• lovely
大人メイクのやり方5選!童顔を卒業して色気をだそう!

大人メイクのやり方5選!童顔を卒業して色気をだそう!

私も大人メイクをして、大人の色っぽさを出したい!
でも童顔だし・・・と、諦めていませんか?

まだ諦めるのは早いですよ!
大人メイクで色気のある、大人顔を手に入れることができる方法をまとめてみました!

目指せ大人顔!

記事の目次

  1. 1.大人メイク
  2. 2.大人メイクのやり方(1)大人顔って必要?
  3. 3.大人メイクのやり方(2)大人の色気を出すべき年齢
  4. 4.大人メイクのやり方(3)童顔でも大人顔に
  5. 5.大人メイクのやり方(4)大人可愛いメイク
  6. 6.大人メイクのやり方(5)色気のあるメイク
  7. 7.大人メイクのやり方(6)メイクだけでは色気は出せない
  8. 8.大人メイクのやり方5選(1)下地からコンシーラーまで
  9. 9.大人メイクのやり方5選(2)ファンデーション
  10. 10.大人メイクのやり方5選(3)アイメイク
  11. 11.大人メイクのやり方5選(3-1)睫毛
  12. 12.大人メイクのやり方5選(3-2)アイカラー
  13. 13.大人メイクのやり方5選 (3-3)買うべきアイシャドウ
  14. 14.大人メイクのやり方5選(3-4)アイブローで大人顔に
  15. 15.大人メイクのやり方5選(4)大人顔のチーク
  16. 16.大人メイクのやり方5選(5)リップカラー
  17. 17.大人メイクのやり方5選(5-2)リップグロス
  18. 18.大人からのメイク(1)アラサーからの大人メイク
  19. 19.大人からのメイク(2)アラフォーからの大人メイク
  20. 20.大人からのメイク(3)スキンケア
  21. 21.大人メイクのやり方 まとめ

大人メイク

そもそも大人メイクってなんなの?
若い時のメイクと何が違うの?

そう感じる人もいるかもしれません。

若い時のメイクのままでは、だんだんと顔に似合わなくなってしまいます。

童顔の人でも、メイクのやり方を変えるだけで大人顔になることもできるんです。

大人メイクのやり方(1)大人顔って必要?

大人の女性を見ると、色っぽい雰囲気や、セクシーなオーラを感じませんか?

海外の有名人や、モデルさんを見たときに、明らかに違う大人の雰囲気を出していますよね。
あの色気を出せたらいいと思いませんか?

年とともに、若い頃の可愛いメイクよりも、色気のある大人顔メイクをした方が魅力的なんです。

大人メイクのやり方(2)大人の色気を出すべき年齢

20代半ばになってくると、大人の色気や色っぽいメイクが必要と感じる場面も多く出てきます。

若さが売りの年代では、さほど魅力を感じなかった世界や、大人の男性に気を惹かれることもあり、自分も大人に見られたい!と感じるようになります。

また、年相応な態度を取って欲しいと感じる時が、大人の色気を出すべき年齢と言えるのではないでしょうか。

(1)若い時に色っぽいメイクは似合わない?

就職をしたばかりの時に、大人になったから、大人に見られたい。
と思って大人顔になるための色っぽいメイクをしても、なんだかパッとしませんよね。

パーティーにでも行くの?と聞かれてしまいそうな雰囲気さえ醸し出します。

まだ若い年代では、大人顔のメイクよりも、可愛いメイクをしていた方が似合いますし、男性ウケも良いです。

大人メイクのやり方(3)童顔でも大人顔に

年齢的にも大人顔に見られたいし、色気のあるメイクにも興味があるけど、童顔だからな・・・
と思って諦めてしまっている童顔さんもいると思います。

色っぽいメイクは童顔に似合わないのではなく、童顔でも色っぽくメイクをしてしまえば、色気のある大人顔は作れるんです。

(1)どのパーツが童顔に見えるのか

童顔の女性は、どのパーツが童顔に感じさせてしまうのか、把握しておくことで大人顔メイクがしやすくなると思います。

眉毛が下がり眉で童顔に見えてしまう人、目と眉の間隔が狭く童顔に見えてしまう人、丸顔が童顔に見えてしまう人。
童顔と一言で言っても、童顔に見えてしまう原因はいくつかあります。

また、そんなに童顔ではないのに、髪型や服装、雰囲気で幼く見え、童顔と思われてしまう人もいます。
どのパーツが童顔なのか、本当に童顔なのか、まずは自分の顔をよく知ることが大事です。

大人メイクのやり方(4)大人可愛いメイク

大人顔でも可愛いメイクをしている人もいますよね、
それでもちゃんと大人顔になっています。

チークの色や、チークを置く場所、リップだけでもやり方を変えてみると、同じ大人顔メイクでも可愛い感じに仕上がります。

大人顔メイクなので、可愛いメイクの中にも、色気や色っぽい雰囲気を出せると大成功です。

(1)タレ目メイクはNG!

若い時には、可愛いメイクをしたくて、タレ目に力を入れた、可愛いメイクをしていた女性も多いのではないでしょうか?

可愛いからとはいえ、あまりにも作られたタレ目は、色っぽさに欠けます。

童顔の人が、可愛い系のタレ目メイクをしてしまうと、余計に大人顔から離れていってしまいますので、気をつけたいですね。

次のページ

大人メイクのやり方(5)色気のあるメイク

関連記事

人気の記事

Copyright (C) Lovely