好きバレしちゃった時に取るべき態度&男の本音はどうなの?

好きバレしちゃった時に取るべき態度&男の本音はどうなの?

告白するつもりなどなかったのに、好きバレしてしまった。このような状況に陥ったとき、男性の本音や取るべき態度を知りたくなりますが、パニックになっていることもあり、名案は出てきません。いったい、好きバレしてしまったら、どのような態度を取れば良いのでしょうか。

記事の目次

  1. 1.思いもがけない状況で好きバレしてしまった
  2. 2.好きバレした時の男性の本音は?
  3. 3.【好きバレ本音編①】両思いだった場合
  4. 4.【好きバレ本音編②】友達関係だった場合
  5. 5.【好きバレ本音編③】赤の他人だった場合
  6. 6.【好きバレ本音編④】男性に彼女がいる場合
  7. 7.【好きバレ本音編⑤】彼女を作る気がない場合
  8. 8.男性の本音の見極め方
  9. 9.【好きバレ確認編①】目が合う回数を確認
  10. 10.【好きバレ確認編②】質問の頻度で確認
  11. 11.【好きバレ確認編③】会話の持続性を確認
  12. 12.【好きバレ確認編④】会う回数を確認
  13. 13.【好きバレ確認編⑤】周りを見る
  14. 14.取るべき態度を考える
  15. 15.【好きバレ態度編①】男性に好意がある場合
  16. 16.【好きバレ態度編②】好意はあるが男性が奥手な場合
  17. 17.【好きバレ態度編③】好きでも嫌いでもない場合
  18. 18.【好きバレ態度編④】避けられるようになった場合
  19. 19.【好きバレ態度編⑤】嫌われてしまった場合
  20. 20.好きバレしたら、とにかく冷静に!

思いもがけない状況で好きバレしてしまった

片思いをしている時が、一番その人のことを好きな時間とも言えるほど、片思いはキレイで楽しいものです。しかし、そのような状況下で好きバレしてしまうと、一気に幸せが不安へと変貌してしまいます。

友達伝いで好きバレしてしまった、態度で好きバレした、メールを見られて好きバレした、など様々なキッカケがありますが、どれであっても、不安は拭えないものです。そして何より気になるのは、その時の男性の反応でしょう。

もしも好きバレした結果、男性も自分のことを好きでいてくれ、付き合うことになれば、好きバレして良かったと思えます。しかし、好きバレした結果、男性に避けられるようになってしまった場合、結果は最悪です。

今後も避けられることになるでしょうし、片思いを続けること自体が辛くなってしまいます。すぐに他の人を好きになれれば良いですが、心はそれほどフットワークの軽いものではありませんし、自分の意思で変更できるものでもありません。好きな人に避けられる日々を、長く続けなければならないのです。

好きバレしたとき、一番重要なのは男性がどのような本音を持っているかということです。そして、脈があるかどうかを見極めることで、実際にあなたが起こすべき行動がわかります。では実際にどのように行動すれば良いのか、紹介していきましょう。

好きバレした時の男性の本音は?

好きバレした時に重要なこととして挙げられるのが男性の本音です。女性が自分のことを好きだということがわかったとき、男性はどのように感じるのか、女性としてはわからないことでしょう。

実際にどのような本音を持っているのかということで、どう行動したら良いか、男性に避けられるのかどうか、ということがわかるため、本音が気になるところです。

では実際に、男性の本音としてどのようなことを思うのか、というところですが、実はこれは、男性がどのような状況になるかどうか、ということで、本音が変わってきます。場合によっては避けられることもありますし、まったく予測しない展開に物事が運ぶこともあるのです。

そのため、まずは男性の状況を見極め、どのような本音を持っているのかということを予測しましょう。

【好きバレ本音編①】両思いだった場合

片思いと思っていた男性に好きバレしてしまったにも関わらず、実は片思いではなく、男性もあなたのことが好きだったという状況になることもあり得ます。それまでの男性との関係が良いものであれば、このように、実は両思いだったという状況になる可能性は高いでしょう。

しかし、逆に男性とは友達ですらなかったという場合は、あなたの片思いである可能性が高いです。

両思いの状態で好きバレした場合、最初は互いに恥ずかしくても、カップルになるのは時間の問題と言えます。あなたは何もしなくても、男性が告白してくれることもあるでしょう。結果、好きバレして良かった、と思える状況になるのです。

たとえ避けられることがあっても、それは照れ隠しのようなものですので、いくらでも対処できます。両思いで避けられるという状況は、片思いで避けられる状況とは、まったく違うため、それほど気落ちする必要はありません。プラスに考えておきましょう。

【好きバレ本音編②】友達関係だった場合

友達の集団の中にいる一人に片思いをしており、好きバレしてしまった場合、男性の本音としては二つの本音が考えられます。

まず一つは、男性もあなたのことを気になっていた場合、自分に好意を向けられていることを知り、あなたのことを意識するようになるでしょう。つまり、好きバレしたことにより、あなたがただの友達から、特別な人に変わるということです。

この特別な人は、恋人という意味ではありませんが、そこに至るまでの大きな推進力となるため、今後に期待できます。避けられることもないはずです。

次のページ

【好きバレ本音編③】赤の他人だった場合

関連記事

人気の記事