キャップのかぶり方と前髪セット方法!ロング女子必見!【おしゃれ】

キャップのかぶり方と前髪のセット方法について、詳しくご紹介していきます。とりわけ、ロングヘアーの女性にはおすすめの記事となっています。キャップのかぶり方と合わせて、前髪のセット方法も留意しておくことで、素敵な女性を目指していきましょう。

キャップのかぶり方と前髪セット方法!ロング女子必見!【おしゃれ】のイメージ

目次

  1. キャップを被る時に前髪がつぶれるのが嫌!
  2. 前髪がつぶれないキャップのかぶり方って?
  3. 見せておしゃれに♡キャップの前髪アレンジ8選!
  4. キャップ×前髪のアレンジで楽しもう!

キャップを被る時に前髪がつぶれるのが嫌!

キャップ女子という言葉が流行してから数年が経過しますが、それでも前髪やヘアスタイルがつぶれることを嫌がってキャップをかぶらないという女性も多いですね。

確かにキャップをかぶることで、ヘアスタイルが崩れてしまったり、前髪がつぶれてしまったりすることもあるでしょう。

そういった懸念を払拭するために、いろいろな前髪のセット方法やキャップのかぶり方を工夫していけば良いのです。

女性にとってヘアスタイルはとても重要であり、その時の気分を左右すると言っても過言ではありませんよね。

その大切なヘアスタイルをキープしていくためのキャップのかぶり方について、ぜひ参考にしてくださいね。

前髪がつぶれないキャップのかぶり方って?

キャップをかぶると前髪が崩れてしまったり、つぶれてしまうことが気になってしまいますよね。

まず、レディースにおすすめのキャップのかぶり方としては、前髪を入れる方法が挙げられます。キャップの中に完全に前髪を入れてしまうことで、前髪がつぶれるのを防いで、全体的なヘアスタイルも崩れにくくしていきます。

①前髪なしおでこ出しスタイル

前髪を入れるかぶり方では、人によっては前髪がつぶれることもあるので、全員の女性におすすめできる方法ではありません。

髪質や髪の長さなどによって変わってくる部分もあるので、一度試してみて、前髪やヘアスタイルが崩れないかどうか確かめてみると良いでしょう。その上で、自分の納得のいくヘアスタイルをキープできるのであれば、継続していくことをおすすめします。

前髪を入れることで、キャップの存在感も増して、より一層魅力的なお顔立ちを印象付けていくことができます。

②浅く被る前髪ありスタイル

続いての、レディースキャップのかぶり方としては、前髪を出す方法です。

わざとキャップを浅めにかぶり前髪を出すことによって、キャップにかぶっていない部分の前髪がつぶれる心配はなくなります。

このかぶり方をすれば、基本的には多くの女性が前髪がつぶれることなく、素敵なキャップをファッションとして楽しむことができます。

前髪をまとめて出すのか、分け目を入れて出すのかは、女性自身のヘアスタイルにもよりますが、いずれにしても、前髪を出すことで、前髪がつぶれるリスクを緩和していくことができるでしょう。

◆関連記事:キャップのお手入れ方法はこちらをチェック

キャップの洗い方は?帽子が型崩れしない洗濯方法を教えます!

見せておしゃれに♡キャップの前髪アレンジ8選!

前髪とキャップの関係について、さらに掘り下げて見ていきましょう。

ロングの女性もセミロングの女性も、ショートの女性も、基本的にはキャップを浅めにかぶって、前髪を出すスタイルにすると、前髪がつぶれにくくなります。

したがって、そういったかぶり方がおすすめですが、自分なりのオシャレを楽しみたいという場合には、その他のかぶり方も模索していきましょう。

①シースルー風前髪をちょい見せ

前髪を出すかぶり方であっても、前髪をちょいありにするかぶり方が、女性の間でかわいいと評判になっています。前髪があった方が女性らしいといった声も多く、前髪ちょいありパターンのかぶり方を実践する女性も増えています。

前髪を出すか出さないかは、髪の長さに関係なく実践できるので、ロングやセミロングの女性でも十分に楽しんでいくことができます。

②重め前髪をしっかり見せ

前髪ちょいありのかぶり方も素敵なレディースキャップですが、前髪全ありのパターンもオシャレでかわいらしさが満載です。

キャップを前にしても、後ろ向きにしても楽しめるのが前髪全ありのパターンですが、こちらの、後ろのヘアスタイルも合わせて、ロングの方の見栄えがよくなるかぶり方ですね。

③くるりん前髪

キャップによって、前髪がつぶれないようにするためには、前髪を巻いておくのも一つの方法です。

三つ編みにしたり、前髪をコテやカーラーで巻いたりしておけば、前髪が崩れたりぺったんこになったりする心配もありません。

キャップをかぶる際には、少し強めに巻いていくことで、前髪をキープし続けていくことができます。

前髪を巻いた状態で、キャップを浅めにかぶっておけば、より万全な状態で前髪をキープしていくことができるでしょう。

キャップを前向きにかぶったり、後ろ向きにかぶったり、斜めにかぶったりするなど、いろいろなパターンに対応できるのが巻き髪であり、ヘアスタイルの維持においても、おすすめのセット法です。

◆関連記事:もっと知りたいキャップに合う髪型!

キャップに合う髪型とヘアアレンジ!【ロング・ミディアム・ショート】

④流し

髪を流すことで爽やかを演出しつつ小顔にも見えるアレンジです。

歩くたびに大きく前髪が揺れるので、ふわふわ揺れて可愛くアピールすることができます。

⑤センターパート

前髪を真ん中に分けて顔周りの毛を残したスタイルです。

ポニーテールやショートヘアの方で、前髪がない場合はただキャップの中に入れるのもよいですが、ひと工夫すると小顔効果にもなりますよ!

⑥無造作バング

短めにジグザグとカットした武蔵だな前髪はボーイッシュなキャップとの相性バツグン。

前髪が見えるようキャップは浅めに被るのがポイントです。

⑦パッツン

重くなってしまうと思いがちなパッツンですが、キャップには相性バツグンです。少し髪を分けて抜け感をだすと丁度いいバランスになります。

前髪は重めで、コーデは明るめにするとバランスのいいですね。

⑧斜めバング

斜めにカットした前髪をそのまま斜めに流してみましょう。邪魔にもならずアクセントにもなる素敵なアレンジになります。

ナチュラルなので、そのままカジュアルな服装だとオシャレに決まりますね。

キャップ×前髪のアレンジで楽しもう!

前髪を崩さないようなキャップのかぶり方はたくさんありますが、そういったキャップのかぶり方の中から、自分に合った方法を見つけていくと良いでしょう。

髪の長さ、髪の質、流れ、分け目など、人によってヘアスタイルは異なりますので、そういったヘアスタイルに合わせて、最適なかぶり方を選択していくことがおすすめです。

セットしたヘアスタイルを崩したくない場合には、あえて浅めにかぶることで、素敵なヘアスタイルを維持したまま、キャップのオシャレさも楽しむことができます。

斜めにかぶったり、後ろ向きにかぶったりすることで、また違ったオシャレが出てきますので、前髪部分を意識しつつ、そういった独特なかぶり方にも積極的にチャレンジしていくのも良いでしょう。

キャップに関する情報についてもっと知りたいアナタヘ

ダイソーの帽子がおしゃれ!キャップやハットなど紹介【100均】
ディズニーランドかぶりもの特集!帽子・カチューシャ・ファンキャップ!
キャップ女子必見!かぶり方からおすすめブランドまで完全解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ