黒染めスプレーのやり方・使い方のコツ!市販のおすすめ品は?

急なお出かけ時の白髪隠しに便利な黒染めスプレーですが、一日だけ黒髪にしたい就活中の学生さんにも便利と評判ですよね。全体を黒髪にしたいわけではなく、今日だけという場合、全体を黒染めするよりはスプレーが簡単便利。市販にも広く出回っている中でおすすめのご紹介です。

黒染めスプレーのやり方・使い方のコツ!市販のおすすめ品は?のイメージ

目次

  1. スプレーなのに仕上がりは綺麗!今日だけの黒髪へ
  2. 黒染めスプレーはここに注意点と手順
  3. 黒染めスプレーを綺麗に保つコツ
  4. 黒染めスプレーを綺麗に落とすコツ
  5. 市販の黒染めスプレーのおすすめ3選
  6. 黒染めスプレーを選ぶときの注意点
  7. 黒髪になるための黒染めスプレーまとめ

スプレーなのに仕上がりは綺麗!今日だけの黒髪へ

オシャレに髪を染めて楽しんでいる方も、時と場合によって黒髪に戻さなければいけない場合がありますよね。一定期間続くのならまだしも、たった1日だけのために髪全体を黒髪に戻すのはもったいない…そんなときに便利なのが市販の黒染めスプレーです。

ヘアケアコーナーに、髪染め剤と並んで置いてある黒染めスプレーですが今は種類も豊富で迷ってしまうことも。初めてでも手を出しやすく、イメージ的には簡単にできそうな黒染めスプレーですが、何点かの注意点もあり、黒染めスプレーを使う際のちょっとしたコツもあります。

たった一日とはいえ、黒髪に戻すならヘアスタイルもキメていきたいでしょうし、第一キレイに染まらなければ黒染めにする意味がありませんよね。使い方は簡単、やり方・使い方とコツさえつかめば、一日だけの黒髪美人に変身出来ちゃいます。

今回は黒髪スプレーを扱う注意点とコツを紹介していきます。

黒染めスプレーはここに注意点と手順

では黒染スプレーを使うときの注意点と手順を見ていきましょう。キレイににストレスなく染めるために気を付けることは要チェックですよ!

スプレーから洋服や部屋を守る!

まず、黒染めスプレーはスプレータイプですから、周囲や衣服にかかる可能性があります。霧状なので、目には見えませんが、気付いたらお気に入りの洋服まで黒染めしちゃってる!ということになりかねません。

首元・襟元には汚れてもいいタオルなどを付けてカバーするか、元々汚れても安心な洋服で行いましょう。スプレーをかけてから乾くまで時間がかかるため、洋服を変える場合は首から頭を通さない前開きタイプのものがおすすめです。

真っ白な壁付近でのスプレーは避け、新聞紙などで周りを覆っておくことも大切です。

肌まで黒髪仕様にならないように保護!

首元はタオルなどで保護しますが、耳にもスプレーが付く恐れがあるので、ラップなどでしっかりカバーしなくてはいけません。イメージとしては、美容院で髪を染めてもらう時のスタイルですね。

スプレーは噴射時に広がってかかっていくため、耳の後ろ側までラップで覆う必要があります。ヘアスタイルによっては耳を出す方もいらっしゃいますので、黒染めスプレーが耳にかからないよう気を付けたいですね。

油性クリームをこめかみや髪の生え際などの顔周りや、うなじ、耳後ろに塗っておくと、黒色が肌に付着してしまったときに落としやすいです。

髪を整えてからスタートする

黒染めスプレーを使う際は、髪をとかしてヘアスタイルを整えてから使います。使う際のコツは、細かくスプレーしていくのではなく、黒染めスプレーを少し離した位置から髪全体にかけていきます。

ちゃんとスプレーされているか不安で、あちこち細かくスプレーしたくなるかもしれませんが、他のヘアスプレー同様に、黒染めスプレーも全体にシューッとかけていくイメージです。黒染めスプレーが固まってしまう前にコームで髪をとかすと馴染んでいきますよ。

やり方としては簡単なのですが、心配になってあちこちにシュッシュッと短い間隔で当てていってしまうとよムラができてしまう可能性が。離れた位置から髪全体に均等にスプレーするように心がけてください。

黒染めスプレーを綺麗に保つコツ

一通り黒染めスプレーのやり方を説明しましたが、黒髪をより綺麗に保つためにはやっておかなければならないことがあります。ちょっとしたひと手間が綺麗な黒髪を作るコツ。チェックしておきましょう。

シャンプー後行うのがベスト!

黒染めスプレーをする前はシャンプー&トリートメントでしっかりと汚れを落とし髪を乾かします。う。汚れを落とし髪をサラサラにしてからスプレーをするほうが、見た目が美しくなります。

綺麗に見せるコツは、頭頂部には多めにスプレーすること。これは、頭頂部は光が当たるので色が目につきやすいからです。頭頂部に多めにスプレーしておくと、見た目にも自然な仕上がりになるのです。ただ、地肌も真っ黒にしてしまうと違和感が残ってしまうので鏡を見ながらナチュラルに仕上げていくのがポイントです。

ヘアセットは先に済ませる

ヘアセットをしたい場合は、スプレー前にしておくことが大切です。黒染めスプレーをした後にヘアセットを行ってしまうと、せっかく染めた黒色が手に付着しムラになってしまうからです。

巻き髪などのスタイルは黒髪スプレーとは相性が悪いため、ストレートやワンカールなどのセットが無難でしょう。

ポニーテールやツインテールなど、髪をアレンジする場合も先にセットをしそのあとに黒染めスプレーを始めましょう。

黒染めスプレーを綺麗に落とすコツ

一日の黒髪生活を終えて、あとは黒髪から元に戻すだけ。キレイに黒染めスプレーを落とさないと痒みやフケなど皮膚トラブルにつながります。

清潔で綺麗な髪と頭皮を保つために、黒染めスプレーを落とすときのコツを紹介していきます。

シャンプーのやり方

一日の黒髪生活を終えて、あとは黒髪から元に戻すだけ。戻すやり方としては簡単で洗い流すだけです。綺麗に落とすコツとしては必ずその日のうちに洗い流すようにしてください。

シャンプー前に髪をやわらかなクシなどで簡単にとかし、一度髪をよく塗らします。先にコンディショナーやトリートメントを髪になじませ、黒染めスプレーの油分を柔らかくします。

その後一度洗い流しシャンプーを行いましょう。頭皮にもスプレーは付着しているため指の腹などでしっかりと落とします。1度で足りない場合は2度シャンプーを行い、またコンディショナーで髪を整えます。

アフターケアを大切に

黒染めスプレーの使用を続けていると髪の痛みは大きくなります。シャンプー&トリートメントが終了した後は、念入りに髪の毛を乾かすようにしてください。流さないトリートメントや、ヘアオイルでケアすることもおすすめです。

市販の黒染めスプレーのおすすめ3選

市販の黒染めスプレーは多彩です。どれにするか迷いますがここではおすすめな商品を3つご紹介!どんなタイプがあっているか参考にしてみてくださいね。

フレッシュライト髪色戻しスプレーは、固くななりすぎず程よい手触り感に仕上がります。

しっかりとした黒髪に仕上がりますが、使用感は結構なパリパリ具合です。髪の毛を結んだりしたときの使用がおすすめです。

花精のシリコカラースプレーは、乾いた後のパリパリ感が少なめなため艶やかな髪に仕上がります。ナチュラルな仕上がりが期待でき、速乾性があります。

黒染めスプレーを選ぶときの注意点

黒染めスプレーを選ぶときは、雨や汗に強い耐水性があるものを選びましょう。また、手で触ったときに色移りがしない商品を選ぶことがおすすめです。口コミなどを参考にすると◎

黒染めスプレーは少なからず髪のダメージの原因になってしまいます。植物オイルや保湿効果などの成分が入っているものを選べば、パサつきも少なくなりますよ。

黒髪になるための黒染めスプレーまとめ

黒染めスプレーの使い方やコツは選考になりましたか?比較的簡単な使い方で、大事な一日を黒髪で過ごせるなら、お気に入りの髪色を染め直さず黒染めスプレーで乗り切ったほうがお得ですよね。

コツさえつかめば短時間で黒染めができますので、学生さん以外にも白髪の気になる方にも黒染めスプレーはおすすめですよ。

黒染めスプレーのやり方をマスターして、緊急時対応できるようにしましょう。

もっとヘアカラーについて知りたいあなたへ!

ヘアカラーの頻度のベストは?【徹底解説】
ヘアカラーワックスの使い方!色んな髪色を気軽に楽しめる!
市販ヘアカラーおすすめ13選!赤・ピンク・アッシュが人気色?
髪の染め方!市販ヘアカラーで上手に自分で染める方法・コツ!

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ