リボンヘアゴムの作り方!簡単で可愛い!【ハンドメイド】

自分好みのリボンヘアゴムってなかなか見つかりませんよね。可愛いリボンヘアゴムがあっても、色がいまいちだったり。 そんなヘアゴムとリボン。でも、作り方を知っていれば便利ですよね。今回は簡単なリボンヘアゴムの作り方を紹介します!

リボンヘアゴムの作り方!簡単で可愛い!【ハンドメイド】のイメージ

目次

  1. 可愛いリボンヘアゴム
  2. リボンヘアゴムの作り方、材料
  3. リボンヘアゴムの作り方、基本
  4. リボンヘアゴムの作り方、動画
  5. リボンヘアゴムの作り方、布の選び方
  6. リボンヘアゴムの作り方、サテン
  7. リボンヘアゴムの作り方、シフォン
  8. リボンヘアゴムの作り方、リネン
  9. リボンヘアゴムの作り方、綿
  10. まとめ

可愛いリボンヘアゴム

女の子はいつだって砂糖菓子のような甘さと可愛さを持ってなくてはいけないとは、さすがに思っていないけれど。それでも、リボンが似合う女の子は、やっぱり素敵ですよね。

サラサラのロングヘアをささやかに飾る大人可愛いを演出するシンプルな布地のリボン。
ふんわりとした髪には透けた布地のシフォンが似合うかもしれません。
ショートヘアの活発な女の子が前髪をあげるのなら派手な色のリボン。

pirotaiさんの投稿
23594337 385853748538741 7979838546347294720 n

赤く大きな、揺れるポニーテールをまとめるリボンは、昔見た少女漫画のヒロインにしか似合わなくても。小さな可愛いリボンのヘアゴムなら、自分も抵抗なくつけられるんじゃないでしょうか。

それでも、自分に合った色や自分の好きな色の可愛いヘアゴムってなかなか見つからない。
見つかったとしても妙に高かったり、大きかったり。本当にヘアゴムを見繕うのは大変ですよね。
妥協したリボンをつけてもあまり気分は高まらないし、お気に入りのワンピースもなんだかくすんで見えてしまったり。

そこで今回は、自分の好きな色・自分のお気に入りの形で作れるヘアゴムの作り方を紹介しちゃいます!

twinkle_ribbon_anjoさんの投稿
23498974 136460867009683 2061171190650634240 n

リボンヘアゴムの作り方、材料

リボンのヘアゴムを手作りするにあたって、まず必要なのが材料調達ですよね。手作りというとなんだか敷居が高く感じることも多いと思いますが、材料によっては簡単に作れます!手作りするには手先が不器用だから……なんて心配は無用です!

sun_ribbonさんの投稿
23498765 159297014670759 2074858297940246528 n

針と糸、グルーガン、ボンドなどなど。自分が一番手作りしやすいやり方を見つければ、手作りも楽しくなると思います。

例えば大人可愛いリボンヘアゴムにしたいなら、ふんわり透けたシフォン生地を使ってみたり。
目立たせたいなら柄が派手なカットクロスを使ってみたり。つやつやで派手な色合いも多いサテン生地は鞄につけても可愛いですよね。

ほかにも、レースや毛糸など。その幅は無限大です!リボンの形や布を合わせれば、大人可愛いリボンも派手なリボンも、さらにはロングにもショートにも似合う素敵なリボンが作れるはずです。

honnete_originalhandmadeさんの投稿
23507891 313765889106846 4245530890983178240 n

■関連記事:お団子カバーも手作りできます♪こちらもチェック!

お団子カバーの作り方は?チャイナ美人になっちゃおう!

リボンヘアゴムの作り方、基本


サテン、シフォン、キルト、リネン、フェルト。
どんな材料でも、リボンの作り方は基本変わりません。まずは基本的なグルーガンを使って作るリボンの作り方を紹介します。グルーガンは百円ショップでも売っているので、お手軽に始めることができます。

ロングにもショートにも似合うスタンダードな形のリボンです。

ciaotioさんの投稿
23498951 128759987793137 5220044513585659904 n


1、まずサテンリボンを好きな長さにカットします。私はいつも25cm~30cmの長さです。あまり長すぎても不格好なので、徐々に自分の好みの長さを見つけてください。

2、そのリボンを、画像を参考にして輪を作ってください。そうしたら輪の中心とリボンが交差した位置を合わせます。

3、合わせた位置を糸で結び、形を整えます。左右の長さ、リボンのヨレ方……。きちんとここで整えておきましょう。

4、糸の上にグルーガンでゴムを固定します。結び目を隠すようにすると出来上がりがきれいです。

5、ゴムと糸を覆うように新しく切ったリボンを巻きつけます。グルーガンで固定したら完成です。

これが基本的な作り方になります。まだ分かりにくい場合は、動画なども公開している人が多いのでぜひ参考にしてみてください。


ollo_piyoさんの投稿
23416469 366973510416722 3165939154022301696 n

リボンヘアゴムの作り方、動画

settetre.sさんの投稿
23498766 776410012543430 5986823285478785024 n


いまの説明だけじゃわからない人も多いと思います。手作りってめんどくさいと思ってあきらめないでください。手作りは愛着もわきますし、慣れてしまえばそんなに大変だということもありませんよ。

サテンなどのポリウレタンなどが多く含まれている布はノリがつかなかったり、端処理が大変な布だったり、さまざまな布がありますが、そこさえ見極めれば手作りも怖くありません。

今回はノリではなくグルーガンを使ったリボンの作り方動画です。


グルーガンを使わずに糸と針で可愛いリボンを作る方法もあります。
グルーガンだと洗えないから不便だったりしますよね。特に自分の子供にあげるために作ったリボンとかは、子供の年齢によっては1日で汚れることも……。 

そんな時にオススメなリボンの作り方がこれです。

簡単に作れるのに形があざと過ぎず大人可愛いリボンも、ロングにもショートにも似合うリボンもできそうです。

リボンヘアゴムの作り方、布の選び方

rj.februaryさんの投稿
23507439 133788973990541 7845289968426549248 n


さて。布といってもいろんな種類がありますよね。

適当に選ぶことはせず、自分がどんなリボンがほしいのか考えてみましょう。
ふんわりとさせたいのか。
もしくは透けた大人可愛いリボンを作りたいのか。
ロングヘアに似合うもの、ショートヘアに似合うもの。

どんなリボンにするかが決まったら、今度はそのイメージに近い布を探してみましょう。
綿、リネン、キルティング、ナイロン、レーヨン、アクリル、サテン、シフォン……。聞いたことはあっても、どの布がどんな性質を持っているのかわからない人も多いでしょう

今回はそんな中からサテンやリネン、シフォンなど手作りに適した、扱いやすい布を紹介していきます。

手作りは、布屋さんに行って自分のしっくりとくる布を探す所が楽しいですよね。

handmade_espirさんの投稿
23498675 1142503015881230 4536754794915692544 n

リボンヘアゴムの作り方、サテン

サテン生地を見たことはありますか?

安価で強く、つややかな生地です。よく小さい女の子のドレスや鞄の裏地に使われていますよね。
上品な光沢は絹やナイロンだけではなく、ポリウレタン、綿など様々な糸を織り作っているからなんです。
名前だけ聞くとなんだか近寄りがたくても、私たちの普段の生活に大きくかかわっているとわかれば少しは親近感もわきませんか?

lumienne_ribbonさんの投稿
23498425 370370563411491 8050309235868696576 n

そんなサテン生地。覚えてしまえばとても扱いやすい初心者向けな生地です。
繊細で傷はつきやすいですが、グルーガンを使えば扱いやすいことは間違いありません。

サテン生地は発色がきれいなので、子供用はもちろんパーティーや、鞄につけるアクセサリー代わりにも。いろいろなところで活躍すること間違いなしです。簡単に作ることができるので、プレゼントの包装にチョイ付けしてもよさそうです。

huomenta_tennoji_mioさんの投稿
23498375 300686633769445 3816530148501487616 n

リボンヘアゴムの作り方、シフォン

onespecial_himejiさんの投稿
20969065 117344878925750 3514857551210479616 n


大人可愛い、あざと過ぎないヘアゴムは上品にやさしく透けるシフォン生地がおすすめです。

シフォンは薄く透ける布生地で、おもにポリエステルで構成されたものが多く、ヘアゴムはリボンだけではなくシュシュにもよくつかわれています。

この生地は残念ながらリボンがないので、布を袋ぬいしてから作ることが多いようです。
綿などを入れる作り方も多々ありますが、大人可愛いを演出する場合、この透け感を殺す使い方はNGです。

でも裁縫は得意じゃない、という方はバイアスカットしてしまえば、生地のほつれも気にせず使えますよ。
バイアスカットとは、生地の繊維に向かって斜め45度で裁断をすることです。同じ生地でもこのカット方法にするだけでいつもよりふんわりと仕上がります、お試しください。

emu.s2さんの投稿
11385601 278953788941714 741319496 n

リボンヘアゴムの作り方、リネン

meteor746497さんの投稿
23594676 156020338476197 3689038030049378304 n


そぼくな最近はやりの森ガールなイメージのリボンがほしい……。そんな時はリネンがお勧めです。リネンとは亜麻繊維を織物にしたものです。意外と歴史は古く、古代エジプトの歴史で有名なミイラを巻いた布もリネンだというのは知っていますか?それほど歴史のあるリネン。

最近では肌着やハンカチなど最も身近な布として扱われています。天然繊維の自然になじむ質感は、ほかの生地にないおしゃれな風合いを見せます。リネンはロングシャツやスカートも多く、それに合ったリボンヘアゴムを作るのも、一歩進んだおしゃれですよね。
リネン生地で作ったリボンは大人可愛いですし、ロングヘアを無造作にまとめてもおしゃれですよね。

crochetpicotさんの投稿
23507244 816081815237449 5854087630433550336 n

リボンヘアゴムの作り方、綿

frees_hamamatsuさんの投稿
23594583 288819878274307 6543211490944483328 n


大人可愛い布は多いですが、扱いが難しいものは多いです。水で縮んでしまう布も多い中で一番扱いが簡単なのが綿ではないでしょうか。

色落ちがしやすいという点を除けば、水に濡れても大した支障はなく私たちにやさしい布です。ロングヘアを縛るとどうしてもそのうち汚れてしまうので、グルーガンや接着剤を使わないで糸でぬっておけば洗うこともできますね。

creeraccさんの投稿
23421890 337952913281083 5900206710085124096 n

まとめ

kumi._.imukさんの投稿
23594678 1972844166315196 8494176178716803072 n

いかがでしたでしょうか。今回紹介したのはあくまでも一部。ほかにもいろいろな作り方があるのでぜひ探してみてくださいね。

自分で納得できる可愛いリボンが手元にあると不思議と気分も上がりますよね。ぜひ素敵なおしゃれを楽しんでください!

bebe.aimableさんの投稿
23596387 1399967180114033 4190287617167720448 n

もっとヘアアレンジについて知りたいあなたへ!

猫耳ヘアの作り方は?簡単ヘアアレンジ解説!ショートでも大丈夫!
三つ編みアップの簡単アレンジ紹介!くるりんぱを使って可愛く!
ポニーテールのアレンジ特集!おしゃれで簡単に可愛くなる!
色っぽい髪型のヘアアレンジ激選集!色気が増すポイントは?

関連するまとめ

柚木 ゆう
柚木 ゆう
恋愛を中心に記事を書いています。趣味は写真、最近は日焼け対策に大忙し

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ