好きバレしちゃった時に取るべき態度&男の本音はどうなの?

告白するつもりなどなかったのに、好きバレしてしまった。このような状況に陥ったとき、男性の本音や取るべき態度を知りたくなりますが、パニックになっていることもあり、名案は出てきません。いったい、好きバレしてしまったら、どのような態度を取れば良いのでしょうか。

好きバレしちゃった時に取るべき態度&男の本音はどうなの?のイメージ

目次

  1. 思いもがけない状況で好きバレしてしまった
  2. 好きバレした時の男性の本音は?
  3. 【好きバレ本音編①】両思いだった場合
  4. 【好きバレ本音編②】友達関係だった場合
  5. 【好きバレ本音編③】赤の他人だった場合
  6. 【好きバレ本音編④】男性に彼女がいる場合
  7. 【好きバレ本音編⑤】彼女を作る気がない場合
  8. 男性の本音の見極め方
  9. 【好きバレ確認編①】目が合う回数を確認
  10. 【好きバレ確認編②】質問の頻度で確認
  11. 【好きバレ確認編③】会話の持続性を確認
  12. 【好きバレ確認編④】会う回数を確認
  13. 【好きバレ確認編⑤】周りを見る
  14. 取るべき態度を考える
  15. 【好きバレ態度編①】男性に好意がある場合
  16. 【好きバレ態度編②】好意はあるが男性が奥手な場合
  17. 【好きバレ態度編③】好きでも嫌いでもない場合
  18. 【好きバレ態度編④】避けられるようになった場合
  19. 【好きバレ態度編⑤】嫌われてしまった場合
  20. 好きバレしたら、とにかく冷静に!

思いもがけない状況で好きバレしてしまった

片思いをしている時が、一番その人のことを好きな時間とも言えるほど、片思いはキレイで楽しいものです。しかし、そのような状況下で好きバレしてしまうと、一気に幸せが不安へと変貌してしまいます。

友達伝いで好きバレしてしまった、態度で好きバレした、メールを見られて好きバレした、など様々なキッカケがありますが、どれであっても、不安は拭えないものです。そして何より気になるのは、その時の男性の反応でしょう。

もしも好きバレした結果、男性も自分のことを好きでいてくれ、付き合うことになれば、好きバレして良かったと思えます。しかし、好きバレした結果、男性に避けられるようになってしまった場合、結果は最悪です。

今後も避けられることになるでしょうし、片思いを続けること自体が辛くなってしまいます。すぐに他の人を好きになれれば良いですが、心はそれほどフットワークの軽いものではありませんし、自分の意思で変更できるものでもありません。好きな人に避けられる日々を、長く続けなければならないのです。

好きバレしたとき、一番重要なのは男性がどのような本音を持っているかということです。そして、脈があるかどうかを見極めることで、実際にあなたが起こすべき行動がわかります。では実際にどのように行動すれば良いのか、紹介していきましょう。

好きバレした時の男性の本音は?

好きバレした時に重要なこととして挙げられるのが男性の本音です。女性が自分のことを好きだということがわかったとき、男性はどのように感じるのか、女性としてはわからないことでしょう。

実際にどのような本音を持っているのかということで、どう行動したら良いか、男性に避けられるのかどうか、ということがわかるため、本音が気になるところです。

では実際に、男性の本音としてどのようなことを思うのか、というところですが、実はこれは、男性がどのような状況になるかどうか、ということで、本音が変わってきます。場合によっては避けられることもありますし、まったく予測しない展開に物事が運ぶこともあるのです。

そのため、まずは男性の状況を見極め、どのような本音を持っているのかということを予測しましょう。

【好きバレ本音編①】両思いだった場合

片思いと思っていた男性に好きバレしてしまったにも関わらず、実は片思いではなく、男性もあなたのことが好きだったという状況になることもあり得ます。それまでの男性との関係が良いものであれば、このように、実は両思いだったという状況になる可能性は高いでしょう。

しかし、逆に男性とは友達ですらなかったという場合は、あなたの片思いである可能性が高いです。

両思いの状態で好きバレした場合、最初は互いに恥ずかしくても、カップルになるのは時間の問題と言えます。あなたは何もしなくても、男性が告白してくれることもあるでしょう。結果、好きバレして良かった、と思える状況になるのです。

たとえ避けられることがあっても、それは照れ隠しのようなものですので、いくらでも対処できます。両思いで避けられるという状況は、片思いで避けられる状況とは、まったく違うため、それほど気落ちする必要はありません。プラスに考えておきましょう。

【好きバレ本音編②】友達関係だった場合

友達の集団の中にいる一人に片思いをしており、好きバレしてしまった場合、男性の本音としては二つの本音が考えられます。

まず一つは、男性もあなたのことを気になっていた場合、自分に好意を向けられていることを知り、あなたのことを意識するようになるでしょう。つまり、好きバレしたことにより、あなたがただの友達から、特別な人に変わるということです。

この特別な人は、恋人という意味ではありませんが、そこに至るまでの大きな推進力となるため、今後に期待できます。避けられることもないはずです。

もう一つのパターンとして、男性があなたのことを本当に友達としか思っていない、というパターンがあります。友達以上になる気はないし、むしろ友達という関係を踏み越えようとしているあなたに、少しイラッとしてしまうというパターンです。

このような本音を男性が持っている場合、男性は友達の輪を大切にしようとしますので、最悪、避けられるようになってしまいます。今後も発展する可能性がないため、かなり辛い状況と言えるでしょう。

【好きバレ本音編③】赤の他人だった場合

好きバレした相手とまったく面識がなく、学校や仕事場ですれ違う程度の相手だった場合、男性の本音としては嬉しいものです。基本的に男性は女性から好意を寄せられて、嫌だと思うことがありません。なぜなら、それ自体が、自分はモテている、というステータスになるからです。

避けられるようになるという可能性は少ないですし、万が一、避けられるようになったとしても、それまでの関係性がゼロに等しいわけですから、以前と状況は変わらないでしょう。それほど辛い状況に陥ることはありません。

むしろ、まったく関係性がない相手に好きバレした場合、男性があなたを気にするようになるというメリットがあります。好きバレした時には片思いであっても、男性があなたを気にすることで好きになり、両思いになる可能性もあるのです。

【好きバレ本音編④】男性に彼女がいる場合

好きバレした際、男性に彼女がいたとしたら、基本的には避けられるようになると思ってください。
男性は今付き合っている彼女を大切にしたいと思っていますし、彼女に浮気を疑われることも嫌でしょう。彼女に身の潔白を証明するための行動を行うので、避けられるようになってしまいます。

ただし、男性に避けられるほど状況が悪化しない可能性もあります。例えば、あなたと男性は同じ学校で、彼女は違う学校という場合です。この場合は、彼女とあなたに直接の接点がありません。

つまり、彼女の目が近くになければ、あなたが片思いをしていることを彼女は知らないですし、男性も自分の彼女にわざわざそのようなことを言いません。付き合えるようになるかは、男性と彼女の仲次第ですが、必ずしも辛い状況になるとは限らないため、気落ちしないでチャンスを待ちましょう。

【好きバレ本音編⑤】彼女を作る気がない場合

男性に彼女がいなかったとしても、男性自体が別のことに集中しており、彼女を作る気がないという可能性もあります。このような状況で好きバレしてしまった場合、高い確率で避けられるようになるでしょう。

その男性は別のことに集中したい時期です。おそらくそれは、人生を左右するような事柄でしょう。誰にもそれを邪魔されたくないと思っているため、恋愛という邪魔なものを持ち込んでくるあなたは、避けられるようになってしまうのです。

ただし、男性が彼女を作る気がないと思っていても、好きバレすることにより、彼女を欲しいと思うこともあります。こうなると、片思いが両思いになる可能性もあるため、男性がどのようなリアクションを取るのか、ということを注意して見ておく必要があるのです。

男性の本音の見極め方

男性の本音には辛いものから嬉しいものまで様々ありますが、必ずしも男性が本音を口にしてくれるわけではありません。
そのため、好きバレしてしまった場合、男性の態度や言葉によって、男性がどのような本音を持っているのか、確認しなければならないのです。

そこでここでは、男性に好きバレしたときの、本音を確認する方法を紹介していきます。態度や言葉の中にヒントが隠されているため、見逃さないように注意しましょう。

もしも見逃して、男性の本音とは真逆の行動を取ってしまえば、避けられるどころか嫌われてしまう可能性もあります。そうならないためにも、男性の態度や言葉で本音を探るという行為が重要になってくるのです。

■関連記事:好きバレした男性が「可愛い」と言ってくれたら・・・コチラをチェック!

可愛いと言われるのは脈あり?男性心理を徹底調査!【必見】

【好きバレ確認編①】目が合う回数を確認

好きバレする前とした後、その男性と目が合う回数はどのように変化したのか確認することによって、男性の本音をある程度予想することができます。

まず目が合う回数が増えた場合、これは自分のことを好きでいてくれるあなたを意識しているということです。増えたから好きになった、というわけではありませんが、少なくても意識はしているため、そこからあなたに好意を寄せるようになることも考えられます。

逆に目が合う回数が減った場合、これは避けられていると考えたほうが良いです。好きになってもらうわけにはいかないため、男性の本音としては、嫌いになってほしい、告白などしないで欲しい、と思っています。

状況としてはかなり悪いため、無理に近付こうとしないようにしましょう。

【好きバレ確認編②】質問の頻度で確認

好きバレした後、その男性と会話しているとき、なぜか質問が増えたという場合、男性もあなたのことを意識している可能性があります。質問をするという態度の変化は、あなたのことをもっと知りたいという本音が表面化したものです。

あなたのことを好きなのか、知ってから好きになっていくのか、ということは判断できませんが、少なくてもマイナスな感情は湧いていないため、悪い態度ではないと言えます。

逆に質問をしないという態度を取られた場合、勘違いさせないようにしよう、という本音が男性の中に隠れています。つまりは、告白しても断るつもりだから、好意があるように勘違いさせることは控えよう、という本音です。

このような場合には告白をしても、良い結果は伴わない可能性が高いため、行動は控えたほうが良いです。片思いのまま次のチャンスを待つか、別の人を好きになるかというのは、あなた次第ですが、どちらにしろ時間がかかるため、覚悟しておきましょう。

【好きバレ確認編③】会話の持続性を確認

会話の持続性というのも、男性の本音を図るためには重要なヒントです。もしも、会話が以前よりも盛り上がるようになった場合、男性はあなたのことが気になっていると考えて良いでしょう。

意図的に会話が盛り上がるように男性が仕掛けている可能性もありますし、単純にあなたと会話をすることで男性のテンションが上がっている可能性もあります。そのため、これは片思いから抜け出せる可能性もある、喜ぶべき態度の変化と言えるのです。

逆に会話がまったく盛り上がらなくなったという場合、男性の性格によって見方が異なります。
もしも男性が奥手な人であった場合、あなたと会話をすることを恥ずかしく思っているのでしょう。恥ずかしいと思うということは、あなたを意識しているということですので、そのうち告白されるかもしれません。

もしも男性が肉食系の人で会話が盛り上がらない場合は、望みは薄くなります。男性があなたを口説きにきていないので、片思いである可能性が高いのです。

【好きバレ確認編④】会う回数を確認

好きバレしてしまう前と後の、会う回数を確認するというのも一つの方法です。これは偶然会う回数をカウントすると良いでしょう。というのも、もしも行った飲み会で好きバレした男性と会う回数が増えたり、学校内でよくすれ違うようになったりということであれば、男性があなたに会うために、わざとそうしている可能性があるからです。

当然、この態度の変化は、片思いを発展させることができる可能性が高いため、良いものと考えて良いでしょう。

逆にまったく会わなくなったということであれば、意図的に避けられている可能性があります。ただし、偶然そのような状況になったということもあり得るため、数ヶ月、会った回数をカウントしてから判断するようにしましょう。

たまたま、男性が忙しい時期になった、ということもあるため、片思いを発展させることができるチャンスを失わないためにも、早合点しないことが大切です。

【好きバレ確認編⑤】周りを見る

好きバレしたとき、男性の態度を見ることも大切ですが、周りの態度を見るということも大切です。好きバレしたということは、そのことが男性の周りの友達にも伝わっている可能性が高いでしょう。

もしも、その友達があなたの姿を見た瞬間、当事者である男性に笑顔で話しかけたり、あなたと男性の会話を補助したりするようなことがあれば、前向きに考えて良いです。いきなり告白、となると慌て過ぎですが、折を見て、告白すると付き合えるようになるかもしれません。

逆に周りの友達があなたを見た瞬間、ヤバイというような表情をしたら、辛いですが、可能性は低いと考えてください。友達のその態度は、あなたと男性を会わせてはいけない、という態度です。

男性があなたに好意を抱いていないことが、その友達にも伝わっているのでしょう。辛い話ですが、諦めるということも考えるべきです。

ただ、これは友達にも好きバレしているということが大前提となります。好きバレしていない場合、まったく違う意味を持つ態度の可能性が高いため、まずは友達にも好きバレしているかどうかということを、確認しましょう。

取るべき態度を考える

好きバレしてしまったとき、一番困るのがどういう態度を取るのか、ということです。告白するつもりなどなく、不可抗力で好きバレしてしまったのですから、片思いをしている男性の前で、どのような態度を取れば良いかわからなくなってしまいます。

好きバレしてしまった時の態度は、男性がどのような本音を持っているか、どのような態度をとってくるか、という部分に合わせるのが、一番間違いが少なくなります。

場合によっては、告白しても大丈夫な場合もありますし、辛いですが身を引いたほうが良いこともあるのです。では、どのような時にどのような態度を取るべきなのか、紹介していきます。

【好きバレ態度編①】男性に好意がある場合

好きバレしたことにより、男性の好意が明らかになった場合、これは大きなチャンスとなります。あえて自分から告白をしなくても、男性の方から告白をしてくれるはずですので、基本的には「待ち」の姿勢でいましょう。

ただし、何もしないで良いわけではありません。男性が告白しやすい状況を作るようにすると、物事がうまく進むようになります。できるだけ二人きりになれる場を作ったり、連絡先を知らなければ交換したり、というようなことをすることで、告白される可能性が高まるのです。

自分でそのようなことができない場合は、友達に協力してもらってください。本人に好きバレしているのですから、今さら恥ずかしくもないでしょう。このようなことは、友達に協力してもらったほうが、効率よく話が進みます。

【好きバレ態度編②】好意はあるが男性が奥手な場合

男性に好意があっても、奥手な男性で、なかなか告白してくれないということもあります。このような状況の場合、女性から告白するのが一番良い手です。人の性格はなかなか変わらないため、無理に待つよりは、自分からアプローチを仕掛けたほうが早いのです。

しかし、女性も奥手であることも多いでしょう。好きバレしたということは、それまで告白していなかったということですので、可能性としては高いはずです。

このような場合は、男性を安心させてあげると良いです。つまり、確実に自分のことが好きなのだ、と男性に思わせることで、奥手な人が一歩、踏み出すように仕向けるのです。常に彼の側にいるようにし、積極的に連絡を取るようにしましょう。そうすることで、男性の中に自信が出てきます。

【好きバレ態度編③】好きでも嫌いでもない場合

好きバレしたにも関わらず、好意も感じられなければ、嫌われてもいないという状況に陥った場合、思い切って告白してみるのもアリです。好きということを知っているにも関わらず、態度がまったく変化しないということは、男性はあなたのことを友達だとしか思っていないということです。

しかし避けられていないということを考えれば、あなたが好意を持っていても、男性はこれまで通りの付き合いをしてくれるということになります。つまり、恋愛感情の有無によって、避けられるようになることはないということです。

勇気さえ持っていれば、何度も何度も告白してしまっても良いでしょう。その度に断られるのは、辛い部分もありますが、それだけの熱量を男性が理解してくれ、付き合えることになる可能性もあります。

辛いことから逃げずに、攻め続けるというのも、恋愛では大事なことです。いつの間にか男性に恋人ができないうちに、行動を始めましょう。

【好きバレ態度編④】避けられるようになった場合

辛い状況ですが、好きバレしたことによって、男性に避けられるようになったという人もいるでしょう。ただ、必ずしもこれはダメな状況ということでもありません。

一見、辛い状況に見えますが、避けられるということは、男性に彼女がいるか、告白しても断るという暗黙のメッセージか、のどちらかです。彼女がいるということであれば、別れた時に再度チャンスが訪れます。告白しても断るというメッセージの場合、現時点では好意がないというだけで、今後、どうなるかはわかりません。

とるべき行動としては、とりあえずタイミングを待つということが大切です。彼女と別れるタイミング、もしくは男性が告白して来ないと核心したタイミングまで待つようにしましょう。

こちらが何も行動を起こさなければ、男性も好きバレのことを、勘違いだったのかもしれない、と思うこともあります。好きということが伝わったのに、それを自ら否定する行動を取るのは辛いことですが、さらなる辛い状況を生み出さないためのものですので、我慢することが大切です。

【好きバレ態度編⑤】嫌われてしまった場合

さらに辛い状況ですが、避けられるようになった上に、嫌われてしまったという場合、正直、手の施しようがない状態です。好きバレしただけで嫌われるという状況は、かなり特殊な状況でしょう。もしかしたら、好きバレする前から、何か確執があったのかもしれません。

好きな人に嫌われるというのは、かなり辛い状況ですので、早く別の男性を好きになれるように、その男性のことを諦めてしまったほうが良いです。当然、行動は何も起こさないほうが良いです。

ただ、振られるために告白するという方法もあります。その男性を好きな気持ちを、完全にリセットするために告白するのです。

確実に断られることがわかっているため、辛い告白になってしまいますが、再度歩き出すために、必要なステップでもあります。勇気のある人だけ、行ってみましょう。

好きバレしたら、とにかく冷静に!

好きバレしたときの男性の本音や、取るべき態度を紹介してきましたが、基本的には男性の態度を見て、それに合わせた行動を取るようにしましょう。

テンパって奇妙な行動を取ると、逆効果になることもあります。好きバレしても、いったん落ち着いて、冷静になることが大切です。

片思いを成就させたいアナタへ!

好きな人に会いたい!片思いの相手や彼氏に会いたいと思わす7の方法
好きな人と付き合う方法!片思いを絶対に叶えるにはこれ!【禁断】
片思い男子必見!恋愛成就させ好きな人を手にいれる方法9選!
片思いが脈なしだとわかる男性の脈なしサイン13選!

関連するまとめ

関連するキーワード

wasezaimu
wasezaimu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ