パラコードの編み方・結び方・使い方まとめ!【必見】

パラコードってご存知でしょうか。パラコードとはパラシュートコード、つまりパラシュートに使用されている、丈夫なナイロン製のコード(紐)のことです。パラコードは編み方次第でアクセサリーにもなります。ここでは編み方・結び方・使い方をまとめてご紹介します。

パラコードの編み方・結び方・使い方まとめ!【必見】のイメージ

目次

  1. パラコードって?
  2. パラコードのすごい魅力
  3. パラコードとファッション
  4. パラコードどこで買える?
  5. パラコードの使い方・結び方・編み方
  6. パラコードの使い方
  7. パラコードの編み方・結び方
  8. パラコードの編み方・結び方⓵玉結び
  9. パラコードの編み方・結び方⓶平編み
  10. パラコードの編み方・結び方⓷つゆ結び
  11. パラコードの編み方・結び方⓸8の字編み
  12. パラコードの編み方・結び方⓹4つ編み
  13. パラコードの編み方・結び方⓺スネークノット
  14. パラコードの編み方・結び方⓺ジッパー編み
  15. パラコードの編み方・結び方⓼その他の編み方
  16. パラコードの編み方・結び方⓽末端処理
  17. 編みパラコードの使い方
  18. 編みパラコードの使い方・雑貨編
  19. 編みパラコードの使い方・アクセサリー編
  20. パラコードの使い方・結び方・編み方:まとめ
  21. パラコードは常備しておくと便利!

パラコードって?

パラコードってご存知でしょうか。パラコードとは「パラシュートコード」、つまりパラシュートに使われているコード(紐)のことです。主にアウトドアアイテムとして使われていたパラコードですが、近年は雑貨やアクセサリーなどのファッションアイテムとして、取り入れられる場面が見られるようになってきました。

パラコードは一見「ただの(色付きの)紐」に見えますが、実はすごい面をたくさん持っているのです。一本は直径約4㎜の太さなのに約250kgの重さに耐える強さがあったり、内側の細い糸を使って裁縫ができたり、糸をほぐして火種にすることができたり…。

ここでは、そんなすごいパラコードの結び方や編み方・使い方をご紹介していきます。

パラコードのすごい魅力

パラコードは第二次世界大戦中に、パラシュート用のコードとして使われました。素材はナイロンで、兵士の体重や重い武器の重量を支えられるよう、一本あたり直径3.5㎜の細さに約250kgの耐重性を備えています。現在はキャンプや登山などアウトドアの場面などで、テントを設営する際の紐として、またロープが切れてしまった時の代用品として使われることがあります。

パラコードの内部には、細いナイロン製の糸が7本ほど入っており、こちらは一本だけ取り出して裁縫用の糸や釣り糸、デンタルフロス(糸ようじ)として使うことができます。また短く切ってほぐせば火種としての活用も可能です。持っているとアウトドアの場面だけでなく、災害などの緊急時にもたいへん重宝します。

パラコードとファッション

近年はパラコードを編んだり結んだりして、クールなファッションアイテムとして使う場面も見られるようになりました。例えば携帯電話のストラップや、キーホルダーなどの雑貨に、ブレスレットや腕時計のベルトなどが挙げられます。

パラコードは編み方や結び方次第で、雑貨やアクセサリーとして携帯することができます。また編んだコードをほどけば、紐としてのさまざまな種類の使い方が可能です。パラコードを取り入れたアイテムは、持っていると便利なお役立ちアイテムといえましょう。災害や事件がいつどこで起こるのか、誰にもわかりません。もしもの時に備え、キーホルダーなどの雑貨やアクセサリーの形で、パラコードを常備してみてはいかがでしょうか。

パラコードどこで買える?

パラコードはミリタリーショップやアウトドア用品店、スポーツ用品店や手芸屋さんなどで購入することができます。気になるデザインは、モノトーンや迷彩色などのサバイバル的なものからパステルカラー、蛍光色に模様入りのものまで、たくさんの種類があります。

もし近くのお店でパラコードが売っていない場合は、ネット通販でも購入できますので、ご安心ください。

パラコードの使い方・結び方・編み方

パラコードは結び方・編み方次第でいろいろな使い方ができます。一本、あるいは二本以上まとめて耐荷重性の高い紐として使ったり、ナイフの柄に巻き付けたり、編んで雑貨やキーホルダーにしたり…。ではパラコードには、具体的にどんな活用方法があるのでしょうか。アイディア次第で幅広い使い方ができるパラコード、その用法を具体的にお伝えしていきます。

パラコードの使い方

パラコードの使い方・基本編

まずは基本の使い方です。一本のパラコードを張ってテント設営用の紐にしたり、物干し用のロープにしたり、また張ったパラコードに布をかけて、即席のパーテーション(間仕切り)として使うことができます。他には切れてしまった靴紐の代用など、緊急補修用のツールとしての使い方もあります。

パラコードは耐荷重250kgとたいへん頑丈な紐で、活用範囲も広いですが、積極的に身体を支える必要のあるクライミングのような場面には、直径8㎜以上のザイルを使うようにしましょう。緊急事態などでどうしてもパラコードを使わなければならない場合は、二本以上を束ねて、耐荷重を高めた状態での使用をお願いします。

パラコードの使い方・応用編

次は応用の使い方です。パラコードの内部には細い糸が七本ほど入っており、こちらも一般的な糸と同じように使うことができます。例えば裁縫用の糸として、衣服などのほつれや穴あきを補修したり、釣り糸にしたり、デンタルフロス(糸ようじ)として使ったりが挙げられます。

ちなみに切断したパラコードの先端は、ライターなどであぶると溶けて固まります。この性質を利用するとほつれ止めができますし、複数本のコードを繋ぐこともできます。ちなみにパラコード自体には火がつきません。しかし内部の糸には火がつきます。内部の糸を取り出して、ほぐして使えば火種にもなるのです。一部の商品には、火起こしの機能を高めた種類のものもあります。サバイバルシーンを想定してパラコードを常備する方は、ご参考にされてみてはいかがでしょうか。

パラコードの編み方・結び方

パラコードは編んだり結んだりすることで、活用の種類をさらに広げることができます。ひとくちに編み方や結び方といっても、たくさんの種類がありますので、まずは気になったデザインのものからチェックしてみましょう。

パラコードの編み方・結び方⓵玉結び

まずは二本のパラコードを束ねる結び方をご紹介します。ダイヤモンド・ノットとも呼ばれる「玉結び」のやり方です。慣れないうちは二本のコードのうち、一本を固定して結ぶことをおすすめします。

パラコードの編み方・結び方⓶平編み

次は雑貨作りの基本的な編み方でもある「平編み」です。「平編み」は平結びやソロモンステッチ、コブラステッチとも呼ばれ、キーホルダーやブレスレットなどに使われます。

平編みの編み方

《用意するもの》
・パラコード二本
(一本は芯にします。作りたいものの長さの2倍より、10cm程度長めにします。もう一本の結び紐は、芯の10倍程度の長さで用意します。)
・ハサミ(パラコードをカットします。)
・ライター(末端処理に使います。)
・クリップ(結び始めの部分を固定するのに使います。)

《編み方》
⓵芯を二つ折りにし、中心から3㎝程度の部分をクリップで止めます。
⓶結び紐の中心に芯が重なるように置きます。
⓷結び紐の左側を、芯の上に重ねるように置きます。
⓸結び紐の右側を、⓷で重ねた紐を巻き込むように、芯の下を通して左に抜きます。
⓹結び紐の中心がずれないように締めます。
⓺クリップを外し、結び紐の右側を芯の上に重ねて置きます。
⓻結び紐の左側を、⓺で重ねた紐を巻き込むように、芯の下を通して右に抜き、キュッと締めます。
⓼⓷~⓻を繰り返し、予定の長さまで編んだら、末端処理を施します。

パラコードの編み方・結び方⓷つゆ結び

つゆ結びは二本の紐を、小さな結び目で繋ぐ結び方です。続けて結ぶと二本の紐を一本にまとめることができます。こちらもパラコードの基本的な編み方ですので、ぜひトライしてみてください。

つゆ結びの編み方

《用意するもの》
・パラコード二本、もしくは長いもの一本(折り返して使う)
・ハサミ
・ライター
・クリップ

《編み方》
⓵パラコードを二本(または一本を中心で折って)固定します。
⓶右側の紐を左側の紐を軸にして、輪を作るようにぐるっと1周させます。
⓷左側の紐を、右側の紐の下を通してから、⓶で作った輪の中に通します。
⓸両サイドの紐をしっかり締め、編み目を作ります。
⓹⓶~⓸を繰り返し、予定の長さに達したら、末端処理をします。

この動画はたいへんわかりやすいです。

パラコードの編み方・結び方⓸8の字編み

8の字編みも、初心者におすすめの編み方です。こちらは長さの目安として、2m程度あればブレスレットを1つ作れます。

8の字編みの編み方

《編み方》
⓵端を13㎝ほど残して、その先に長軸15㎝程度の輪を作ります。輪の長軸は、手首の周囲の長さに合わせて調整してください。
⓶⓵で余らせた側と反対の端を、輪の裏から手前に通して編み始めます。輪の部分が芯になります。
⓷編み始めがズレないように指で押さえて、二本の芯を「8の字」を描くように編んでいきます。
⓸芯の裏側から輪の中を通して反対側の芯の上を通り、また反対側の芯の裏側から輪の中を通して、最初の芯の上に通します。
⓹途中すき間やたるみを引き締めながら、⓸を繰り返し、編み進めていきます。
⓺予定の長さまで達したら、末端処理をします。

こちらの動画も、とてもわかりやすいです。

パラコードの編み方・結び方⓹4つ編み

4つ編みはすっきりした外見の割にとても強靭なので、雑貨として、さまざまな種類の使い方があります。丈夫さを生かした使い方としては、ペットのハーネスやキーホルダー、ストラップなどがおすすめですよ。

4つ編みの編み方

⓵二本のパラコードを用意し、両方とも半分に折って並べます(マクドナルドのロゴのイメージです)。この折り目をスタート地点にします。
⓶いちばん右側の紐を、左の二本の間を後ろから手前に向かって通します。通したら、右から2番目の位置に来るようにします。ちなみに二色で編む場合は、いつも左右で色が分かれている状態になります。
⓷いちばん左側の紐を、右二本の間を後ろから手前に向かって通します。通したら、左から2番目の位置に来るようにします。ここでもやはり、左右で色が分かれた状態です。
⓸太さが同じになるようにしながら、⓶~⓷を繰り返して編み進めます。
⓹予定の長さまで達したら、末端処理をします。

慣れるまでは、編み始めの部分を固定しておくとやりやすいですよ。

パラコードの編み方・結び方⓺スネークノット

スネークノットは「へび結び」とも呼ばれる編み方で、スネークノットとしてだけでなく、他の編み方の編み始めに使われることもあります。若干難易度は上がりますが、基本的には同じ編み方を繰り返すだけです。コツさえつかめばスイスイ進められるようになりますよ。

スネークノットの編み方

⓵一本のパラコードをフックなどにひっかけ、左右が同じ程度の長さになるようにします。(色違いの二本を接着してもOKです。)
⓶右側の紐を、左側の紐をぐるっと囲むように輪を作ります。
⓷左側の紐を、⓶で輪を作った紐の下をくぐらせます。
⓸⓷でくぐらせた紐を、⓶で作った輪の中に通します。
⓹結び目をしっかり作りながら、二本の紐を引っ張ります。
⓺⓶~⓹を繰り返し、予定の長さに達したら、末端処理をします。

パラコードの編み方・結び方⓺ジッパー編み

ジッパー編みは「くさり編み」とも呼ばれる、コロンとしたフォルムがかわいらしい編み方の種類です。ハードなデザインが苦手な方や、女性におすすめの編み方です。

ジッパー編みの編み方

⓵パラコードを一本用意し、半分に折って、折り目から2㎝程度のところでスネークノット(へび結び)を一回行います。
⓶結び目を下向きにして、左側の紐を手に取って輪を作ります。
⓷右側の紐でアルファベットの「U」字型を作り、⓶で作った輪の中に、後ろから通します。
⓸下から出ている左側の紐と、結び目の紐を交互に締め、編み目を調整します。
⓹左側の紐で「U」字型を作り、上に出ている輪の中に、後ろから通します。
⓺下から出ている右側の紐と、⓸で作った編み目の部分の紐を交互に締め、編み目を調整します。
⓻⓷~⓺を繰り返し、予定の長さまで達したら、末端処理を施します。

ここでは基本編として、一本のコードを使う方法をご紹介しました。もちろん二本以上を使って、カラフルに仕上げることもできますよ。

パラコードの編み方・結び方⓼その他の編み方

ここまでは、よく使われる基本的な編み方や代表的な種類の編み方をご紹介してきました。しかし応用編や難易度の高い編み方には、まだまだたくさんの種類があります。「6つ編み」や「Celtic Bar(ケルト風しま模様)」、個性的な「Para-Aramid」、ジッパー編みの応用と言える「Triple Wide (Paracord) Zipper Sinnet」などなど…。

またここでは具体的にご紹介しませんでしたが、ヘアアレンジでおなじみの「三つ編み」も、パラコードを編む際に取り入れることができます。

基本をマスターし、「もっと違う作り方ないかな?」「難しい作り方に挑戦してみたい!」と思うようになりましたら、ぜひこれらの編み方にもチャレンジしてみてください。編み方が広がれば、雑貨やアクセサリーへの応用範囲の幅も広がりますよ。

パラコードの編み方・結び方⓽末端処理

パラコードを予定の長さまで編み進めたら、編み終わり(末端)の処理をしていきます。末端処理には、「玉結びをして、紐を編む」、「焼き止めをする」などいくつかの種類があります。ここではパラコードを切った後のほつれ止めとしても有効な、「焼き止め」をご紹介します。

切断したコードは、切り口から細い糸が出ている状態です。そのままにしておくと、アクセサリーにした時に肌に当たってチクチクしたり、ほつれたりしてしまいます。これを防ぐために、切り口をライターなどの火であぶって、焼き固めます。固まったら表面をハサミややすりなどで、軽く整えます。

編みパラコードの使い方

編んだパラコードには、雑貨やアクセサリーなど多くの使い方があります。
雑貨として登山やキャンプなどに持っていけば、いざという時のお役立ちアイテムとして、とても重宝します。
アクセサリーとしてさりげなく持っていて、必要な時にサッと取り出してもかっこいいですね。

編んだパラコードは、ほどけば紐として使うこともきます。せっかく作ったアクセサリーやキーホルダーをほどいてしまうのは、もったいないかもしれません。ただいざという時の方法として、知っておくとよいでしょう。

編みパラコードの使い方・雑貨編

編んだパラコードは、マグカップやライターなど、道具の持ち手部分に巻き付けるだけで、簡単にカスタマイズできます。例えばナイフに用いればファッション性だけでなく、グリップ力やクッション性もupします。

またパラコードの耐荷性を生かして、キーホルダーやストラップなどにするのもよいでしょう。カバンなどにつけておけば「キーホルダーの鎖が切れて、鍵をなくしちゃった」という事態を防ぎやすくなりますね。

ペットの首輪やリードをパラコードで作るのも、おすすめです。コードは丈夫なので、切れたり外れたりしにくいうえに、編み方次第で個性を出せるので、ペットのおしゃれにも繋がりますよ。

他にもペットボトル用スリングなど、アイディア次第で多様な使い方ができます。
いざという時に備えて、まずはキーホルダーやストラップなどの雑貨に、パラコードを取り入れてみてはいかがでしょうか。

編みパラコードの使い方・アクセサリー編

アクセサリーもアイディア次第で、いろいろな種類の使い方が可能です。例えば腕時計のベルトやブレスレットなどが代表的な例として挙げられます。また、長く編んでいけばネックレスにも応用可能です。

またパラコードアクセサリーのひとつの種類として、ミサンガがあります。ミサンガは「切れたら願いが叶う」というのが定説でした。丈夫で切れにくいパラコードで作られたミサンガには、どんな意味が込められているのでしょうか。

パラコードを使ったミサンガは「切れない絆・縁・繋がり」を意味します。単身赴任や遠方に出張するパートナーの無事を願って渡したり、別の進路に進む仲間や友人に「ずっと仲間だ、友達だ」という意味を込めて贈ったり、という使い方をします。

この用法は、ある軍人の奥さんが「お守り」として、パラコード製のミサンガをご主人に持たせてあげた事が、始まりと言われています。


◆関連記事:ミサンガの手作りならこちらをチェック

ミサンガの結び方・付け方!足首や手に簡単につけるには?
ミサンガの輪結びの作り方!3色で編むのがおすすめ!

パラコードの使い方・結び方・編み方:まとめ

・パラコードはナイロン製の丈夫な紐で、キャンプや登山などのアウトドアシーンで用いられる。
・パラコードには、物干し竿や靴紐の代用としての他、内部の糸を利用して裁縫や釣りをしたり、火を起こしたりと多様な種類の使い方がある。
・切断したパラコードは、そのままだとほつれやすいので、断面を加熱して切り口を整えるとよい。

・パラコードは、編んでキーホルダーなどの雑貨や、アクセサリーに使うことができる。
・キーホルダーやアクセサリーにしたパラコードは、いざという時にはほどいて紐として使うこともできる。
・パラコードの編み方には、基本的なものから難易度の高いものまで、非常にたくさんの種類がある。

・雑貨としての使い方は、アイディア次第でどんどん種類を広げていける。例としてはキーホルダーやストラップ、ペットの首輪やリード、道具のグリップなどがある。
・アクセサリーとしての使い方も、アイディア次第で種類を広げられる。例としては腕時計のベルトやブレスレットなどがある。
・「切れない絆・縁・つながり」を願って、パラコードでミサンガを作る方法もある。

パラコードは常備しておくと便利!

ここまでパラコードについて、編み方や結び方、使い方と盛りだくさんの内容でご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。パラコードは使い道が非常に多く、持っているといざという時にたいへん便利です。しかし一本の紐として持ち歩くのは、ちょっと抵抗があるかもしれません。

ここで大いに活躍するのが、キーホルダーなどの雑貨やアクセサリーとして持ち歩く方法です。パラコードには豊富なカラーバリエーションと、多様な編み方があります。易しい方法は初心者でも簡単に取り組めますので、まずは一本や二本と、少ない本数のコードを使ったものから取り組んでみましょう。

応用の編み方や多色使いができるようになりますと、デザインの幅も広がります。気に入ったものができたら、ぜひキーホルダーなどの雑貨に取り入れたり、アクセサリーとして身に着けたりしてみましょう。
事故や事件、災害はいつどこで起こるか、誰にもわかりません。パラコードを使ったキーホルダーやアクセサリーは、編んだ状態ではファッションアイテム、ほどくと丈夫な紐として使うことも可能です。

キーホルダーに雑貨に、さまざまな形にアレンジできるパラコードを、日常のアイテムとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

もっと手作りについて知りたい方はこちら

ままごとキッチンをDIY!カラーボックスで簡単に手作りできる!
ベビーサークルを手作り!100均グッズを使った作り方7選!
御朱印帳カバーの作り方!100均で簡単手作り!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ