デジタルパーマが失敗したら?かかりすぎた!【画像あり】

みなさんは「デジタルパーマ」をご存知ですか? 多くの人が利用しているデジタルパーマですが、実は失敗例も多くあるんです。 今回はそんなデジタルパーマを失敗してしまった時の対処法について、ご紹介させていただきたいと思います。

デジタルパーマが失敗したら?かかりすぎた!【画像あり】のイメージ

目次

  1. 【デジタルパーマの失敗】初めに
  2. 【デジタルパーマの失敗】デジタルパーマとは
  3. 【デジタルパーマの失敗】対処法①チリチリ
  4. 【デジタルパーマの失敗】対処法②かかりすぎ
  5. 【デジタルパーマの失敗】対処法③かからない
  6. 【デジタルパーマの失敗】原因①チリチリ
  7. 【デジタルパーマの失敗】原因②かかりすぎ
  8. 【デジタルパーマの失敗】原因③かからない
  9. 【デジタルパーマの失敗】失敗画像
  10. 【デジタルパーマの失敗】最後に

【デジタルパーマの失敗】初めに

ヘアスタイルを可愛くするためにデジタルパーマをかけたのに失敗してしまった・・・。
今回は、そんなデジタルパーマに失敗してしまった時の対処法や原因についてご紹介させていただきたいと思います。
おしゃれでかわいいデジタルパーマですが、実際かけてみると「思っていたヘアスタイルと違った・・・。」や「髪の毛にダメージがかかりすぎて、チリチリになってしまった・・・。」なんて失敗があります。
デジタルパーマが失敗してしまった場合の原因はいろいろありますが、とにかく今の状態にヘアスタイルから脱出したいですよね。
髪の状態に合わせた対処法をご紹介させていただきます。

【デジタルパーマの失敗】デジタルパーマとは

デジタルパーマとは、熱と薬剤によってカールを形成します。
専用の機械とロッドというものを使ってカールを作るので、ワンカールをも実現することができます。
ワンカールとは、毛先のみを内側に巻くことを言います。

【デジタルパーマの失敗】対処法①チリチリ

デジタルパーマをかけた時に、失敗してしまう原因のひとつに「髪がチリチリになる」という失敗例があります。
この失敗は、デジタルパーマをかけて失敗してしまう原因の中でも一番なりたくない髪の状態です。
髪がチリチリになってしまう現象は、いわゆい「チリ毛」と呼ばれているものです。
この髪がチリチリとしてしまう失敗をしてしまった場合は、切っていくしかありません。
チリチリの髪の毛は髪の毛の栄養分が流れていってしまい、髪の毛の中がぐちゃぐちゃになっている状態です。
なので、栄養を与えようとしてトリートメントをしてみても多少の手触りの改善にはなるのですが、チリチリとしている質感は無くなりません。
だから、チリチリになってしまった髪の毛な切るのが最善の対処法です。
美容師さんにチリチリのヘアスタイルを切ってもらう場合は、どの部分まで切ってしまうのがいいのか相談して決めるといいでしょう。

【デジタルパーマの失敗】対処法②かかりすぎ

思っていたヘアスタイルと違った場合によくみられるのがこの「デジタルパーマのかかりすぎ」です。
もしもかかりすぎてしまった場合はしばらく様子を見るという対処法をとりましょう。
なぜかというと、デジタルパーマをかけてから2,3日経つとパーマが馴染んできてちょうどいいカールになる場合があるからです。
それでもかかりすぎてしまっている場合は、美容院で縮毛矯正やストレートパーマをかけ直してもらって、その上からまたデジタルパーマをかけ直してもらいましょう。
しかし、このかけ直しをする対処法は髪へのダメージが尋常ではありません。
なのでワンカールなどであれば切ってしまったり、自分でできる対処法を探す方がいいかもしれません。

デジタルパーマがかかりすぎてしまった場合に、自分でできる対処法とは髪を乾かす時に引っ張る方法です。
普通ならパーマをかけている髪を乾かす時には、ふんわりとさせるために柔らかく乾かします。
しかし今回はかかりすぎてしまっているので、その逆に引っ張るという対処法をとります。
こうすることで、かかりすぎてしまったウェーブの部分を伸ばすことができます。
引っ張って乾かす時にねじりながらやると、パーマを残しつつちょうどいいウェーブのヘアスタイルにすることができます。
また、ねじらずに乾かすことでパーマをかけているかかけていないかわからないような、ふんわりとしたヘアスタイルにすることができます。
いま流行りの外国人風のヘアスタイルのような感じです。

そのほかにも、ストレートアイロンでストレートにしてしまうという対処法です。
上の部分がかかりすぎている場合は、ストレートアイロンで髪を伸ばしてあげることで落ち着かせることができます。
しかし、ヘアアイロンは髪へのダメージを促進させるのであまりおすすめはできません。
ヘアアイロンを使用する場合は、髪の保湿や栄養などに気を使いながら使いましょう。

【デジタルパーマの失敗】対処法③かからない

さきほどとは逆に、パーマが「かかっていない」場合の対処法です。
この場合は美容院でかけ直してもらうなどの対処法をとりましょう。
初めてパーマをかける時に良く起こります。
ただし、セットの仕方が悪くてウェーブがうまく出ていない場合もあるので、かけ直してもらう前にしっかりとセットしてもウェーブが出ないのかを確認してからかけ直してもらいましょう。
かけ直してもらう時には、しっかりとなぜ前回はデジタルパーマがかからなかったのか、いまの髪の状態でデジタルパーマをかけてもいいのかなどを相談してからかけ直してもらいましょう。
一度パーマをかけてしまっているので、ダメージを負っている場合があります。
そのあたりも。美容師さんと相談してください。


◆関連記事:ショートもデジパで!

ショートヘアはデジタルパーマで可愛く!髪型まとめ!

【デジタルパーマの失敗】原因①チリチリ

デジタルパーマをかけた時に髪がチリチリになってしまう原因とは何でしょうか。
デジタルパーマをかけた時に髪の毛がチリチリになってしまう原因のほとんどが、髪のダメージです。
もともとのパーマをかける前の髪が、ダメージヘアの場合はチリチリになってしまうことがあります。
これは、ダメージをおっている髪は栄養などがなくスカスカな状態です。
そのスカスカな状態の髪に上からデジタルパーマをかけると、髪の毛がダメージに耐え切れずチリチリになってしまいます。
なので、ダメージヘアの人は美容師さんにデジタルパーマをかけても大丈夫な状態なのか見てもらってください。

そして、次に多い髪がチリチリになてしまう原因は「技術ミス」です。
ギリギリダメージに耐えられる髪の毛にデジタルパーマをかける場合によくあります。
ヘアカラーやパーマの技術はアシスタントが行っているところがほとんどです。
なので、技術不足や技術ミスが起こってしまい髪がチリチリになってしまいます。
もしも不安であれば、スタイリストが確認しながらパーマを行ってくれるのか確認するといいでしょう。
また、パーマを放置しすぎるの髪の毛がチリチリになってしまう原因です。

【デジタルパーマの失敗】原因②かかりすぎ

パーマがかかりすぎてしまっている原因は、二つあります。
一つは、ロッドの太さのミスです。
パーマをかける時にロッドというものを髪に巻くのですが
これが太いとゆるいパーマに、細いと細かいパーマになります。
なので、ロッドが細いとかかりすぎの原因になります。
もう一つは、放置時間の長さです。
パーマを放置しすぎてしまった場合に、パーマがかかりすぎてしまう場合があります。
しかし、美容院ではタイマーを置いているのでこのタイマーを押し忘れたなどしない限り、あまり起きないミスです。

【デジタルパーマの失敗】原因③かからない

デジタルパーマがかからない原因に、初めてパーマをするという場合があります。
ヘアカラーを初めてするときに色が入りにくいように、パーマも初めてかける場合はかかりにくい場合があります。
また、放置時間が短い場合もパーマがかかからない原因になります。
そのほかにも、髪のダメージが大きすぎると、上手くパーマ液が髪に入らずパーマがかかりません。


◆関連記事:正しい乾かし方は?

デジタルパーマの乾かし方のコツは?これでゆるふわに!

【デジタルパーマの失敗】失敗画像

こちらの画像は、デジタルパーマを失敗してしまった例です。
ウェーブはすこしありますが、髪がチリチリになっていますよね。
この場合は、髪の毛が傷んだだけになってしまうのでできれば避けたい失敗です・・・。

こちらの画像は、左がパーマをかけまくってパサパサになってしまった髪です。
しかし、右の画像では綺麗な髪になっていますよね。
右の画像は、がりがりにかかってしまっていたパーマを補修した後なんです。
腕のいい美容師さんに当たれば、失敗してしまったパーマも画像のように綺麗に補修してもらうことができます。

こちらの画像は、左がパーマをした直後でかなりチリチリしています。
しかし、右の画像ではお直しをしてもらいさらさらな髪の毛に戻っています。
画像のようにチリチリ担ってしまった場合は、パーマ液落としてしてもらって髪のケアをしてもらうのがいいでしょう

【デジタルパーマの失敗】最後に

どうでしたでしょうか。
ワンカールによる失敗よりも、やはり全体的にウェーブをかけた場合に失敗が多くなってしまうようです。
しかし、ワンカールを施術した場合でも、内側にワンカールさせているはずなのになぜか外ハネになってしまう・・・なんて事態も起きるようです。
なので、ワンカールにしても全体にパーマをかけるにしても、自分の髪の状態をよくわかってくれている美容師さんにお任せするのが一番です。

今回の対処法を用いて、理想のワンカールやウェーブを手に入れてくださいね。

もっとデジタルパーマについて知りたい方はこちら

コスメパーマとは?デジタルパーマとの違いは?もちはどうなの?
デジタルパーマとパーマの違いとは?どっちがおすすめ?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ