セルフカットボブの切り方!後ろや襟足、カチューシャを使う方法まで!

みなさんはボブヘアというヘアスタイルをご存知でしょうか。最近では切りっぱなしボブが流行りですよね。そんな流行りのボブヘアをセルフカットでできたらいいと思いませんか?今回はボブヘアのセルフカットの色々な方法をご紹介させていただきたいと思います。

セルフカットボブの切り方!後ろや襟足、カチューシャを使う方法まで!のイメージ

目次

  1. 【ボブをセルフカットしてみよう】
  2. 【セルフカット×ボブ】ボブヘアとは
  3. 【セルフカット×ボブ】セルフカットとは
  4. 【セルフカット×ボブ】ショートボブ
  5. 【セルフカット×ボブ】前下がりボブ
  6. 【セルフカット×ボブ】切りっぱなしボブ
  7. 【セルフカット×ボブ】ナチュラルボブ
  8. 【セルフカット×ボブ】カチューシャを使って
  9. 【セルフカット×ボブ】カチューシャを使った切り方
  10. 【セルフカット×ボブ】切りにくい後ろ側は
  11. 【セルフカット×ボブ】襟足は?
  12. 【セルフカット×ボブ】用意するもの
  13. 【セルフカット×ボブ】ブロッキングのコツ
  14. 【セルフカット×ボブ】セルフカットにおすすめなナチュラルボブ
  15. 【ボブもセルフカットで簡単にできます】

【ボブをセルフカットしてみよう】

みなさんは普段ヘアカットは自分でしていますか?それとも美容院で切ってもらっていますか?

最近ではセルフカットを補助してくれる道具などが販売されていることもあり、セルフカットをする人がとても増えてきています。今回はそんなセルフカットについて、ご紹介させていただきたいと思います。

セルフカットと言えばとても難しそうなイメージがあるのですが、コツさえつかんでしまえば簡単でお金もかからないのでとてもおすすめです。

【セルフカット×ボブ】ボブヘアとは

次にボブヘアについて、ご紹介させていただきたいと思います。

ボブヘアと言えば昔からあるヘアスタイルの一つで、最近では「切りっぱなしボブ」や「黒髪ボブ」などがトレンドとなっています。基本的なボブヘアは、ブラントカットという方法で切られている首の真ん中くらいの長さのヘアスタイルのことをいいます。このブラントカットという切り方は、切りっぱなしボブと似ているヘアスタイルで毛先の部分を梳いたりしません。

このボブヘアは学生の方がよく挑戦しているイメージがあり、清楚感溢れるヘアスタイルとしても有名です。特にボブヘアと黒髪の組み合わせはとても清潔感があり、ナチュラルな可愛さを表現することのできるヘアスタイルですので、飾りっ気のないヘアスタイルが好きな人から好かれています。

しかし、ボブヘアと黒髪との組み合わせはヘアスタイルが全体的に重たいと感じてしまう人もいるようですので、ボブヘアと明るいヘアカラーを組みあわせている人も少なくありません。この明るいヘアカラーの中には、奇抜なヘアカラーに挑戦している人も多いようです。

奇抜なヘアカラーは髪の毛の長いロングヘアなどと組みあわせてしまうと、奇抜さが目立ってしまうのであえてボブヘアやショートヘアなどの短いヘアスタイルと合わせる人が多いです。

【セルフカット×ボブ】セルフカットとは

次にセルフカットについて、ご紹介させていただきたいと思います。

セルフカットというのはその名の通りでセルフで自分のヘアスタイルをカットすることを言います。セルフカットにはさまざまな方法があるのですが、簡単な切り方から難しい切り方までさまざまな切り方があります。

基本的にセルフカットは難しいと言われているのですが、最近ではセルフカットをするためにさまざまな商品が販売されていたり、身近な道具を使うことで簡単にセルフカットができるようになってきています。

美容師さんが髪の毛を切っているのを見てみると、不規則に髪の毛を切っているように見えるのでセルフカットでも簡単に切れるのでは?と思ってしまい、美容師さんと同じ方法でセルフカットをしてしまう人がいます。しかし、不規則に切っているように見えて美容師さんは規則的にヘアスタイルを作っています。

また、美容師さんは専門学校などで専門的な切り方を学んでから国家資格を取得しているので、素人のセルフカットと美容師さんの切り方ではかなり違いが出てきてしまいます。

しかし、コツさえつかんでしまえば美容師さんと同じとはいかないものの、自分のなりたいヘアスタイルにすることができますし切り方も簡単にすることができます。今回はそんなセルフカットについて、ご紹介させていただきたいと思いますので参考にしてみてくださいね。

【セルフカット×ボブ】ショートボブ

次にショートボブヘアについて、ご紹介させていただきたいと思います。

ショートボブヘアは基本的なボブヘアよりも短いショートヘアに近いボブヘアのヘアスタイルのことをいいます。ショートボブヘアは、ボブヘアよりも短いヘアスタイルなので首元を綺麗に見せることのできるヘアスタイルとなっています。ショートヘアだと短すぎるという人も、ショートボブヘアなら挑戦できるのではないでしょうか。

また、ショートボブヘアは毛先を軽くするのか重たくするのかでもショートボブヘアの印象を変えることができるので、さまざまなショートボブヘアを試すことができるでしょう。

次にショートボブヘアのセルフカットですが、ショートボブヘアの場合は襟足が短いので少し難易度が高いセルフカットとなってしまいます。ですので、セルフカットを初めてするという人はショートボブヘアはあまりおすすめできません。

襟足の部分や頭の後ろの部分は自分でセルフカットするには難しいと言われている部分です。ですので、セルフカットに慣れるまでは避けた方がいいでしょう。

【セルフカット×ボブ】前下がりボブ

次に前下がりボブについて、ご紹介させていただきたいと思います。

前下がりボブというヘアスタイルは、後ろの部分からサイド部分にかけて髪の毛がだんだんと長くなっていくヘアスタイルのことをいいます。この前下がりボブのヘアスタイルは、この後ろ部分とサイド部分の髪の毛の長さの差を大きくすることで個性的なヘアスタイルにすることができ、逆にこの髪の毛の長さの差を小さくすることでナチュラルな前下がりボブヘアにすることができます。

前下がりボブのヘアスタイルは、もともとストレートスタイルをしている人が多く前下がりボブとストレートスタイルの組み合わせは、クールやかっこいいといった印象を与えます。最近では、ストレートスタイルだけでなくパーマスタイルも流行しているため前下がりボブでも可愛らしい雰囲気のヘアスタイルにすることができます。

前下がりボブのセルフカットですが、前下がりボブはショートスタイルよりも比較的切り方が簡単なヘアスタイルです。前下がりボブの切り方で重要になってくるのはサイド部分の髪の毛ですので、このサイド部分の髪の毛を切りすぎないようにしてください。

一番初めに、サイド部分と後ろの部分の髪の毛で長さを決めてからその点を繋げるようにカットしていくと、綺麗な前下がりボブのヘアスタイルを切ることができるでしょう。

【セルフカット×ボブ】切りっぱなしボブ

次に切りっぱなしボブについて、ご紹介させていただきたいと思います。

切りっぱなしボブは毛先の部分にあまり軽さを出さないようにカットするヘアスタイルですので、ヘアスタイルに重さを出したいという人には切りっぱなしボブがおすすめです。ただ、切りっぱなしボブは毛先に軽さを出さないので髪の毛が多い人は、レイヤーやシャギーを入れないともっさりとした印象になってしまいます。

また、切りっぱなしボブのヘアスタイルは髪の毛の切り口を一定にする必要があるので少しセルフカットをするには、難しいのではないでしょうか。

切りっぱなしボブをセルフカットする場合は、なるべく髪の毛の切り口を一定にすることが大切です。ですので、セルフカットするときには道具などを使って切り口が真っすぐになる様に工夫してみましょう。

また、髪の毛の量が多い人は髪の毛を軽くしたいのでカットバサミの他に、梳きばさみも用意しておくと便利です。

■関連記事:切りっぱなしボブについて気になる方はこちらもチェック!

切りっぱなしボブアレンジ!丸顔・面長に似合う!黒髪と相性も抜群!
切りっぱなしボブにパーマをかけよう!おすすめヘアアレンジまとめ!

【セルフカット×ボブ】ナチュラルボブ

次にナチュラルボブについて、ご紹介させていただきたいと思います。

ナチュラルボブヘアは女性からも男性からもとても人気のあるヘアスタイルですので、王道のヘアスタイルとして親しまれています。ですので、初めてボブヘアに挑戦するという人はナチュラルボブヘアに挑戦してみるのがおすすめです。

ナチュラルボブは切りっぱなしボブヘアと似ているのですが、切りっぱなしボブはどちらかというと外国人風ヘアなどのクールな印象を与えるヘアスタイルです。しかし、ナチュラルボブは逆に可愛らしいといった印象を与えることのできるヘアスタイルですので、女の子らしい雰囲気を演出したいという人はナチュラルボブヘアがいいでしょう。

【セルフカット×ボブ】カチューシャを使って

次にカチューシャを使ったセルフカットについて、ご紹介させていただきたいと思います。

なんと身近なカチューシャを使うことで簡単にボブヘアを作り出すことができるようです。カチューシャを使ったセルフカットをする場合、カチューシャはなるべく硬くてシンプルなものを使うようにしてください。

また、カチューシャは動きやすいので切りたい長さのところでカチューシャが動かないように固定しながら、切っていくようにしてください。

【セルフカット×ボブ】カチューシャを使った切り方

次にカチューシャを使った切り方について、ご紹介させていただきたいと思います。

初めに髪の毛を真っすぐとかしてからカチューシャをおでこにぴったりとくっつけてそのまま後ろの方へずらしていきます。そして、切りたい部分まで下ろしていったらカチューシャが動かないように手でしっかりと固定してください。

そして、バリカンなどをつかってカチューシャのラインに沿って髪を切っていきます。バリカンで全て切るのではなく、後ろの部分の髪の毛だけにしましょう。そして、手の届く範囲のサイド部分はカット用のハサミを使って切りましょう。

【セルフカット×ボブ】切りにくい後ろ側は

次に切りにくい後ろ側について、ご紹介させていただきたいと思います。

セルフカットにおいて、後ろ側のカットはとても難しい部分と言われています。正面から鏡を見ても横側から鏡を見ても後ろ側は見えなくなってしまいます。そうすると後ろ側は鏡を見ないで切らないといけないの?と思ってしまいますよね。セルフカットに慣れてくると、後ろ側も鏡を見ないで切る切り方をする人も多いようですがセルフカットになれていない場合は、鏡を見ない切り方は難しいですよね。

そこで、後ろ側の髪の毛を切る時には合わせ鏡をして切るか少し長めに髪の毛を切るようにするといいでしょう。合わせ鏡はしたくない!という人もいますので、その場合は手の届く範囲で長めに切ると失敗が少ないです。

【セルフカット×ボブ】襟足は?

次に襟足について、ご紹介させていただきたいと思います。

セルフカットで難しい部分と言えば後ろの部分だったり襟足の部分と言われています。特に襟足はボブヘアではとても重要な部分で、襟足を綺麗に切ることができないとヘアスタイルが整って見えませんので注意してください。

特にボブヘアはカットラインを真っすぐにすることで全体的にまとまって見せることのできるヘアスタイルですので、襟足の部分も真っすぐ切るようにしましょう。襟足を真っすぐなる様に切るには、クリップなどで切りたい襟足部分の髪の毛を留めます。こうすることでカットラインを真っすぐさせることができます。

クリップで襟足を留めたあとはクリップのラインに合わせて、カット用のハサミでカットしていくだけです。とても簡単ですよね。しかし、この方法はクリップがずれてしまうとカットラインがガタガタになってしまいますので、クリップを襟足部分から動かさないようにしましょう。

【セルフカット×ボブ】用意するもの

次にセルフカットの時に用意するものについて、ご紹介させていただきたいと思います。

セルフカットをする時に用意するもので重要なものは「カット用のハサミ」です。セルフカットをする時に、文房具用のハサミを使ってしまう人が多いようなのですが、文房具用のハサミは切れ味が悪く髪の毛の断面がとても汚くなってしまい、セルフカットした後に髪の毛からタンパク質が流失してしまうので、注意してください。

次にブロッキング用の「ダッカール」がおすすめです。カチューシャを使ってセルフカットする場合はいらないのですが、カチューシャを使わずにセルフカットする場合はブロッキングがとても重要になってくるので、ブロッキング用のダッカールやヘアゴムなどを用意しておくといいでしょう。

また、その他にも髪の毛をセルフカットで軽くしたいと考えている人は「すきバサミ」も用意しておきましょう。すきバサミはカット用のハサミで髪の毛を梳くよりも簡単に髪の毛を軽くすることができます。なので、セルフカットが苦手だという人もすきバサミを使うことで簡単に髪の毛を梳くことができます。

【セルフカット×ボブ】ブロッキングのコツ

次にブロッキングのコツについて、ご紹介させていただきたいと思います。

ブロッキングはヘアカットをする際にとても大切な工程です。ですので、ブロッキングを綺麗にすることが重要になってきます。

ブロッキングを綺麗に取るには、コームなどの後ろを使って細い部分を使うことで綺麗に分け取ることができます。ブロッキングのコツは分け取るラインを綺麗にすることですので、なるべく分け取るラインが綺麗になる様にしましょう。

【セルフカット×ボブ】セルフカットにおすすめなナチュラルボブ

こちらの画像に映っているボブヘアは、黒髪とあごラインのショートボブヘアを組み合わせたヘアスタイルとなっています。

ボブヘアはあごのラインや首などを美しく見せてくれるヘアスタイルで、特にあごのラインに合わせてカットされたボブヘアはより美しく見せてくれます。また、セルフカットする時にはあごのラインに合わせてカットすることができるので、セルフカットするにはとてもおすすめなヘアスタイルと言えるでしょう。

こちらのヘアスタイルは、あごのラインでカットしているのに加えて毛先の部分をギザギザになる様にカットされています。このギザギザカットは、すきバサミなどで毛量を減らすことで再現できます。

【ボブもセルフカットで簡単にできます】

どうでしたでしょうか。
今回はボブヘアをセルフカットで切る方法について、ご紹介させていただきました。

セルフカットの方法はさまざまな方法があるのですが、今回はカチューシャを使ったセルフカットの方法もご紹介させていただきました。セルフカットは初めてする時にはとても難しいと言われています。ですので、カチューシャのように道具を使ってセルフカットをすることで簡単にセルフカットをすることができます。

みなさんもこの機会にボブヘアをセルフカットで切ってみてはどうでしょうか。

もっとセルフカットについて知りたいあなたへ!

前髪のすき方・切り方解説!セルフカットで理想の髪型にしよう!
前髪を自分で切る方法とコツ!ぱっつん前髪もセルフカットで!
ツーブロックをセルフカットでやる方法!失敗しないコツは?
メンズセルフカットのやり方!男の前髪の切り方と襟足の切り方解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ