ドライフラワーの作り方まとめ!簡単な方法を紹介!【初心者必見】

インテリアやディスプレイに使われているドライフラワー、作り方は意外と簡単なのです。ここでは基本のドライフラワーだけでなく、ブーケやキャンドル、ピアスなどの小物まで作り方を、できるだけ簡単にご紹介します。インテリアやプレゼントの参考にいかがでしょうか。

ドライフラワーの作り方まとめ!簡単な方法を紹介!【初心者必見】のイメージ

目次

  1. ドライフラワーの簡単な作り方~はじめに
  2. ドライフラワーの簡単な作り方
  3. ドライフラワーと花の種類
  4. ドライフラワーの簡単な作り方~①自然乾燥
  5. ドライフラワーの簡単な作り方~⓶ドライヤー
  6. ドライフラワーの簡単な作り方~⓷乾燥材(シリカゲル)
  7. ドライフラワーの簡単な作り方~⓸グリセリン溶液
  8. ドライフラワーが完成したら
  9. ドライフラワーの簡単なアレンジ~①花束の作り方
  10. ドライフラワーの簡単なアレンジ~⓶ブーケの作り方
  11. ドライフラワーの簡単なアレンジ~⓷リースの作り方
  12. ドライフラワーの簡単なアレンジ~⓸瓶詰めの作り方
  13. ドライフラワーの簡単な作り方~まとめ(作り方編)
  14. ドライフラワーの簡単な作り方~まとめ(アレンジ編)
  15. ドライフラワーの簡単な作り方~おわりに

ドライフラワーの簡単な作り方~はじめに

パーティーなどでもらった花束、どんなに長持ちさせたくても、水に挿しておくだけでは、いつかは寿命を迎えてしまいます。でもドライフラワーにすれば、形を保ったまま花を長持ちさせることができます。
ドライフラワーは、適した花の種類を選びきちんと手順を踏めば、作り方は簡単です。きれいにできたら、贈り物や部屋のインテリアにも使えます。ぜひ1度、ドライフラワー作りにチャレンジしてみませんか。

trunkbyshotogalleryさんの投稿
28150949 2051781018444525 4743971453525819392 n

ドライフラワーの簡単な作り方

ドライフラワーの作り方は、
 【1】花の茎から余計な葉を取り除く
 【2】花同士、あるいは花びらが重ならないような吊るし方で、干す
 【3】乾燥するまで待つ
です。
【1】と【2】の作業をしっかりと行えば、あとは吊るし方に気をつけて乾燥させるだけなので、作り方はとても簡単です。

また、【3】の乾燥には、いくつかの方法があります。
ドライフラワーのを使う目的や、いつ必要か(急ぐのか、そうでないのか)に合わせて、乾燥方法を選ぶようにしましょう。
【3】の花を乾燥させる方法は、以下の4つが主なものです。
 ⓵屋外で自然に乾燥させる(1~2週間程度)
 ⓶温風(ドライヤー)に当てる(1~2日程度)
 ⓷乾燥材(シリカゲル)を使う(1~2週間程度)
 ⓸グリセリン溶液に漬ける(10日程度)
※カッコ内は乾燥までにかかる日数です。
それぞれの作り方につきましては、のちほど詳しくご紹介します。

____rie____さんの投稿
22637735 2186682428225266 5327695339124162560 n

ドライフラワーと花の種類

花の種類にも、ドライフラワーに適したものとそうでないものがあります。
ドライフラワーは「花を乾燥させたもの」なので、水分の多い花は適していません。
ドライフラワーにするには、水分が少なく、花びらが乾いた感じのものがおすすめです。

demi_etageさんの投稿
18013238 1344427078983805 3480535075978739712 n

ドライフラワーにおすすめの花は、アジサイ、マリーゴールド、ミモザ、ユーカリ、千日紅、ラベンダー、カスミソウ、バラ、スターチス、ひまわりなどです。
ラベンダーやバラは干す際に、香りも一緒に楽しめます。
また、ユーカリには抗菌・防虫という嬉しい効果があり、ドライフラワーにした後も効果は続きます。
逆にドライフラワーに向かない花は、ガーベラ、コスモス、パンジー、スイセン、チューリップ、トルコキキョウなどです。

gold______starさんの投稿
27880537 585889765077672 5075995528135704576 n

■参考記事:愛情に関する花言葉をチェック!

愛情に関する花言葉まとめ!【画像あり】

ドライフラワーの簡単な作り方~①自然乾燥

まずはいちばん簡単な作り方からご紹介します。
自然乾燥は、葉などの処理をして干してしまえば、あとは乾くまで待つだけです。
詳しい手順は、以下の通りです。
 ①茎からなるべく葉を落とす
 ②直射日光の当たらない場所を探す
 ③1本ずつ、または数本まとめてひもで結び、②で見つけた場所に逆さまにして干す(1~2週間程度)

pnkm913さんの投稿
11821301 958839414158142 1930161530 n

この作り方のポイントは、時間をかけてしっかり水分を抜くことと、花を直射日光に当てないことです。
花びらを直射日光に当ててしまうと、色褪せの原因となりますので、くれぐれも気をつけましょう。
また、全体的にしっかり乾燥させるために、なるべく花同士が重ならない吊るし方を心掛けてください。

ドライフラワーの簡単な作り方~⓶ドライヤー

ドライヤーを使った作り方は、いちばん短時間でできますが、いちばん花への気配りを必要とする方法です。
というのは、花をドライヤーの温風で半乾きの状態にするため、花びらが痛んでしまわないような風の当て方を必要とするからです。
詳しい手順は、以下の通りです。
⓵花、そしてドライヤーとショップバッグなどの紙袋を用意する
⓶紙袋に花を逆さに入れ、ドライヤーの温風を袋の中に送る
⓷5分ほど経って、半乾きの状態になったら袋から花を取り出し、花が逆さになる吊るし方で、風通しの良い場所で1~2日干す

hanachan.officialさんの投稿
20968650 127278707897199 1230301808665034752 n

この作り方のポイントは、ドライヤーを当てる際、弱い温風にすることと、温風を花に直接当てない点です。
強風にしたり、風を花に直接当ててしまうと、花が傷む原因になってしまいます。
また、ドライヤーを止める前に花びらに触れて、乾き具合を確認することもお忘れなく。

piary_instさんの投稿
27878878 1673357132750416 4133787696050995200 n

ドライフラワーの簡単な作り方~⓷乾燥材(シリカゲル)

乾燥材のシリカゲルを使った方法は、花の色を鮮やかなまま乾燥させることができます。
シリカゲルは薬品の一種です。素手で触れると、肌荒れを起こしてしまう可能性があるので、取り扱いには十分気をつけてください。
シリカゲルを使った方法の詳しい手順は、以下の通りです。
⓵花、そしてシリカゲルとタッパーなどの密封容器を用意する
⓶シリカゲルを、タッパーの底が隠れる程度に敷き詰める
⓷花を敷き詰めたシリカゲルの上に置き、さらに上からシリカゲルを、花が隠れる程度にかける
⓸タッパーのフタをして、花が乾燥するまで待つ(1~2週間程度)

natsukotogoさんの投稿
16110748 256680574765878 5458549850033356800 n

※タッパーの代わりに瓶を使えば、花を瓶詰めにしたままドライフラワーを作ることができます。
※またお急ぎの場合は、⓷で花にシリカゲルをかけた後、フタをせずに500Wの電子レンジ1分半程度加熱すれば、ドライフラワーができあがります。念のため、30秒おき程度で花の乾燥具合を確認して、加熱時間を調節してください。あとタッパーの中身は高温になっていますので、やけどに注意してください。

kondonatsukoさんの投稿
13827427 1126206877452378 557298597 n

この作り方のポイントは、花の形を崩さないようにシリカゲルをかけることと、湿気が入らないようタッパーのフタをきっちり閉めることです。
あとは繰り返しになりますが、シリカゲルの取り扱いです。肌の弱い人は、あらかじめゴム手袋などを着用してから作業してみてはいかがでしょうか。

se_ra0227さんの投稿
1169278 542858749138173 1109018092 n

ドライフラワーの簡単な作り方~⓸グリセリン溶液

グリセリンを使った方法は、花瓶に入れたまま花を乾燥させることができるのです。グリセリンは化粧品などに使われる保湿成分の一種なので、肌に触れても特別大きな害はありません。グリセリンで乾燥させた場合も、花の色を鮮やかなままで乾燥させることができます。
詳しい手順は、以下の通りです。
⓵花、そしてグリセリンと熱湯と花瓶を用意する
⓶グリセリンと水を1:3の割合で混ぜる
⓷液が冷めたら花瓶に入れ、花を挿して冷暗所で保存する(10日程度)

at_cosmeさんの投稿
14128806 958928880882484 1688228517 n

この作り方のポイントは、花をグリセリン溶液に入れる際に、茎に切り込みを入れておくことです。こうしておくと花がグリセリン溶液をしっかり吸収してくれるのです。
また冷暗所であれば、花瓶に入れたまま保存できるので、寒い時期は花を乾燥させつつインテリアとして飾ることも可能です。

ellyotoguroさんの投稿
27878842 1508611532590783 7843497060098637824 n

ドライフラワーが完成したら

ドライフラワーが完成したら、どんな風に使ったらいいでしょう。
お部屋のインテリアとして、花束やリース、ブーケにしたり、かごに盛ったり瓶詰めにして飾ったりが代表的な例でしょうか。また額やフレームに貼り付けて、ワンランク上のフォトスタンドを作ったり、コサージュやピアスなどのアクセサリーを作ったりと、アイデア次第でさまざまに活用できます。
この後は、完成したドライフラワーの簡単なアレンジ方法について、ご紹介していきます。

creemajpさんの投稿
27891982 153136558717797 5546492470809853952 n

ドライフラワーの簡単なアレンジ~①花束の作り方

ドライフラワーを何本か集め、バランスを整えて、フィルムやリボンで飾るだけなので、初めての人にも簡単に取り組みやすいアレンジです。
作り方は以下の通りです。
《用意するもの》
ドライフラワー、リボン、フィルム、カラーペーパー、フローラテープ、ハサミ(あればフラワーアレンジ用)
《作り方》
⓵ドライフラワーの長さを切り揃える
⓶ドライフラワーを束ね、フローラテープで軽く止め、全体のバランスを整える
⓷フローラテープをぐるぐる巻いて花を固定し、茎の長さを切り揃える
⓸カラーペーパーやフィルムで花を巻き、リボンで飾る

trefle_tokyoさんの投稿
27578811 182798629161528 7431183919124316160 n

フローラテープとは、フラワーアレンジメントでよく使われる、粘着力の高いテープです。フローラテープは両面とも粘着するうえに、伸びがよく切れにくいので、花束の形状をキープしたまま束ねることができます。
また最後、リボンで花束を飾る前に、カラーペーパーとフィルムをワイヤーで固定しておくと、より花束の形が崩れにくくなりますよ。

graf.studioさんの投稿
26863747 290952091430558 1430615716096114688 n

ドライフラワーの簡単なアレンジ~⓶ブーケの作り方

次は結婚式などでおなじみのブーケです。ブーケは「花束」をフランス語訳したものなので、花束とブーケは同じであると思われるかもしれません。
日本のフラワーショップでは、花束とブーケは違うものとして扱われています。まず花束ですが、縦に長く正面と背面があります。

trunkbyshotogalleryさんの投稿
27574124 1762602300451146 3893320491556929536 n

一方のブーケは、正面と背面の区別のない、丸みのある形のもののことを言います。

dolce_tsu_heiankakuさんの投稿
28152778 419969535092089 7133059158093332480 n

ブーケの作り方は、ドライフラワーをまとめて束ねるという点では、花束と近いものがあります。
ただブーケの場合は、花を丸く束ねることが重要です。ポイントは中心(頂点)に見せる花を1本決め、その周りに同心円状に花を足していくことです。また花を足していく際、くるくると回しながら行うと、きれいな形に仕上がりやすくなりますよ。

tendencejapanさんの投稿
21577110 1757184987655388 1246792172389269504 n

■参考記事:花嫁花冠も手作りできる!

花嫁花冠の作り方やコツ!簡単& 可愛くDIYできる!

ドライフラワーの簡単なアレンジ~⓷リースの作り方

リースは壁飾りなどいろいろな吊るし方ができる、インテリアにおすすめのアレンジです。
《用意するもの》
ドライフラワー、リースベース、グルーガン
《作り方》
⓵ドライフラワーの配置をあらかじめ考えておく
⓶グルーガンで、リースベースに花を貼りつける

shabby_naturelさんの投稿
28151334 116099739161251 4438398862721286144 n

グルーガンとは、手芸や工作などでよく使われる接着剤のことです。グルーガンには、冷えるとすぐ固まるという特徴があります。
リース作りのポイントは、あらかじめ完成図をイメージしておくことです。花をグルーガンでつけるとすぐ固まってしまうので、前もって配置を決め、手早く作業をすることが大切です。

ドライフラワーの簡単なアレンジ~⓸瓶詰めの作り方

ドライフラワーの瓶詰めも、簡単にできるインテリアにおすすめのアレンジです。
作り方は、瓶の中にドライフラワーを入れ、花の位置を整えてフタをするだけです。
瓶詰めにする花の向きは、上向きでも下向きでも、お好みに合わせて決めてください。

yokohamadisplaymuseumさんの投稿
16465611 905124302961537 673147763285819392 n

瓶詰めにする際、花が動いてしまうのが気になる場合は、花をワイヤーで固定して、瓶の底(またはフタ)にマスキングテープで止めておくとよいでしょう。
また、瓶の中にアロマオイルを入れて、フタを通気性のあるものに変えれば、アロマポットにもなります。
これまでご紹介してきた方法と違って、瓶詰めは、床に花が落ちてしまう心配がありません。部屋のキレイを保ちつつ、インテリアにもなる瓶詰めは、とても優秀なアレンジ方法ではないでしょうか。

■参考記事:100均のガラス瓶がおしゃれ♪

100均ガラス瓶・保存瓶のおしゃれな活用法!【セリア・ダイソー】

ドライフラワーの簡単な作り方~まとめ(作り方編)

・ドライフラワーは、花を上手に乾燥させられれば、簡単に作ることができる。
・ドライフラワーに向く種類の花と、そうでない種類の花がある
・ドライフラワー作りは吊るし方が重要。直射日光を避けて、花が逆さになる吊るし方で乾かす
・ドライフラワー作りには主に、⓵自然乾燥させる方法 ⓶ドライヤーを使う方法 ⓷乾燥材(シリカゲル)を使う方法 ⓸グリセリンを使う方法がある。

room_osakaさんの投稿
28155702 170633220240984 368173963936792576 n

・⓵は花の体裁を整え、花が逆さになる吊るし方で1~2週間、直射日光を避けて乾燥させる
・⓶は紙袋に花を入れ、1時間ほどドライヤーの風を弱く当て、その後花が逆さになる吊るし方で1~2日、直射日光を避けて乾燥させる
・⓷は密閉できる容器にとシリカゲルを入れ、フタをして1~2週間おいて乾燥させる
・⓸はグリセリン溶液を作り瓶に入れ、茎に切り込みを入れた花を挿して、冷暗所で10日程度乾燥させる

arika_imuraさんの投稿
27881218 2099033657003274 4663648882121506816 n

ドライフラワーの簡単な作り方~まとめ(アレンジ編)

・完成したドライフラワーは、インテリアや贈り物などに使うことができる
・花束は少ない道具でできるうえ、細かい注意点が少ないので、初心者におすすめ
・花束は、花の長さや全体像を整えて、カラーペーパーとフィルムで巻いてから、リボンで飾る
・ブーケも花束に近い作り方をするが、ブーケは半球状に仕上げるのがポイント

partsclub_officialさんの投稿
28153328 397923927320677 3112430995454820352 n

・リースはドア飾りなど、いろいろな吊るし方ができるので、インテリアに特におすすめ
・リースは、あらかじめデザインを考えておいてから、ベースとなるリースにグルーガンで花を貼り付ける
・瓶詰めは、花が床に落ちないので、部屋が汚れずにすむ。瓶詰めもインテリアにおすすめ
・瓶詰めは、花を瓶に入れてフタをすれば完成する。花が動くのが気になる場合は、花をワイヤーで固定するとよい

xxayapinkさんの投稿
27892719 963493123802467 4402448908416974848 n

ドライフラワーの簡単な作り方~おわりに

ここまで、ドライフラワーの簡単な作り方から簡単なアレンジ方法まで、たくさんご紹介してきました。
生花はどうしても枯れてしまいますが、ドライフラワーにすれば、その寿命を延ばせます。
作り方につきましては、どの方法も花の吊るし方や乾かし方に気をつければ、簡単にできます。目的や期間に合わせて、お好みの方法で作ってみてください。

mery.jpさんの投稿
27880605 2022026238078982 1135609663962742784 n

作ったドライフラワーは、インテリアや贈り物など目的に合わせて、アレンジさせるとさらに楽しみが広がります。「リースを作ったらどんな吊るし方にしようか」、「テーブルに瓶詰め置きたいな」など、発想次第でアイデアは無限に広げられます。今回ははじめての人でも取り組みやすい、簡単な方法を中心にご紹介してきました。インテリアなどの用途に合わせて、ぜひチャレンジしてみてください。

madamefigarojaponさんの投稿
27892123 151530608883282 4720719368168669184 n

ドライフラワーについてもっと情報を知りたいアナタに!

ドライフラワーリースの作り方を紹介!部屋のおしゃれアクセントに♡
ドライフラワーの飾り方特集!部屋のインテリアをおしゃれに!
ドライフラワー用シリカゲルでお花を残す!失敗しない作り方まとめ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ