恋の病とは?症状11選と治し方を解説します!

恋をすると周囲のことが目に入らなくなってしまうことがあります。この恋の病にかかってしまうと、いろいろと辛い症状に襲われてしまうことがあります。では、恋の病にはどのような症状があるのでしょうか?また、恋の病を治すにはどうすれば良いのでしょうか?

恋の病とは?症状11選と治し方を解説します!のイメージ

目次

  1. 恋の病の治し方とは?
  2. 恋の病の意味と辛い症状 (1)行動力が落ちる
  3. 恋の病の意味と辛い症状 (2)食欲が落ちる
  4. 恋の病の意味と辛い症状 (3)眠れなくなる
  5. 恋の病の意味と辛い症状 (4)感情が不安定になる
  6. 恋の病の意味と辛い症状 (5)緊張する
  7. 恋の病の意味と辛い症状 (6)楽観的になる
  8. 恋の病の意味と辛い症状 (7)相手のことばかり考える
  9. 恋の病の意味と辛い症状 (8)気を使いすぎる
  10. 恋の病の意味と辛い症状 (9)行動の中心が好きな人
  11. 恋の病の意味と辛い症状 (10)好きな人につなげる
  12. 恋の病の意味と辛い症状 (11)妄想が激しくなる
  13. 恋の病の原因
  14. 恋の病の治し方 (1)冷静さを保つ
  15. 恋の病の治し方 (2)リラックスする
  16. 恋の病の治し方 (3)ポジティブ思考を持つ
  17. 恋の病の治し方 (4)告白する
  18. 恋の病は誰でもかかるもの

恋の病の治し方とは?

男女問わず、多くの人は恋愛をします。誰かを好きになったとき、周囲が見えなくなってしまうほど恋愛にのめり込んでしまう人もいます。いわゆる、恋の病というものです。恋の病にはいろいろな症状があります。

中には辛い症状もあるので、恋の病になってしまったときは治さないといけません。では、恋の病にはどのような症状や意味があり、どのような治し方があるのでしょうか?

恋の病の意味と辛い症状 (1)行動力が落ちる

恋の病になってしまうと、仕事や勉強に身が入らなくなってしまい、ボーっとしてしまうことがあります。集中力や判断力が恋の病によって低下してしまい、行動が遅くなったり、冷静な判断ができなくなったりします。

恋の病の意味と辛い症状 (2)食欲が落ちる

恋の病になってしまうと、好きになった男性や女性のことばかり考えてしまうようになります。不安の感情になるようなことを考えてしまうと、食欲が落ちてしまうこともあります。食欲が落ちると、健康にも良くないことも多く、症状が酷いと本当の病気に繋がってしまう恐れもあります。

恋の病の意味と辛い症状 (3)眠れなくなる

恋の病にかかると、好きな女性や男性のことばかり考えるようになります。特に寝る前には余計なことまで考えてしまいやすくなります。このときに、不安の感情が出てくると、眠ることができなくなってしまうことがあります。食欲が落ちることと同様に、眠れなくなってしまうことは、体調を崩す原因となることがあるので油断できない症状です。

恋の病の意味と辛い症状 (4)感情が不安定になる

上記で述べたように、恋の病にかかってしまうと不安な感情に襲われることがあります。その不安な感情によって、食欲が落ちたり、眠れなくなってしまうことがあります。恋の病にかかると、注意しないといけないのは、この不安な感情だけではありません。

恋の病にかかるといろいろな感情が大きくなって、不安定になってしまいます。好きな女性や男性と、会話できたり、好印象な反応が見えたりすると、それがどんなに些細なことでも、すごく嬉しくなってしまいます。逆に、些細なことですごく不安になってしまうこともあります。

恋の病の意味と辛い症状 (5)緊張する

普段はしっかりした性格の人でも、好きな女性や男性を目の前にすると、緊張して会話ができなくなってしまいます。また、急すぎて、動きが変になったりもします。好きな人とうまく話せなかったことや、変な印象を与えてしまったかもしれないと後で後悔して、また不安な感情に襲われたりします。

■関連記事:好きな人の前で緊張してしまう方はこちらもチェック!

好きな人の前で緊張するととりがちな行動と緊張しない方法解説!

恋の病の意味と辛い症状 (6)楽観的になる

恋の病にかかると、些細なことで不安な感情に襲われることもありますが、些細なことで喜びの感情で満たされることもあります。恋の病にかかっている人が喜びの感情で満たされりと、テンションが上がって周囲の人と大きな温度差を生むことがあります。

テンションの温度差によって、周囲から浮いていたとしても恋の病にかかっている人は、幸せな気分で満たされているので、周囲の目を気にしません。この状態が自分だけの範囲内だけであれば良いのですが、その状態になると楽観的になることが多く、幸せな気分を誰かに伝えたくて、長話しをしたり、仕事や勉強がおろそかになってしまうこともあります。

恋の病の意味と辛い症状 (7)相手のことばかり考える

恋の病にかかってしまった人は、好きになった女性や男性のことばかり考えてしまいます。仕事や勉強中などに相手のことを考えたりするだけでなく、街を歩いていても、好きな人に似たような人を目で追ってしまったり、街で見かけたお店に好きな人と一緒に行けたらと考えてしまったりします。

恋の病の意味と辛い症状 (8)気を使いすぎる

好きな人とLINEなどで連絡を取っている場合、メッセージを送るタイミングなどに異常に気を使ってしまうことがあります。LINEであれば、電話と違ってすぐに対応する必要はありません。手が空いたときにメッセージを見て、返信することができるので、基本的にはいつ送っても良いものです。

しかし、恋の病にかかっている人は、今は帰宅の電車の中で疲れているかもしれない、今はご飯の時間で邪魔をしてしまうかもしれない、そろそろお風呂に入っている時間かもしれない、寝る前のゆっくりしているところを邪魔してしまうかもしれないなど、余計な気を使いすぎてしまいます。

結局、送りたいメッセージがなかなか送れずに、後悔と不安の感情に襲われてしまいます。

恋の病の意味と辛い症状 (9)行動の中心が好きな人

上記のように、恋の病にかかった人は好きな女性や男性のことを気にしすぎてしまいます。メッセージ1つ送るだけでも相手に迷惑がかからないようにするために行動に合わせようとしてしまいます。

他にも、相手の好みに合わせた服や趣味なども気にするようになってしまったりなど、恋の病にかかることで今までの生活に変化がでてきます。生活に支障がなければ問題ありませんが、メッセージを送るために遅くまで起きていたり、服の趣味を変えるために大量の服を買い込んだりなどしてしまうこともあります。

恋の病の意味と辛い症状 (10)好きな人につなげる

上記のように恋の病にかかってしまった人は、好きな女性や男性に行動や趣味を合わせようとします。この行動がエスカレートしてくると、この服は好きな男性が好きそう、このお店は好きな女性が好きそうなど、勝手に好きな人の情報を結びつけてしまうようになります。

恋の病の意味と辛い症状 (11)妄想が激しくなる

上記のように、生活の中で起こったことを好きな人に結びつけることをしていると、どんどん内容がエスカレートして妄想が激しくなっていきます。妄想は他人にバレるようなことではないので、外でも気にせず行うことができます。

しかし、表情がにやけてしまったり、不安な表情が表に出てしまうことがあるので、周囲の友人たちが反応に困ってしまうこともあります。

■関連記事:妄想癖について気になる方はこちらもチェック!

妄想癖は病気?治し方は?原因・症状・心理など徹底解説!

恋の病の原因

恋愛をすると、ドーパミンやホルモンなどが多く分泌されるようになります。これらには気分を高めてくれるものが多く、明るい気持ちにしてくれます。しかし、分泌量が減ってしまうホルモンなどもあります。そのため、急に不安な感情に襲われたり、食欲が低下したり、眠れなくなってしまうこともあります。

恋の病の治し方 (1)冷静さを保つ

恋の病にかかってしまうと、食欲が低下したり、寝不足になってしまう可能性もあります。なので、恋の病にかかってしまったら、治した方が良いときもあります。食欲が低下したり、寝不足などになってしまう原因は不安な感情であることが多いです。そして、その不安な感情は余計なことまで考えてしまったことで生まれることが多いです。

なので、余計なことまで考えなくて良いように、常に冷静な判断をすることを心がけましょう。今日は緊張してうまく話せなかったので、印相が悪くなってしまったかもしれないなどと思うことがあっても、それは相手にしかわからないことです。また、ほとんどの場合が心配しすぎであることも多いので、気にしないようにしましょう。

恋の病の治し方 (2)リラックスする

恋の病にかかってしまうと、緊張することが多いです。緊張状態が続くと、体には意外と負担となってしまいます。体が疲れていると、食欲が落ちたり、眠れなくなったり、ネガティブなことばかり考えてしまうようになります。

恋愛は恋愛と切り離して、体と心をリラックスさせることを意識しましょう。好きな人のことを考えずに、趣味や運動に集中すると良いでしょう。他のことをしていれば、好きな人のことを考える時間も減ります。簡単で有効な治し方の1つです。

恋の病の治し方 (3)ポジティブ思考を持つ

恋の病が辛いと感じるときは不安の感情が強く出ているときです。不安な感情に襲われると、何に対してもネガティブになってしまいます。なので、逆にどんなことでもポジティブな考え方をするように意識しましょう。

ただ、恋の病にかかっているときは、どうしても不安の感情が強くなってしまうので、効果的な治し方ではありますが、難しい治し方でもあります。

恋の病の治し方 (4)告白する

恋の病は片思いであるから起こってしまいます。なので、告白をしてしまうという治し方もあります。告白が成功すれば、恋人関係になるので、今までの不安な感情を持つ心配がなくなります。

告白に失敗しても、相手は自分のことが好きではないということがハッキリするので、恋の病から抜け出せることがあります。この治し方では、告白が成功すれば良いですが、失敗したときのリスクは大きいです。

恋の病は誰でもかかるもの

好きな人ができれば周りが見えなくなってしまうことは誰にでもあります。なので、友人が恋の病にかかったときは、そっとしておいてあげましょう。また、自分が恋の病にかかってしまうこともあります。恋の病は辛い症状も多いですが、その辛い思いをすることも恋愛です。恋の病も恋の一部として楽しむようにしましょう。

恋愛で悩んでいるあなたへ!こちらもチェック!

叶わぬ恋が辛い!諦めるしかない?対処法9つ解説します【片思い】
好きすぎて辛い・苦しい時の対処法11選!
叶わない恋の対処法は?片思い中の人必見!
失恋から立ち直れない女性必見!引きずる恋から立ち直る方法7選!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ