外国人風メイク術で簡単に憧れハーフ顔に!絶対モテる♡

みなさんは外国人風メイクをしたいと思いませんか? 外国人風メイクをすることで、憧れのハーフ顔になることができます。 ハーフ顔は男性からの受けもよくモテる!と言われているメイクでもあります。 今回はそんなハーフ顔になるためのメイクをご紹介します。

外国人風メイク術で簡単に憧れハーフ顔に!絶対モテる♡のイメージ

目次

  1. 【外国人風メイク】初めに
  2. 【外国人風メイク】特徴
  3. 【外国人風メイク】ベースメイク
  4. 【外国人風メイク】ハイライト
  5. 【外国人風メイク】シェービング
  6. 【外国人風メイク】眉毛
  7. 【外国人風メイク】アイライン
  8. 【外国人風メイク】アイシャドウ
  9. 【外国人風メイク】マスカラ
  10. 【外国人風メイク】リップメイク
  11. 【外国人風メイク】チーク
  12. 【外国人風メイク】カラコン
  13. 【外国人風メイク】奥二重の人は
  14. 【外国人風メイク】芸能人
  15. 【外国人風メイク】最後に

【外国人風メイク】初めに

みなさんは、最近「外国人風ヘア」というヘアカラーやヘアスタイルが流行っていて、人気が高いのはご存知ですか?
黒髪ブームに加えて「外国人風ヘア」などの色素の薄い感じが人気なようです。
そんな外国人風ヘアが人気なのですが、ヘアスタイルだけ色素の薄い雰囲気にしてみてもメイクが普段のメイクでは勿体ないです。
せっかくなので、メイクを外国人風にしてみてはどうでしょうか。


外国人風メイクは分かりやすく言うと、ハーフ顔メイクとも言います。
最近ではアイシャドウやアイライナーでもハーフ顔メイクや、外国人風メイクができる専用のものも発売されていたりします。
外国人風メイクは外国人風のヘアスタイルと同様に、透明感があるのが特徴的です。
また、日本人は全体的に平べったい顔の人が多いのに比べて、欧米人などは彫りの深さが特徴で日本人とは真逆の顔立ちをしています。

なので、日本人に多い「奥二重」などの目の小さい人などは、普通の外国人風メイクに加えてひと工夫加えるだけでも、彫りの深さを表現できたりカラコンなしのアイメイクでも目力を与えることができます。
今回はそんな「外国人風メイク」についてご紹介させていただきたいと思います。
欧米人などは目の大きいのが特徴的ですが、カラコンなしでも外国人風メイクをすることができるので、ふだんから カラコンをつけていない人もこれからカラコンなしのメイクに挑戦しようとしている人も必見です。

【外国人風メイク】特徴

外国人風メイクやハーフ顔メイクの特徴として、やはり彫りが深かったり目や鼻がはっきりしているという特徴があります。
なので、日本人に多い奥二重や瞳が小さくてカラコンなしのメイクはできない!という人には、それ以外の部分で顔の彫りの深さを出すことをおすすめします。
カラコンなしのメイクになれていない人は、初めは不自然なメイクに思えるかもしれませんが、カラコンをつけてしまうと不自然な目元になってしまい、せっかくのハーフ顔メイクや外国人風メイクが台無しになってしまいます。

また、奥二重や一重などの二重幅の狭い人でもハーフ顔メイクをすることはできます。
しかし、やはりナチュラルメイクのなかで彫りの深さを表現するのには限界があるので、顔の彫りの深さが足りないと感じる人は、アイプチなどで奥二重を二重にするといいでしょう。

【外国人風メイク】ベースメイク

外国人風メイクのベースメイクは、透明感を出すことが大切です。
なので、ベースメイクはなるべく厚塗りにならないように、ナチュラルで薄く仕上げるのがいいでしょう。
なので、そばかすやシミ、赤みのあるニキビやニキビ跡、そのほかにも目の下のクマやくすみなどは、BBクリームやファンデーションで隠そうとせずに、カバー力のあるコンシーラーで隠すと、薄づきなのにきちんと肌トラブルを隠すことができます。


また、ベースメイクのポイントとしてファンデーションは使いません。
ファンデーションなどは、知らず知らずのうちに厚塗りになってしまっていたりメイク崩れを起こしてしまうこともあります。
なのでファンデーションは使わずに、フェイスパウダーやルースパウダーといったカバー力のないナチュラルなパウダーを上から乗せるだけです。

【外国人風メイク】ハイライト

外国人風メイクに欠かせないのが次にご紹介させていただく「ハイライト」です。
ハイライトは、平面な顔をしている日本人の顔を立体的に見せるのに欠かせないメイク道具なんです。
欧米人は一言でいうと「顔の陰影が濃い」イメージがあります。
しかし、日本人はその逆で顔の陰影がほとんどない人も少なくありません。


なので、ハイライトで陰影をつけるだけでもハーフ顔のような、立体感のあるメイクを作る出すことができます。
簡単でナチュラルなベースメイクが大事なのですが、それではなかなか立体感を出すことができません。
そのため、ハイライトは外国人風メイクやハーフ顔メイクにはなくてはならないものです。

また、ハイライトには種類が2種類あり「クリームタイプ」と「パウダータイプ」があります。
クリームタイプのハイライトは、化粧下地を塗った後のお肌に塗るのがおすすめです。
クリームタイプのハイライトはナチュラルな立体感を出すことのできるメイク道具ですが、フェイスパウダーの上から乗せてしまうと、鼻に油が浮いているように見えてしまうことがあります。
なので、フェイスパウダーの前に塗るのがおすすめです。
そしてパウダーのハイライトですが、これは先ほどとは逆にフェイスパウダーの上から塗ると、しっかりと立体感を出すことができるので、ベースメイクの最後に乗せるのがおすすめです。

【外国人風メイク】シェービング

さきほどはハイライトについてご紹介しました。
次は顔の陰影の濃い部分により濃さを深めるために「シェービング」を使います。
シェービングは、顔の中で凹ませたいと思っている部分に乗せます。
シェービングも先ほどのハイライトと同じで、クリームタイプとパウダータイプがあり使うタイミングも、ハイライトと同じにするといいでしょう。
また、より陰影の濃い部分にはベースメイク前にクリームタイプを、フェイスパウダーのあとにパウダータイプのものを重ね付することで、陰影の濃い部分を作り出すことができます。

【外国人風メイク】眉毛

外国人風メイクの眉毛のポイントは、全体的に少し眉尻を上げて描くことできりっとした印象にすることができます。
ただし、眉頭よりも眉尻を少しだけ上目に描くのがおすすめです。
それよりも眉尻を上の位置に描いてしまうと、きつい顔や性格まできつく見えてしまう可能性があります。
なので、眉山を少し作ることをイメージしておくと綺麗に眉毛を描くことができるはずです。
また、眉毛を描く時にはペンシルタイプのものとパウダータイプのものを2つ使うと綺麗に眉毛を描くことができます。

眉毛の輪郭や、眉尻の部分の眉毛の濃い部分には、ペンシルタイプを使います。
そして、眉頭やあまり濃い部分でない場合にはパウダータイプを使うようにするといいでしょう。
また、どうしても眉毛の濃い部分が気になってしまう人は、眉毛マスカラを使うと眉毛の濃い部分を緩和することができます。
また眉毛を描く時のポイントで、眉毛の下の部分を少し下げ気味に描くと欧米人特有の眉毛と目の近さを再現することができます。
これによって顔の濃いところも再現することができますね。

【外国人風メイク】アイライン

外国人風メイクやハーフ顔メイクのアイメイクは、なるべく薄くナチュラルにするのが特徴です。
なので、濃い色のアイライナーよりも薄い色のアイライナーを使うのがおすすめです。
濃い色のアイライナーを使うことで、顔の濃さを強めることができると思っていても意外とそういうことはなく、アイメイクがにじみやすくなってしまったり、濃い色のアイライナーのせいで目が小さく見えてしまうことがあります。


なので、濃い色のアイライナーを使いたい場合はブラウンやダークブラウンのアイライナーを使うことをおすすめします。
描き方は、目頭からアイライナーを引いてきて目尻の部分は、自分の目よりもすこしだけはみ出して描くと目の横幅を長くすることができます。

【外国人風メイク】アイシャドウ

アイシャドウはハーフ顔メイクを作り出すのに、重要なメイク道具です。
アイシャドウはブラウン系を使うのがおすすめで、ブラウン系のアイシャドウが3色か4色くらい入っているアイシャドウパレットが、目元の陰影を作るのにいいでしょう。


特に濃く見せたい部分には一番濃い色のアイシャドウをのせて、その部分をぼかすようにほかのアイシャドウを外側に向けてのせていくといいです。
しかし、掘りを深くしようとしてアイシャドウを濃くしてしまっても外国人風メイクやハーフメイクではなく、ケバい印象になってしまいます。
なので、透明感を出したいハーフメイクではアイシャドウをつけすぎないようにしてください。

特に二重幅の部分は濃いアイシャドウをのせるのがおすすめです。
なぜかというと、欧米人は二重幅が広かったり二重部分のまぶたの食い込みが、奥二重の人の多い日本人よりも深くなっています。
なので、二重幅には濃い色のアイシャドウをのせます。
また、アイシャドウを選ぶときのポイントであまりパール感のないアイシャドウを選ぶことで、彫りの深い陰影を表現することができます。

【外国人風メイク】マスカラ

ハーフ顔メイクや外国人風メイクのアイメイクは、ナチュラルで薄付きにするのが特徴です。
しかし、まつげだけは長くボリュームのあるメイクがおすすめです。
特にカラコンなしのメイクで物足りない人には、ボリュームタイプのマスカラとロングタイプのマスカラの2本使いがおすすめです。


また、欧米人のほとんどの人がアイメイクにつけまつげを使っています。
なので、もしもカラコンなしだったりナチュラルなアイメイクに物足りなさを感じたら、つけまつげをプラスしてみるといいでしょう。
しかし、全体的にナチュラルなメイクですので不自然にならないようにあまり濃すぎるつけまつげを選ぶのはやめましょう。

【外国人風メイク】リップメイク

リップメイクはチークの色と合わせることで統一感を出すことができます。
また、欧米人のメイクといえば真っ赤な赤リップを想像しますが、今回のハーフ顔メイクや外国人風メイクをする場合には、すこし赤みを抑えたリップメイクをするのがおすすめです。
真っ赤なリップメイクではなく、赤色のティントなどの赤みもあるけれどナチュラルなリップメイクが主張しすぎずに、ハーフ顔になることができます。

【外国人風メイク】チーク

さきほどのリップメイクでもご説明しましたが、リップとチークのカラーを統一することで全体的にメイクを統一する事ができます。
また、普段のメイクでチークを頬の高い位置に丸く入れている人も多いと思います。
しかし、今回の外国人風メイクやハーフ顔になるためには、丸くチークを入れるのではなく楕円形にチークを入れるのがポイントです。


楕円形にチークを入れることで欧米人のような、頬のシュッとしたメイクを再現することができます。
また、チークのカラーもポイントがあり日本人の人がよく使っているチークの色はピンクですが、オレンジなどの肌なじみの良いカラーを選ぶことでより、ハーフ顔に近づくことができます。

【外国人風メイク】カラコン

ハーフ顔メイクと言えばカラコンを想像する人も多いでしょう。
しかし、カラコンなしのメイクでもハーフ顔になることはできるんです。
アイメイクを薄くすることで、目を小さく見せたりすることがなくカラコンなしのアイメイクでも、ナチュラルではっきりとしたアイメイクにすることができます。
カラコンなしのアイメイクでは、すこし物足りないかな?という人も多いでしょう。
そんなカラコンなしのアイメイクでは、物足りないという人にはロングタイプとボリュームタイプのマスカラを重ねて使うことで、目力を強めることができるのでおすすめです。

【外国人風メイク】奥二重の人は

奥二重や一重の人が多い日本人ですが、ハーフのような彫りの深い眉毛と目の距離が近いメイクをするには、やはり二重幅が重要になってきます。
特に今回は、カラコンなしのメイクですので奥二重や一重の人はアイプチやメザイクなどのメイク道具で、奥二重を二重に変身させましょう!
奥二重を二重にするだけでも、彫りの深さが出てハーフ顔に近づくことができます。
奥二重のままでもハーフ顔メイクをすることはできますが、より彫りの深さを出したいときには二重メイクをしてみるといいかもしれません。

■関連記事:二重の作り方についてはこちらもチェック!

夜用アイプチで効果があるのはどれ?二重になれるの?【徹底解説】
奥二重のためのアイプチのやり方!奥二重から二重にするのは簡単?

【外国人風メイク】芸能人

ハーフ顔メイクや外国人風メイクをするときに参考にしたい、芸能人の方をご紹介したいと思います。
例えば、かき上げ前髪のブームを巻き起こした「中村アンさん」です。
中村アンさんをハーフタレントだと思っていた人も多いようです。
中村アンさんのヘアスタイルやナチュラルなメイクを参考にしてみるとうまくハーフメイクができるでしょう。

また、中村アンさんとは真逆なハーフ顔の「岸本セシルさん」もおすすめです。
中村アンさんは健康的なメイクでしたが、岸本セシルさんは色素の薄いようなメイクが特徴的です。
また、岸本セシルさんもさきほどの中村アンさんと同じでハーフではなく、純日本人だそうです。
なので、外国人風メイクやハーフ顔メイクをするときに参考にしてみてくださいね。

【外国人風メイク】最後に

どうでしたでしょうか。
今回はカラコンなしや奥二重でもできる外国人風メイクを、ご紹介させていただきました。
外国人風メイクと、いま流行りの外国人風ヘアを組み合わせると今時のおしゃれなスタイルになることでしょう。
みなさんもぜひ、外国人風メイクを真似してみてくださいね。

もっと外国人風のおしゃれについて知りたいあなたへ!

ハーフ顔メイクのやり方!カラコンやアイシャドウ・眉毛で外人風に!
ダークグレージュの髪色が透明感抜群で大人気!【外国人風】
アッシュグレーの髪色が可愛い!これであなたも外国人風♡

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ