髪・毛先がまとまらない原因は?おすすめのケア方法を解説!

髪の毛がまとまらないと、お手入れしていないように見られてしまうため、髪がまとまらないことで悩んでいる女性も多いでしょう。なぜ髪の毛はまとまらなくなってしまうのでしょうか。そこで今回は、髪がまとまらない原因とケア方法を紹介していきたいと思います。

髪・毛先がまとまらない原因は?おすすめのケア方法を解説!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】なぜか髪がまとまらないようになってしまった
  2. 髪がまとまらない原因を知ろう
  3. 【髪がまとまらない原因①】頻繁なヘアスタイルの変更
  4. 【髪がまとまらない原因②】部屋が乾燥している
  5. 【髪がまとまらない原因③】ドライヤーで乾燥させ過ぎ
  6. 【髪がまとまらない原因④】濡れた髪の毛を放置している
  7. 【髪がまとまらない原因⑤】シャンプーの洗い残し
  8. 【髪がまとまらない原因⑥】紫外線
  9. 【髪がまとまらない原因⑦】髪の毛のケアをしていない
  10. 湿気が多いと髪がまとまらない
  11. 髪がまとまらない人の対処法を知ろう
  12. 【髪がまとまらない人の対処法①】髪の毛のケアをする
  13. 【髪がまとまらない人の対処法②】ドライヤーで乾かす
  14. 【髪がまとまらない人の対処法③】部屋を乾燥させない
  15. 【髪がまとまらない人の対処法④】頭皮を清潔に
  16. 【髪がまとまらない人の対処法⑤】ドライヤーの正しいかけ方
  17. 【髪がまとまらない人の対処法⑥】カラーやパーマは極力減らす
  18. 【髪がまとまらない人の対処法⑦】ビタミンを摂取
  19. 【髪がまとまらない人の対処法⑧】紫外線対策を行う
  20. 【まとめ】髪がまとまらない原因は意外なことも多い

【はじめに】なぜか髪がまとまらないようになってしまった

髪の毛がまとまらないという人に、昔から髪の毛がまとまらなかったという人は、ほとんどいません。もちろん中にはそのような人もいるのですが、いつの頃からか髪の毛がまとまらないようになったという人が多く、その原因がよくわかっていないものなのです。

髪の毛がまとまらない原因には、加齢というような原因もありますが、若い人は全員、髪の毛がまとまるかという話になると、必ずしもそうだというわけでもありません。そのため、そこには何か別の原因が隠れているということになります。

髪の毛がまとまらないと、どのようなヘアスタイルをしても、結局は髪の毛がまとまっていない、の一言で済まされてしまいます。どのようなヘアスタイルでも、髪の毛が汚く見えてしまい、ヘアスタイルで誤魔化すこともできないのです。

そのような髪の毛のまとまりのなさは、不健康そうにも見えますし、不潔な印象を人に与えてしまいます。髪の毛のケアをしていない、とも思われてしまうでしょう。ヘアスタイルでも誤魔化せないことですので、解決するためには、まとまらない髪の毛をどうにかしなければなりません。いったい、どうすれば良いのでしょうか。

髪がまとまらない原因を知ろう

髪の毛がパサパサでまとまらないという人は、なぜこのようなパサパサの状態になってしまうのか、大きな疑問を持っていることでしょう。

髪の毛がパサパサになってしまうのは、生まれつきということでなければ、必ず何かしらの原因があるものです。そのため、逆に考えれば、その原因さえ解決してしまえば、パサパサのまとまらない髪の毛を、さらさらのまとまる髪の毛に変えることができるということになります。

パサパサのくせ毛に満足している女性などいるはずがありません。誰もが、さらさらな髪の毛と、まとまりやすい毛先を求めているものでしょう。そのため、パサパサのくせ毛に悩んでいる人は、パサパサのくせ毛になってしまう原因を知り、ケア方法を学んでおく必要があるのです。

では、ここからはさらさらでまとまりやすい毛先にするためのケア方法を学ぶ前の、パサパサのくせ毛になってしまう原因を紹介していきたいと思います。様々な疑問が解決するため、しっかりと学んでおきましょう。

【髪がまとまらない原因①】頻繁なヘアスタイルの変更

女性にとってヘアスタイルは、かなり重要なものです。ヘアスタイルを変更するのが好きで、頻繁に違うヘアスタイルに変更するという人も多いでしょう。しかし、そのようなヘアスタイルの変更が、さらさら髪の毛をパサパサのくせ毛に変えている可能性もあります。

ヘアスタイルを変更する際には、パーマをあてたり、カラーを変えたりするものです。そして、その際には必ず、薬剤を使用することになるでしょう。

ヘアスタイルの変更の際に薬剤を使用すると、髪の毛を保護しているキューティクルが開き、そこに薬剤の成分が入り込むことになります。しかしこれを繰り返すと、髪の毛の内部にある水分が蒸発し、乾燥してしまうのです。

ヘアスタイルの変更により、髪の毛が乾燥してしまえば、髪の毛はくせ毛のようにパサパサになってしまい、毛先がなかなかまとまらなくなります。そのため、頻繁にヘアスタイルを変更することが、パサパサの髪の毛の原因になってしまうのです。

【髪がまとまらない原因②】部屋が乾燥している

髪がまとまらない原因は、ヘアスタイルの変更が原因の場合もありますが、部屋が乾燥していることが原因である場合もあります。

髪の毛がパサパサのくせ毛になってしまうのは、基本的に乾燥が原因です。ヘアスタイルの変更も、結局はヘアスタイルの変更により、髪の毛が乾燥してしまうということが原因となっています。

部屋が乾燥していると、ヘアスタイルを変更した時のように髪の毛は乾燥してしまいます。乾燥した状態だと、髪の毛に含まれる水分が蒸発しやすい状態となってしまうからです。そのため、冬場は特に髪の毛がパサパサのくせ毛になってしまいやすいということになります。

髪の毛は意外に繊細です。少しの環境の変化で、パサパサのくせ毛に変化してしまうため、髪の毛をさらさらのままにしておきたいのであれば、様々なことい注意しておく必要があります。覚えておきましょう。

【髪がまとまらない原因③】ドライヤーで乾燥させ過ぎ

髪がパサパサのくせ毛になってしまう原因としては、ドライヤーで乾燥させ過ぎているという原因も考えられます。

お風呂からあがった後、女性はドライヤーを使って長い髪の毛を乾かすものです。しかし、ドライヤーであまりにも髪の毛を乾燥させ過ぎてしまうと、髪の毛の水分を蒸発させてしまい、髪の毛はパサパサのくせ毛になってしまいます。

一度、ドライヤーを使いすぎたくらいではこのようなことにはなりませんが、このようなことを毎日続けていると、髪の毛がパサパサになってしまうため注意しましょう。特に毛先から影響が出てくるため、すでに毛先が傷んでいるという場合は、すぐにドライヤーの使い方を変更するべきです。

また、ドライヤーはその熱風自体が、髪の毛を傷つけてしまうこともあります。髪の毛の表面に傷がついてしまうと、そこから水分が蒸発し、髪の毛がパサパサのくせ毛になってしまうため、注意しておきましょう。

【髪がまとまらない原因④】濡れた髪の毛を放置している

毛先がくせ毛のような状態になってしまうのは、濡れた髪の毛を放置していることが原因である場合もあります。

ドライヤーは髪の毛を傷つけ、くせ毛のような髪の毛を発生させてしまうため、髪の毛を自然乾燥させている人もいるのですが、そのようなことをしてしまうと、毛先がまとまらないくせ毛になるのを助長していることと同じですので、このようなことはしないようにしましょう。

髪の毛を濡らした状態だと、一見、保湿になりそうなものですが、髪の毛は濡れるとキューティクルが開いてしまいます。そのため、髪の毛の中の水分は、蒸発してしまうようになるのです。

また、髪の毛を濡れたまま放置していると、頭皮に菌が繁殖してしまいます。頭皮環境が悪化すると、髪の毛の健やかな成長を阻害してしまうため、毛先からくせ毛になってしまうことがあるのです。注意しておきましょう。

【髪がまとまらない原因⑤】シャンプーの洗い残し

髪の毛先がまとまらない原因としては、シャンプーの洗い残しが原因という場合もあります。

シャンプーの洗い残しという話になると、髪の毛先にシャンプーの成分が残っている、と思ってしまうかもしれませんが、シャンプーの成分が残りやすいのは毛先ではなく、根元です。つまりは、頭皮ということになります。

シャンプーの際、毛先などを一生懸命洗い、すすぐ人は多いのですが、頭皮をあまり洗わないという人が多くいます。そのようなことになると、毛先はキレイになっても、頭皮にシャンプーの成分が残ってしまうことになってしまうのです。

シャンプーの成分が残ってしまうと、それを餌にして菌が異常に繁殖してしまうようになります。その結果、頭皮環境が悪化してしまい、まとまらない髪の毛ができてしまうのです。

【髪がまとまらない原因⑥】紫外線

髪の毛先がまとまらない原因としては、紫外線が原因である場合もあります。

髪の毛は紫外線によって乾燥してしまうこともあります。そのため、長時間紫外線を浴びているという人は、毛先がまとまらない髪の毛になってしまうのです。

また、紫外線は頭皮にもダメージを与えてしまいます。太陽光を長時間浴びると、肌が焼けるのと同じような現象が頭皮でも発生するためです。その結果、頭皮環境の悪化を招いてしまう、毛先がまとまらない髪の毛を発生させてしまうため、注意しておきましょう。

紫外線は肌にもシミを発生させるなどの影響を与えてしまいます。そのため、髪の毛のためにも、美容のためにも、注意しておかなければならない、女性の天敵ということになるのです。後々後悔しないためにも、若いうちから紫外線対策をしっかりやっておくということが大切です。


◆関連記事:くせ毛の直し方はこちら

くせ毛の直し方は?髪の毛がくせ毛になる原因は?

【髪がまとまらない原因⑦】髪の毛のケアをしていない

髪がまとまらない原因としては、髪の毛のケアをしていないことが原因という場合もあります。

さらさらの髪の毛を保つために、多くの女性がリンスやトリートメントを使用しているものです。しかし、なかにはこのようなケアをまったく行わないというような女性も存在します。

ケアをまったくしないとなると、やはり髪の毛はまとまらないようになってしまいます。様々なダメージや髪の毛の乾燥から守ってくれるものが、このようなケアを行う商品ですので、それを行わないとなると、人よりも髪の毛がまとまらないようになってしまっても仕方がないでしょう。

また、使用しているにも関わらず、ケアの仕方を間違えているせいで、髪の毛がまとまらないようになっているという場合もあります。ケアの方法も含めて、しっかりと髪の毛を様々な商品を使って保護してあげるということが、さらさらの髪の毛を保つためには大切なことです。

湿気が多いと髪がまとまらない

髪の毛は基本的に乾燥していることが原因でまとまらないようになってしまうという話でしたが、湿気が多い日でも髪の毛はその湿気により、まとまらなくなります。乾燥とは真逆の湿気でまとまらないとなると、理屈として乾燥がダメなのか、湿気がダメなのかわからなくなってしまう人もいるでしょう。

湿気が多い時に髪の毛がくせ毛のようになってしまうのは、湿気によって、形状記憶が解除されているためです。家でストレートアイロンを使い、髪の毛をさらさらにしても、髪を濡らせば、すぐにそれは戻ってしまいますが、それと同じことが湿気で発生しているということです。

つまりは、湿気が多い場合、元々髪の毛がくせ毛の人は、湿気によってまとまらない髪の毛になってしまうということなのです。

また、湿気が多いと、髪の毛は水分を吸収し過ぎてしまいます。どの髪の毛でも湿気の影響を受けてしまいますが、特にダメージが多い髪の毛は湿気の影響をより多く受けてしまうものです。つまり、湿気が原因と言えることもできますが、そもそもの原因は髪の毛のダメージが原因ということです。ダメージを受けている髪の毛は、湿気がない状態だと、乾燥し、パサパサになってしまうため、湿気と乾燥、両方の環境に弱いということになります。

髪がまとまらない人の対処法を知ろう

髪がまとまらない原因や湿気で髪の毛がまとまらなくなる理由などについて紹介してきましたが、ここからは髪の毛をさらさらにするための方法を紹介していきたいと思います。

髪の毛をさらさらにするためには、基本的に髪の毛がくせ毛になってしまう原因を排除していくということが大切です。髪の毛をくせ毛にならないようにすることで、髪の毛は健やかに育ち、さらさらになるものなのです。

様々な髪の毛をさらさらになる方法を紹介していくのですが、基本的に今回紹介することは全て、長期間続けていかなければ効果のないことです。まとまりやすいさらさらの髪の毛にするためには、それなりの努力が必要ということにもなります。

髪をさらさらにしたいということであれば、まずは長期間、やり抜くという覚悟を持ってください。覚悟をしっかりと持てた人だけ、これから紹介していく髪の毛をさらさらにする方法を勉強していきましょう。

【髪がまとまらない人の対処法①】髪の毛のケアをする

髪をさらさらにする方法としては、髪の毛のケアをしっかりするということが大切です。

髪の毛はダメージを受けると、水分が蒸発しやすくなり、吸収しやすくもなります。その結果、湿気があっても乾燥しても、髪の毛がまとまらないようになってしまうのです。そのためダメージを受けさせないということが、まず大事になってくるのです。

しかし、ダメージを受けさせないといっても、髪の毛がまったくダメージを受けないようにするというのは、かなり難しいことです。正直に言って、そのようなことは無理でしょう。そのため、多少ダメージを受けても良いように、ケアをしておくことが大切になってきます。

トリートメントなどをしていれば、髪の毛の表面にバリアができるような状態になるため、ダメージを受けにくくなります。簡単に髪の毛を保護することができるようになるため、普段、あまり使用していないという人は、しっかりと使用するようにしましょう。


◆関連記事:静電気も髪の毛の痛みの原因です

髪の毛の静電気の防止方法!静電気が起こる原因と抑える方法を知ろう

【髪がまとまらない人の対処法②】ドライヤーで乾かす

髪がまとまらない人の対処法としては、ドライヤーで乾かす、という対処法もあります。

これはお風呂の後に、きっちりと髪の毛をドライヤーで乾かすようにするということです。そうすることで、髪の毛は乾燥しなくなりますし、頭皮環境も整えられるようになります。

髪の毛は自然乾燥させたほうが良いというような話が、一時期、話題になりましたが、それは真っ赤な嘘です。正しく髪の毛をドライヤーで乾かすということこそが、髪がまとまらない人には大切なことですので、しっかりと覚えておきましょう。

ただ、ドライヤーで髪の毛を完全に乾かす、と髪内部の水分をも蒸発させてしまいます。そのため、9割程度乾かし、後は自然乾燥させるというやり方がベストです。

【髪がまとまらない人の対処法③】部屋を乾燥させない

髪がまとまらない人が行うべき対処法としては、部屋を乾燥させない、ということが大切です。

部屋を乾燥させてしまうと、その影響で髪の毛も乾燥してしまうようになります。あまりにも加湿させてしまうと、それはそれでNGなのですが、常識の範囲内である程度加湿しておくことが、髪の毛がまとまらない人には大切なことなのです。

部屋を乾燥させないために気をつけるべきなのは、冬です。冬は室内でもかなり乾燥するため、加湿器などを購入し、部屋の湿度を一定に保つようにしましょう。できれば、常に稼動し続けるような加湿器ではなく、一定の湿度になったら、自動で止まるような加湿器が良いです。

そうすることで、部屋がしっかりと加湿され、髪の毛がまとまらないという悩みを解消できるようになります。加湿するとくせ毛になってしまう、と勘違いしている人がいますが、そのようなことはないため、しっかりと冬場は加湿するということを心がけておいてください。

【髪がまとまらない人の対処法④】頭皮を清潔に

髪がまとまらない人のケアの方法としては、頭皮を清潔にするということが大切です。

頭皮環境と髪の毛がまとまらないことを別で考えている人も多いですが、頭皮環境が悪いことにより、髪の毛がまとまらないようになってしまうこともあります。そのため、髪がまとまらないという人は、頭皮のケアをしっかりと行うということが大事なのです。

頭皮を清潔にするためには、シャンプーをしっかりと洗い流すということが大切です。自分では洗い流したと思っていても、シャンプーの成分が残っていることもあります。

ただし、あまり激しく頭皮を手でこすりながら洗い流してもダメです。そのようなことをすると、頭皮に傷ができてしまい、そこから菌が入り込むことで、炎症になってしまうこともあります。そうなると、髪がまとまらないどころか、抜けてしまうこともあるため、優しくしっかり洗い流すようにしましょう。

【髪がまとまらない人の対処法⑤】ドライヤーの正しいかけ方

髪がまとまらない人が行うべきケアとしては、ドライヤーの正しいかけ方を知るということも大切です。

髪の毛をケアするためには、自然乾燥させないように、ドライヤーをかけて、髪を乾かさなければなりません。しかし、ドライヤーのかけ方を間違ってしまうと、正しいケアにはならず、まとまらない髪の毛がさらにまとまらなくなってしまうため、注意が必要なのです。

ドライヤーはあまり熱風をあてすぎると、髪の毛自体の水分も飛ばしてしまいます。髪の毛の外側の水分は蒸発させるべきですが、内部の水分を飛ばすのはNGです。そのため、髪の毛が熱くなり過ぎないように、弱風で乾かしたり、ドライヤーと髪の毛の距離を離してから乾かすようにしましょう。

また、ドライヤーの中には低温ドライヤーという、普通のドライヤーよりも熱風の温度が低いドライヤーも存在します。そのようなドライヤーが一つあれば、髪の毛のケアのために、便利に使うことができるため、使用してみるのも良いでしょう。

【髪がまとまらない人の対処法⑥】カラーやパーマは極力減らす

髪の毛がまとまらない人の対処法としては、カラーやパーマを極力減らすという対処法を行うことが大切です。

カラーやパーマを行う際には、薬剤を使用しますが、この薬剤は髪の毛にとってあまり良いものではありません。たまに使用するということであれば良いですが、頻繁に使用すると、髪の毛にとっては毒となってしまうため、そもそもカラーやパーマを頻繁に行わないようにするということが大切なのです。

また、家でヘアアイロンを使用している人も多いと思いますが、ヘアアイロンを何度も使用すると、髪の毛の中の水分が蒸発してしまうため、同じように髪がまとまらないようになってしまいます。

髪の毛がまとまらないから、ヘアアイロンを使用するという人も多いですが、その行為がさらに髪の毛がまとまらないという症状を悪化させていることもあるため、充分に注意しておきましょう。

【髪がまとまらない人の対処法⑦】ビタミンを摂取

髪がまとまらない人の対処法としては、ビタミンを摂取するようにするということも大切です。

ビタミンは髪が生える、頭皮環境を整えてくれる栄養素の一つです。

特に毎日、肉ばかり食べている人や、野菜や果物をあまり食べないという人は、ビタミン不足になりがちなものですので、ビタミンを摂取することが大切になってきます。

果物や野菜をあまり食べられないという人は、サプリを利用しても良いでしょう。様々な方法を駆使して、ビタミンを補給を行うようにしてください。

【髪がまとまらない人の対処法⑧】紫外線対策を行う

髪がまとまらない人の対処法としては、紫外線対策を行うということも大切です。

紫外線でも髪の毛は傷つくため、髪がまとまらない人には紫外線対策が大事なのです。先に紹介した、トリートメントをするというのも、対策の一つとなります。

その他にも、あまり長時間、特に夏場は紫外線を浴びないということも大事です。

どうしても出なければならないという場合は、日傘を使用するようにしましょう。頭が蒸れなければ、帽子も有効な対策の一つです。

【まとめ】髪がまとまらない原因は意外なことも多い

髪がまとまらないという人は、意外なことがその原因となっていることもあります。大切なのは、しっかりと髪の毛がまとまらない原因を理解し、解決していくことです。まずは自分の髪がなぜまとまらないのかを探る、というところからスタートするようにしましょう。

もっと髪に関する情報を知りたいアナタへ!

髪の毛を太くする方法7つ!髪が細くなる原因って何?【要注意】
髪の毛がチリチリになる原因と改善方法!病気かも!治すのは大変?
髪の毛の痛みを治す方法9選!原因・ケア方法を知って改善しよう

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ