パラコードブレスレットの作り方紹介!カッコよくて大人気!

パラコードで作られたブレスレットが、「クールでカッコいい」と人気を集めています。パラコードブレスレットは、手元に材料があれば、自由なデザインで手作りすることができるのです!世界で1つだけのパラコードブレスレット作りに、挑戦してみてはいかがでしょうか。

パラコードブレスレットの作り方紹介!カッコよくて大人気!のイメージ

目次

  1. パラコードブレスレット~That's cool!~
  2. パラコードとは?
  3. パラコードブレスレットについて
  4. パラコードブレスレットの種類
  5. パラコードブレスレットの作り方
  6. パラコードブレスレットの作り方⓪材料
  7. パラコードブレスレットの作り方⓵三つ編み
  8. パラコードブレスレットの作り方⓶四つ編み
  9. パラコードブレスレットの作り方⓷六つ編み
  10. パラコードブレスレットの作り方⓸8の字編み
  11. パラコードブレスレットの作り方⓹コブラ編み
  12. パラコードブレスレットの作り方⓺スネーク結び
  13. パラコードブレスレットの作り方⓻フィッシュテール
  14. パラコードブレスレットの作り方⓼マッドマックス風
  15. パラコードブレスレットの作り方⓽編み始めと編み終わり
  16. パラコードブレスレットの作り方⓾オプションをつける
  17. パラコードブレスレットの作り方⑪補足
  18. パラコードブレスレットの意味
  19. パラコードブレスレットのほどき方
  20. 【おわりに】パラコードブレスレットでカッコよく!

パラコードブレスレット~That's cool!~

パラコードで作られたブレスレットが、「クールでカッコいい」と人気を集めています。パラコードブレスレットは、映画『マッドマックス』で主人公が身に着けていたことで、話題になりました。その後はアウトドアやサバイバルシーンなどに取り入れられ、そして現在はアクセサリーなどのファッションアイテムとしての意味でも、扱われています。

picciolina.airsoftgirlさんの投稿
12976164 154423478289805 1107562267 n

パラコードとは?

パラコードとは、第2次世界大戦中に、アメリカがパラシュート用に使っていた紐のことです。銃器など重い装備に身を包む兵士を支えるため、とても頑丈に作られています。その強さは、わずか4㎜程度の細さで250kgの重量に耐えられるのですから、驚きです。ちなみに250kgは、体長約2mのヒグマの体重と同じくらいの重さです。

nicchiro5.1さんの投稿
27582124 1844481265622713 2073090863063367680 n

開発当初はパラシュート用に使われていたパラコードですが、現在はもっと幅広い意味や用途で使われています。例えばそのまま使う場合は、登山やキャンプの際に使うテント設営用のひもや、物干し竿の代用が挙げられます。

1本でもとても丈夫なパラコードは、編めばさらに強度を増すことができます。編んで使う方法としては、ブレスレットやストラップのようなアクセサリーやペットのリードなど、発想次第でより意味のある使い方ができます。

nanaco_dachsさんの投稿
13525404 585182628329313 1658985074 n

そしてパラコードには、内側の繊維を使う方法もあります。パラコードの内部には細いナイロンの糸が数本入っており、それを取り出して裁縫糸や釣り糸として使ったり、デンタルフロスの代用として使ったりすることができるのです。

また一部のパラコードには着火剤が付いているものもあり、非常時には内部の繊維を燃やして火起こしする、なんてこともできるのです。

mibuki__.39さんの投稿
28764501 430313310731646 4841488282254573568 n

パラコードブレスレットについて

ここまでパラコードが持つ機能をご紹介してきましたが、見た目は「色付きの紐」です。パラコードも毛糸や刺繍糸のように、編むことによって、色使いやデザインの幅を広げることができます。
パラコードは、アウトドア用品店やミリタリーショップ、通信販売などで購入することができます。価格は30mで1,000円前後~ですが、メートル単位の量り売りを利用すれば、金額を抑えられますよ。

パラコードブレスレットは、戦いに出る兵士の安全を願って作られたのが、もともとの意味です。とても丈夫な素材で作られているので、日常使いはもちろん、緊急時や災害に巻き込まれた時に身に着けていても、十分意味はありますよ。

aruarutankentai.matsumotoさんの投稿
12519364 948778498575409 1303197755 n

■参考記事:パラコードの編み方・使い方はコチラも参照!

パラコードの編み方・結び方・使い方まとめ!【必見】

パラコードブレスレットの種類

パラコードブレスレットは、使うコードの本数や色によって、太さや配色など自由に意味を込めることができます。また編み方の種類も、簡単なものからレベルの高いものまで豊富にあります。つまりアイディア次第で種類は無限大です。

はじめは作るのに多少時間がかかってしまうかもしれませんが、慣れてくれば1時間前後で作れるようになりますよ。

maxi_japan_officialさんの投稿
30592060 196396247810863 3195229692814688256 n

ブレスレットは、パラコードだけで作っても十分カッコいいものができます。ここにビーズやチェーンを編み込んだり、バックルを取り付けたりすると、またひと味違ったものになるので、慣れてきたらぜひ試してみることをおすすめします。

パラコードブレスレットを手作りするメリットは、自由に意味やデザインを操れる点と、つける人によって長さを細かく調整できる点です。上手に作れたらアクセサリーとして自分で使うだけでなく、身近な人にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

パラコードブレスレットの作り方

アウトドアにアクセサリーに大活躍のパラコードブレスレットを、自分で作ってみましょう。とても簡単なものは1m程度のパラコードが数本あれば、10分くらいでできちゃいます。

編んで作るタイプのものも、基本の編み方を繰り返すだけなので、編み方をマスターすればサクサク作れるようになります。気になる作り方を見つけたら、ぜひトライしてみてください。

パラコードブレスレットの作り方⓪材料

パラコードブレスレット作りに必要な材料は、以下の通りです。
《基本の材料》
・パラコード(好みの色を、好みのデザインに応じて揃えます)
・はさみ(パラコードをカットします)
・定規(パラコードの長さを測ります)
・クリップ(編み始めの位置を固定します)
・ライター(切り口のほつれを止めます)

《プラスアルファの材料》
・ビーズなどのチャーム
・バックルなどの留め具

partsclub_officialさんの投稿
30078520 1648897285159593 2922089533933617152 n

パラコードの切り口は、内部の繊維が出て、ほつれやすくなってしまいます。ほつれを防止するために、切り口をライターの火であぶります。

はさみや定規、クリップなどは同じ意味を果たせれば、カッターなど他のもので代用しても構いません。またビーズを取り入れる場合は、パラコードを通せる広さの穴があるかどうか、あらかじめきちんと確認しておきましょう。

sweet_strawberryさんの投稿
30590608 907278399456770 5825316799863848960 n

パラコードブレスレットの作り方⓵三つ編み

まずは基本の作り方、ヘアアレンジでもおなじみの三つ編みです。三つ編みはきっちり編むか、ゆるく編むかで印象が変わってきます。ヘアスタイルだけでなく、ミサンガなどにも応用可能な編み方ですので、ぜひマスターしておきましょう。応用編として、ビーズを編み込んでもオシャレですよ。

《作り方》
⓵1mくらいのパラコードを3本用意し、端を玉結びします。
⓶端が動かないよう、クリップやセロテープで固定します。
⓷左側のコードを、真ん中のコードの上に重ねます。
⓸右側のコードを、真ん中のコードの上に重ねます。
⓹⓷と⓸を繰り返して編み、目安の長さまで達したら、端を再度玉結びします。

動画は「ミサンガの編み方」ですが、パラコードでも編み方は同じです。


■参考記事:おしゃれなミサンガの編み方はコチラ!

ミサンガのおしゃれな編み方・作り方解説!簡単にできる!

パラコードブレスレットの作り方⓶四つ編み

三つ編みの次は四つ編みです。四つ編みは仕上がりがとても頑丈になるので、アクセサリーだけでなくペットの首輪やリードなどにもおすすめです。三つ編みから1本増えるだけなので、さほど難しくはないですよ。慣れるまではひとつひとつ手順(編み方の順番)を踏んでいくことが、大切です。

《作り方》
⓵パラコードを4本用意し、端を玉結びして、動かないよう固定します。
⓶左端のコードを、右の2本のコードの間に、後ろから手前に通します。
⓷⓶で通したコードが、左から2番目にくるように置きます。
⓸右端のコードを、左の2本のコードの間に、後ろから手前に通します。
⓹⓸で通したコードが、右から2番目にくるように置きます。
⓺⓶~⓹を繰り返して編み、目安の長さに達したら、端をもう一度玉結びします。

パラコードブレスレットの作り方⓷六つ編み

四つ編みの次はなんと、六つ編みです。レザークラフトなどでも用いられる定番の編み方です。四つ編みよりやや複雑になりますが、まだまだ基本の範囲です。6本のコードを使って編んでいくので、存在感のある仕上がりになりますよ。

tokyuplazaginzaofficialさんの投稿
29737497 1646505178766198 665559080059797504 n

《編み方》
⓵コードをを6本用意し、端を玉結びして、固定します。
⓶中央の2本を交差させます。
⓷右端のコードを、左隣のコード4本の下を通し、左から2番目のコードの上に通します。
⓸⓷で通したコードを、左から3番目のコードの下に通します。
⓹左端のコードを、右隣のコード4本の下を通し、右から2番目のコードの上に通します。
⓺⓹で通したコードを、右から3番目のコードの下に通します。
⓻⓷~⓻を繰り返して編み、目安の長さに達したら、端を端をもう一度玉結びします。

動画では革紐を扱っていますが、パラコードでも編み方は一緒です。

パラコードブレスレットの作り方⓸8の字編み

6の次は8ですが、今度は「8の字」編みです。編み目が「8の字」になるようにする編み方で、使うコードは1本あればOKです。8の字編みは、ほどけば1本のコードに戻すことができるので、アウトドアシーンにはおすすめの編み方ですよ。

《作り方》
⓵長さ50㎝程度のコードを用意し、端を10㎝ちょっと残して、その先に輪を作ります。
⓶輪にした方の端のコードを、輪の裏から手前に通します。
⓷輪の部分を芯にして、編み始めがずれないように注意しながら、編み進めていきます。
⓸⓶で通したコードを、芯の裏側から輪の中を通して、反対側の芯の上を通します。
⓹⓸で通したコードを、反対側の芯の裏側から輪の中を通して、最初の芯の上を通します。
⓺コードが8の字を描くようにしながら、⓸と⓹を繰り返して編み進めていきます。
⓻目安の長さに達したら、端を処理します。

作り方のポイントは、途中でゆるんだりたるんだりしてしまわないよう、編み目を引き締めながら進めていく点です。

パラコードブレスレットの作り方⓹コブラ編み

コブラ編みは、平編みやソロモンステッチとも呼ばれる、パラコードの基本的な編み方です。主にアクセサリーやキーホルダーなどに使われており、ミサンガなどにも応用が可能です。コブラ編みは2本のコードで編んでいきます。違う色を使うとデザインに幅が出て、おもしろいですよ。

《作り方》
⓵[作りたいものの長さ×2+10㎝程度]の長さのコードを1本用意し、軸とします。
⓶⓵の10倍程度の長さのコード(結び用コード)を1本用意します。
⓷軸用コードを半分に折り、輪になっている方を上にして置きます。
⓸⓶のコードの中心に、軸用コードを置いて編み始めます。
⓹結び用コードの左側を、軸に上から重ねるように置きます。
⓺結び用コードの右側を、⓹で置いたコードを巻き込むように、軸の下を通して左に抜きます。
⓻結び用コードの中心がずれないように、引き締めます。

jupiterdaikanyamaさんの投稿
14533727 178506262592135 8141806448888774656 n

⓼結び用コードの右側を、軸の上に置きます。
⓽結び用コードの左側を、⓼のコードを巻き込むように、軸の下を通して右に抜きます。
⓾結び目を引き締めます。
⑪⓹~⓾を繰り返して編み進め、目安の長さに達したら、端を処理します。

パラコードブレスレットの作り方⓺スネーク結び

コブラの次はスネーク(蛇の意味)です。スネーク結びは簡単で、応用範囲の広い編み方です。アクセサリーだけでなく雑貨にも活用可能なので、ぜひ覚えておきたいところです。コード1本でも作れますが、2本のコードを溶接して作ると、アレンジの範囲が広がりますので、試してみてはいかがでしょうか。

《作り方》
⓵80㎝程度のコードを1本用意し、中心を固定します。
⓶左側のコードを囲むように、右側のコードで輪を作り、下に通します。
⓷左側のコードを、⓶で通したコードの下をくぐらせてから、輪の中に上から入れます。
⓸2本のコードを同時にひっぱりながら、結び目を引き締めます。
⓹⓶~⓸を繰り返して編み進め、目安の長さに達したら、端を処理します。

パラコードブレスレットの作り方⓻フィッシュテール

コブラ、スネーク(蛇)の次はフィッシュテール、意味は「魚のしっぽ」です。フィッシュテールは、シンプルな編み方ながらもかなり頑丈に仕上がるので、ミリタリーアイテムなどに取り入れられる場面が多いです。チャームなどを編み込んでアクセサリーにすると、カッコよさがグッとUPしますよ。

《作り方》
⓵長めのコード(2m50㎝くらい)を1本用意し、半分に折ります。
⓶完成した時の長さを決め、折り曲げた部分からその長さのところを、クリップなどで留めます。
⓷折り曲げた部分を下にして、編み始めます。
⓸右側のコードで輪を作り、先端を左側に流し、左側のコードの下に置きます。
⓹左側のコードを下から輪に通し、両方のコードを軽く引き締めます。
⓺クリップを外し、両方のコードを同じくらいの力で引っ張り、結び目を作ります。

dining_ilfiumeさんの投稿
29717542 707256886332487 2781911533788069888 n

⓻左側のコードを輪の中に、上から下へ入れます。
⓼右側のコードを、⓻で通したコードより下の位置で、上から下に入れます。
⓽両サイドのコードを均等な力で引っ張り、編み目を作ります。
⓾⓻~⓽を繰り返して編み進め、目安の長さに達したら、端を処理します。

上の動画で作ったブレスレットは、留め具不要で長さも調節できる、超優秀アクセサリーです。

パラコードブレスレットの作り方⓼マッドマックス風

最後にご紹介する編み方は、映画『マッドマックス』で登場人物が身に着けていた、ブレスレットの編み方です。映画の人物と同じデザインで作って、カッコイイ気分に浸ってみませんか。こちらも、長めのコードが1本あれば、同じ編み方を繰り返すだけで完成させられますよ。

filmarks_officialさんの投稿
30591191 361944914292014 4866373846753607680 n

《作り方》
⓵長めのコード(2m50㎝くらい)を1本用意し、半分に折ります。
⓶完成した時の長さを決め、折り曲げた部分からその長さのところを、クリップなどで留めます。
⓷折り曲げた部分を下にして、編み始めます。
⓸右側のコードを軸の上から左に流します。
⓹左側のコードを軸の下から、⓸の時にできた右側の輪に通します。
⓺左右のコードを均等な力で引っ張り、結び目を作ります。

julian_official_jpさんの投稿
30605208 222625648510550 2315172069022629888 n

⓻左側のコードを、軸の上を通り右側のコードの下に流します。
⓼右側のコードを、⓻のコードの下を通し、左側にできた輪の中に下から入れます。
⓽両サイドのコードを均等な力で引っ張り、引き締めて結び目を作ります。
⓾⓸~⓽を繰り返して編み進め、目安の長さに達したら、端を処理します。

映画に近いものを作るには、色を揃えるのがおすすめです。もちろんビーズなどでカスタマイズしても、楽しいですよ。

パラコードブレスレットの作り方⓽編み始めと編み終わり

パラコードの編み方は、しっかりマスターできたでしょうか。ここではパラコードを編んでブレスレットを作る時の、最初と最後の処理についてお伝えします。

ここまでご紹介してきた編み方の中で、三つ編みや四つ編みは最初と最後に玉結びをして、編んだコードがほどけないようにしました。では他の編み方の場合は、どうやって処理しましょう。

8の字編み以降の編み方の場合、最初からしっかり編み目ができているので、玉結びをする必要はありません。説明や動画の通りに編んでいき、予定の長さに達したら、処理をします。処理の方法は、ライターで先端をあぶってほつれを防止する「焼き止め」で問題はありません。ただし火を取り扱う際は、火傷などにじゅうぶん気をつけてください。

ちなみに「マッドマックス風ブレスレット」の編み方動画では、「編み終わったコードを、編み目の中に編み込んで、目立たないようにする」というテクニックが使われています。とてもナチュラルに美しく仕上がるので、アクセサリーやプレゼントにする場合はおすすめの方法です。

この動画の方法で焼き止めをすると、切り口をよりキレイに仕上げられますよ。

パラコードブレスレットの作り方⓾オプションをつける

パラコードを編むのに慣れてきたら、ビーズなどのチャームを取り入れて、アクセサリーを1ランクアップさせてみましょう。特にゴールドやシルバーなどの光沢のあるチャームや、ウッドビーズなどが加わると、雰囲気がグッと変わって面白いですよ。

チャームを取り入れる際は、編み込む場所などのデザインをあらかじめ設定しておくことを、おすすめします。

チャームをつけよう

初心者でも取り入れやすいのはビーズですが、穴のサイズは必ずコードが入る大きさを選びましょう。ビーズ自体の大きさや色は、作りたいブレスレットやアクセサリーのデザインに合わせて決めれば、問題はありません。

またチェーンや紐止めなどがあれば、模様入りのコードを結ばずにつなぐだけで、簡単にアクセサリーに加工することができます。コードをじっくり編む時間のない方に、おすすめの方法です。ちなみにチャーム類は、手芸店やアクセサリーのパーツを取り扱っている店などで、購入できますよ。

留め具をつけよう

ブレスレットなどのアクセサリーや首輪では、両端にバックルなどの留め具をつけることもできます。特に首輪を作る場合には、留め具があった方が散歩用のヒモとつなぎやすくなりますね。ブレスレットに留め具をつけますと、ただコードを編んだだけの時とは違った表情を、つけることができます。また下の画像のようにさらにオプションをつけて、よりサバイバルシーンに対応しやすくすることも可能です。

留め具をつける際は。コードの編み始めを留め具に固定して、それから編み目を作っていく方法が一般的です。留め具は手芸店やDIY用品店などで購入できますよ。

パラコードブレスレットの作り方⑪補足

今回はパラコードの編み方を8種類ご紹介しました。どれも基本的な編み方なので、器用な人なら、あっという間にマスターしてしまうかもしれません。ただパラコード編みの世界は、もっと奥深いです。ここでご紹介した方法以外にも、もっとたくさんの編み方が基本から応用まで揃っています。

編んだパラコードは、ブレスレットをはじめアクセサリーや雑貨に応用ができるので、どんどん編んで楽しく活用しましょう。

koichan5.5さんの投稿
14276409 1116919695064895 6597559431582449664 n

パラコードブレスレットの意味

パラコードブレスレットはもともと、兵士が戦場から無事に帰ってこられるように、という意味を込めて作られたものでした。パラコードブレスレットのような「願いをかけるコード(紐)製のブレスレット」といえば、ミサンガを思い出しませんか。ミサンガは「切れたら願いが叶い、色やデザインによって込める意味が変わる」と言われています。

パラコードは「切れない」紐なので、ブレスレットを贈り物として扱う場合は「切れない絆や友情・愛情」を意味することが多いです。ただミサンガのように、色やつける場所の意味が細かく決まっていないので、ある程度は自由な発想で作ったり贈ったりできるのではないでしょうか。

■参考記事:ミサンガはつける場所や色に意味がある!

ミサンガをつける場所と色の意味を解説!【おまじない】

パラコードブレスレットのほどき方

最後にパラコードブレスレットを、緊急用アイテムの意味で使う方法をご紹介します。パラコードで編んだものはいざという時に、ほどいて1本のコードとして使うこともできます。一生懸命編んだコードをほどくのはもったいないですが、もしもの時に備えて、ほどき方も押さえておきましょう。

na_chan.12.11さんの投稿
28428740 195922217668442 3784503298929721344 n

三つ編みや四つ編みは、玉結びをほどけば簡単に全体もほどけます。コブラ編みの場合は、軸を抜いてからほどくのがおすすめです。また一瞬でコードをほどける「クイックリリース」という編み方もあります。

【おわりに】パラコードブレスレットでカッコよく!

パラコードブレスレットは、色と編み方とオプションの有無によって、無限にアレンジが加えられるハンドメイドアクセサリーです。またパラコード自体は丈夫な紐ですので、ブレスレットをほどいてコードとしての活用も可能です。いろいろな使い方ができるパラコードブレスレットは、最高にカッコいいアクセサリーと言えるのではないでしょうか。

まずは気になるデザインのものを1つ、気軽に作って身に着けることから始めてみましょう。

ブレスレットについてもっと情報を知りたいアナタに!

ブレスレットの意味は左右で違う?恋人への手錠束縛の意味が?
ブレスレットの付け方のコツ!片手でつけにくいものも簡単につけられる!
水晶ブレスレットの効果があがる付け方!右手と左手どっちがいい?

関連するまとめ

yukali03
yukali03
お酒と音楽とパンが大好き♪パンイベントめぐりはもはやライフワークです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ