怖いと周りに思われる人の特徴11選!【必見】

周りから怖い人だと思われてしまっている人っていますよね。本当は怖い人ではないのに怖い人だと思われてしまっている人もいれば、普段は怖い人だと思われていない人が実はとても怖い人だった、ということも!怖い人だと思われてしまう人の特徴はどんなものがあるのでしょうか?!

怖いと周りに思われる人の特徴11選!【必見】のイメージ

目次

  1. 怖い人だと思われてしまう人っていますよね
  2. 怖い人だと思い込んでしまう心理とは?
  3. 怖い人だと思われる人はどんな人?
  4. 【怖い人だと思われる人の特徴①】愛想が悪くて表情が硬い
  5. 【怖い人だと思われる人の特徴②】何を考えているかわからない
  6. 【怖い人だと思われる人の特徴③】雰囲気が不気味
  7. 【怖い人だと思われる人の特徴④】口調がキツイ
  8. 本当に怖い人はどんな人?
  9. 【本当に怖い人の特徴や心理①】頑固一徹
  10. 【本当に怖い人の特徴や心理②】愛情深い
  11. 【本当に怖い人の特徴や心理③】優しすぎる人
  12. 【本当に怖い人の特徴や心理④】自分の感情を表に出さない人
  13. 【本当に怖い人の特徴や心理⑤】人から良く思われたい人
  14. 【本当に怖い人の特徴や心理⑥】自信がない人
  15. 【本当に怖い人の特徴や心理⑦】理詰めな人
  16. 【本当に怖い人の特徴や心理⑧】人の話を聞かない人
  17. 【本当に怖い人の特徴や心理⑨】プライドが高い人
  18. 【本当に怖い人の特徴や心理⑩】忍耐強い人
  19. 【本当に怖い人の特徴や心理⑪】頭のねじが外れている人
  20. 怖いのは優しい気持ちの裏返しのことも!!

怖い人だと思われてしまう人っていますよね

周りの人達からどうしても怖いと思われてしまう人っていますよね。

自分では怖くしているつもりは全くないのに、怖い人だと思われてしまって、何かと損をする人もいます。

テレビや映画を見ていても、普段から悪役とか嫌われ役の役をやることが多くて、本当は怖い人なんじゃないかと思っていたら、バラエティのトーク番組では全く違ったおちゃめでかわいい顔を見せてくれる俳優さんもいますよね。

顔がコワモテだとどうしても怖い人だと思われてしまうのでちょっと損するかも。

その一方で、見た目通りそのままに怖い人もいれば、普段は優しい人で全く怖くないのに、プチンと糸が切れて怒るとものすごく怖い人に変身する人もいます。

怖いと思われる人や、そのままで怖い人、普段は優しいのに怒ると怖い人、それぞれいったいどんな特徴や心理を持っているのでしょうか?!

この記事ではそれぞれのタイプについてみていきたいと思います。

怖い人だと思い込んでしまう心理とは?

誰かを見た時に思わず「怖い人」と思ってしまうことってありますよね。

本当にその人が怖い人なら別に構わないのでしょうが、実は仲良くなって話してみると全然怖い人じゃなかった、なんてことも良くあることです。

人を見た目で判断してはいけない、とは言いますが、初対面の人を思わず「怖い」と思ってしまう心理というのはいったいどういうものがあるのでしょうか?!

初対面の人を怖いと思ってしまうのは、やはり雰囲気や表情から判断するものになります。

人の表情の認識というのは、万国共通だと言われています。

メールなどで使う絵文字には、目と口だけ使って感情を表現しているものがありますよね。

笑顔の顔文字は世界中どこへ行っても、どの年齢の人に見せても笑顔だと認識されます。


反対に口がへの字に曲がっているのは、機嫌が悪い顔だと認識されるのです。

コワモテな人も怖いと思われてしまいがちですが、一番大切のは表情から相手の心理に与える心理的な印象です。

どうしても初対面の人に怖いと思われてしまう人は、普段から表情に気を付けてみてはいかがでしょうか?!

怖い人だと思われる人はどんな人?

本当の中身がどうなのかはさておいて、周りから怖い人だとどうしても思われる人っていますよね。

怖い人だと思われる人が実際に怖い人だった、っていうこともよくあります。

でも怖い人だと思われていたから、なかなか人が寄って来なかったけど、ちょっとしたきっかけで仲良くなってみたら、性格は全然怖い人じゃなかった、っていうことも良くあります。

周りから話をしていないのに、怖い人だと思われてしまう人の特徴というのはいったいどういうものがあるのか、ここからみていきたいと思います。

【怖い人だと思われる人の特徴①】愛想が悪くて表情が硬い

周りから怖い人だと思われている人の特徴の1つ目は、表情が硬くて愛想が悪い人です。

優しい良い人だと第一印象で思われる人というのは、やはり表情が豊かで愛想が良い人が多いですよね。

普段から仏頂面をしていて、表情が硬くて、しかも他の人に対して愛想が悪い人っていうのは、どうしても怖い人だと思われてしまいがちです。

なかなか新しいクラスや職場でも、怖い雰囲気を醸し出しているので、なかなか話しかけづらくて、友達も作りにくいことが多いのです。


でも意外に、話してみると面白かったり優しい側面を持っている人も多いので、ちょっと損ですよね。

どうしても仏頂面をしていると、相手は優しい人だとは思ってくれません。

逆に自分のことを嫌いなのではないかと思ってしまいます。

相手に対して笑顔を向けられるようにしてみると、少し周りの対応も変わってくるのではないでしょうか?!

■参考記事:可愛い笑い方とモテない笑い方をチェック!

可愛い笑い方とモテない笑い方!笑顔で男性の心を鷲掴みしちゃえ!

【怖い人だと思われる人の特徴②】何を考えているかわからない

周りから怖い人だと思われている人の特徴の2つ目は、表情に変化が乏しくてで何を考えているのかわからない人です。

仏頂面というのは、いつでも不機嫌な表情をしている人のことを言いますが、仏頂面と言うわけでもないのに、表情が固すぎて、喜怒哀楽が表になかなかでない人というのはいますよね。

人と人とのコミュニケーションでは、相手の表情から感情を読み取って、それに合わせて対応していくこともあります。

だから、表情に喜怒哀楽の感情が出てこない人というのは、何を考えているのかわからないと思われてしまいます。

そして、何を考えているかわからないということで、職場などにそういう人がいるとちょっと雰囲気が怖い人だと思われることが多くなってしまいます。

自分が職場で怖い人だと思われていると感じたら、顔の筋肉を柔らかくして、できるだけ感情も顔に出すようにしてみるといいかもしれません。

【怖い人だと思われる人の特徴③】雰囲気が不気味

周りから怖い人だと思われている人の特徴の3つ目は、不気味な雰囲気を醸し出している人です。

本人は全くそんなつもりはないのに、なんとなく、醸し出している空気が、不気味な感じがする人って世の中にいますよね。

そういう人は、どうしても周りから、怖い人だと思われることが多くなってしまうものです。

上に挙げたような、仏頂面だったり、表情が固すぎて何を考えているのかわからないという事は無いのに、なんとなくまとっているオーラが、人を寄せ付けない雰囲気になってしまっている人がいます。

そういった雰囲気をまとってしまうのには、何か原因があるはずなので、しっかりとその原因を突き止めて、そこを改善していけば、人から怖い人だと思われることもなくなってくるのではないでしょうか。

【怖い人だと思われる人の特徴④】口調がキツイ

周りから怖い人だと思われている人の特徴の4つ目は、口調がキツくなってしまう人です。

自分では、まったくキツく言っているつもりはないのに、身に付いてしまっている話し方の癖で、相手にはとてもキツい口調に聞こえてしまうことがよくあります。

これは、出身地域によって、方言とまではいかないまでも、その地域の話し方のイントネーションが、早口で勢いのある話し方だったり、のんびりとした口調だったりと、地域差も大きいことが原因として考えられます。

進学や就職で、違う地域に移り住んだ時に、それまでと同じように話をしていただけなのに、周りから、話し方がキツい事を指摘されて初めて気がつくこともよくあります。

なかなか、生まれ育って身に付けてしまった、話し方の癖を直す事は心理的にも難しいのですが、郷に入れば郷に従えです。

周りから怖い人だと思われない話し方を身につけましょう。

本当に怖い人はどんな人?

ここまでは、本当は怖い人なのかどうか分からないのに、怖い人だと思われる人の特徴を見てきました。

怖い人かどうか本当はわからないのに、見た目や雰囲気で怖い人だと思われてしまうのは、本人にとっても心外なことですよね。

でも、初対面の人に与える印象というのは、見た目が9割というので、見た目や雰囲気で、怖い人だと思われてしまうのも、ある意味では仕方ないのかもしれません。

自分ではそのつもりもないのに、どうしても怖い人だとまわりから思われてしまうことに悩んでいるのだとしたら、見た目や雰囲気を変えていく必要がありますよね。

さて、世の中には、自分ではそう思われたくはないのに怖い人だと思われてしまう人もいれば、本当に怖い人もたくさんいます。

見た目も中身も全てが怖い人もいれば、普段は人当たりが良くてとても優しい人なのに、怒らせると周りの人がみんな震えあがってしまうほど怖くなってしまう人もいます。

本当に怖い人というのは、いったいどういう特徴や心理を持った人なのか、ここから見ていきたいと思います。

【本当に怖い人の特徴や心理①】頑固一徹

本当に怖い人の特徴の1つ目は、頑固一徹な人です。

自分の強いこだわりを持っていて、それをどんな人の前でも通そうとする人は、その自分の頑固なこだわりが通らないと、ひどく怒ることもあります。

職場などで、仕事の質をよくするために必要な頑固一徹さなら全く構わないのですが、時々、他の人にはよくわからない自分ルールの頑固一徹さで周りを振り回すタイプの人もいますよね。

謎の自分ルールが強い人というのは、心理的な怒りの沸点がとても低いものです。

自分のこだわりが通らないと、すぐに切れて怒ることも多いので、周りの人も困ってしまいますよね。

でも、そういった人の性格はなかなか変えることもできないので、怒るポイントを突かないように気をつけながら、適当に付き合うしかありませんね。

【本当に怖い人の特徴や心理②】愛情深い

本当に怖い人の特徴の2つ目は、愛情深い人です。

本当に相手のことを想うが故に、時として、かなりキツい怖いことを言ったりするものです。

相手の愛情に甘えていると、その甘えから、逆ギレされてしまうこともありますよね。

また、愛情深い人の、本当に怖い面は、愛情が深すぎるがゆえに、愛情が心理的に変質して執着に変わることがあるということです。

本当に愛していた相手に、裏切られたり、別れを告げられたりすると、執着が強すぎて、ストーカー化することがあります。

ストーカーになった相手というのは、怒られたり怒鳴られたりするのとはまた別の怖さがあるものですよね。

時として、悲惨なストーカーによる事件なども話題になりますが、そういった怖い事件も、ある意味では、深すぎる愛情の裏返しだと考えると、ちょっと複雑なものがありますよね。

【本当に怖い人の特徴や心理③】優しすぎる人

本当に怖い人の特徴の3つ目は、優しすぎる人です。

職場などでも、普段は優しい人が怒ると半端じゃなく怖い人になると良く言われますよね。

優しい人が怒ると怖いというのは、ある意味では本当のことなのです。

どんな人にでも優しい人というのは、本当に心が広くて、たくさんの人の様々な価値観を広い心で受け入れることができます。

しかし、どんなに広い心を持っていても、どうしても許せないことというのはでてきてしまいます。

優し人でも心理的に広い心の器で受け止め切れないような、理不尽なことや、失礼なことに職場や地域で出会ったときには、それまでの優しさが嘘だったかのように、般若のように激しく怒ることもよくあります。

優しい人だから、甘えてもいい、失礼な事をしてもいい、そんなふうに思っていると、いずれ怒りの鉄槌に見舞われることになるので、甘えすぎないように気をつけましょう。

【本当に怖い人の特徴や心理④】自分の感情を表に出さない人

本当に怖い人の特徴の4つ目は、普段はあまり自分の感情を表に出さない人です。

自分に対して、どんなに失礼なことを言われても、ニコニコ笑っていたり、ポーカーフェイスを装っていたり人っていますよね。

そんな、何があっても自分の心理的な感情の変化というのを表に出さない人が、我慢の限界を超えると、突然キレ始めることがあります。

普段のニコニコした顔や、ポーカーフェイスを装っている態度と、切れたときの怒る様子のギャップが大きすぎるので、多くの人は驚くものですよね。

しかし、こういったタイプの人は、何を言われても感じないのではなくて、何を言われても自分の腹に収めて、我慢しようと努力をしているのです。

職場などには時々調子に乗って、この人には、何を言っても大丈夫だから、と思い込んで、失礼なことばかり面と向かって言い続けるような人がいますよね。

そんな人に対して、我慢の限界がやってきてしまうと、それまで見たこともないような怒りっぷりを発揮することがあるです。

【本当に怖い人の特徴や心理⑤】人から良く思われたい人

本当に怖い人の特徴の5つ目は、人からよく思われたいと思っている人です。

職場や地域、サークルなどには、誰からでも好かれている人というのがいますが、その中には、本当に誰とでも仲良くできるいい人というわけではなくて、誰からでも好かれる人になろうとお人よしを演じている人もいます。

どんなに温厚な人でも、怒る時はあるのですが、本当は温厚な性格でもないのに、誰からでも好かれる人になりたいと、お人よしを演じている人は、腹にため込んでいる怒りというのは、ものすごく大きくなっているものです。

何かの拍子に、その怒りが爆発すると、手が付けられないほど怖い人になってしまうことがあります。

【本当に怖い人の特徴や心理⑥】自信がない人

本当に怖い人の特徴の6つ目は、自信がない人です。

自信がない人というのは、心理的に強いコンプレックスを心の底に抱えているものです。

何かの拍子に、特定のコンプレックスを突かれてしまうと、激怒して手がつけられなくなることがあります。

怒ってしまったら、かえってそのコンプレックスについて、周りから変な風に思われるものだと思います。

しかし、心理的に自信がない人にとっては、その突かれたくないコンプレックスを突かれた瞬間というのは、気持ちを制御できないほどパニックに陥ってしまうこともあります。

職場などでそういう人がいたら、無用のトラブルを避けるためにも、触る必要が無い人の弱点には触らないように気をつけるようにしましょう。

【本当に怖い人の特徴や心理⑦】理詰めな人

本当に怖い人の特徴の7つ目は、理詰めでものを考える理論派の人です。

理系の人だけではなく、言葉の力だけで相手を説得する必要がある政治家や経済学者には、理論派が多くいますよね。

そういった政治家や経済学者の討論番組などを見ていると、自分の理論が論破された時に、感情をあらわにして怒る人が多いように感じませんか。

なるべく感情を交えずに、論理的に計算を組み立てて、理詰めで相手を説得しようとする理論派の人の中には、自分が組み立てた理論が論破されてしまった時に酷く怒る人がいます。

そういった人たちは頭を限界まで働かせて、いろいろなことを考えているので、それを否定されたときには自分自身を心理的に否定されたような気分になってしまうのも仕方がないのかも知れません。

しかし、そういった人たちにとっては、討論とはそういったものだという共通認識ができていますから、そういったものだと思って私たちも見ていればいいみたいです。

■参考記事:理詰めの人、理屈っぽい人との接し方は?コチラも参照!

理詰めで考える男の性格・特徴とは?【女性必見】
理屈っぽい人の特徴・性格!対応の仕方も教えます!

【本当に怖い人の特徴や心理⑧】人の話を聞かない人

本当に怖い人の特徴の8つ目は、人の話を聞かない人です。

人の話を聞かない人は、独善的な人が多いものですよね。

考え方が一本調子で、協調性も必要な職場では心理的になかなか受け入れがたいこともあります。

それとなく考え方を変えた方がいいということを、職場の周りの人が伝えても、もともとが人の話を聞かないところがあるので、受け入れてもらえません。

それなのに、自分の意見が通らないとキレて怒ることもあるので、ちょっと対応には厄介なところがる人ですよね。

あまり職場にはいて欲しくないタイプの人ですね。

【本当に怖い人の特徴や心理⑨】プライドが高い人

本当に怖い人の特徴の9つ目は、プライドが高い人です。

プライドが高い人がそのプライドをへし折られるようなことがあると、途端にひどく怒ることがあります。

プライドというのは、その人にとっては自分自身のアイデンティティを形成している場合もありますよね。

他の人から変に思われるようなことでも、そのプライドをへし折るというのは、その人の全人格を否定することになる時もあります。

人それぞれ大切に想っていることやプライドに思っていることは違います。

自分にとっては大したことではないと思っても、相手が大切に想っていることやプライドに思っていることは、尊重してあげるのが、職場などで相手が怒るような事態を招かずに、円滑に仕事を進めていくためには必要なこともありますよね。

■参考記事:プライドが高い人の特徴・心理は?どう接したらいい?コチラも参照!

プライドが高い人の特徴11選と心理!

【本当に怖い人の特徴や心理⑩】忍耐強い人

本当に怖い人の特徴の10個目は、忍耐強い人です。

優しい人や、表情を変えない人と通じるところがあるかもしれません。

人から何を言われても、忍耐強く自分の腹に収めてしまうタイプの人が、限界に達してキレてしまうと、とても怖くなってしまうこともあります。

職場でも仕事や人間関係に対して、心理的にとても忍耐強い人っていますよね。

どんなに理不尽に仕事を振られても、いじられキャラに認定されて、どんなことを言われても、怒ることなく忍耐強く耐えてしまう人です。

しかし、理不尽な仕打ちに対して、ストレスは日々溜まっていきます。

何でも受け止められる広い優しい心を持っている人だと思っていた忍耐強い人が、ある日突然キレて怒ると、手が付けられなくなることもあります。

職場でそういった事態を避けるためには、忍耐強い人の限界値に達する前に、対処する必要がありますよね。

【本当に怖い人の特徴や心理⑪】頭のねじが外れている人

ここまで見てきた怖い人と言いうのは、キレて怒ると怖い人でしたが、そういったタイプの怖い人とは別の意味で怖い人というのも、世の中には存在していますよね。

それは頭のねじがどこか外れてしまっている人です。

こういったタイプの怖い人というのは、いろいろタイプがいるので、どういった対処法が正しいのか、ということを一概にいうことはできません。

また、職場などでも優しい人だったのが、突然人格が変わってしまったり、変なことを言い出したりするようになってしまうこともあります。

そういった場合には、何らかの精神疾患を発症した可能性もあるので、産業医などに相談して適切に対処することが大切です。

怖いのは優しい気持ちの裏返しのことも!!

ここまで、いろいろなタイプの、本当は怖くないのに怖いと思われてしまう人や、本当に怖い人の特徴についてみてきましたがいかがでしたか?

理不尽に怖い思いを人にさせる人も世の中にはいるものですが、そういった人と遭遇してしまったら、とにかく関わらずに逃げるが勝ちですよね。

普段は優しいのに怒ると怖い、というタイプの人は、どこの職場にもいるものですが、その場合の怒るというのは、本当に優しい気持ちの裏返しだったりします。

怒られた人が人間的に成長できるかどうかは、その優しさを感じられるかどうかにかかっていますので、どうぞ怒っている人の気持ちもしっかりと受け止めてみて下さいね!!

職場の怖い人についてもっと情報を知りたいアナタに!

体育会系が嫌いな心理・理由は?特徴も解説!職場での接し方は?
生理的に無理な人の対処法・付き合い方!職場など!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ