血色メイクのやり方は?チーク・リップ・アイシャドウの使い方解説!

血色メイクは、仕事やデートでも必要ですね。 顔色を自然に美しく見せるために、血色メイクが役立ちます。 ヘルシーで美しい顔は、アイシャドウやチーク、リップのカラーとやり方によって整えられます。 血色メイクのやり方やポイントを紹介します。

血色メイクのやり方は?チーク・リップ・アイシャドウの使い方解説!	のイメージ

目次

  1. 健康的な血色メイク! 15選 お肌が艶やかなメイク
  2. 健康的な血色メイク!① Tゾーンのハイライト
  3. 健康的な血色メイク!② アイラインはくっきり❤
  4. 健康的な血色メイク!③ チークはほんのり
  5. 健康的な血色メイク!④ アイシャドウは赤系
  6. 健康的な血色メイク!⑤ 色っぽい唇
  7. 健康的な血色メイク!⑥ ベースメイク
  8. 健康的な血色メイク!⑦ クリームファンデーションの場合
  9. 健康的な血色メイク!⑧ 眉メイク
  10. 健康的な血色メイク!⑨ アイシャドウの塗り方
  11. 健康的な血色メイク!⑩ カールマスカラ
  12. 健康的な血色メイク!⑪ 潤いのある唇
  13. 健康的な血色メイク!⑫ クリームチーク
  14. 健康的な血色メイク!⑬ 血色メイクのやり方
  15. 健康的な血色メイク!⑭ 唇を彩るティント
  16. 健康的な血色メイク!⑮ ラメ入りアイシャドウ
  17. 血色メイクにキャンメイク おすすめアイシャドウ
  18. 血色メイクにキャンメイク フェミニンなチークカラー
  19. 血色メイクにキャンメイク おすすめリップ
  20. 血色メイクについて、詳しくなれましたか?

健康的な血色メイク! 15選 お肌が艶やかなメイク

血色メイクは、今流行のフェロモン顔のような、澄んだ肌で潤いのある質感のメイクの事です。
綺麗だけど、ナチュラル感を大切にしたメイクは、血色メイクのポイントですね。
健康的で明るくメイクを仕上げるためには、 下まぶた、唇、頬の3点のメイクに注目します。
ヘルシーで、明るいお肌にメイクしましょう。

健康的な血色メイク!① Tゾーンのハイライト

お肌を明るく見せるためには、ハイライトを使います。
ハイライトは、テカリをおさえて、透明感のあるお肌に見せます。
ファンデーションを塗る前や塗った後に、鼻筋やおでこ、目尻にハイライトをいれると効果があります。
ハイライトは、自分のお肌の色に合ったカラーを選びましょう。
ベースメイクとして、ハイライトをいれても良いです。

ハイライトは、ファンデーションを塗った後やフィニッシュに軽く使っても効果があります。
お肌のきめを整えて、血色を良く見せてくれるでしょう。
健康的なお肌は、潤いのある透明感のあるお肌です。
ハイライトをいれて、お肌に輝きを加えてください。

メイクベースで透明感

血色メイクには、化粧下地やハイライトを使ってベースを念入りにする必要があります。
メイクベースは、ピンク系やグリーン系を使って、お肌を明るく見せます。
ファンデーションを美しく塗るためにも、ベースが必要です。
血色メイクは、自然な仕上げにするために、ベースを丁寧にします。
ファンデーションを塗る前に、コンシーラーを使うこともあります。
シミやくすみを隠すことは、血色メイクのベースで必要なことです。

健康的な血色メイク!② アイラインはくっきり❤

血色メイクには、アイラインをにじませて入れることが必要です。
アイラインは、くっきりとカラーを描くよりも、にじませることがポイントになります。
アイラインをにじませると、ナチュラルな感じのメイクができます。
下瞼にアイラインを入れた後、綿棒で滲ませるといいでしょう。

アイラインは、目元をセクシーに見せます。
にじませることで、色気が感じられるアイメイクになるはずです。
目元をくっきりさせたいなら、アイラインをにじませたり、ぼかしたりしてください。
アイメイクは、血色メイクで大切なパートです。

アイメイクのカラー

アイメイクは、目元を明るくする爽やかなカラーを選びます。
基本的に、アイメイクはピンク系や赤系を使います。
アイメイクに、ベージュ系は顔色が冴えなくなるからやめた方が良いです。
可愛いイメージで元気のある目元になるように、アイメイクをします。
バーガンディーやボルドーカラーも、大人ぽくカッコいいカラーです。
血色メイクは、可愛くて大人っぽい感じが良いです。

健康的な血色メイク!③ チークはほんのり

血色メイクで、チークカラーは自然にメイクする必要がありますね。
オレンジ系やピンク系、赤系のチークで、頬を色づけます。
血色メイクのチークは、クリームタイプを使うことが基本です。
ファンデーションは、リキッドファンデーションを選んでください。

スキンケアを済ませたら、リキッドファンデーションを塗ります。
ベースメイクはピンク系を使います。
クリームタイプのチークを、ポンポンと頬にのせます。
仕上げにパウダーファンデーションを使うと、お肌に透明感を与えて、ナチュラルにメイクが完成します。

健康的な血色メイク!④ アイシャドウは赤系

アイシャドウのピンク系を使うことが、血色メイクのポイントです。
下瞼だけ、薄くピンク系のアイシャドウをいれます。
アイシャドウは、最初にパールの入ったアイシャドウをベースに塗ります。
そして、ピンク系のアイシャドウを薄くベールのようにのせます。

パール系とピンク系のアイシャドウは、目元を優しい印象にみせます。
ピンク系以外のアイシャドウを使いたいときは、ベージュ系やオレンジ系、イエロー系のカラーを使っても健康的に見えるでしょう。
明るいアイシャドウカラーは、お肌に潤いを与えて、ナチュラルに仕上げます。

アイシャドウは薄く濃く

アイシャドウは、ベースカラーを薄く塗って、濃いカラーを重ねるのが基本です。
アイラインをぼかしたり、グラデーションメイクをして、血行のいい感じにします。
アイシャドウは、派手でなくて煌びやかにします。
目元が綺麗なら、元気なイメージがでます。
アイシャドウは、カラーを2,3色使って、カラーのバランスをうまく利用しましょう。
メイクブラシで、綺麗に塗ると良いです。

健康的な血色メイク!⑤ 色っぽい唇

ナチュラルメイクで、健康的な血色のいいリップカラーは、赤系です。
まず、リップクリームで唇に艶感をあたえます。
そして、赤系のリップを指で、ポンポンと唇のセンターに重ねます。
赤系のリップは、センター部分だけに、ほんのりとカラーを浮き出させてください。

次にリップグロスを、唇全体に塗ります。
リップグロスを使うと、セクシーで艶のある唇になります。
リップグロスは、クリアを選びます。
赤系のリップを、クリアのリップグロスでカラーを鮮明にみせます。

艶やかな唇

血色メイクのリップメイクは、ピンク系や赤系を使います。
保湿成分のあるリップがおすすめです。
唇に艶感と潤いを与えるために、日ごろからリップクリームを塗りましょう。
日ごろのスキンケアや、リップケアはメイクのノリを良くします。
リップが乾燥したり、ひび割れたり、カサついたりすると、血色メイクの妨げになります。

■関連記事:唇のケアについて気になる方はこちらもチェック!

唇の皮むけの対策法!皮がむける原因は何?
カサカサ唇の治し方!乾燥で荒れた唇をしっかりケアしよう!

健康的な血色メイク!⑥ ベースメイク

ベースメイクは、丁寧にするべきです。
血色メイクで、ベースメイクはナチュラルメイクに仕上がる基本になります。
ベースメイクは、ピンク系やベージュ系を選びます。
顔全体に、ベースメイクを塗ります。

ベースメイクの前に、化粧水、乳液、美容クリームを使うと良いでしょう。
お肌の状態を整えてから、ベースメイク、ファンデーションを塗ります。
ファンデーションは、リキッドタイプがカバー力が最もあります。
血色メイクでは、顔のセンターポイントにリキッドファンデーションを付けて、延ばします。
顔のメインから、ファンデーションを延ばして、目や鼻、口周りにしっかりファンデーションを塗ります。
他の外側の部分は、薄く塗ります。
パウダーファンデーションで、色艶を整えます。

健康的な血色メイク!⑦ クリームファンデーションの場合

血色メイクのベースメイクの後に、クリームファンデーションを使う場合は、スキンケアは簡単で構いません。
なぜなら、BBクリームやCCクリームは乳液や下地、ファンデーションが一体になっているからです。
顔のポイントに、クリームファンデーションを付けてから、顔全体に伸ばします。
顔全体に、塗り終えてからコンシーラーを使って、気になる部分をカバーします。

クリームファンデーションは、パウダーを使わなくていいです。
汗や水に強いから、サマーシーズンに役立ちます。
自然で違和感のないメイクに完成します。
血色が良いお肌に見せるカラーがあります。
リキッドファンデーションより、カバー力がないです。

健康的な血色メイク!⑧ 眉メイク

アイメイクで、顔の印象を決めるのが眉毛です。
眉メイクは、血色メイクでも重要なポイントと言えるでしょう。
アイメイクで、眉のかき方は、眉山から眉尻にラインを描きます。
眉毛の一本一本を丁寧に描きます。
次に、眉頭から眉山にかけて丁寧に描きます。

眉マスカラを使うと、自然に仕上がり、艶感が美しくなります。
眉マスカラも、眉山から眉尻に塗ってから、眉頭から眉山に毛流れを整えながら塗ります。
眉のカラーは、髪の毛より少し明るめが良いです。
血色メイクのアイメイクは、眉のカラーも大切です。

アイブロウは丁寧に

アイブロウを描くときは、1本1本の線を丁寧に書きます。
毛がない部分は、特に線を綺麗に丁寧に描きます。
眉は、くっきりした濃い眉にすると良いです。
眉毛がある人は、眉の形を整えて、眉マスカラを使って色艶を付けます。
アイブロウペンやパウダーを、使いこなしましょう。
アイブロウペンで、綺麗な眉毛を書いて、眉の毛流れをカッコ良く整えてください。

健康的な血色メイク!⑨ アイシャドウの塗り方

血色メイクのアイメイクは、アイシャドウの塗り方によって、メイクの仕上がりの印象が違います。
アイメイクを、綺麗で自然に仕上げるなら、正しい塗り方をするべきです。
まず、アイホールにパール系やライトブラウン系のアイシャドウを塗ります。
そして、中間と目のキワは濃いブラウンを使います。
メイクブラシでアイホールに塗ると、フンワリした優しい感じになります。

瞼のキワに、濃いブラウンを塗ったらぼかします。
ライトブラウンと濃いブラウンのアイシャドウのカラーのバランスを考えて、グラデーションを作ります。
ナチュラルで血色のいいメイクは、アイシャドウのカラーを明るいカラーと濃いカラーの二重にすることもポイントです。
メイクを、しっかりしても自然な仕上がりにします。

健康的な血色メイク!⑩ カールマスカラ

アイメイクを完成させるには、マスカラも必要ですね。
カールをキープさせるマスカラのやり方は、マスカラをまつ毛の上から下に、毛を梳かすように塗ります。
そして、目を開けて下から上に、巻き上げるようにマスカラを塗ります。
カールさせるマスカラは、自然にまつ毛をカールさせます。

血色メイクで、マスカラのカラーはブラウンがおすすめです。
アイメイクでマスカラは、欠かせないアイテムです。
下まつ毛は、チョンチョンと軽く塗ります。
まつ毛のカラーが塗られると、アイメイクは美しくなります。

ロングキープマスカラ

まつ毛をカールさせるマスカラやまつ毛を長く見せるマスカラを、上手く使って血色メイクを美しく完成させます。
まつ毛を長く見せると、目元にパワーがある感じになるでしょう。
長いまつ毛を、ロングタイプのマスカラで演出します。
マスカラは、カラーが濃くなくても、カールやロングタイプを使って、ナチュラルメイクに仕上げられます。
ブラックやブラウンのマスカラが、自然で素敵です。

健康的な血色メイク!⑪ 潤いのある唇

唇は、ヌーディーカラーやピンク系にすると、お洒落なナチュラルメイクができます。
唇は、顔の血色を敏感に伝えるパートだと考えられます。
唇にリップで保湿を与えてから、ティントやリップスティックを使うと良いでしょう。
顔のイメージは、リップのカラーで変化があります。

リップペンシルで描いてから、唇に軽く塗ると綺麗に発色します。
リップは、健康的で明るいオレンジ系も似合います。
リップカラーは、たくさん使いこなすと便利です。
ナチュラルメイクでも、血色メイクでも可愛いリップカラーが、顔のイメージを明るく見せます。

健康的な血色メイク!⑫ クリームチーク

血色メイクに欠かせないチークは、クリームチークです。
クリームチークは、リップにも使えます。
赤系のクリームチークを、指先に付けて頬にポンポンとつけるだけで、顔に赤みがおびます。
チークとして使った赤系のカラーを、リップにも使うと良いでしょう。

血色メイクは、薄化粧です。
クリームチークの赤を頬とリップに使うことで、血色の良さが表現されます。
クリームチークは、プチプラコスメでも販売されています。
チークカラーは、ピンク系やオレンジ系でもナチュラルで健康的です。

健康的な血色メイク!⑬ 血色メイクのやり方

血色メイクは、自然で薄くメイクすることがベーシックなやり方です。
ベースメイクやアイシャドウ、チーク、リップなど、赤系やピンク系で血色の良さを表現します。
化粧下地もピンク系カラーを、選んだ方が良いです。
カラーは、他にもオレンジ系やライトブラウン、グリーン系などの明るいカラーがおすすめです。
血色メイクには、透明感や艶感が必要です。

保湿成分のあるBBクリームやCCクリームを使うことも、良いですね。
アイシャドウは、メイクブラシを使って、グラデーションにしたり、ぼかすことが大切です。
チークは、クリームチークをかすかに頬に乗せるだけで十分です。
血色メイクのやり方は、薄化粧でも頬やリップがピンクに色づいていることが大切です。

パウダーファンデーション

血色メイクで、パウダーファンデーションを使うことが大切です。
お肌を明るく澄んだ色に、パウダーファンデーションで表現します。
キャンメイクのパウダーファンデーションは人気です。
パウダーファンデーションは、フィニッシュパウダーと考えてください。
キャンメイクなら、プチプラで高品質なので、安心して使えます。
パウダーファンデーションは、キャンメイクのようなプチプラを使いこなすと、お財布にも優しいですね。
キャンメイクは、血色メイクのためのコスメが揃っています。

健康的な血色メイク!⑭ 唇を彩るティント

唇を綺麗に健康的に見せる、リップティントがおすすめです。
リップクリームで保湿した後に、コンシーラーやファンデーションで唇の色を消すやり方があります。
唇の真ん中に、リップティントをのせます。
指でティントをポンポンと押さえながら、色づけます。
ティントは、唇を自然な血色にメイクするでしょう。

ティントは、濃くなく色づくから血色メイクには都合が良いです。
血色メイクのやり方は、自然で薄く色づけるリップカラーやチークカラーを使います。
ティントを使った後は、グロスを塗って完成です。
ティントは艶もあり、綺麗に発色します。

タトューティント

タトューティントは、ナチュラルにカラーを唇に付けます。
自然に唇に色づくので、とっても便利です。
タトューティントは、赤系やピンク系が綺麗です。
血色メイクにピッタリですね。
食事しても、色落ちしにくいから、長時間発色のいいカラーを保てます。
使い方も簡単です。

健康的な血色メイク!⑮ ラメ入りアイシャドウ

血色メイクは、自然で健康的なメイクのやり方です。
ラメ入りアイシャドウを使うと、派手なメイクになると考えがちですが、血色メイクにも使えます。
アイメイクは、艶感も美的感覚も必要です。
パール系アイシャドウで、アイメイクをするなら、ラメ入りアイシャドウを使ってみても良いです。
派手さのないベージュ系や薄いグリーン、オレンジ系のアイシャドウも綺麗です。

ラメ入りアイシャドウは、目元を煌びやかにするので、血色メイクに必要な美しさがあります。
アイメイクのやり方で、必要なことは綺麗な発色と自然なアイラインです。
アイラインは、ペンシルアイライナーを使うと良いです。
アイメイクで、ペンシルアイライナーを使うとぼかしやすくて、目元をカッコ良くメイクできます。
ジェルペンシルアイライナーなら、簡単にナチュラルなイメージを作れます。

血色メイクにキャンメイク おすすめアイシャドウ

プチプラコスメのキャンメイクは、アイシャドウベースも人気です。
キャンメイクのアイシャドウベースは、上に重ね塗りするカラーの発色を綺麗に演出します。
ベースのカラーは、ピンクパールが血色メイクに使うと良いです。
キャンメイクのアイシャドウベースのやり方は、アイホール全体に伸ばして塗ってください。

アイシャドウベースに重ね塗りするカラーは、赤系が良いでしょう。
また、キャンメイクのアイニュアンスのスイートローズは、ベースカラーとピンク、ブラウンの3色がセットになっています。
血色メイクに、使える3カラーです。
キャンメイクを使った血色メイクのやり方は、よく知られているようです。

キャンメイクでナチュラルメイク

キャンメイクは、ナチュラルメイクに必要なカラーや成分を配合しています。
血色メイクに、ピッタリなカラーも多いです。
キャンメイクのアイライナーやリップグロス、マスカラ、パウダーファンデーションなど、なんでも人気ですね。
プチプラなのに、長時間化粧崩れしないから安心して使えます。
赤系やピンク系が多いので、顔色を健康的に見せてくれます。
自然なメイクが基本のキャンメイクは、若い女子の注目を集めています。

血色メイクにキャンメイク フェミニンなチークカラー

キャンメイクのリップ&チークジェルは、赤系のカラーが揃っています。
血色メイクにピッタリなチークです。
特に、ストロベリームースやブラッドクランベリーは、血色メイクに使いたいカラーです。
リップ&チークジェルのメイクのやり方は簡単で、チークに使って頬に潤いを与えます。
赤系のカラーが、頬をほんのりと色づけるでしょう。

唇に、チークに使った同じカラーをつけます。
キャンメイクのリップ&チークジェルのやり方は、頬にはメイクブラシで唇には指先でカラーを塗ると良いです。
プチプラコスメなので、いくつもカラーを揃えることも簡単です。
血色メイクには、キャンメイクのリップ&チークジェルが人気です。

血色メイクにキャンメイク おすすめリップ

キャンメイクのキャンディラップリップは、発色が美しくて、血色メイクにピッタリです。
キャンディラップリップのやり方は、高発色で一度で濃く塗れるので、重ね塗りが必要ありません。
唇に潤いを与えて、艶やかなリップになります。
カラーは、ピーチシャワーやレディストロベリー、チェリーシャーベットなどが、おすすめです。

キャンメイクのステイオンバームルージュは、リップクリーム感覚で使えます。
カラーは、タイニースイトピーやフラワープリンセスなど、ナチュラルな赤系のカラーがおすすめです。
保湿力が高いので、リップケアしなくてもステイオンバームルージュだけで、艶やかなカラーの発色です。
キャンメイクは、ナチュラルメイクのやり方で使えるコスメが揃っています。

血色メイクについて、詳しくなれましたか?

血色メイクは、赤系のカラーを使うことが多いです。
メイクの発色を良くするために、ベースメイクのカラーはピンク系を選びぶことが大切です。
アイシャドウやチーク、リップなどのやり方は、簡単で素早くメイクできる方法ですね。
顔色を良くするためには、パール系カラーをベースに赤系を重ねて、アイメイクをするやり方があります。
クリームチークを、チーク以外にリップに使うこともポイントですね。
血色メイクは、簡単で単純なやり方ですから、試してみてください。

もっとメイクについて知りたいあなたへ!

河北メイクの極意!コンシーラー・下地・チークのおすすめとコツは?
メイク雑誌のおすすめ特集!ぜひ参考にしたい!【必見】
石原さとみ風メイク方法!簡単に真似できちゃう!
オルチャンメイクのアイラインの引き方!一重・奥二重さん必見!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ