ボブがはねる?毛先や襟足の対策は?はねる時のアレンジのおすすめも

長い髪も素敵ですが、手入れがしやすくアレンジもできるボブスタイルが女性の間で人気があります。ただ、ボブスタイルの欠点は襟足や毛先がはねることです。そこでどうしてボブははねるのか、その対策やはねた時のアレンジ方法を解説します。

ボブがはねる?毛先や襟足の対策は?はねる時のアレンジのおすすめものイメージ

目次

  1. ボブがはねるのが気になる!
  2. ボブの毛先や襟足がはねないための対策は?
  3. はねるボブにはパーマやアレンジを!
  4. ボブのはねは対策できる

ボブがはねるのが気になる!

ボブは肩につくかつかないかくらいの長さのものやショートボブのようにショートカットよりも少し長さがあるスタイルがあります。

ボブはロングと違って髪の痛みが気になりにくく、ケアもしやすいのがメリットです。

ただデメリットとしてロングに比べるとはねやすいため人によってはヘアスタイルが決まらないと悩んでしまうこともあります。

では、どうしてボブははねてしまうのか、その原因を説明しながら、はねないための対策やヘアアレンジを活用した対策方法も紹介したいと思います。

髪の毛が外側にはねる!なぜはねるの?

ボブはなぜはねるのか?なぜ内巻きが継続しないのか?一番最初に考えられることはやはり肩につくからです。

どうしても髪が肩に触れることで毛先が外側にはねてしまいます。肩についていないボブの場合は外にはねることなく髪は内巻きになりますが、伸びてくると毛先が襟足や肩につき外にはねることがしばしばあります。

2つ目の原因は生えグセです。簡単に言うと、日本人のつむじは時計回りすなわち右回りなんです。すると右方向ばかりはねてしまうのです。「なんかいつも右ばかりはねてる」と感じる方はつむじが原因なのです。

3つ目の原因はカットの方法です。髪の毛の量が多いと重たい印象になってしまうからと髪をすく時があります。

確かに髪をすくと空気感が生まれて軽くはなるのですが、すきすぎるとはねることが多くなります。

特にショートボブの方に多いのが顔周りを軽くしようと毛先をすいてスカスカの状態にしてしまうのです。

すると、髪はどんどんはねるためスタイリングしづらくなってしまうのです。美容院では綺麗にスタイリングをしてくれても家へ帰って生活をしていると思ったようなヘアスタイルにならないからまたカットに行く方も少なくありません。

ボブの毛先や襟足がはねないための対策は?

ボブやショートボブがはねやすいのはある程度仕方ないかもしれません。

しかし、美容師さんの技術ではねることを抑えるようにすることはできるので、カットのオーダーをする際はあまり毛先をすかないようにお願いするとよいです。

それでも伸びかけてきた時や起きた時の寝癖によっては襟足や毛先がはねる場合はあります。そこで、はねないための対策を解説したいと思います。

①髪の毛の量に気をつけて

まず一番の予防策は髪の毛の量です。先ほども少し触れましたが、髪の毛の量に注意することが大切です。

髪をすくことで毛先に動きが出てエアリー感が出ます。毛先に動きも出てくるので顔周りも華やかにすることができますが、その分はねます。

美容師さんにカットしてもらう時は「できるだけはねないようにお願いします」と一言伝えておくと髪をすきすぎないようにしてもらえます。

②ドライヤーで改善!

2つ目の方法はドライヤーの仕方です。例えば朝起きてから髪を濡らしてドライヤーで乾かしている方は多いと思います。

しかし、その乾かし方に注意が必要なのです。とりあえずドライヤーで髪全体をざっと乾かししたり、ドライヤーを頭の上からあてて乾かしていたりしませんか?

これでも一応乾くのですが、乾かしてみると結局襟足や毛先はまとまっていないというケースがよくあります。

適切な方法ははねやすいサイドの毛を下方向に軽く引っ張りながら乾かすことです。その際、顔は下向きにした方が乾かしやすいです。ドライヤーは毛先ではなく根本にあてて乾かして下さい。

8割くらい乾いたらサイドの髪の内側からドライヤーを持っていない手を使って軽く内巻きになるように整えながら最後の仕上げをして下さい。

そうすることで毛先が内巻きになりはねを防ぐことができます。襟足の部分も同じく内巻きになるように乾かすと完成です。

③前下がりにカットをする

3つ目はカット方法です。はねる原因は襟足や毛先が軽くなることです。そこで襟足や毛先に重みを持たしてあげるとはねを予防することができます。

重みを持たすためには前下がりにカットすることがおすすめです。これはショートボブの方にも適用できます。

前下がりにすることで重心が下に向き重みができるためはねにくくなります。襟足もできるだけ重めなスタイルにしてもらうことで同様にはねるのを防げます。

スタイリングする時にはワックスやクリームを襟足や毛先に内巻きになるように少しつけると重みが増してまとまりやすくなるので試してみて下さい。

④ストレートアイロンを使う

髪の毛の癖を取るならストレートアイロンは定番のアイテムですよね。

コツは、はねている部分だけアイロンを当てるのではなく、髪の毛の根元から当てることです。ついついはねている部分だけ集中的にやってしまいがちですが、根元から当てたほうが簡単綺麗に癖直しが出来るのです。

ストレートアイロン購入の際に気をつけたいのは次のポイント!
*最大温度
*温度設定が細かくできること
*コードの長さ

最大温度はせめて180度あれば使いやすいでしょう。設定温度も細かく変えられる方が、ヘアアレンジに使う際に便利です。

⑤耳にかけない

ついつい髪の毛を耳にかけてしまう癖のある人は、耳から外したときに髪の毛に癖がついてしまっていますよね。

耳にかけたら癖がつく、はねてしまう、これはあるあるの悩みですね。

邪魔だから耳にかける、邪魔だからその時だけ髪を束ねる、どちらもその後髪がはねてしまいます。今日どんな作業があるのか、邪魔になることが予測されているのなら、朝から邪魔にならないヘアアレンジをして出かけましょう。

はねるボブにはパーマやアレンジを!

ボブヘアは女性らしくて人気のヘアスタイル!でも髪の毛がはねてしまう悩みからは逃れられませんよね。

だったら、パーマをかけたりヘアアレンジして髪はねが気にならない髪型にしてみませんか?イメチェンにもなって、気分もリフレッシュ!

①パーマでストレスフリー

1つ目の方法はパーマをかけることです。くせ毛の方は梅雨時期などヘアスタイルが決まりにくい時期はパーマをかける方も多いですよね。

パーマをかけることではねが気にならなくなり、毎日のスタイリングも楽でヘアスタイルも決まります。

ストレートパーマならクールな印象になるし、ウェーブにするなら柔らかい印象を与えることができます。ウェーブならヘアアレンジもしやすく色々なヘアスタイルをすることが可能です。

毎日の手入れをできるだけ楽にしたい、ストレスフリーにしたいという方はパーマがよいでしょう。

②ポンパドール

ここからはヘアアレンジを紹介したいと思います。

まずはポンパドールです。ポンパドールは前髪をふわっと上にあげたヘアスタイルのことです。
おでこを見せることで顔が明るく見えて聡明に見えます。ちなみに風水的にもおでこを出した方が良い運気を取り込むとされているんです。

ポンパドールは前髪をとったら一度前に向けて、後ろ側から逆毛を入れていきます。

逆毛を入れたらその前髪を後ろへ向かってふわっと上げてピンで固定すれば出来上がりです。止めた部分にバレッタをつけても可愛いです。ショートボブの方もできます。

ポンパドールの場合、襟足や毛先は無造作な感じにした方が可愛いのではねを活かしてスタイリングします。外はねをしていたらそこにワックスをもみ込んでくしゃっとさせると雰囲気が出てヘアスタイルも決まります。

③簡単くるりんぱ

次のヘアアレンジ方法はくるりんぱです。くるりんぱは簡単なので誰でも簡単にできます。

ストレートヘアの方はあらかじめ髪を巻く必要があります。パーマをかけていたりくせ毛の方はそのままの髪質を活かしてできるアレンジです。

①耳の上で髪をまとめる
②まとめた髪束を上に持ち上げてくるっと内側に入れる。
③根元をギュッとしたら少しずつ毛束から髪の毛を出して無造作感を出す。

これでくるりんぱが完成です。

動画のようにピンを留めるのもいいし、バレッタを使ってより華やかにすることもできます。

忙しい朝でセットをしている時間がない人や、くせ毛で上手く髪がおさまらない方にもおすすめの方法です。

④ねじって留める

ねじって留める。たったこれだけでボブのはねやくせ毛が気にならなくなります。サイドの髪をぐるぐるとねじって後ろへ持っていきピンで固定します。反対側も同様にします。

ピンで固定できたらねじった髪の束から少しずつ毛を出してボリューム感を出しましょう。

そして最後に毛先をヘアアイロンで軽く巻きます。外はね風に巻いたり内巻きに巻いたりして毛先をスタイリングすると全体的にバランスが良くなりスタイルも決まります。ショートボブの方にもおすすめです。

⑤短い髪でお団子

最後はボブでもできるお団子ヘアです。ボブスタイルはどうしても髪が短めになってしまうのでダウンスタイルが多くなりますが、たまには顔周りをスッキリさせたい時もありますよね。

そんな時にできるのが上の動画のようなお団子ヘアです。

①髪の半分を毛先を外してお団子結びにする。
②結んだ部分は手でほぐしていく。
③サイドの髪をねじりお団子の下あたりまでもっていきピンで固定する。
④反対側も同様にする。
⑤ヘアアイロンで襟足を軽く巻く。

内巻きに巻いても可愛いです。

最後のヘアアイロンであえてくせ毛風にすることがポイントですが、もともとくせ毛の方ならヘアアイロンを使わなくてもいいかもしれませんね。


■関連記事:お団子ヘアについて知りたい方はこちらもチェック!

お団子ヘアアレンジの簡単なやり方!低めが可愛い!【初心者OK】
お団子用ネットの使い方は?シニヨンネットは就活でも使える!

ボブのはねは対策できる

人気のボブやショートボブの悩みは髪がはねることです。せっかくのボブスタイルなのにはねることで毎朝スタイリングに時間がかかるのは嫌ですよね。

しかし、はねはドライヤーの使い方やヘアアレンジで対策をすることができます。くせ毛でボブの方もそのくせ毛を活用して無造作ヘアを作ることもできます。

ヘアアレンジは最初は難しいと感じるかもしれませんが、慣れれば簡単にできるようになるので色々なヘアスタイルに挑戦してみて下さいね。

もっとヘアケアについて知りたいあなたへ!

天使の輪の作り方!美しい髪を手に入れよう!
髪がはねる原因と対策!上手なセットと乾かし方ではねないように!
前髪がベタつく原因と対処法!ベビーパウダーでサラサラに?
髪を綺麗にする方法11選!髪が綺麗な人の秘訣を大公開!【必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ