【新型コロナ】ベルリンで反コロナ規制デモ!世界のマスク事情はどうなってるの?

【新型コロナ】ベルリンで反コロナ規制デモ!世界のマスク事情はどうなってるの?

2020年8月1日、ドイツのベルリンで新型コロナウイルス感染予防のための規制に対するデモが行われました。日本では規制がなくても皆がマスクをしていますが、それによる混乱は見られません。一体どんな違いがあるのでしょうか。世界各国のマスク着用に対する規制状況について解説していきます。

記事の目次

  1. 1.ベルリンでマスク非着用のデモが発生!目的は?
  2. 2.いま世界のマスク状況はどうなっているの?
  3. 3.アメリカ・トランプ大統領はマスクをし始めた?理由は?
  4. 4.ヨーロッパ諸国では基本的にマスク義務化&罰金制度へ
  5. 5.感染者数&死者数2位のブラジルでは?大統領がマスクをしない…!
  6. 6.アジアのマスク事情は?
  7. 7.日本のマスク事情は?暑さでマスク着用率は変わった?
  8. 8.マスクを着用して新型コロナウイルスを予防しよう

ベルリンでマスク非着用のデモが発生!目的は?

ドイツ・ベルリンで反コロナデモが行われる!

  • マスク義務化や行動規制がポイント!
  • 「マスク着用」が義務化する国が多い
  • 日本では義務化や規制はなし!どうして?

2020年8月1日、ドイツ・ベルリンでマスク非着用・ソーシャルディスタンスがゼロのデモが行われ、話題となりました。はたして社会に何を訴えるデモだったのでしょうか。

新型コロナ対策の規制に反対するデモ!

このデモは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のための政府の規制に反発したもので約1万7000人が参加したといわれています。

参加者には、自由を重んじるリバタリアン(自由至上主義者)や反ワクチン思想の人、一部の右翼思想者が集まり、マスクを代表とした行動規制に反対する声を上げました。

ドイツでは2020年4月末ごろから、マスク着用を義務化する法律が実施されていたものの、マスクをする文化をもたないドイツでは、一部から緩和を望む声も上がっていました。

感染増加傾向にあるドイツ!市民の抑制に課題か

ドイツでは一時期はウイルスの制圧に成功していましたが、急激に感染数が上昇し、PCR検査の新規陽性者数が800人を超える日も出てきています。

ドイツ政府は、夏のバケーションで感染拡大しているスペインの一部の地域への渡航を警告するなど、第二波への戦いが始まっていることを示し、改めて日々の感染対策を喚起しています。

いま世界のマスク状況はどうなっているの?

新型コロナウイルスへの感染予防として、日本ではほとんどすべての人がマスクを着用して外出しています。

それでは世界のマスク状況は今どうなっているのでしょうか。各国の対応を比較してみましょう。

アメリカ・トランプ大統領はマスクをし始めた?理由は?

まず、現在新型コロナウイルスの感染者数が1位のアメリカでは、どのようにマスクの着用を行っているのでしょうか。

大統領選挙が控える2020年、トランプ大統領は自らの強さを表明するため、マスクの着用を避けていました。しかし、アメリカの感染が急速に拡大し、7月中旬に自らマスクを着用して、市民に着用を呼び掛ける方向に転換しています。

米国内での感染数の急増!

アメリカでは、新型コロナウイルスによる死者は7月末時点で15万人以上となり、まだまだ感染拡大は続いています。感染数・死者数はともに世界第一位です。

州によってはマスク着用を義務化する動きがありますが、一部の州では保守派から大きな反発が起こすなど、個々の政治的な信条がマスクの着用に大きく影響を及ぼしています。

強制は自由の侵害だと反発する人も

南部のフロリダ州やテキサス州では、マスクの着用を矯正することは、自由の侵害であるという反マスク運動が起こっています。しかし、その一方でフロリダは感染拡大が著しく、死者数も増加傾向にあります。

また、こうした動きから、アメリカでは大統領選挙の郵便投票を導入する動きが広がっています。

ヨーロッパ諸国では基本的にマスク義務化&罰金制度へ

スペインやイタリアなど、新型コロナウイルスの影響を受けたヨーロッパですが、多くの国は感染拡大が一時的に抑えられています。

しかし、社会的な活動が緩和されていくことで、クラスター感染が頻出しており、今後の対応に注目されています。

次のページ

感染者数&死者数2位のブラジルでは?大統領がマスクをしない…!

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely