてはコチラも参照!

ハワイでの服装特集!女性のコーディネートの注意点は?

女性の正装〜準礼服・略礼服で問題ない?

いかがでしょうか。女性の正装になると、皇室関係や社会的立場が高いことでもない限りは、結婚式の主役やその家族、子供の学校行事や発表会など、人生の中でそう回数の多くない人がほとんどなのでしょう。

いろんな例を挙げてきたように、正装というよりも準礼服や略礼服であれば、問題はないのかもしれません。

また、フォーマルスタイルにも流行は関係します。それを考えた時、あまり予算をかけすぎるより、できるだけ長く着られるようなシンプルな服装を選んで、お得に買うやり方も良いでしょう。または、どうしても正装ドレスが必要なら、クローゼット事情を考えて、いっそレンタル衣裳という方法も!

けれども、正装のルールは一応ふまえておいて何かと損はありません。お祝いの席や大切な行事をより楽しく過ごすために、素敵な装いができる女性を目指しましょう!

特別な日の服装についてもっと情報を知りたいアナタに!

結婚式でロングドレスはあり?お呼ばれのマナーを解説します!
授業参観の服装は?母親・父親別にコーデのマナーを解説!
しまむらで喪服・礼服(レディース)を買うのは問題ない?おすすめは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ