髪型のレイヤーとは?レイヤーヘアアレンジまとめ!

髪型のレイヤーとは?レイヤーヘアアレンジまとめ!

美容院に行ったときに髪型レイヤーという言葉を聞いたことがあるでしょうか。髪型レイヤーとはどのような髪型なのか紹介していきます。レイヤーという言葉を聞いたことがない人もいるかもしれません。髪型レイヤーとはなんなのか紐解いていきましょう。

記事の目次

  1. 1.そもそも髪型レイヤーとは?
  2. 2.髪型レイヤーとはどんな長さでもできる?
  3. 3.ヘアスタイル別 髪型レイヤーとは
  4. 4.ロングの髪型レイヤーとは
  5. 5.ミディアムの髪型レイヤーとは
  6. 6.ロブの髪型レイヤーとは
  7. 7.ボブの髪型レイヤーとは
  8. 8.ショートの髪型レイヤーとは
  9. 9.オススメの髪型レイヤーとは?
  10. 10.シャギーが入った髪型レイヤーとは?
  11. 11.ヘアアレンジ別 髪型レイヤーとは?
  12. 12.髪型レイヤーの芸能人
  13. 13.コスプレにも人気?レイヤーカット
  14. 14.髪型レイヤーでおしゃれにきめよう!

そもそも髪型レイヤーとは?

ヘアスタイルの種類としてレイヤーというものがあります。レイヤーとは英語で『層』を表しています。つまり切りっぱなしやギザギザということではなく、髪に段を持たせるということですね。髪の長さを部分別にカットをします。その段差で空気を含んだようなエアリー感が出ます。自然と動きが出るのでヘアセットに時間がかからないのも特徴です。

髪型レイヤーとはどんな長さでもできる?

レイヤーとは段差を入れることなので、極端に短くない限りはできるヘアスタイルです。切りっぱなしのボブヘアに飽きてきた人や、少し遊び心を入れたい人にオススメのヘアスタイルです。ミディアムヘアがいちばんエアリー感が出ます。極端に毛が短いショートヘアの人以外はできる髪型です。

ヘアスタイル別 髪型レイヤーとは

ここからはロング・ミディアム・ロブ・ボブ・ショートそれぞれのヘアスタイルに分けて、髪型レイヤーを紹介していきます。レイヤーはどんなヘアスタイルにも取り込むことができます。動きが出て明るい印象を与えます。夏のヘアスタイルとしてよく見かけます。冬は静電気で、梅雨時は湿気で髪が思ったより広がりやすくなるかもしれませんが、ワックスなどでカバーしましょう。

ロングの髪型レイヤーとは

ロングヘアの髪型レイヤーは、主に胸下から毛先のあたりにいれます。トップのあたりにいれるとウルフカットのようなかっこいい感じが出るので、そちらの方が好みであればチャレンジしてみましょう。さらに毛先にシャギーを入れて遊ばせても可愛いですね。

ミディアムの髪型レイヤーとは

ミディアムはロングヘアよりも動きが出やすく、ショートよりもクセが出にくいので、レイヤーを入れるにはいちばんオススメのヘアスタイルといえます。カーラーやコテを使って動きを出せばさらに可愛くなります。外ハネにしたり、内巻きにしたりアレンジが可能です。

ロブの髪型レイヤーとは

ロブとは、ロングとボブの間のヘアスタイルです。ロングの『ロ』とボブの『ブ』でロブです。ミディアムよりも動きが出やすいので活発なイメージを持たれやすいです。自然で可愛らしくハネるので、年齢よりも若く見られたいときにオススメのヘアスタイルです。シャギーを入れてもスッキリしていいですね。

■関連記事:ロブについて気になる方はこちらもチェック!

切りっぱなしロブの可愛いヘアスタイルまとめ! | Lovely[ラブリー]のイメージ
切りっぱなしロブの可愛いヘアスタイルまとめ! | Lovely[ラブリー]
ボブより長くてミディアムよりちょっぴり長めの「ロブ」。「可愛い」も「大人っぽい」も叶えてくれる切りっぱなしロブヘアスタイルにハマる女子が急増中です。パーマ、ストレート、黒髪にもピッタリの最新切りっぱなしロブスタイルを集めました。イメチェンをしたい人、オシャレでモテる万能ヘアスタイルを探している人はロブで決まり♡

ボブの髪型レイヤーとは

次のページ

ショートの髪型レイヤーとは

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely