ハイライトの入れ方を徹底解説!小顔&ツヤ肌に見せるメイク術とは?

メイクで顔に立体感を出したいなら「ハイライト」が大切。ハイライトは入れ方次第で様々な効果が生まれるんです。今回は、ハイライトの入れ方から効果別の色の選び方、種類、ハイライトに使えるおすすめコスメなどを徹底的に紹介していきます。自分がなりたい顔に合わせて、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

ハイライトの入れ方を徹底解説!小顔&ツヤ肌に見せるメイク術とは?のイメージ

目次

  1. ハイライトとは?どんな効果があるの?
  2. ハイライトとシェーディングで立体的にメイクに…!
  3. ハイライトを選ぶための基礎知識!どんな種類・色があるの?
  4. ハイライトの種類① パウダーハイライト
  5. ハイライトの種類② リキッドハイライト
  6. ハイライトの種類③ クリームハイライト
  7. ハイライトの種類④ スティックハイライト
  8. ハイライトの色はどう選べばいい?色によって効果が異なる…?
  9. ハイライトの色① 白(ホワイト)系
  10. ハイライトの色② ピンク系・ベージュ系
  11. ハイライトの色③ イエロー系・オレンジ系
  12. ハイライトの色④ パープル系・ブルー系
  13. ハイライトの色⑤ パール系・ゴールド系
  14. ハイライトの正しい付け方!どこに、どんな順番で付ければいいの?
  15. ①おでこから鼻筋にかけてハイライトを入れる
  16. ②眉の下にハイライトを入れて目力アップ♪
  17. ③まぶたの下の頬骨で立体感を出す!
  18. ④上唇の上部分にハイライトを入れると、プックリ唇に♡
  19. ⑤アゴの先にハイライトを入れると小顔に…!
  20. 【顔型/お悩み別】ハイライト×シェーディングで輪郭をカバーする方法!
  21. ①丸顔におすすめ!引き締まって見せるハイライト×シェーディングメイク
  22. ②エラ張りが気になる人は「顔の上側」にハイライトを入れる!
  23. ③くすみ肌が気になる…!つや肌になれるハイライト術♡
  24. 口コミの評価も高い!おすすめ「ハイライト」5選♡【プチプラ&デコパス】
  25. ①パールグロウハイライト(セザンヌ)
  26. ②ミネラライズ スキンフィニッシュ(M・A・C)
  27. ③シマリング グロー デュオ(THREE)
  28. ④クリームハイライター(キャンメイク)
  29. ⑤ラディアント スティック(ルナソル)
  30. ハイライト&シェーディングでツヤ肌&小顔に見せちゃお♡

ハイライトとは?どんな効果があるの?

ハイライトとは、顔の部分的な場所に明るいツヤのあるカラーをのせることで、顔を立体的に見せたり小顔に見せたりする効果のあるメイクアイテムです。

メイクの最後にひと手間加えるだけで、簡単にツヤ肌メイクをすることもできる優秀アイテムでもあります。

この記事では具体的な入れ方や効果なども詳しく紹介しています。ハイライトを使ったことがない方、持っているけど使い方が分からず使っていない方は、ぜひこの機会に上手な活用方法を知って、日々のメイクに役立ててみてくださいね!

ハイライトとシェーディングで立体的にメイクに…!

ハイライトが光の部分だとしたら、シェーディングは影の部分と言えるでしょう。肌の色より暗めの色をのせることによって、丸顔やエラなど気になる輪郭部分をカバーすることもでき絶大な小顔効果を期待できるメイクテクです。

ハイライトと組み合わせることによって、顔にメリハリが出てさらに立体的なメイクをすることができます。

具体的なやり方を説明する前にまずは基礎的な知識からご紹介していきます。

30-40代にもおすすめ!肌のたるみ隠しにも効果的◎

ハイライトは30代~40代の方にもおすすめのメイクテクニック!肌のたるみが気になる方にもおすすめです。目の周りや顔の上半分にハイライトを入れることで、視線が高くなるためたるみ隠しに効果的なのです。

また、ハイライトは光を纏ってツヤ肌に見せる効果もあるため、年齢より若く見える効果もあるんです。

ハイライトを選ぶための基礎知識!どんな種類・色があるの?

ハイライトの効果やメリットは分かったものの一体どんな種類があるのか、どんな色があるのか気になりますよね。ここからは自分に合ったハイライトを選ぶための基礎知識を紹介していきます!

ハイライトの種類① パウダーハイライト

パウダータイプのハイライトは、なにより簡単に使うことが出来るのがポイントです。メイクの仕上げにササっとのせるだけで簡単にツヤ感のある立体肌を作ることが出来るので、ハイライト初心者さんにもおすすめです。

パウダータイプの場合ブラシや指を使って乗せるのがおすすめです。

ハイライトの種類② リキッドハイライト

次に紹介するのはリキッドタイプのハイライトです。液体状のハイライトなので少々使い方が難しいですが、肌にしっかり密着するのでパウダータイプよりもツヤを出すことが出来るので、瑞々しい水光肌を演出することができます。

パウダータイプのファンデーションを使っている場合は下地と一緒に仕込むのがいいでしょう。

ハイライトの種類③ クリームハイライト

クリームハイライトは柔らかい質感で、肌になじみやすく指で簡単にのせることが出来ます。クリーム状のため潤いやツヤを逃さず、乾燥が気になる方にもおすすめです。

水分たっぷりうるツヤ肌を目指すならクリームタイプがいいでしょう。

ハイライトの種類④ スティックハイライト

スティックタイプのハイライトは手を汚さずに簡単に使うことが出来ます。また自分の力加減でのせる量を調整することが出来るので、お好みの仕上がりに合わせるのも簡単です♪

ハイライトの色はどう選べばいい?色によって効果が異なる…?

ハイライトには色の種類もあります。実は、ハイライトは色によって効果が違うことをご存じでしょうか?

色別にどんな効果があるのかを詳しく見ていきましょう!自分がなりたい仕上がりを想像して、選んでみてくださいね。

ハイライトの色① 白(ホワイト)系

ホワイト系のハイライトは一番色が明るく、コントラストがしっかりと出るため立体感を出すのに適している色です。肌の色が暗めの人は白浮きしてしまうことがあるので、注意が必要です。ホワイト系のハイライトは厚塗りしすぎないのがポイントでしょう。

ハイライトの色② ピンク系・ベージュ系

ピンク系・ベージュ系のハイライトはお肌を自然に血色を良く見せる効果があります。肌が比較的白い人はピンク系、普通肌の人はベージュよりのお色を選ぶといいでしょう。

顔全体をパっと明るく見せてくれるので、くすみが気になる人にもおすすめです。

ハイライトの色③ イエロー系・オレンジ系

イエロー系・オレンジ系のハイライトはイエローベースの人におすすめです。またニキビ跡や吹き出物などをカバーしてくれる効果も高いため、赤みが気になる方にもおすすめの色ですね。

ハイライトの色④ パープル系・ブルー系

パープル系・ブルー系のハイライトは、透明感がほしい人におすすめです。顔全体が明るくなるので、くすみやクマにも効果があります。

瑞々しく透き通った肌を手に入れることができそうですね。

ハイライトの色⑤ パール系・ゴールド系

パール系・ゴールド系は華やかな仕上がりになるので、パーティーなどにもおすすめです。ゴールド系でもラメが強く入っていないものであれば、肌なじみの良い色味なので普段使いにも十分使えますよ♪

パール系は特に光の反射を良くするので、うるおいのあるツヤ感を演出したいときには活躍しそうです。パールも強すぎると派手な印象になってしまうので、普段使いの場合はなるべくパール感が弱いものを選ぶようにしましょう。

ハイライトの正しい付け方!どこに、どんな順番で付ければいいの?

種類や色別効果を紹介してきましたが、ここからは具体的なハイライトののせ方を解説していきます。


まず、ハイライトを使うタイミングですが、パウダータイプやスティックタイプの場合はメイクの最後にのせるパターンが多いようです。

リキッドやクリームタイプは使うファンデーションの種類にもよりますが、基本的に下地の後にのせると崩れずキレイに仕上げることができます♪

ただ、テクスチャーによって少しタイミングが変わってくることもあるので、使いたいハイライトにあったタイミングで使いましょう♡

ここからは具体的にどこにどうやって塗ったらいいのか、塗るときのポイントなどを解説していきますので、参考にしてみてください!

①おでこから鼻筋にかけてハイライトを入れる

まずは、おでこから鼻筋にハイライトをのせていきます。おでこは一番高く見せたい部分にふんわりのせましょう。そうすることで丸くてふわっとした女性らしいおでこになります。

鼻筋は「I」を意識して太くなりすぎないように入れましょう。太く入れすぎてしまうと、顔が横に広がって見えてしまう可能性があり、逆効果になってしまいます。

②眉の下にハイライトを入れて目力アップ♪

眉の下の骨が少し出っ張っている部分にもハイライトをのせましょう。目のメリハリが出て、目が大きくくっきりと見えるようになりますよ。

目頭部分にも少しだけハイライトをのせましょう。白目をきれいに見せる効果がありますが、ハイライトを入れすぎると白目効果もなくなってしまうので気を付けながらのせましょう。このエリアは細めのブラシでのせるのがおすすめです。

③まぶたの下の頬骨で立体感を出す!

下のまぶたのちょうど下の頬骨部分にハイライトを入れます。ここは「逆三角形ゾーン」と呼ばれる場所で、顔の大きな部分を占めています。この部分が明るくなることで顔全体の印象を明るくする効果がありますよ♪

ただし、この部分も塗りすぎるとテカりに見えてしまう場合があるので、調整して塗っていくのが重要ポイントだと言えるでしょう。

④上唇の上部分にハイライトを入れると、プックリ唇に♡

上唇の山の部分のすぐ上にハイライトを入れることで、唇をぷっくりと見せる効果があります。ハイライトをのせたら、リップとの境目を指で軽くぼかすことで自然なぷっくり唇になります♡ 鼻と口の距離を短く見せる効果もあるため、美人顔に近づくこともできますよ。

また、唇の端にもハイライトをのせることで口角が上がって見え明るい印象にすることができます。唇はくすみがちな場所なので、ハイライトを入れることでくすみも飛ばしてくれるんです。

⑤アゴの先にハイライトを入れると小顔に…!

アゴの先のハイライトは小顔効果を得るための重要ポイントです!アゴの一番尖っている場所に狭くハイライトを置くことで顔がシュっと見えるのです。広めにのせてしまうと逆効果になってしまうので注意してくださいね。


▼ハイライトの使い方について、もっと詳しく知りたい方はこちら!

【ハイライトの使い方】立体的な艶肌を手に入れる方法&おススメ紹介

【顔型/お悩み別】ハイライト×シェーディングで輪郭をカバーする方法!

どんなメイクもそうですが、顔の形やお悩み別でメイクの仕方は変わってきます。ハイライトやシェーディングも、お悩みに対してより効果的な使い方があります。

ここからは、顔の形などのお悩み別にハイライトやシェーディングの使い方を紹介していきます!

①丸顔におすすめ!引き締まって見せるハイライト×シェーディングメイク

丸顔さんの場合、顔がたるんで見えてしまうことが多いので、輪郭部分と頬骨にしっかりとシェーディングを入れることで引き締まって見えることが出来ます。

特に頬骨から頬の膨らんでいるサイド部分にかけては、少し濃いめのシェーディングを入れることで、さらに骨格が引き締まってみえます。

丸顔さんのハイライトはおでこや鼻筋全体には入れずに、目と鼻の中央寄りのくぼみ部分に少しツヤを出すくらいにのせましょう。全体に入れてしまうと丸顔が強調されてしまうので注意です。

②エラ張りが気になる人は「顔の上側」にハイライトを入れる!

エラ張りさんは一番気になるエラ部分にだけしっかりシェーディングをのせましょう。濃すぎる色ではなくやわらかめの色をのせることで自然に仕上がります。

顔の重心が下にいきがちなエラ張りさんなので、ハイライトは顔の上に持ってくることが重要です。鼻筋のくぼみ部分、目尻と目頭に軽くのせるとバランスのいい印象になりますね。

③くすみ肌が気になる…!つや肌になれるハイライト術♡

くすみを飛ばして立体的なツヤ肌を作るためには、下地からしっかり作るのも重要なポイントです。

まず、ピンク系の下地を顔全体に薄く延ばしてしっかりツヤ肌ベースを作ってください。ハイライトも同じくピンク系のものを使用して、顔の高い部分を中心に入れていくとくすみがとれて、明るいツヤ肌になることができます♡

また、くすみでお悩みの方でとにかくツヤ肌を手に入れたいとう場合は、特にリキッドタイプやクリームタイプのハイライトがおすすめです。パウダータイプに比べると使い方はコツが必要ですが、肌への密着度が高い為仕上がりのツヤ感がアップします。

口コミの評価も高い!おすすめ「ハイライト」5選♡【プチプラ&デコパス】

ハイライトの効果や選び方、具体的な使い方が分かったでしょうか?それでは、口コミでも高評価のハイライトを実際に紹介していきましょう。プチプラからデパコスまで話題のハイライトを厳選しました♪

①パールグロウハイライト(セザンヌ)

パールグロウハイライト

¥648

パールグロウハイライト

SNSで話題沸騰し、発売当初から入手困難と言われていたセザンヌのパウダーハイライトです。プチプラとは思えないツヤと輝きが出る優秀コスメとして今でも人気が途絶えない商品です。なにより1000円以下で手に入ってしまうんです…!

口コミもかなり高評価ですが、輝きがすごくて調節をしないとギラギラになってしまうという意見も。そのくらい高発色ということですね。しっかり調節して使えばかなり重宝するハイライトですね♪

②ミネラライズ スキンフィニッシュ(M・A・C)

【メール便 送料無料】 マック ミネラライズ スキンフィニッシュ[M・A・C MAC ハイライト ライトスカペード ソフト&ジェントル]
3,480円
楽天で詳細を見る

ハイライトといえばと言っても過言ではないくらい有名なMACのパウダーハイライト。

粉っぽくない使用感や、磨いたようなツヤが話題の商品です。そしてなにより口コミで一番言われているのが「減らない!」です。そういう意味では、かなりコスパがいいようで、使っても使っても全然底が見えないと話題です。

コスパも最高で優秀なんて、言うことなしのコスメではないでしょうか♪

③シマリング グロー デュオ(THREE)

THREEのクリームハイライトです。こちらもSNSで話題になりました。クリームタイプのため簡単に指で伸ばすことができ、なんと肌にのせた後にパウダーに変化するという優れものです。パウダーになってもクリームタイプのツヤは失わずに、瑞々しい輝きをキープできることから人気の商品ですね。

また、明るい色のハイライトとシェーディングにも使える暗い色の2色セットなので使い勝手の良さも話題です。

④クリームハイライター(キャンメイク)

キャンメイク クリームハイライター 03(2g)【キャンメイク(CANMAKE)】
648円
楽天で詳細を見る

プチプラ代表キャンメイクのクリームチークです。プチプラなのに上品な微細パールでしっかりツヤ肌が作れると話題です。肌の内側から発光しているような質感はプチプラなのにポイントが高いですね♪

⑤ラディアント スティック(ルナソル)

【送料無料】LUNASOL ルナソル ラディアント スティック #01 Sheer 5g
2,673円
楽天で詳細を見る

ルナソルのスティックタイプのハイライトです。持ち運びしやすいスティックタイプで、お出かけ先のお化粧直しのアイテムにも。

保湿効果も高いアイテムですので乾燥対策として持ち歩く人もいるんだとか♪


▼もっと「ハイライト」の人気コスメについて知りたい人はこちら!

ハイライトの人気おすすめランキングTOP15!透明感のある肌に♡

ハイライト&シェーディングでツヤ肌&小顔に見せちゃお♡

ハイライトの基礎知識から具体的な塗り方まで紹介してきましたが、いかがでしたか?なんとなく使い方が分からず避けていた人もこの機会にぜひデビューしてみてくださいね!

ハイライトやシェーディングを上手に使うことでツヤ肌や小顔を手に入れちゃいましょう♡

ハイライト/シェーディング/ベースメイクについて、もっと知りたい方はこちら!

透明感はメイクで作れる!ベースメイクがピュア肌演出のポイント!
海外メイクの方法!セレブ風のシェーディング解説【動画あり】
ブロンザーでメイク上手に!使い方とおすすめ11選を紹介!
アンニュイメイクのやり方は?儚げ美人になる方法解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ