ラミネートはアイロンでできる!気泡が入らないやり方のコツは?

アイロンを使った「ラミネート加工」のやり方を丁寧に、分かりやすく徹底解説しています。 「ラミネート加工」のやり方を解説するだけではなく、アイロンを使う際に初心者がやりがちな、気泡が入らないようにするコツも一緒に学んでいきましょう♪

ラミネートはアイロンでできる!気泡が入らないやり方のコツは?のイメージ

目次

  1. アイロンを使ったラミネート加工とは
  2. 日常的に使われているアイロンを使ったラミネート加工
  3. ラミネートフィルムとは
  4. アイロンを使わずラミネーターで素材をラミネートする方法も
  5. ラミネーターでラミネート加工した場合の問題点
  6. ラミネーターを使わなくてもアイロンでラミネート出来る!
  7. アイロンで簡単にラミネート加工
  8. ご家庭でアイロンを使ったラミネート加工が簡単に出来る
  9. アイロンを使ってラミネート加工をしてみよう
  10. アイロンを使ったラミネートフィルムの種類を見てみよう
  11. アイロンを使ったラミネートフィルムには様々な種類がある
  12. アイロンを使ったラミネート加工に必要な材料
  13. アイロンを使ったラミネート加工①アイロンの温度設定
  14. アイロンの温度設定についてのまとめ
  15. アイロンを使ったラミネート加工②フィルムに素材を挟む
  16. アイロンを使ったラミネート加工③あて布をしてアイロンしよう
  17. アイロンを使ったラミネート加工④気泡が入らないコツ
  18. アイロンを使ったラミネート加工⑤周囲を切り揃えて完成!
  19. アイロンを使ったラミネート加工の注意点
  20. アイロンを使ってお手軽にラミネート加工をしよう♪

アイロンを使ったラミネート加工とは

下の写真を見てみましょう。
紙の素材なのに、外側が透明なフィルムでしっかりとコーティングされていますよね。
こういった、外側が透明なフィルムでしっかりとコーティングされている状態の商品や、手作りのアイテムは、日常のあらゆるところでよく目にします。
このような状態でコーティングすることを、「ラミネート加工」と言います。

「ラミネート加工」の言葉の意味は分かったものの、では実際に「ラミネート加工」を、どのように素材に施すのかはご存知でしょうか。
「ラミネート加工」は、専用の「ラミネートフィルム」という物を使って、紙や写真、名刺、しおり、カードケース、バッグ、ポーチなどの布製品などに、熱と温度を用いて「ラミネートフィルム」を吸着させることで、ありとあらゆるものに光沢感のある質感を与えてくれる、とても便利なアイテムなのです。

上の写真のキャラクターを使ったイラストも、「ラミネート加工」されたものです。
「ラミネート加工」されたものと、「ラミネート加工」されていないむき出しの紙だけの状態のもの、どちらがより魅力的で使い勝手がいいか…は言うまでもありませんよね。
やはり「ラミネート加工」されているものの方が、高級感があり、見た目にも美しく、思わず目を向けてしまいます。

日常的に使われているアイロンを使ったラミネート加工

先程も少しだけ触れましたが、「ラミネート加工」はもはや、日常的に使われているのが当たり前…と言っても過言ではありません。
例えばレストランなどにあるメニュー表、それだけでなく、机、椅子、床など、一見布製ではと思うようなものも、キラキラと光沢感のある見た目で、手触りもツルツルしたものが多いですよね。
あれは、万が一食べ物などをメニュー表にこぼしたとしても、シミにならずにすぐに拭き取ることが出来るようにするという素晴らしい利点もあるのです。

見た目の綺麗さ、華やかさ、光沢感だけではなく、実用性、機能性にも優れた「ラミネート加工」。
今回はそんな「ラミネート加工」を、熱や温度を用いたアイロンを使って、手作りで、紙や写真、名刺、しおり、カードケース、バッグ、ポーチなどの布製品を使って、分かりやすいやり方やコツを学びながら、一緒に手作りしてみましょう♪

ラミネートフィルムとは

「ラミネート加工」の説明の次は、先程少し説明した「ラミネートフィルム」についてのお話です。
「ラミネートフィルム」とは、 「積層フィルム」、「複合フィルム」という呼び方もあるそうです。
先程も説明しましたが、この「ラミネートフィルム」があることによって、衝撃や熱、水などに弱い素材である、紙や写真、名刺、しおり、カードケース、バッグ、ポーチなどの布製品が強固で曲がりにくく、折れにくく、尚且つ少しばかり水で濡れてしまったところで、フィルムで水を弾いてしまうといういいことずくめの加工用のフィルム、それが「ラミネートフィルム」なのです。

「ラミネートフィルム」の凄さが充分伝わったところで、次は、この「ラミネートフィルム」を実際に使用した、ハンドメイドのアイテムの作り方のコツを一緒に学んでいきましょう♪

上記の動画は、先程説明した「ラミネートフィルム」を使って、ギフトバックで硬質カードケースを、手作りで作られているようです。
こちらの「ラミネートフィルム」を使った、ギフトバックで硬質カードケースの作り方、作業のやり方、コツを見ていただくことで、「ラミネートフィルム」を知らなかった方でも、何となくどういった物なのか、どうやって「ラミネートフィルム」を使えばいいのか、コツも含めてお分かりいただけると思うので、興味のある方は是非見てみてください♪

アイロンを使わずラミネーターで素材をラミネートする方法も

実は、アイロンを使わずに「ラミネート加工」で素材を手作りするやり方もあるのです。
「ラミネーター」という専用の機械を使って、「ラミネートフィルム」を温度調節して、紙や写真、名刺、しおり、カードケース、バッグ、ポーチなどの布製品の素材に吸着させることで、あらゆる素材に「ラミネート加工」を施すことが出来るのです。

丁度、上下の写真のような機械なのですが、こちらの機械で「ラミネート加工」を施すとなると、色々と悩みも出てきます。
では、これから少し「ラミネーター」を使用して「ラミネート加工」で素材を手作りした場合の問題点を見ていくことにしましょう。

ラミネーターでラミネート加工した場合の問題点

まずこの「ラミネーター」はお値段が少しばかりかかってしまうことです。
最低2000円程になると思います。
少し「ラミネート加工」を使ったアイテムを手作りで作ってみたいという気持ちの方には、なかなかの出費になってしまい、「ラミネート加工」をする意欲が遠のいてしまうという可能性が出てきてしまいます。

次に、この「ラミネーター」では、「ラミネート加工」をする素材のサイズが限られてしまうことがネックになってしまいます。
下の写真の「ラミネーター」を拝見すると、はがきサイズまでの物となってしまうので、それ以上の大きさの素材で「ラミネート加工」を手作りすることが出来なくなってしまいます。
はがきサイズ以上の素材を使って「ラミネート加工」したい場合は、専用のお店に行き、オーダーメイドで素材を「ラミネート加工」するという方法になってしまい、リーズナブルとは言えない状態になってしまいます。


◆関連記事:いろいろ手作りしてみよう!

日付シートを手作り!作り方やダウンロードできるサイトを紹介!
絵本の作り方まとめ!手作り絵本を作るポイント5選!

ラミネーターを使わなくてもアイロンでラミネート出来る!

「ラミネート加工」というと、上記の写真のように、「ラミネーター」という専用の機械を使って、紙や写真、名刺、しおり、カードケース、バッグ、ポーチなどの布製品に「ラミネート加工」で手作りをする方法しかないのではないか…と考えている方もいるのではないでしょうか。

いいえ、そんなことはありません!
「ラミネーター」のような専用の機械が無くても、「アイロン」で「ラミネートフィルム」に温度の変化を加えれば、簡単に、紙や写真、名刺、しおり、カードケース、バッグ、ポーチなどの布製品に「ラミネート加工」で手作りのアイテムを作ることが出来るのです。

アイロンで簡単にラミネート加工

「ラミネートフィルム」の仕組みが何となく分かったところで、次はいよいよタイトルの通り、紙や写真、名刺、しおり、カードケース、バッグ、ポーチなどの布製品に、温度変化を用いた「アイロンを使ったラミネート加工」を手作りで作るやり方をご紹介していきたいと思います!

紙や写真、名刺、しおり、カードケース、バッグ、ポーチなどの布製品に、温度変化を用いた「アイロンを使ったラミネート加工」なんて出来るのかという疑問も最もだと思います。
と、いう訳で、早速、紙や写真、名刺、しおり、カードケース、バッグ、ポーチなどの布製品に、温度変化を用いた「アイロンを使ったラミネート加工」の手作りのやり方を見ていきましょう!

ご家庭でアイロンを使ったラミネート加工が簡単に出来る

まず、温度変化を用いた「アイロンで簡単にラミネート加工が出来る」…ということはどういうことなのかというと、そう、「全て自宅のみで、アイロンで簡単にラミネート加工が出来てしまう」ということなんです!
まずこれだけでもとても手が出しやすいので、まさに気軽に簡単に楽々気分で、温度変化を用いたアイロンでラミネート加工を楽しめる訳です!

これはもう、すぐにでも手作りで、温度変化を用いたアイロンでラミネート加工をするやり方を知りたくなってしまいますよね♪
早速、アイロンで「ラミネート加工」をするやり方見ていきましょう。

アイロンを使ってラミネート加工をしてみよう

では早速、温度変化を用いたアイロンを使ったラミネート加工のやり方を見ていきましょう。
先程ご説明した「ラミネートフィルム」は、100均ショップで簡単に手に入れることが出来ます。
100均ショップでは、「ラミネートフィルム」だけではなく、紙や写真、名刺、しおり、先程少しご説明した硬質カードケース、先程から何度か上記の写真に載っていたような硬質のバッグ、ポーチなどを作る材料も多数販売しています。
自分が今一番「これが作りたい!」と思えるものを素材として購入してみましょう♪

アイロンを使ったラミネートフィルムの種類を見てみよう

先程、「「ラミネートフィルム」は、100均ショップで簡単に手に入れることが出来ます。」とご説明しましたが、では、「ラミネートフィルム」には一体どのような種類があるのでしょうか。
100均ショップの中だけでも、実に様々なサイズの「ラミネートフィルム」が存在します。
では早速、様々なサイズの「ラミネートフィルム」を見ていきましょう♪

アイロンを使ったラミネートフィルムには様々な種類がある

「ラミネートフィルム」には、タイトル通り様々な用途に合ったサイズの物が、100均ショップの中だけでも沢山用意されています。
その基本となるのが、下記の写真のような「手軽に手張りでカンタン、きれいにラミネート加工」と題した、A5サイズの「ラミネートフィルム」です。
ではこれから早速、「ラミネートフィルム」の様々な種類を見ていきましょう♪

勿論A5サイズだけではなく、A4、大きいものでA3やもっとサイズの大きいものまで色々あります。
その他にも名刺サイズのものだったり、ハガキサイズや写真用のものもあったりと、実に様々なサイズの「ラミネートフィルム」があり、自分の作りたいものの用途や方法に合わせて、100均ショップなどで購入出来るようになっています。

枚数も、上記の写真では、A5サイズのものが6枚入りとあります。
こちらの枚数はメーカーやサイズによって様々な変動がありますので、サイズと枚数を良く見て、必要なものを100均ショップなどで購入するようにしましょう♪

アイロンを使ったラミネート加工に必要な材料

「アイロンを使ったラミネート加工」に必要な材料は以下の通りです。
・「アイロン」
・100均ショップで購入した「ラミネートフィルム」
・100均ショップで購入した「素材」(紙や写真、名刺、しおりなど)
・アイロンを使う際に使用する「あて布」(なければこちらも100均ショップで一緒に購入しましょう。)
・「カッターナイフ」(「アイロンを使ってラミネート加工」をした後に、上下左右を綺麗に揃える為に使います。より正確に綺麗に上下左右を揃える為にも、ハサミよりもカッターナイフがいいでしょう。)

さて、「アイロン」、100均ショップで購入した「ラミネートフィルム」、100均ショップで購入した「素材」(紙や写真、名刺、しおりなど)、アイロンを使う際に使用する「あて布」、「カッターナイフ」の5点は用意出来ましたか?
「アイロンを使ったラミネート加工」に必要な材料を100均ショップで購入し、準備が出来たら早速「アイロンを使ったラミネート加工」のやり方やコツを一緒に学んでいきましょう♪

アイロンを使ったラミネート加工①アイロンの温度設定

100均ショップで「アイロンを使ったラミネート加工」に必要な材料を購入したら、まず真っ先に準備しておくことがあります。
それは、今回のメインであるアイロンです!
このアイロンを使ってラミネート加工を施していきます。
そこで、このアイロンについて注意すべきポイントがあります。
それは、「アイロンの温度設定」です!
「アイロンの温度設定」が高いと、「ラミネートフィルム」が溶けて、思わぬ形状で素材に引っ付いてしまったりといった悲劇が起こってしまいます。
折角100均ショップで「ラミネートフィルム」や素材を購入したのに、こんな結果になってしまっては悲しすぎますよね。

アイロンの温度設定についてのまとめ

「アイロンの温度設定」について、大切な項目をまとめましたので、是非ご覧ください。
・「アイロンの温度設定」は、低温で!
100度~120度が好ましいです。
・アイロンがけは、ゆっくり行うこと!
早くアイロンを動かしてしまうと、「ラミネートフィルム」と素材の間に気泡が入ってしまったりといった、予期しない結果を招くケースもあるので注意しましょう!

アイロンを使ったラミネート加工②フィルムに素材を挟む

「アイロンの温度設定」の大切さについて理解出来たら、次はいよいよそのアイロンを使った「ラミネート加工」のやり方やコツのご紹介をしていければと思います!
100均ショップで購入した「ラミネートフィルム」を開けて、その間に同じく100均ショップで購入した素材を「ラミネートフィルム」で挟みます。
紙やしおりなどに使う「ラミネートフィルム」は、通常「2枚重ねのフィルムで1枚」という構成になっていますので、気泡が入らないようにするのがコツです。
気泡が入らないように気を付けながら、丁寧なやり方を意識して挟みましょう♪

アイロンを使ったラミネート加工③あて布をしてアイロンしよう

「ラミネートフィルム」に素材を綺麗に挟むことが出来たでしょうか。
ではお次は、先程「アイロンを使ったラミネート加工に必要な材料」の項目でご紹介した、「アイロンを使う際に使用するあて布」の登場です!
この「アイロンを使う際に使用するあて布」を、100均ショップで購入した素材を挟んだ「ラミネートフィルム」の上に敷きます。
その上からアイロンを低温に設定して、気泡が入らないように、ゆっくりしっかりとアイロンを「ラミネートフィルム」にかけていきましょう♪

アイロンを使ったラミネート加工④気泡が入らないコツ

折角あて布をしても、素材と「ラミネートフィルム」の中に空気が入ってしまい、その結果気泡だらけのラミネート加工が出来上がってしまった…ということにならないように、「気泡が入らないコツ」と題して、丁寧な作業のやり方を解説していきたいと思います!

【アイロンをかける時に気泡が入らないコツ】
・スチーム機能は絶対に使用しない!
・「ラミネートフィルム」が閉じている側から空気が抜けるようにアイロンを当てるようにしましょう。
閉じている側に向かってアイロンをあててしまうと、素材と「ラミネートフィルム」の中に空気が入っていく形になってしまうので、その結果、気泡やシワが出来てしまいます。
・素材と「ラミネートフィルム」の圧着が上手くいかなかった場合は、「ラミネートフィルム」を裏に向けて、あて布を上に敷いて、再度アイロンをかける!

この、「アイロンをかける時に気泡が入らないコツ」を押さえておけば、気泡の全くない綺麗な「ラミネート加工」を施した紙や写真、名刺、しおり、カードケース、バッグ、ポーチなどの布製品が出来る筈です!

アイロンを使ったラミネート加工⑤周囲を切り揃えて完成!

アイロンで「ラミネートフィルム」を素材に圧着出来たら、最後の仕上げとして、「ラミネートフィルム」の周囲をカッターナイフで切り揃えると良いでしょう。
この項目は、何を素材に選ぶかで多少その後の仕上げが変わってくると思いますが、今回は紙や写真、しおり、布など平たく切り揃える必要のあるものという体でお話させていただきました。

さて、以上で一通りの「アイロンを使ったラミネート加工」の方法の説明が終了しました!
満足のいく「アイロンを使ったラミネート加工」は出来たでしょうか?

アイロンを使ったラミネート加工の注意点

「アイロンを使ったラミネート加工」の作り方の一通りの手順やコツが分かったところで、「アイロンを使ったラミネート加工の注意点」を今一度おさらいしていきましょう。

【アイロンを使ったラミネート加工の注意点】
・紙やしおりなどに使う「ラミネートフィルム」は、「通常2枚重ねのフィルムが1枚」の構成になっているので、気泡が入らないように丁寧に挟む!
・「アイロンの温度設定」は、低温で!
100度~120度が好ましい。
・アイロンがけは、ゆっくり行うこと!
早くアイロンを動かしてしまうと、「ラミネートフィルム」と素材の間に気泡が入ってしまったりといった、予期しない結果を招くケースもあるので注意する!
・スチーム機能は絶対に使用しない!
・「ラミネートフィルム」が閉じている側から空気が抜けるようにアイロンを当てるようにする。
閉じている側に向かってアイロンをあててしまうと、素材と「ラミネートフィルム」の中に空気が入っていく形になってしまうので、その結果、気泡やシワが出来てしまうので注意する。
・素材と「ラミネートフィルム」の圧着が上手くいかなかった場合は、「ラミネートフィルム」を裏に向けて、あて布を上に敷いて、再度アイロンをかける!

大まかにまとめると以上の6点です。
「アイロンを使ったラミネート加工」で手作りをする時は、以上の6点に注意して、今までお話したコツを思い出しながら、紙や写真、名刺、しおり、カードケース、バッグ、ポーチなどの布製品を、楽しく手作りしていきましょう♪

アイロンを使ってお手軽にラミネート加工をしよう♪

いかがだったでしょうか。
「ラミネートはアイロンでできる!気泡が入らないやり方のコツは?」と題して、アイロンを使用した「ラミネート加工」のアイテムの作り方のコツを一緒に学んでいきました。
これでもう「ラミネーター」のような専用の機械が無くても、低コストで、アイロンを使ってお手軽に「ラミネート加工」で手作り出来るようになったのではないでしょうか。

これで、初心者の方がつまずきがちな「ラミネートフィルム」と素材の間に気泡が入り込む隙もなくなりましたね♪
あとは今まで学んだことを実線でいかすだけです!
早速アイロンを使ってお手軽に、楽しく、紙や写真、名刺、しおり、カードケース、バッグ、ポーチなどの布製品を「ラミネート加工」して、どんどん手作りしてみましょう♪

最初の内は、紙や写真、名刺、しおりなどの簡単で小さいサイズの物から挑戦してみて、慣れてきたら今度は大きいサイズや立体の、カードケース、バッグ、ポーチなどにチャレンジする…といったように、少しずつ自分の中で挑戦する範囲を広げていって、レベルアップしていくのが、今後の「アイロンを使ったラミネート加工」を楽しみながら続けていく為の、成功への近道なのではないでしょうか。

もっと手作りについて知りたい方はこちら

マニキュア収納を100均で手作り!おしゃれなアイデア紹介します♡
ハーバリウムを100均材料で手作り!可愛い作り方を解説します!
押し花のしおりの作り方!簡単に手作りできちゃう!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ