髪をストレートにする方法9選!みんなの憧れさらさらヘアに!

ストレートの髪の毛に憧れている人も多いでしょう。さらさらのストレートヘアは、男性から見ても女性から見ても美しいものです。髪の毛がうねってしまい、なかなかキレイな髪の毛を手に入れることができないという人は、いったいどうすれば良いのでしょうか。

髪をストレートにする方法9選!みんなの憧れさらさらヘアに!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】ストレートな髪の毛に憧れる
  2. 髪をストレートに!うねりの原因を知ろう
  3. 【髪をストレートに!うねりの原因①】遺伝による歪み
  4. 【髪をストレートに!うねりの原因②】加齢による歪み
  5. 【髪をストレートに!うねりの原因③】頭皮環境が歪みの原因
  6. 【髪をストレートに!うねりの原因④】血行不良で未熟に
  7. 【髪をストレートに!うねりの原因⑤】ホルモン不足で未熟に
  8. 【髪をストレートに!うねりの原因⑥】栄養不足で未熟に
  9. 【髪をストレートに!うねりの原因⑦】髪のダメージ
  10. 髪をストレートにする方法を知ろう
  11. 【髪をストレートにする方法①】ドライヤーでブロー
  12. 【髪をストレートにする方法②】ストレートアイロン
  13. 【髪をストレートにする方法③】縮毛矯正を行う
  14. 【髪をストレートにする方法④】頭皮に合ったシャンプーを
  15. 【髪をストレートにする方法⑤】髪の毛を乾燥させない
  16. 【髪をストレートにする方法⑥】髪の毛を生乾きで放置しない
  17. 【髪をストレートにする方法⑦】栄養バランスのとれた食事を
  18. 【髪をストレートにする方法⑧】血行不良を改善する
  19. 【髪をストレートにする方法⑨】髪の毛をダメージから守る
  20. 【まとめ】ストレートの髪の毛はそう簡単に手に入らない

【はじめに】ストレートな髪の毛に憧れる

女性ならばさらさらなストレートヘアに憧れるものです。長いさらさらのストレートヘアが風になびくだけで、女性らしさもアップしますし、何より男性の目も引き付けることができます。様々なヘアスタイルに変更しても、最終的にはさらさらストレートヘアに行き着くというところもあるものです。

女性にとっては憧れのストレートヘアですが、さらさらのストレートヘアはヘアスタイルで誤魔化していない分、髪の毛の質というものが大切になってきます。様々なアレンジをしたヘアスタイルであれば、多少髪の毛がチリチリしていても、うまく誤魔化せるものですが、さらさらなストレートヘアはヘアスタイルが固定化されているため、髪の傷みを隠すことができないのです。

つまりさらさらのストレートヘアにするためには、髪の毛を全てそのまま晒さなければならないということです。化粧でいえばスッピンということになるでしょう。そのため、さらさらのストレートヘアにするのは、なかなかハードルが高いのです。

また、髪の毛がうねってしまい、さらさらのストレートヘアとは真逆の状態だという人も多いでしょう。そのような人はいったいどうすれば、さらさらのストレートヘアを手に入れることができるのでしょうか。

髪をストレートに!うねりの原因を知ろう

女性にとって憧れのストレートヘアですが、髪の毛にうねりがあるため、本当はストレートヘアにしたいけど、様々なヘアスタイルに変更することで、うねりを誤魔化しているという人も多いでしょう。

髪の毛の質というものは人それぞれなのですが、なかにはさらさらのストレートヘアとは真逆の、うねりがある髪の毛を持つ人もいます。なぜ、世の中にはさらさらのストレートヘアを生まれながらに持っている人もいるのに、うねりのある髪の毛になってしまうのでしょうか。

髪の毛がさらさらのストレートヘアにならないという人には、実は何かしらの原因があることが多いです。普段無意識に行っていることが、もしかしたら、髪の毛がさらさらのストレートヘアにならない原因を作っている可能性もあるということです。

そこでここからは、髪の毛がさらさらのストレートヘアにならない原因を紹介していきたいと思います。これを知ることで、自分の何がいけないのかということを知ることができるため、髪の毛をさらさらのストレートにする方法が知りたい人は、しっかりと読んでおきましょう。

■参考記事:髪のうねりの原因と改善方法は?コチラも参照!

髪のうねりの原因と改善方法は?【簡単な対策】

【髪をストレートに!うねりの原因①】遺伝による歪み

髪の毛がさらさらのストレートヘアにならない原因の中には、遺伝による毛根の歪み、という原因も考えられます。

髪の毛というものは基本的に断面を見ると、真円になっています。真円になっている髪の毛は健康的な髪の毛であり、女性の憧れのストレートヘアの人は、多くの人が真円の形をした髪の毛を持っているものです。

しかし、生まれつき毛穴が歪んでいると、その歪んだ毛穴から生えてくる髪の毛は楕円形の形になってしまいます。楕円形の形の髪の毛は、さらさらのストレートヘアにはなりませんし、髪の毛がゆがんでしまうようになります。そしてこの毛穴の形は一生変わることがないため、ずっとストレートの髪の毛は生えてこないということになるのです。

遺伝で髪の毛がゆがむ人は、小さい頃から天然パーマですし、親も天然パーマなものです。ずっと毛穴の形は変わらないため、女性としてはショックな話かもしれませんが、そのような女性でも髪の毛をストレートにする方法はあるため、諦めないようにしましょう。

【髪をストレートに!うねりの原因②】加齢による歪み

髪の毛がストレートにならない原因としては、加齢による毛根の歪みという原因も考えられます。

女性にとって老化というものは、一番の敵です。しみや皮膚のたるみなどの影響も与えてしまうのですが、実は老化は、毛穴の形にも影響を与えてしまうことがあります。毛穴が楕円形になってしまい、髪の毛も歪んだ髪の毛になってしまうのです。

そのため、女性の中には若い頃はさらさらのストレートだったにも関わらず、年を取ったことにより、天然パーマになってしまったという人が意外と多く存在します。ストレートヘアは女性としての誇りでもあるため、加齢によりこのようなことになってしまえば、かなりショックを受けてしまうでしょう。

加齢により女性の毛穴が歪んでしまうのは、頭皮がたるんでしまうことが原因です。肌と同じように、頭皮も加齢とともにたるんでいくものなのです。注意しておきましょう。

【髪をストレートに!うねりの原因③】頭皮環境が歪みの原因

髪の毛がストレートにならない女性は、頭皮環境が悪いことが原因となっていることもあります。

頭皮の状態が悪く、フケや皮脂が大量に溜まっている状態だと、毛穴がその汚れによって塞がれてしまいます。つまりは、フタがされる状態なのですが、そうなると髪の毛は真っ直ぐに伸びることができないため、歪んだ形で生成されてしまうのです。

頭皮環境が悪いと、ヘアスタイルどうこうの話以前の問題が出てきます。臭いもしてしまいますし、フケだらけの頭になってしまい、不潔な目を向けられることになります。女性としては大きな問題でしょう。

頭皮環境が悪いのは、しっかりとシャンプーをしていないことや、シャンプーの洗い残し、食事などに原因があることが多いです。特にシャンプーの洗い残しは、髪の毛の量が多い女性に多い問題となるため、充分に注意しておきましょう。

【髪をストレートに!うねりの原因④】血行不良で未熟に

髪の毛がストレートにならない女性は、血行不良で髪の毛が未熟な状態で生成されていることが原因の場合もあります。

女性には冷え症になる人が多いですが、そのような人は血行不良であることにより、髪の毛にも影響が出てしまうことがあります。髪の毛は血液から栄養を受け取り、成長しているため、血液がうまく回っていないと、髪の毛が正しく生成されないのです。

栄養が足りない髪の毛は細くなってしまい、バリア機能も未熟な状態となるため、ダメージを受けやすい髪の毛となってしまいます。当然、ストレートにはならないため、血行不良が原因で、髪の毛をストレートにすることができなくなるのです。

血行不良の原因は、運動不足や食生活、ストレス、たばこなどが考えられます、心当たりのある人は、それが原因で血行不良になっている可能性があるため、注意しておきましょう。

【髪をストレートに!うねりの原因⑤】ホルモン不足で未熟に

髪の毛がストレートにならない女性は、ホルモン不足が原因で髪の毛が未熟な状態になっている可能性もあります。

ストレートのヘアスタイルにするためには、髪の毛が健康であることが大切です。正しく髪の毛が生成されることで、毛穴が歪んでいなければ、ストレートの髪の毛が生えてくるのですが、成長ホルモンによって髪の毛は生成されているというところがあります。

成長ホルモンというと、若い人だけに出るホルモンというイメージがあるかもしれませんが、量は減っても、多くの人の体内で成長ホルモンは分泌されているものです。そのため、ストレートのヘアスタイルにしたい人は、正しく成長ホルモンが分泌されるようにしなければならないのです。

成長ホルモンは睡眠中に分泌されるため、睡眠不足や質の良い睡眠が取れていない場合、正しく分泌されなくなります。注意しましょう。

【髪をストレートに!うねりの原因⑥】栄養不足で未熟に

髪の毛がストレートにならない人は、栄養不足が原因で髪の毛が未熟な状態になっている可能性もあります。

髪の毛は血液によって栄養が運ばれるのですが、どれだけ血の巡りが良かったとしても、そもそも栄養が体内に存在していなければ、髪の毛は正しく生成されません。

髪の毛を生成する成分は、食事によって補給されます。そのため、栄養バランスが整っていない人や、偏った食事ばかりをしていると、どれだけストレートのヘアスタイルにしたくても、髪の毛は細く痛みやすいものになってしまうのです。

また、脂っこい物ばかりを食べていると、それが原因で頭皮環境が悪化してしまうこともあります。皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。そのため、ストレートのヘアスタイルにしたいという人は、充分に注意しておきましょう。

【髪をストレートに!うねりの原因⑦】髪のダメージ

髪の毛がストレートにならないという人は、髪のダメージが原因である場合もあります。

髪の毛の中には、ある程度の水分があります。しかし、髪の毛がダメージを負ってしまい、表面のバリア機能が損なわれてしまうと、そこから水分が蒸発してしまい、髪の毛はパサパサになってしまうのです。

パサパサに髪の毛になってしまえば、当然、ストレートのヘアスタイルにすることはできませんし、髪の毛もうねってしまうようになります。ストレートのヘアスタイルに憧れる人は、充分に注意しておきましょう。

髪の毛のダメージは、摩擦によるものやドライヤーの熱などが原因になることもあります。また、頻繁にヘアスタイルを変更する人は、美容室で薬剤をよく使用すると思いますが、それもダメージの原因です。ヘアスタイルの変更も悪いことではないですが、頻繁に行うと、髪の毛が痛んでしまうため、注意しておきましょう。

髪をストレートにする方法を知ろう

髪がうねる原因を紹介してきましたが、ここからはストレートのヘアスタイルに憧れる人が、髪の毛をストレートにする方法を紹介していきたいと思います。

どのようなことが原因で髪の毛がストレートにならなかったとしても、髪の毛をストレートにする方法は存在します。うねる髪の毛を発生させないようにすることはできない場合もあるのですが、現在ある髪の毛をストレートにする方法ということであれば、どのような髪の毛であっても可能なのです。

これはストレートのヘアスタイルに憧れる人にとっては朗報でしょう。ただし、それなりに手間が必要となってくることもありますし、お金がかかってしまう場合もあります。そこに目を瞑れば、憧れのストレートになることができるため、しっかりと勉強しておきましょう。

ではさっそく、髪の毛をストレートにする方法を紹介していきたいと思います。

【髪をストレートにする方法①】ドライヤーでブロー

髪をストレートにする方法としては、ドライヤーとブラシを使ってブローするという方法があります。

クセのある髪の毛は、ドライヤーで熱を与えながら、ブラシで伸ばすことによって、ある程度、真っ直ぐに形をつけることができます。ただ、ブラシの摩擦やドライヤーの熱で髪の毛が傷つく可能性があるため、ストレートローションなどを使って、ブラシの摩擦などから髪の毛を守るということも大切です。

ブラシでストレートにする方法としては、単純にブラシを髪の毛に巻きつけ、ゆっくりと下に滑らせていきながら、熱風をあてていくという方法です。ブラシはロールブラシを使ってください。ロールブラシのほうが、ブラシで髪の毛を伸ばしやすくなるからです。

ブラシとドライヤーである程度ストレートにすることができたら、最後に冷風を当ててください。そうすることで、ストレートの状態をキープすることができます。ブラシの扱い方は、最初は難しいと思いますが、慣れてくれば簡単ですので、何度か練習しておきましょう。

【髪をストレートにする方法②】ストレートアイロン

髪をストレートにする方法としてはブラシを使った方法もありますが、ストレートアイロンを使った方法もあります。

ストレートアイロンとは、家で簡易的にストレートパーマができる製品のことです。ストレートアイロンを使えば、髪の毛をドライヤーよりも強い熱でストレートにすることができるため、ブラシとドライヤーで行うよりも、真っ直ぐになりますし、効果も持続します。

ストレートアイロンで行う際には、先にくしで髪をとかし、それを追うようにして、ストレートアイロンをかけていくと良いです。ここはブラシよりも、くしを使ったほうがストレートにすることができます。ストレートアイロンはかなり熱いため、ストレートアイロンで火傷しないように注意してください。

また、ストレートアイロンは高熱ですので、一箇所に熱を与え過ぎると、ストレートアイロンの熱で髪の毛が痛んでしまったり、こげてしまったりします。そのため、ストレートアイロンの扱いには充分に注意しておきましょう。

【髪をストレートにする方法③】縮毛矯正を行う

ブラシとドライヤーやストレートアイロンを使う方法もありますが、縮毛矯正を行えば、自宅で行うストレートアイロンよりもストレートの髪の毛を持続させることができます。

ただし、縮毛矯正はストレートアイロンのように自宅で行うことはできません。美容院で行わなければならないため、ストレートアイロンよりもお金はかかってしまいます。

縮毛矯正は薬剤を使用して、髪の毛にストレートアイロンをかけ、髪の毛をストレートにする方法です。これを行えば、自宅で毎朝、ドライヤーをかけたり、ストレートアイロンをかける手間も必要なくなるため、お金に余裕があるのであれば、おすすめの方法となります。

ただ、薬剤を使用するため、髪の毛は多少、痛んでしまいます。何度も行うと、髪の毛がチリチリになってしまうこともあるため、注意しておきましょう。

■参考記事:縮毛矯正の頻度はどれくらいがベスト?コチラも参照!

縮毛矯正の頻度の理想を解説!【髪の長さ別】

【髪をストレートにする方法④】頭皮に合ったシャンプーを

髪をストレートにする方法としては、頭皮に合ったシャンプーを使うという方法もあります。

シャンプーをしっかりと洗い流せていないことで、頭皮環境が荒れてしまうこともあるのですが、シャンプーが頭皮に合っていないものだと、頭皮の乾燥を招いてしまい、シャンプーが原因で、髪の毛がうねってしまうことがあります。

シャンプーは基本的に2種類のシャンプーが存在します。洗浄力の強いシャンプーと、洗浄力の弱い、自然由来の成分で作られているシャンプーです。

皮脂の分泌が多い人は、皮脂をしっかりと落とすためにも、洗浄力の強いシャンプーを使用したほうが良いです。しかし乾燥肌の人が洗浄力の強いシャンプーを使うと、頭皮が乾燥してしまうため、そのような人は、洗浄力の弱いシャンプーを使うようにしましょう。とにかく、自分の肌に合ったシャンプーを使うことが大切です。

【髪をストレートにする方法⑤】髪の毛を乾燥させない

髪の毛をストレートにする方法としては、自分に合ったシャンプーを使い、頭皮を乾燥させないことも大切ですが、髪の毛自体を乾燥させないということも大切です。

髪の毛の中には、ある程度、水分が貯蔵されています。これがしっかりと存在していることにより、髪の毛は美しく、ストレートになるのですが、その水分がなくなってしまうと、ストレートの髪の毛にはならなくなるため、乾燥させないということが大切になってくるのです。

髪の毛を乾燥させないためには、ドライヤーで長時間、髪の毛に熱を与えないということが大切です。ストレートアイロンも同じなのですが、熱により、水分が蒸発してしまうため、意識しておきましょう。

また、冬場に部屋を乾燥させないというのも、髪の毛を乾燥させないためには大切なこととなります。加湿器などで対策するようにしましょう。

【髪をストレートにする方法⑥】髪の毛を生乾きで放置しない

髪をストレートにする方法としては、髪の毛を生乾きで放置しないということも大切です。

髪の毛をストレートにする方法として、髪の毛を乾燥させないということも大切なのですが、濡れた状態で放置するのも、ダメなこととなるため、注意しておきましょう。

髪の毛を濡れた状態で放置すると、頭皮で菌が繁殖してしまい、頭皮環境が悪化してしまいます。さらに摩擦も強くなるため、髪の毛のダメージの原因となってしまうのです。

お風呂に入ったら、必ず髪の毛はドライヤーでしっかりと乾かすようにしましょう。そうすることで、菌が繁殖しなくなります。

【髪をストレートにする方法⑦】栄養バランスのとれた食事を

髪の毛をストレートにする方法としては、栄養バランスのとれた食事を摂るということも大切です。

髪の毛は栄養素が正しく摂れていないと、正しく生成されません。そのため、髪の毛をストレートにしたいということであれば、しっかりと必要な栄養を摂取する必要があります。

髪の毛の生成のために必要な栄養素は、タンパク質とビタミン、亜鉛の三つです。

特に亜鉛は、日本人が不足しがちな栄養素となっています。意識して摂取するようにしましょう。

【髪をストレートにする方法⑧】血行不良を改善する

髪の毛をストレートにする方法としては、血行不良を改善するという方法もあります。

血行不良を改善するためには、運動をすると良いです。有酸素運動を週に3回、30分ほど行うようにすると、血行促進効果が現れるようになります。

また、血行不良の原因であるストレスをなくすということも大切です。

ストレスは溜めないということよりも、解消することを意識しておいたほうが、うまくコントロールできるようになります。たまには外で大騒ぎするということも、髪の毛のためには大切なことなのです。

【髪をストレートにする方法⑨】髪の毛をダメージから守る

髪をストレートにする方法としては、髪の毛をダメージから守るということも大切です。

髪をダメージから守るためには、傷つけないようにするということも大切なのですが、バリアを強固にするということも大切です。つまりは、トリートメントなどで、しっかりとケアしておくということになります。

トリートメントを行えば、髪の毛に必要な栄養も補給できますし、髪の毛にバリアができますので、ダメージからも守られるようになります。

トリートメントは髪をストレートにするためにも、ストレートを持続するためにも大切なことです。今キレイなストレートの人も、トリートメントを使えばより髪の毛がキレイになるため、定期的に使用するようにしましょう。

【まとめ】ストレートの髪の毛はそう簡単に手に入らない

髪をストレートにする方法を紹介してきましたが、髪の毛をストレートにするためには、様々な努力が必要となります。それを考えれば、ストレートな髪の毛は努力の結晶でもあるということです。簡単に手に入るものではないため、しっかりとケアしておきましょう。

もっとヘアケアに関する情報を知りたいアナタへ!

髪の毛をサラサラにする方法!男は髪質で勝負!【モテる】
髪の毛がチリチリになる原因と改善方法!病気かも!治すのは大変?
髪の毛が絡まる原因と対処法は?これでもう絡まらない!【必見】
髪の毛を太くする方法7つ!髪が細くなる原因って何?【要注意】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ