まつ毛を濃くする方法まとめ!簡単に伸ばしてまつげ美人に!

まつ毛が薄く、悩んでいる女性も多いでしょう。そのような人はまつ毛を濃くする方法はないのだろうかと考えるものです。そこで今回は、まつ毛が薄くて悩んでいる人のために、まつ毛を濃くする方法を紹介していきたいと思います。しっかり勉強しておきましょう。

まつ毛を濃くする方法まとめ!簡単に伸ばしてまつげ美人に!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】まつ毛を濃くする方法が知りたい
  2. まつ毛を濃くする方法!原因を知ろう
  3. 【まつ毛を濃くする方法!原因は①】メイクが原因
  4. 【まつ毛を濃くする方法!原因は②】摩擦に弱い
  5. 【まつ毛を濃くする方法!原因は③】栄養が足りていない
  6. 【まつ毛を濃くする方法!原因は④】運動不足や睡眠不足
  7. 【まつ毛を濃くする方法!原因は⑤】病気や副作用
  8. まつ毛を濃くする方法を知ろう
  9. 【まつ毛を濃くする方法①】ワセリンを使う
  10. 【まつ毛を濃くする方法②】ニベアを使う
  11. 【まつ毛を濃くする方法③】美容液を使う
  12. 【まつ毛を濃くする方法④】治療薬を使う
  13. 【まつ毛を濃くする方法⑤】栄養を摂る
  14. 【まつ毛を濃くする方法⑥】質の良い睡眠
  15. 【まとめ】まつ毛を濃くする方法も様々

【はじめに】まつ毛を濃くする方法が知りたい

メイクをする時、まつ毛をどうメイクするのかというはかなり大きな問題です。まつ毛をメイクで太く、長く見せることにより、目を大きく見せることができます。そのため、まつ毛や目元周りのメイクには、他の部分のメイクよりも力が入ることでしょう。

まつ毛のメイクを上手くすることができれば、女性はメイクにより可愛く変身できるものですが、ここで問題があります。そもそもまつ毛が少なかったり、薄かったりすると、まつ毛に対するメイクがうまくできないということです。

まつ毛に対するメイクは、元々存在するまつ毛に対して行うメイクが一般的ですので、そもそもまつ毛自体が存在しないと、うまくメイクすることはできません。そのため、女性にとってまつ毛が少ないことや細いということは、大きな悩みとなってしまうのです。

なんとかまつ毛を伸ばすことができれば良いのですが、なかなかそれを望んでいても、まつ毛を伸ばすことはできないものです。いったいまつ毛を伸ばすためには、どのような方法を行えば良いのでしょうか。

まつ毛を濃くする方法!原因を知ろう

メイクをする際に重要となる、まつ毛の太さや長さですが、まつ毛を伸ばす方法を知ることも大切ですが、まずはまつ毛が細くなったり、少なくなったりしてしまう原因を知ることが大切です。

まつ毛が元々短かったり、少ないという人は仕方がありませんが、まつ毛が薄いことで悩んでいる人の多くは、何かしらの原因によって、まつ毛が薄くなってしまった人がほとんどです。そのため、まずはその原因を知り、取り除くことで、これ以上、まつ毛を薄くしないということが大切になってくるのです。

まつ毛が薄くなってしまう原因には様々な原因がありますが、それらはメイクや日常生活の中に隠れているものです。毎日、自分がやっていることが、まつ毛を薄くしているということになるため、まつ毛を伸ばすためには、それを改善するということも大切なこととなります。

ではさっそく、まつ毛を伸ばすためにも大切な、まつ毛が薄くなる原因を紹介していきましょう。

【まつ毛を濃くする方法!原因は①】メイクが原因

まつ毛が薄くなってしまう原因としては、メイクの中に原因がある場合も多いです。

まつ毛をすぐに伸ばすことはできないことや、目を大きく見せたいということもあり、まつ毛に対して普段から様々なメイクを施しているという人も多いでしょう。しかしそのメイクのせいで、まつ毛が薄くなってしまうこともあります。

マスカラをつけると、まつ毛は重くなってしまいます。その重みのせいでまつ毛が抜けてしまえば、まつ毛を長く伸ばすことはできません。伸びる前に抜けてしまうからです。また、エクステも同じ理由で、まつ毛を伸ばすという部分においては、不向きです。

まつ毛パーマというものもありますが、このようなものを何度もやってしまうと、まつ毛にダメージが与えられてしまい、まつ毛はすぐに抜けてしまうようになります。まつ毛を伸ばすどころか、短くなったり、薄くなってしまったりするため、メイクのやり過ぎには注意しておきましょう。

【まつ毛を濃くする方法!原因は②】摩擦に弱い

まつ毛が薄くなる原因としては、摩擦が原因となっていることもあります。

まつ毛は摩擦に弱いものです。まつ毛が摩擦を受けてしまうと、せっかく伸ばすために頑張っても、途中でまつ毛が抜けてしまい、まつ毛を伸ばすことはできなくなってしまいます。また、摩擦によりまつ毛がダメージを受けてしまうこともあるため、それによりまつ毛が弱くなってしまい、自然に抜けてしまうこともあるのです。

摩擦を受けてしまう原因は手でこするということももちろんですが、ビューラーによる摩擦も大きいです。ビューラーは言ってみれば、力によってまつ毛をカールさせるわけですが、その際にまつ毛に摩擦が発生し、抜けてしまったり、ダメージを与えてしまったりするものです。

ビューラーによって目を大きく見せることはできますが、それによりまつ毛が少なくなってしまったら何の意味もありません。まつ毛を伸ばしたい人は、ビューラーの使用には充分注意しておきましょう。

【まつ毛を濃くする方法!原因は③】栄養が足りていない

まつ毛が薄くなる原因としては、栄養が足りていないということが原因の場合もあります。

まつ毛は食事から得た栄養素によって、作り出されます。もしもこの栄養素が足りない場合、まつ毛を作るための材料が体内に存在しないということになるため、まつ毛は伸びなくなりますし、正常に成長することができず、途中で抜け落ちてしまうのです。

まつ毛が薄くなるほど栄養が足りない状態ということは、かなり栄養バランスが悪いということです。毎日、脂っこいものばかりを食べ、野菜をまったく食べないという人や、お酒を大量に飲むことが多いという人は、このような状態になりがちですので、注意しておきましょう。

これほど栄養バランスが悪いと、まつ毛だけでなく、肌の調子も悪くなるものです。美容のことを考えたら、やはり栄養バランスを整えるということは大切なことですので、注意しておきましょう。

【まつ毛を濃くする方法!原因は④】運動不足や睡眠不足

まつ毛が薄くなる原因としては、運動不足や睡眠不足ということが原因という場合もあります。

まつ毛は食事から得た栄養素によって育つのですが、この栄養素をまつ毛まで運んでいるのは血液です。そのため、血行不良が発生すると、まつ毛に栄養が届かず、まつ毛がうまく育たないということが発生してしまいます。

運動をしないと血流が滞ってしまい、血行不足が起きてしまいます。また睡眠不足も血行不良の原因となりますし、眠っている間にまつ毛は生成されるため、眠っている時間が短いと、まつ毛が育つための時間が少なくなるということにもなるのです。

運動不足や睡眠不足は、ストレスを溜め込む原因にもなってしまいます。ストレスが溜まると、肌荒れや血行不良が発生するため、そのような意味でも運動不足や睡眠不足には注意が必要です。

【まつ毛を濃くする方法!原因は⑤】病気や副作用

まつ毛が薄くなる原因としては、病気や薬の副作用などが原因という場合もあります。

まつ毛が薄くなる病気としては、アトピー性皮膚炎などが挙げられます。また、皮膚の乾燥を招くような病気にかかった場合も、まつ毛が薄くなることがあるものです。

薬の副作用として毛が抜けるものといえば、抗がん剤などが有名ですが、それ以外にもまつ毛が抜けてしまうような薬は存在します。常用している薬がある人は、その副作用が原因でまつ毛が薄くなっている可能性もあるため、注意しておきましょう。

薬の副作用の場合、薬をやめるわけにもいかないため、まつ毛が薄くなる原因を取り除くことはできません。体に支障のない範囲で、副作用のない薬に代えてもらうか、薬を飲まないでもいいように、まずは病気を治すということを優先するようにしましょう。

まつ毛を濃くする方法を知ろう

まつ毛が薄くなる原因を紹介していきましたが、ここからは実際に、まつ毛を濃くする方法を紹介していきたいと思います。

まつ毛が薄くなる原因を知るだけでは、まつ毛を濃くすることはできません。そのため、これから紹介するまつ毛を濃くする方法をしっかりと実行して、薄くなってしまったまつ毛を濃くしていくようにしましょう。

まつ毛を濃くする方法には様々な方法がありますが、その原因に見合ったまつ毛を濃くする方法を実行しないと、まつ毛を濃くすることはできません。そのため、自分のまつ毛が薄くなった原因が何かということが判明してから、どのまつ毛を濃くする方法を実行していくかということを決めることが大切になってきます。

ではさっそく、まつ毛が薄くなってしまった人が、まつ毛を濃くする方法を紹介していきたいと思います。

【まつ毛を濃くする方法①】ワセリンを使う

まつ毛を濃くする方法としては、ワセリンを使って改善するという方法もあります。

ワセリン自体にまつ毛を生えさせる効果はないのですが、ワセリンを塗ると保湿されるため、そういう意味でワセリンは効果を得られることもあります。ワセリンを塗り、乾燥を防止できれば、乾燥が原因でまつ毛が抜けたという人は便利に使うことができるでしょう。

ただし、ワセリンは本来、目元に塗るようなものではありません。ワセリンがもしも目に入ってしまうと、炎症を起こしてしまうこともあります。そのため、ワセリンを使用する際には、絶対にワセリンが目に入らないようにしましょう。

ワセリンを使用するのであれば、使用には充分注意するべきです。ワセリン以外にも乾燥を防止できるものはあるため、そのようなもので乾燥を防止しても良いでしょう。ワセリンはそのための選択肢の一つだということです。

【まつ毛を濃くする方法②】ニベアを使う

まつ毛を濃くする方法としては、ニベアを使うという方法もあります。

ニベアを塗るとまつげが濃くなるというのは、巷でもよく言われていることです。ニベアにそのような効果があるのか、と疑うかもしれませんが、ニベアもワセリンと同じ効果が得られるため、ニベアによりまつ毛を濃くすることができないわけではありません。

ニベアを塗ると、乾燥を防止することができるということなのですが、ニベアもワセリンと同じように使用する際には、ニベアが目に入らないように注意しておきましょう。

ニベアも、まつ毛を長くする効果がある栄養素が含まれているということはありません。ニベアはまつ毛を伸ばすためのものではないため、ニベアを使えばまつ毛が伸びるという根拠もないのです。ニベア以外に使えるものがないという人は使用しても良いですが、できることなら、ニベア以外のものを使ってまつ毛を濃くするようにしましょう。



◆関連記事:こんな癖はありませんか?

まつげを抜く癖の原因・心理!デメリット5つと対策も解説!

【まつ毛を濃くする方法③】美容液を使う

まつ毛を濃くする方法としては、美容液を使うという方法もあります。

まつ毛を濃くする方法としてはニベアやワセリンを使うという方法もありますが、まつ毛を濃くするために作られた美容液を使うことで、もっと効果が高いまつ毛を濃くする方法を実行することができます。

まつ毛を濃くするために作られた美容液であれば、まつ毛を育てるための栄養分がたくさん配合されています。

乾燥も防止でき、栄養も供給できるため、ニベアやワセリンよりも、専用の美容液を使ったほうが効果的です。試してみましょう。

【まつ毛を濃くする方法④】治療薬を使う

まつ毛を濃くする方法としては、治療薬を使うという方法もあります。

実はまつ毛が薄くなってしまった人のために、それを改善するまつ毛のための治療薬が存在します。必ずしも効果があるというわけではありませんが、この治療薬のおかげでまつ毛が濃くなったという人もいるため、気になる方は治療薬の利用を考えてみましょう。

また治療薬ではありませんが、まつ毛専用の育毛剤も多く販売されています。まつ毛が薄くなった人は、このようなものを利用することにより、まつ毛を再生できることもあるため、利用してみましょう。

基本的に治療薬などを利用するべき人は、メイクなどによってまつ毛が抜けてしまったという人です。このような人は改善できる余地があるため、治療薬などを利用して、薄いまつ毛を改善していきましょう。

【まつ毛を濃くする方法⑤】栄養を摂る

まつ毛を濃くする方法としては、栄養をしっかり摂るようにするという方法もあります。

まつ毛を生成するためには栄養が必要です。特にタンパク質とビタミン、亜鉛はかなり重要な栄養素となるため、これらが含まれる食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

タンパク質はまつ毛の主成分となりますし、ビタミンは肌環境を整えてくれるのに役立ちます。亜鉛はタンパク質からまつ毛を生成する際に必要な栄養素となるため、これも忘れずに摂取するようにしましょう。

特に亜鉛は不足しがちな栄養素です。意識して摂取しないと、足りなくなってしまうため、サプリなども利用して、しっかりと摂取するようにしましょう。

【まつ毛を濃くする方法⑥】質の良い睡眠

まつ毛を濃くする方法としては、質の良い睡眠を取るという方法もあります。

まつ毛を濃くする方法として睡眠が大切になってくるのは、まつ毛は眠っている間に生成されるからです。また、寝ている間、人の体内では成長ホルモンが分泌されるのですが、それもまつ毛を生成する上で大切なものです。睡眠の質が悪かったり、少ないとこれらが正しく分泌されなかったり、生成できなかったりするため、睡眠がまつ毛を濃くする方法として大切なこととなってきます。

睡眠時間が少ないという人は、単純に眠る時間を増やせば、まつ毛を濃くするための睡眠を取ることができます。

睡眠の質に関しては、眠る前にカフェインを取らないということが大切です。コーヒーやお茶、コーラなどにカフェインは含まれるため、就寝前はこのようなものを飲まないようにしましょう。


◆関連記事:憧れの長いまつ毛に!

まつげが短いのが悩み?まつげを長くする方法5選解説!【効果的】

【まとめ】まつ毛を濃くする方法も様々

まつ毛を濃くする方法について紹介してきましたが、まつ毛を濃くする方法には様々な方法があります。ただ、全てが誰に対しても効果があるというわけではないため、様々なまつ毛を濃くする方法を試して、一番効果のあったものを持続していくようにしましょう。

もっとまつ毛に関する情報を知りたいアナタへ!

まつげを伸ばす方法11選!効果的な美容液はどれ?
まつげパーマとマツエクはどっちがいいの?徹底解説!
まつ毛パーマの頻度はどのくらい?やり直し期間の目安は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング