髪の毛が抜ける原因と対策!量や本数はどれくらい抜けると要注意?

最近、髪の毛が抜ける量や本数が増えた気がする…ヘアスタイルを整えている時、シャンプーをしている時など、普段より抜け毛の量が多いと不安になると思います。この記事で、女性の命とも言える髪の毛が抜ける原因、そして対策法をチェックしておきましょう。

髪の毛が抜ける原因と対策!量や本数はどれくらい抜けると要注意?のイメージ

目次

  1. 髪の毛が抜ける…量や本数はどのくらいだとアウト?
  2. 髪の毛がよく抜ける時期ってあり?
  3. これって病気?ストレス?髪の毛が抜ける原因1
  4. これって病気?ストレス?髪の毛が抜ける原因2
  5. これって病気?ストレス?髪の毛が抜ける原因3
  6. これって病気?ストレス?髪の毛が抜ける原因4
  7. これって病気?ストレス?髪の毛が抜ける原因5
  8. これって病気?ストレス?髪の毛が抜ける原因6
  9. これって病気?ストレス?髪の毛が抜ける原因7
  10. 髪の毛が抜けるのをストップする対策法1
  11. 髪の毛が抜けるのをストップする対策法2
  12. 髪の毛が抜けるのをストップする対策法3
  13. 髪の毛が抜けるのをストップする対策法4
  14. 髪の毛が抜けるのをストップする対策法5
  15. 髪の毛が抜けるのをストップする対策法6
  16. 髪の毛が抜けるのをストップする対策法7
  17. 髪の毛が抜ける原因を知って、きちんと対策しましょう!

髪の毛が抜ける…量や本数はどのくらいだとアウト?

髪の毛が抜けるのは当たり前のことですが、その量や本数があまりにも多いと、びっくりするを通り越して、病気じゃないかと不安になってしまいますよね。

通常、髪の毛が抜ける量はそれほど多くなく、1日あたり50~100本と言われています。多い時期であっても150本ほどです。

もし明らかに普段より抜ける量や本数が多いと感じるなら、何か問題があると考えられます。

薬の影響で普段の3,4倍、抜け毛の量や本数が増えることもありますが、普段の生活で普通に過ごしている分には、それほど髪の毛が抜けることはないですからね。

また最近は、髪の毛が抜けることに悩む女性も増えていると言います。女性にとって、抜ける髪の毛の量や本数が多いのは深刻な悩みです。

女性にも男性にも深刻な抜け毛の悩み…今回、髪の毛が抜ける原因や対策法について詳しくお話します。

髪の毛がよく抜ける時期ってあり?

髪の毛は年中通して抜けるものですが、特に抜けやすい時期が存在します。

その時期とは春と秋です。春はすべてが躍動的になる反面、精神的にストレスを感じやすい時期です。また、秋は夏の紫外線の影響が色濃く残り、身体的ストレスを受けやすい時期です。

精神的にも身体的にも、ストレスを受けると自律神経に乱れが生じます。

自律神経の乱れは、血管収縮や血行不良を引き起こし、頭皮にダメージを与えます。ダメージが大きくなればなるほど、髪の毛が抜ける量や本数にも影響してきます。

たしかに抜けやすい時期はあるものの、それほど気にする必要はありません。髪の毛が抜ける時期を気にするよりは、自身の生活スタイルを考えた方がよほど建設的です。

■参考記事:髪のお手入れ方法についてはコチラもチェック!

髪の手入れの方法!毎日のケアで髪がツヤツヤに!【美髪】

これって病気?ストレス?髪の毛が抜ける原因1

【ストレスや生活習慣の乱れ】

髪の毛が抜ける原因1つ目は、ストレスや生活習慣の乱れです。

実は、ストレス性脱毛症という病気があるくらい、抜け毛とストレスは深い関係があります。ストレスが自律神経の乱れを誘発し、血行不良を引き起こし、結果的に栄養素が頭皮に送り込めなくなることで髪の毛が抜けるのです。

また、夜更かしをして生活リズムが完全に狂っている、運動不足、睡眠不足、暴飲暴食を繰り返すなどの生活習慣の乱れも、同じく自律神経に影響します。

ストレスや生活習慣の乱れは、髪の毛の生え変わりサイクルをストップすることもあります。髪の毛が抜けるどころか、深刻な脱毛症になる可能性すらあるのです。

これって病気?ストレス?髪の毛が抜ける原因2

【シャンプーが合ってない】

髪の毛が抜ける原因2つ目は、シャンプーが合ってない、もしくはちゃんと頭皮を洗えていないことです。

現在、いろいろな種類のシャンプーが販売されていますが、その中には髪の生え変わりサイクルに悪影響を与え、抜け毛を助長する種類のものがあるかもしれません。

特にかゆみなどの症状が出ずに、気づかず使い続けて、頭皮をいじめている可能性があります。

また、シャンプーは合っていても、頭皮がちゃんと洗えていなくて、皮脂詰まりを起こしているケースもあります。

その場合、シャンプーの種類を変える前に、美容院で洗い方をチェックしておくといいですね。頭皮を健康に保つことが、抜け毛予防になるのです。

■参考記事:髪がボサボサする原因は?コチラも参照!

髪がボサボサする原因は?へアケア方法のポイントも解説します!

これって病気?ストレス?髪の毛が抜ける原因3

【加齢や出産によるホルモンバランスの乱れ】

髪の毛が抜ける原因3つ目は、加齢や出産によるホルモンバランスの乱れです。

ホルモンバランスの乱れは、女性の抜け毛で最も多い原因です。女性ホルモンは髪の毛の成長・促進に大きく関わっているので、加齢でその分泌量が減ることは、髪の毛が抜けることに直結します。

出産後も同様で、妊娠中にたっぷり分泌されていたホルモン量が激減します。

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2つがあり、妊娠中はエストロゲンが減少することで、ホルモンバランスが保たれています。

出産後はエストロゲンが急速に元の分泌量に戻ろうとするため、ホルモンバランスが乱れ、髪の毛が抜ける本数にも影響してしまいます。

これって病気?ストレス?髪の毛が抜ける原因4

【遺伝】

髪の毛が抜ける原因4つ目は、遺伝によるものです。

遺伝子の仕組みは未だ人間に変えられる分野ではなく、遺伝子が原因で髪の毛が抜けると言われれば、自分自身の努力や力では何もできません。

おじいちゃんがハゲだったら、息子も孫息子もハゲだというのはよくある話ですね。

髪の毛の抜ける本数が多いのも、遺伝子が関係していると言われています。脱毛症や抜け毛が遺伝する確率は100%とは言いませんが、結構な高確率だとされています。

だからと言って、最初から何もしないのは得策ではありません。抜け毛の本数が増えてきた気がするのであれば、早い時期から育毛ケアをしておく必要があるかもしれませんね。

これって病気?ストレス?髪の毛が抜ける原因5

【食事バランスが乱れている】

髪の毛が抜ける原因5つ目は、食事バランスが乱れていることです。

食事を摂ることは、お腹を満たす目的以外にも、体を構成する栄養を摂る目的もあります。自分の好きなものだけを食べたり、脂ものや塩分、糖分を摂りすぎてしまっては、ドロドロの血液を作り上げる元です。

これではいくら血行がよくても、栄養素として頭皮に送ることができません。

頭皮の状態をよくするには、野菜、たんぱく質、ビタミン・ミネラルといった栄養素をバランスよく摂ることが大切です。

食べたものが今ある自分を作ってくれます。即座に栄養バランスの影響が目に見えてわかるわけではないですが、栄養バランスの悪い食事をしていると、年をとるごとに髪の毛が抜ける頻度が高くなる確率は高くなるでしょう。

これって病気?ストレス?髪の毛が抜ける原因6

【貧血症状がある】

髪の毛が抜ける原因6つ目は、貧血症状があることです。

貧血とは、文字通り体内の血液量が少ない状態のことです。なぜ血が少なくなるかと言うと、血中のヘモグロビンや赤血球が少ないからなんですね。

貧血を起こす原因としては、鉄分不足、ビタミンB12や葉酸不足、造血細胞の異常などが考えられます。

貧血になると、めまい、立ちくらみ、顔色が悪いといった症状が出ますが、免疫細胞が異常を示し、頭皮の毛根を敵とみなして攻撃するという現象が起きることもあります。

この攻撃を受けることで、毛根が弱まり、髪の毛が抜けやすくなります。ひどくなれば、円形脱毛症などの深刻な病気を引き起こすこともあります。

これって病気?ストレス?髪の毛が抜ける原因7

【脱毛症である】

髪の毛が抜ける原因7つ目は、実際脱毛症と診断されていることです。

脱毛症には、毛穴に皮脂が詰まって、毛穴の機能が弱まることで起こる「脂漏性脱毛症」、ストレスが原因で起こる「円形脱毛症」などがあります。

最近は、女性の抜け毛も問題視されています。

脱毛症の中には「牽引性(けんいんせい)脱毛症」というものもあります。これは髪の毛を引っ張りすぎることで起こり、女性に多く見られる脱毛症です。

ポニーテールやアップのヘアスタイルにする、パーマやカラー、ヘアスタイルを整えるのにブラッシングをし過ぎる、いつも同じヘアスタイルといった具合に、同じ場所を引っ張り続けることが原因となっています。

真ん中分け、おでこ見せなど、ヘアスタイルが決まっている女性は、時々違ったヘアスタイルに挑戦してみるといいですね。

■参考記事:たまには違う髪型に!ヘアスタイルまとめはコチラ

髪の結び方・アレンジまとめ!【簡単で可愛い】

髪の毛が抜けるのをストップする対策法1

【生活習慣を整える】

対策法その1は、生活習慣を整えることです。

人間には体内時計があります。朝起きて、太陽の光を浴びて、日中活動して、夜に寝る。このリズムを守ることは、人間が健全な生活を送る上でのキーポイントです。

夜更かしは厳禁です。まして昼夜逆転の生活は、体内リズムを壊してしまいます。

睡眠時間を何時間確保するというよりは、眠り始め3時間が、いかにぐっすり眠れるかが質のいい睡眠を左右します。

寝る1時間前にはスマホやパソコンの電源を切り、心や体をできるだけリラックスさせることを心がけましょう。寝る前の環境づくりが、生活リズムを整えることにつながります。

髪の毛が抜けるのをストップする対策法2

【シャンプーを見直す】

対策法その2は、シャンプーを見直すことです。

こだわりのシャンプーを使う女性は多いと思います。シャンプーは本来、髪の毛の皮脂や汚れを落とすために使いますが、使い過ぎると頭皮に残ってしまうことがあります。

せっかく皮脂や毛穴の汚れを落としても、シャンプーが残って、汚れのようになってしまっては本末転倒です。

ポイントは、髪の毛を洗う前にブラッシングでホコリやゴミなどの汚れを落とし、シャンプーを手のひらで泡立てるようにして頭皮につけることです。

そうすることで、汚れ残りやシャンプー残りをなくすことができます。それでも抜け毛の本数が気になるようなら、シャンプーそのものが合っていない可能性があるので変えてみましょう。

髪の毛が抜けるのをストップする対策法3

【ヘアスタイルを整える時はゆっくりブラッシング】

対策法その3は、ヘアスタイルを整える時はゆっくりブラッシングすることです。

ポニーテールやひっつめ髪などのヘアスタイルにする女性は多いと思いますが、毎日同じ箇所の髪の毛を引っ張りすぎることで、牽引性脱毛症を引き起こすことがあります。

また、髪の毛を引っ張るようにブラッシングすることもNGです。

ヘアスタイルを整える時は、髪の毛をできるだけ引っ張らないように、まずは毛先から、そして根本をブラッシングするようにしましょう。

絡んだ髪の毛を無理やりとかして、もつれさせてしまわないように、ゆっくりブラッシングすることが大切です。キューティクルが傷んで、髪の毛が抜ける原因になるとされています。

髪の毛が抜けるのをストップする対策法4

【食事バランスを整える】

対策法その4は、食事バランスを整えることです。

食事内容は髪の毛の状態に大きな影響を及ぼします。ビタミン・ミネラル、たんぱく質といった栄養素は、髪の毛を健やかに成長させるのに重要な役割を果たします。

ひとつの栄養素に偏らないように、バランスよく食事メニューを考えることが大切です。

牛肉やまぐろの赤身などのたんぱく質、果物や野菜にたっぷり含まれるビタミン・ミネラルなどを、バランスよく摂るのが理想です。時期によって栄養価が高まる旬の野菜や果物を取り入れてもいいですね。

メニューを考えるのが苦手であれば、ごはんとみそ汁、サラダは固定メニューにしておいて、メインのおかずを肉や魚に変えてみましょう。

髪の毛が抜けるのをストップする対策法5

【頭皮マッサージをする】

対策法その5は、頭皮マッサージをすることです。

髪の毛をきっちり固めるようなヘアスタイルをしていると、頭皮に負担がかかり、血行不良になることがあります。

血行をよくするには、ラフなヘアスタイルにするのが一番いいのですが、そうもいかない場合は、自宅で頭皮のセルフマッサージをしましょう

セルフマッサージは、お風呂に入っている時、お風呂上りなど、全身が温まっている時にするのがおすすめです。

やり方はとても簡単で、指の腹で髪の毛の生え際から頭頂部や後頭部にかけて、ほぐすように押していくだけです。耳回りのリンパ節も同じようにほぐしましょう。

女性用育毛剤を使用すると、なお効果を得やすいでしょう。

髪の毛が抜けるのをストップする対策法6

【ストレス発散する】

対策法その6は、ストレス発散することです。

現代社会で頑張っていると、知らぬ間にストレスが蓄積されて、病気になっていた…ということもあります。ストレスの自覚があろうとなかろうと、普段からストレスを溜めないようにすることが大切です。

ストレス発散法は人それぞれです。

ランニングが好きでもないのに、「まわりから勧められたからやる」では、逆にストレスや病気の原因になってしまいます。

やるからには、自分の好きなことをしましょう。カラオケで大声出すもよし、読書をするもよし、ごろ寝するもよしです。時期が時期なら、お弁当を持ってピクニックもいいでしょう。

自分に合ったストレス発散法を見つけて、人生を楽しむくらいがいいですね。

髪の毛が抜けるのをストップする対策法7

【紫外線対策する】

対策法その7は、紫外線対策することです。

お肌にもシミやそばかすなどの影響を与える紫外線は、頭皮にもダメージを与えます。頭皮が弱まる上に、キューティクルも傷めてしまうので、紫外線を浴びれば浴びるほど、髪の毛は抜けやすくなると言えます。

直射日光の強い時期は特に、帽子をかぶったり日傘をさしたりして、頭皮を守ることが大切です。

髪の毛が抜ける原因を知って、きちんと対策しましょう!

いかがでしたでしょうか。
髪の毛が抜ける原因はいくつかあります。抜け毛対策するには、まずは原因が何かを知ることが大切です。

髪の毛がごっそり抜けて悲しい思いをしないように、きちんと対策するようにしましょう。

ヘアケアの方法についてもっと情報を知りたいアナタに!

髪が硬い?剛毛を柔らかくする方法は?シャンプーで改善できる?
髪がゴワゴワする5つの原因!改善方法も解説!【必見】
美容院の頻度の適正は?髪型やカラーで違ってくる?【女性必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ