業務連絡をLINEでするのはアリ?仕事のマナーを解説します!

業務連絡をLINEでするのはアリ?仕事のマナーを解説します!

業務連絡をLINEでするのはあなたはどう思いますか?
あなたはLINEでするのはアリですかナシですか?
是非あなたの考えの参考にもしてくださいね。
これを読むことであなたも業務連絡について改めて仕事でのマナーを考えてみてください。

記事の目次

  1. 1.業務連絡とはLINEでしますか?
  2. 2.そもそも業務連絡の意味とは?
  3. 3.LINEで業務連絡でありだと思うことは?
  4. 4.LINEで業務連絡はなしだと思うことは?
  5. 5.LINEの業務連絡でこれはマナー違反だということは?
  6. 6.LINEの業務連絡で便利なこともある!
  7. 7.業務連絡が早く手軽できる点ではLINEは最強かもしれません
  8. 8.業務連絡の書き方にも気をつけなければいけません
  9. 9.上司が寛容な人だったらLINEでも大丈夫?
  10. 10.業務連絡をちょっと違う方向に考えてしまう人もいる!?
  11. 11.どのように業務連絡をしようと思いますか?
  12. 12.上司に業務連絡は緊張するものかもしれないですが・・・
  13. 13.業務連絡をLINEですることに抵抗あるのは意外に3割しかいない!?
  14. 14.業務連絡をLINEですることについてはいかがでした?

業務連絡とはLINEでしますか?

あなたは、業務連絡をLINEでしますか。それとも電話を使用しますか。
LINEは、あくまでアプリであり仕事の連絡にそれを使うのはと思うかもしれないですね。
ではLINEで業務連絡することについてどうなのかということについて述べていきますので
あなたも考えてみてくださいね。
考えてみることで、業務連絡について思う事が新たに見つかるかもしれないですし、
会社の同僚・上司に提案もできるかもしれません。

そもそも業務連絡の意味とは?

そもそも業務連絡の意味とはどんな意味かご存知でしょうか。
業務連絡とは、仕事の合間に行われる連絡の意味ですよね。
それをLINEでするのはどうか?というのが今回の議題でもあります。
業務連絡の意味をしっかり理解することで業務連絡をする方法について考えていきましょう。
また、業務連絡でしたものをちょっと勘違いしてしまう例もあるようです。
それについてはまた詳しく後ほど述べさせて頂きますね。

LINEで業務連絡でありだと思うことは?

LINEの業務連絡でありだと思うことは、あなたは何ですか。
例えば同僚同士でちょっとした業務連絡ならありだなと思う人もいるでしょう。
確かに、同僚など自分に近い関係の人との連絡にLINEは便利だといえますよね。
上司など自分より立場が上の人との連絡にLINEを使うのはとあなたも考えてしまいますよね。
気軽に使えるアプリであるからこそ使い方を考えしまうものでもあります。

LINEで業務連絡はなしだと思うことは?

LINEで業務連絡はなしだと思うことは、何でしょうか。
それは、会社の業務連絡だからこそ大事な事は直接話すことが大切だといえるのです。
ですのでLINEは使わずに社内のメールを使う事や電話を使うことも大事ですよ。
LINEですぐ連絡を取れるのは便利ですが業務連絡の内容を考えて、使いましょう。
業務連絡の意味合い的にも仕事の連絡なのですからぽんぽんLINEを使いすぎるのも
よくないといえます。

LINEの業務連絡でこれはマナー違反だということは?

では、LINEの業務連絡においてマナー違反だと思うことというのは何でしょうか。
それは「社内での機密情報といえるものを話す」ということではないでしょうか。
LINEというツールで話すということは危険ともいえますよ。
ですので、LINEで話すときはあくまでもそこまで重要ではない業務連絡に使った方がいいです。
また、緊急性が高く急ぐ場合は電話を使った方が早いともいえます。

LINEの業務連絡で便利なこともある!

また、LINEの業務連絡で便利なこともあるのですよ。
それは、「既読」の機能があることだということがいえます。
既読の機能がつくことで、「この人読んでくれたのだな」ということが確認が取れますよね。
何かの資料を確認しておいてほしいという業務連絡の場合に便利な機能でもあります。
その場合の書き方として、返信は特に不要なので既読をつけておいてくださいというように
しておくことで、忙しい人も確認だけは取る事が可能といえますよね。

業務連絡が早く手軽できる点ではLINEは最強かもしれません

業務連絡が早く手軽できるという点においてはLINEというのは最強のものかもしれないですね。
すぐに連絡を取れるのは有難いです。
ですので、どうしてもすぐに連絡をしたくてそれほど重要度が高くないものであれば、
LINEを利用してみるのがいいでしょうね。

次のページ

業務連絡の書き方にも気をつけなければいけません

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely