御朱印帳カバーの作り方!100均で簡単手作り!

御朱印集めが流行り始めてから、御朱印帳を持って神社仏閣巡りをする人をよく見かけるようになりました。見た目も様々できれいな御朱印帳ですが、持ち歩くので汚れが気になります。そこで、御朱印帳カバーの作り方を解説します。100均の材料を使うカバーの作り方も説明します!

御朱印帳カバーの作り方!100均で簡単手作り!のイメージ

目次

  1. 御朱印帳カバー☆御朱印帳カバーは必要?
  2. 御朱印帳カバー☆御朱印とは
  3. 御朱印帳カバー☆カバーをつけるメリットとは?
  4. 御朱印帳カバー☆御朱印帳カバーは布とプラスチックの2種類
  5. 御朱印帳カバー☆布を使って御朱印帳カバーを作ってみよう
  6. 御朱印帳カバー☆必要な材料
  7. 御朱印帳カバー☆作り方
  8. 御朱印帳カバー☆透明カバーを作る
  9. 御朱印帳カバー☆透明カバーの作り方
  10. 御朱印帳カバー☆既製品はどこで販売しているのか?
  11. 御朱印帳カバー☆手作りカバーで運勢アップ

御朱印帳カバー☆御朱印帳カバーは必要?

御朱印帳を持って神社仏閣を巡り、御朱印集めをする...最近ではこの御朱印集めの人気に火がつき、神社仏閣巡りに新しい魅力が加わりました。

普通に神社やお寺に参拝しても、御朱印帳を持っている人を見かける事が増えたのではないでしょうか?また、門前町のお店やお土産屋さん、はたまた街の雑貨屋や文房具店でもここ数年で御朱印帳を置くようになりましたよね。おかげで御朱印集めが趣味ではない人でも御朱印帳を目にする機会が増えました。

御朱印帳はきれいな模様のものが多いので、汚さないように御朱印帳カバーをつけて使っている人もいるようです。確かにせっかくいただく御朱印ですから、きれいに保管しておきたいですよね。

御朱印帳カバーは市販もされているのですが、手作りする人も多いようです。そこで今回は御朱印帳カバーの作り方を解説します。自分のオリジナルの御朱印帳カバーをつければ気分もさらに上がりますよね。

御朱印帳カバー☆御朱印とは

さて御朱印帳とはその名前の通り、神社やお寺で「御朱印」をもらうための帳面(ノート)です。一番わかりやすく言うとサイン帳のようなもの。中身は真っ白い無地の紙で、行を示すラインなどは入っていません。

では御朱印とは何でしょう?

御朱印とは神社やお寺のハンコのようなもので、神社やお寺を参拝したという証にお願いして押してもらう印章です。観光地や駅で勝手に押す記念スタンプとは違い、神主さんやご住職が筆の手書きで印象の上から

・日付
・神社もしくはお寺の名前
・ご神体もしくはご本尊の名前

などを書いてくれます。墨で手書きなので、これがなかなかカッコ良いのです。

御朱印帳はこの御朱印をもらうための帳面で、和綴じという日本独特の製本スタイルで作られています。また、蛇腹タイプと本のように頁をめくるタイプの2種類があり、どちらを選ぶかはその人の好みになります。

御朱印帳は表紙・裏表紙に模様があり。鮮やかな模様、渋い模様...色も様々で見ているだけでも楽しいものです。

また、御朱印帳は神社とお寺で分けて2冊持っている人も多いようです。ただし分けなければいけないという決まりはなく、「一緒でもいいよ」という神社/お寺や、一緒にするのはよくないとする神社やお寺もあり、考え方はバラバラです。でもせっかく参拝して断られるのも悲しいので2冊用意する方がいいかもしれませんね。

■参考記事:御朱印帳の使い方はコチラも参照!

御朱印帳の使い方!裏は使う?表紙に名前を書く?お寺と神社で分ける?

御朱印帳カバー☆カバーをつけるメリットとは?

では御朱印と言うものがどんなものか、また御朱印帳の事も分かったところで、御朱印帳にカバーは必要でしょうか?

これは当たり前ですが人それぞれ。でも本にブックカバーをつけるのは日本独特の文化、なんと大正時代からカバーをつける書店があったそうです。もはやカバーをつけてきれいに使うというのは日本文化なんですよね。物を大切にする風習は日本の誇るべき文化です。

しかも家でゆっくりと読む本と比べて、外に持ち歩く御朱印帳は汚れやすいのも事実。せっかくありがたい御朱印をいただくのに御朱印帳が汚れていては神様に失礼です。御朱印はご神体やご本尊の名前を書いてあるもの。

それ自体が神様の代わりであるという考えに基づいていますから、家で保管するときにも清潔な場所に大切に保管することが基本です。それなら御朱印帳が汚れないようにカバーをかけて使いたいと思うのも納得ですね。

御朱印帳カバー☆御朱印帳カバーは布とプラスチックの2種類

御朱印帳カバーを手作りする前に、どんな御朱印帳カバーがあるのか見ておきましょう。基本的には2種類。

①布製の御朱印帳カバー
②プラスチック製の透明なカバー

好みで選んで使ってほしいのですが。それぞれ特徴があります。

布の御朱印帳カバーは布の優しい肌触りと、選べる柄。特に手作りする場合には自分の好きな柄の布を選んでオリジナルにカスタマイズ♪これってまさに手作りの醍醐味ですよね。布の御朱印帳カバーは汚れたら洗濯することもできますし、清潔に使えます。

器用な人は自分で手作りカバーに名前を刺繍すると、さらに御朱印帳を大切にする気持ちがわいてきます。

ではプラステックの透明カバーはどうでしょう?透明カバーの良いところは気に入って買った御朱印帳をカバーで隠さず使えるところです。

御朱印帳は表紙・裏表紙と凝った細工をしているものもあり、表紙を気に入って購入する人もたくさんいます。それなのにカバーで隠してしまってはもったいないですよね。その場合には透明カバーがおすすめです。

■参考記事:人気の御朱印帳は?

かわいい&かっこいい御朱印帳人気ランキング55選!【全国】
東京の御朱印帳と御朱印まとめ!【大人気】

御朱印帳カバー☆布を使って御朱印帳カバーを作ってみよう

ではまず、布の御朱印帳カバーを手作りしたい人の為に、布の御朱印帳カバーの作り方から説明していきます。自分の好きな布を選んで素敵な御朱印帳カバーを作ってみましょう。

御朱印帳って大きなものではないので必要な布も100均で手に入ります♪

御朱印帳カバー☆必要な材料

御朱印帳カバーに必要な材料は

・メインの布1枚(御朱印帳の幅+15cm、高さ+3cm)
・裏地(御朱印帳の幅実寸、高さ+3cm)

基本的にはこれだけで大丈夫です♪とってもお手軽。

後はオプションとして「しおり」になる紐や、しおりに付けるチャーム、動画にあるように布を組み合わせたり、レースで飾りたいのなら、装飾用の材料が必要になってきます。

手作り御朱印帳カバーに初チャレンジする人は、まずこの装飾のないシンプルな基本の形から挑戦してみましょう。

御朱印帳カバー☆作り方

ここでは一番簡単な御朱印帳カバーの作り方を解説していきます。

①用意した表用の生地と裏地用の生地を寸法通りに切ります(材料の寸法を参考に)
②表布サイドの両端を折り返して縫い、端の処理をします。
③御朱印帳をのせて、折り返す部分を表側に折り、マチ針で留めておきます。

④折った上から裏地をのせます。この時裏地の表が外に来るように。
⑤上と下を縫います。
⑥縫っていない横の部分からクルっと布を裏返したら出来上がり♪

裏返したときはなんとなくフワっとしているので、しっかりとアイロンをかけるとピシっとカッコ良くなります☆
ただ生地の種類よりも、柄が気に入って布を購入するでしょうから、生地によっては薄くて頼りないこともあるでしょう。

そんな時は布芯を作ってくださいね。ちなみに芯も100均で購入することができます。

御朱印帳カバー☆透明カバーを作る

布の御朱印帳カバーもかわいく自分スタイルのカバーを手作りすることができるので人気ですが、ご当地御朱印帳や訪れたお寺や神社でオリジナルの御朱印帳を購入した場合...御朱印帳の表紙が見えなくなるのは寂しいですよね。

御朱印帳によってはとても凝った細工を施している表紙がありますから、カバーはしたくてもカバーで隠れちゃうのはなんとなく嫌...という人もいるでしょう。それなら100均の材料で透明カバーを作ってみましょう。

材料

透明カバーに必要な材料は一つだけ!

100均で手に入るクリア軟質カードケース♪同じ100均でも、硬いプラスチックのケースではなくグニャグニャに曲がるケースを使いましょう。グニャグニャ曲がらないと御朱印帳にピッタリフィットできません。

他にカッターやハサミ、定規を用意しましょう。

御朱印帳カバー☆透明カバーの作り方

では早速透明カバーを作ってみましょう。

透明カバーを机に置いたら、定規で真ん中部分を切り取ります。この時、切り取らずに残した部分が表紙を挟む折り返し部分になります。切り取る部分の大きさは残した部分が御朱印帳を挟めればいいので、特にサイズにこだわる必要はありません。

作り方は以上!

切り取る部分を最初に定規できれいに線を引き、ハサミでチョキチョキ。最後はカッターで着るときれいになります。御朱印帳を上からスライドさせて入れるので、上部分は閉じられていませんが、100均材料でこれなら1分でできます(笑)

もしも上の部分も閉じられているのが良いなら、上だけ簡単にミシン掛けしたらOKです♪

■参考記事:伊勢神宮の御朱印帳を手に入れるには?

伊勢神宮の御朱印帳が欲しい!購入方法は?

御朱印帳カバー☆既製品はどこで販売しているのか?

ロフトやハンズで御朱印帳を購入する事ができますが、ロフトとハンズでカバーは購入できるのでしょうか?実は御朱印帳カバーとしてロフトでもハンズでも特別な物を販売しているわけではありません。

ただ、ロフトやハンズでも手に入る御朱印帳カバーとして代用できるものがあります。例えばロフトやハンズで売っている布製のブックカバーや袱紗なんかはピッタリです。

またブックカバーの形にこだわらなければ、ロフトやハンズ、その他ショップで売っているポーチや巾着に入れてバッグに忍ばせる人もいるようです。

またロフトやハンズでは御朱印帳が販売されています。ロフトやハンズで販売されている御朱印帳の中にはカバーがついているものもあります。

お寺や神社で販売されている御朱印帳の中にも、御朱印帳と同じ柄のカバーがセット販売されていたり、別売りされていたりするので、購入するときにチェックしてみるとよいですね。

御朱印帳カバー☆手作りカバーで運勢アップ

いかがでしたか?

御朱印はただのスタンプではなく、神様が宿るお守りのようなもの。そんな御朱印帳が汚れてしまっては神様に申し訳がありません。保管する場所も、清潔なところにきちんと保管するべきと言われるくらいです。御朱印帳はできればカバーをつけてきれいに使いたいですね。

御朱印巡りについてもっと情報を知りたいアナタに!

御朱印ガールが増加中!御朱印帳を持って神社仏閣を巡る魅力とは?
御朱印集めを始めたい!楽しみ方やマナー、おすすめスポット紹介!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ