男気のある人の特徴15選!

男気ある素敵な人の特徴が知りたい…というあなたへ。 今までは顔だけがよかったら男前、イケメンと思っていませんでしたか? 男気ある男性は一体どんな特徴があり、どんな行動や考え方を持っているのでしょう。 偉人の名言も交えてご紹介いたします。

男気のある人の特徴15選!のイメージ

目次

  1. 男気があるって…どういうこと?
  2. 【男気のある人の特徴①】信念がある
  3. 【男気のある人の特徴②】常に前向き
  4. 【男気のある人の特徴③】 責任をしっかり担う
  5. 【男気のある人の特徴④】偏見を持ちすぎない
  6. 【男気のある人の特徴⑤】言いたい事は本人に直接言う
  7. 【男気のある人の特徴⑥】見守ることが出来る
  8. 【男気のある人の特徴⑦】人を信じる
  9. 【男気のある人の特徴⑧】批判も聞ける、謝れる
  10. 【男気のある人の特徴⑨】どんな相手でも長所は認める
  11. 【男気のある人の特徴⑩】冷静さを欠かない
  12. 男気のある人の特徴 恋愛編もご紹介!
  13. 【男気のある人の特徴⑪】気遣いが出来る
  14. 【男気のある人の特徴⑫】計画性が有る
  15. 【男気のある人の特徴⑬】家族や恋人を大切にする
  16. 【男気のある人の特徴⑭】金銭的にも頼りになる
  17. 【男気のある人の特徴⑮】大切なものを守れる
  18. 女性から見た男気は将来守りたい物を守れるかが鍵!
  19. 男気溢れる偉人達の名言
  20. イケメンとはイケてるメンタルの略称と心得て

男気があるって…どういうこと?

男気の定義とはなにか!

男気、というと何となくニュアンスは理解できますが、じゃあ言葉でいうとどんな人を指すかご説明できるでしょうか。

実は男気とは「侠気」とも書くことが出来ます。その意味としては、その人の性質として弱いものを蔑ろにしたりできない、むしろそういった弱い人たちをそのままに見過ごすことができない人の事を指します。

男気のある人の特徴を15項目にわけてご紹介

現代は平成。言葉は生き物という言葉を残した人もいる通り、現在の男気の定義や特徴、どういった行動が「男気がある」と評されるかは刻々と変化を遂げています。

この記事では、現代において男気のある男性の特徴を15の項目にわけてご説明します。
男気がある男性の行動心理や恋愛観を知っているだけでも、素敵な男性を発見しやすくなる一歩です。

実はモテモテの人やプレイボーイよりも、実直で堅実な男性の方が男気があって安心してお付き合いできる人であると言えるでしょう。


◆関連記事:強引なくらいがちょうどいい?

強引な男はモテる?女子はこんな強引さを求めている!

【男気のある人の特徴①】信念がある

他者に蔑まれても曲げない信念を持っている

男気がある人の特徴の一つとして自分の信念を否定や批判されても、その信念が間違っていないと思ったら迷いません。

例えば将来に行く道について誰かに笑われたとしても、夢や行うことを馬鹿にされたとしてもです。
自分が大成する為、間違っていなかったということを証明する為にも、男気がある人はしっかりと自分の信念に意味や意義を持って目標や目的に邁進します。

本人のことを思ってアドバイスしてくれる人の言葉に耳は貸しますが、最終的な道しるべは自分でしっかりと作り、行動し、道を踏みしめて生きているのです。

自分の目標に向かってひたむきに努力できる

男気のある人の特徴のとして、必ず自分の中に目標や夢があります。
彼らの中に自分の人生に関して「どうでもいい」という中途半端な行動や思考はありません。

自分は何がしたいのか、どういう風に生きていきたいのか。自分はどんな人物になりたいのか等、彼らの中ではかならず目標が定められています。
さらに、その目標や夢を到達するべく、努力という方法で、行動を起こしているのです。
男気のある人にとってみると、目標に向かう為に行った経験すべてが「意味のあるもの・行動」としてその身に蓄えられていきます。

【男気のある人の特徴②】常に前向き

無駄にテンションが高いのではなく、場に合わせた対応ができる

いつもテンションがハイな男性もいますが、男気がある男性の特徴として、しっかりとメリハリをつけることが出来るという性格を持っています。

嬉しい時は本能のままに嬉しいということを表現できますし、反対に冷静にならなくてはいけない時にはしっかりと取り組むことが出来るのが男気のある人の取る行動です。

物事に対してとても後ろ向きな雰囲気が漂っている時は、鼓舞するようにメンタルや理性を調整しようと努めます。
マイナスな空気やマイナスな感情に飲まれ続けるということがありません。

人間は誰しも、落ち込むときはマイナス思考の連鎖が止まらない時もあります。
そういった感情や失敗でさえも男気のある人は「意味や意義のある経験」として、前向きにとらえることが出来るのです。

失敗しても諦めない、次はきっとできると自分を信じる

男気のある人の特徴である前向きさの中には、決してあきらめないという行動力も含まれます。

失敗してもそれを失敗のままで終わらせず「この方法ではダメだったということがわかったから、違う方法でリトライしてみよう」と考え、何度でもトライするのです。

失敗や失態は、間違いをそのまま放置した結果の名称です。そのうまくいかなかったことを経験という名前に変えていくために、男気のある人は自分がとれる次の行動をどんどんこなしてゆきます。

何よりも自分を信じて、一歩一歩前に進んでいくのです。

【男気のある人の特徴③】 責任をしっかり担う

何事に対しても責任逃れをしない

男気のある人は、自分が背負うべき責任に対して逃げるという行動をとりません。
逃げることは意味がないということを知っているのです。
今逃げたら、また別の責任に追い立てられることになります。
そのため、一度自分が請け負った責任に対して真っ正面に向き合い、問題や試練を乗り越えていけるのです。

責任という言葉の意味や重さもしっかりと理解しているため、自分で納得した上でその任を引き受けることができるという面でも、男気のある人は周囲から頼られる存在であるといえるでしょう。

自ら責任がある立場に立候補できる

自分が引き受けたい、責任をもって成し遂げたいと思ったことに関しては男気のある人は積極的にその責任を担いに歩みを進めます。

人の上に立ったり、リーダとしてチームを引っ張るということや責任をもって最後までやり遂げるということは相応の覚悟がなければ取り組むことができない事柄です。
責任を負いたくないという人は尻込みをしてしまい、そんな責任ある立場になど就きたくないという人間もいるでしょう。

しかし、男気のある人の特徴として責任ある立場にあえて身を置くことで、自分が成長できる、意味を成す事柄であるということを知っているために、男気がある人は勇敢な行動に出るのです。

【男気のある人の特徴④】偏見を持ちすぎない

自分の偏見だけをもって世界を狭めない

男気がある人は自分の偏見だけで人を判断しません。
偏見のみで行動するということは自分の見聞を狭めていくだと知っているからです。

日本国内だけに限らず、世界にはいろんな感覚や常識を持っている人がいます。
自分が持っている常識や偏見をものさしに使うと、他の人の特徴や良いところ、自分の見習うべき部分ですらも見失ってしまいます。

自分の狭い偏見のみで人を判断したり差別したりすることがなく、様々な人に対して平等に、対等に話合える、交流が持てるというのも、男気がある人の特徴なのです。

人の立場や考え方が十人十色であることを知っている

「これだけ沢山の人間が世界中に存在しているのに、皆がみんな、同じ考えをして同じ行動をするほうが気持ち悪い。」と、男気のある人は考える傾向にあります。

立場が違えばもちろんのこと、性格や個性、感性、育った土地や触れてきた経験などを考えると、凝り固まった固定概念などまったくもって意味を成さないものと考えるのです。

もちろん、その考え方やその人自体を好きになるかどうかは交流を持った結果次第ですが、向き合う前から勝手に決めつけるのは器が小さい人のすることだという感覚を持っているのが男気のあるなの人です。

【男気のある人の特徴⑤】言いたい事は本人に直接言う

陰でこそこそ悪口を言うことを嫌う

欠席裁判という言葉をご存知でしょうか。
欠席裁判とはその場にいない誰かのことを周りの複数人で批評したり批判したりする行為を意味する言葉です。
女の世界だけにあることかとおもいきや、実は男の世界にもあるのです。
仕事や私生活の充実度に対して妬みや嫉みが起きた時に同じような感情をもつ男性が群れをなして欠席裁判を行う傾向にあります。

しかし男気のある人はこういった欠席裁判を行ったり、陰でこそこそと悪口を言うことを嫌います。
とても女々しいと思うだけではなく、その悪口に費やすエネルギーがもったいないとすら思うのです。

気に入らないことは本人に直接物申す

男気のある人は、誰かに対して思う節があるとき、こそこそと悪口を言わずにどういった行動にでるのか。
それは、相手にむかって自分の不愉快に思っていることをはっきりと伝えます。

もちろん伝えることに中に明らかな僻みや嫉みを持っていないからこそ成せる技です。
良く思っていない部分ははっきりと伝えるし、もしくはこういう部分が気に入らないから直してほしい、周りに迷惑になるような行動は慎んでほしいと相手に向かって理路整然と伝えるという手段を選択するのです。

その方が、無意味な欠席裁判よりもずっとお互いの人間関係のためになることだと信じています。

伝える言葉は選ぶ必要がありますが、男性に限らず女心としても、悪いところや直してほしいところは遠回りに悪口として伝わってくるよりも、本人から直接聞いたほうが心がすっきりしますよね。


◆関連記事:こんな男性には注意

女遊びをする男の17の特徴!女慣れしたモテる男性には気を付けて!

【男気のある人の特徴⑥】見守ることが出来る

年下や部下の成長を見守ることができる

男気のある人の特徴の中の一つに、見守ることができる能力があげられます。
世の中に有能は人は数あれど、人を見守り育て上げる男気のある人はなかなかいません。

自分でやったほうが早い、あの人は使えないなどと言って自分の力を鼓舞して回るのは女々しい人です。
人の成長を見守り、何が必要なのかをアドバイスしながら部下や後輩の成長を後押しできる人。
そういった男気のある人は、人望も厚く様々な人から一目置かれるようになるのです。

さらに、部下や後輩が成長をしていく上で必ず踏んでしまうステップ。それは「ミス」です。
前述したとおり、男気のある人はミスを意味や価値あるものと考えます。
そのため、ミスがあった後のバックアップフォローすらも買って出るのです。

人材を育て上げることができるというのも、男気のある人の特徴といえるでしょう。

余計な手出しをしないという忍耐

人には、誰かに頼らないで自分で成し遂げなくてはいけない瞬間が必ずあります。
その瞬間は生きている中で沢山ありますね。
赤ちゃんの時から、まずは自分の足で立ち上がること、大きくなってくると学校へ行き勉強をすること、社会人になると、一人前になるために腕を磨くこと。

こういった成長という過程の中で、男気のある人は無暗やたらに余計な手出しをしません。
命の危険があったり、ほんの少しアドバイスをすれば劇的に変わるときは例外ですが、基本的に成長しようと本人が頑張っているところに水を差すような真似はしないのです。

この余計な手出しをしないということ、言葉を変えると余計なおせっかいを焼かないということは実は非常に忍耐を要するものです。
余計な手出しという行為がその人のためにならないので、じっと見守ってあげることしかできないというのは非常に苦しいものがあります。
しかし、男気のある男性は、成長を望む人間の邪魔はしません。
じっと見守って、目標の達成を心待ちにできるのです。

【男気のある人の特徴⑦】人を信じる

相手を信じて託すことが出来る

人を信じる。そう言葉でいうと非常に簡単に見えますが、年齢を重ねれば重ねるほどまっすぐに人を信用できなくなってしまうのはなぜでしょうか。
しかし、男気のある人は自分が「信じるに値する」と決めた人間に対してしっかりと信頼してお付き合いができるのです。

仕事においても、プライベートにおいても、上司であっても部下であろうとも当てはまります。

「信頼した結果の責任は自分が持つ。しかし、あなたを信じている。」というまっすぐな思いが、人の心に届くからこそ、男気のある人は人望が厚いといえるのです。

何にも代えがたい信頼というものを提供できる

信じるという言葉の意味は、疑わないことです。
相手に自分の信頼の厚さを伝えるときには、疑う余地などないほど信頼しているということを伝えます。
男気のある人は、お金でも買えない、物品でも交換できない「信頼」というものを仕事の相手にも友人にも、もちろん恋人にもしっかりと伝えます。

人は懐疑心を持ち始めるとキリがありません。すべてが怪しく見えてしまいます。
そういった女々しく弱い部分をまず脳内に取り入れないとこが、男気のある人の心の在り方なのです。

【男気のある人の特徴⑧】批判も聞ける、謝れる

自分が悪かった時の批判はしっかり聞き入れる

怒られた時、相手からの不満をぶつけられた時、自分の悪いところを指摘された時など人は不快感を感じます。
そして逆に怒ったり、感情的に泣いたり、聞かなかったフリをするといった行動に出ることが多くあるのです。

しかし、男気のある人はこういった逃げの姿勢は無意味だと感じています。
仕事に対しても、恋人や家族からの不満や指摘ですら、相手の言葉を聞いてしっかりと自己を振り返ることができるのです。

恋愛においても、女性は相手に自分の不満に思っていることを聞いてほしい、理解してほしいという女心が少なからず存在しますが、男気のある人はしっかりとその気持ちを汲み取れるのです。

相手に対して、素直に謝罪が出来る

女心として、相手に不満をぶつけた時に素直に「ごめんなさい。」と謝られたら、どうですか?
それまで沸騰していた感情がふと、冷静になる瞬間になるのではないでしょうか。

男気のある人は自分に非がある、あったと思った時には素直に謝罪の言葉を口にできる人です。
そこで変に片意地をはったり、逆に怒ったりといった行動に出ると今まで信頼性を積み上げてきた意味が無くなってしまうと感じます。

自分の非を素直に詫びて、反対に自分の糧にしてさらに素敵な人へと変わっていく男気のある人は、やはり人間的にも上品な人であるといえるのです。


◆関連記事:素敵な男性を落としたいならこっちもチェック

モテる男を落とす方法!普通の女がイケメンを落とす秘訣とは?

【男気のある人の特徴⑨】どんな相手でも長所は認める

気に入らない相手でも、長所は素直に認められる

気に入らない相手の長所を見つけられることや認められることはなかなかできることではありませんね。
むしろ嫌いな部分がたくさんあるからこそ気に入らないわけなので、相手の良いところを探そうとすらしない人も多いです。

しかし、そんな中でも相手の長所は長所として、素敵な部分や賞賛に値する部分はしっかりと認めて褒めてあげるのが男気のある人の特徴です。

嫉妬心や羨望があっても、相手を褒めることができる

女の妬みや嫉みも相当な負のエネルギーを放出していますが、実は男性もそういった僻みや嫉みのエネルギーは強いのです。

相手が成功している、出世している、幸せな家庭を持っている、裕福…など人の煩悩は108つあるといわれるように、うらやましく思うポイントは様々でしょう。

そんな中で男気がある人は、相手の成功や功績、優れた能力や結果には素直に賞賛の声を上げることができるのです。
確かに羨望がないといえば嘘になりますが、先に成功した人から何かを学び取ろうとする貪欲さがあり、同じようなレベルの高いフィールドに自分も追いつくと決めています。

そのため、男気のある人は相手の優れた点や功績に対して褒めたたえ、自分のモチベーションへと昇華させていくのです。

【男気のある人の特徴⑩】冷静さを欠かない

突然のトラブルにも動揺しない

いくら気を付けていても、突発的に起きる事故やトラブルに対して動揺したり混乱したりするのが普通の反応です。

しかし男気のある人は、動揺し慌てふためいても意味がない、事態が好転するわけではないということを知っているため、しっかりと冷静さを維持します。

トラブルや事故はある程度は回避できますがその回避率は100%ではありません。
いつか誰かが必ず遭遇してしまう事態だからこそ、その時にいかに冷静に対処や対応できるかということを男気がある人は考えるのです。

そしてトラブルを未然に防ぐための用意をしたり、トラブルに遭遇した時に対処をしたりする一つ一つの行動に意味を持たせて、周りが慌てふためいている中、余裕をもって解決策を見出すことができるのです。

冷静に物事に対処してトラブル解決を最優先にできる

男気のある人は、周りに冷静さを取り戻させる能力も持っています。
事故、災害にあった時、仕事で突然のトラブルが発生した時も含めて周囲がパニック状態だとせっかくの対処方法が意味をなさなくなってしまいます。

そこで、淡々と理路整然と周りの人間をまとめ上げて指示を出し、トラブルの解決を最前として行動することができます。
集団の中に男気があり信頼の厚く、落ち着いている人は必ず組織の冷却機能として能力を発揮することも多いのです。

男気のある人の特徴 恋愛編もご紹介!

男気のある人はどんな恋愛観をもっているのか

いい男や男気のある素敵な人は一体どんな恋愛観をもっているのか、気になりますよね。
さらに男気があり信頼に厚いといっても女心まで理解してくれるものなのか?という心配も含めて、丁寧に解説します。

男気のある人は実はモテる男性とは少し違い、近寄りがたい印象もあるかと思いますが実はとても家庭的で頼りがいのある存在なのです。
無意識に女心をくすぐってくる男気のある彼らの恋愛観を紐解いていきましょう。

男気がある人は芯がブレない

男気のある人の基本的な恋愛姿勢として、芯がぶれることがありません。
人の信頼や目に見えない絆を重んずる人格を持っているため、一度惚れた人に対して気持ちがそうそう変わることがないのです。
それほどに好いた相手への熱い思いがあり、その相手を選択した自分にも自信がある為です。

さらに、発言したことに嘘や偽りはなく時間が経ってから変わるということもありません。
女心としては嬉しいことこの上ない、安心して付き合えるパートナーといえるでしょう。

【男気のある人の特徴⑪】気遣いが出来る

危険を察知した時などはさりげなくエスコートできる

男気のある人の恋愛観として女性を守るという庇護能力が非常に高いことがあげられます。
例えば車道側を歩かせない。危ない場所へは行かない。
少し過保護とも取れるかもしれませんが、女性からすると好きな人から守ってもらいたいという女心はくすぐられるばかりの相手となるでしょう。

さらに、好きな相手から包まれるように守られたいというのが女心。
そんな気持ちを知ってか知らずか、無意識に力強く包み込む男気のある男性に女性は魅力を感じざるを得ないのです。

言葉にできない複雑な女心も察することが出来る

言葉で伝えたほうが、ずっと相手に伝わることはわかっていても相手の男性に「察してほしい」という気持ちを持っているのが女心。

察して欲しいタイミングは女性自身の心の機微の時もあれば、スキンシップを取りたいとき、体調が悪い時、甘えたい時など様々です。
デート中のデート代の支払いや、その日一日のデートプランなども含まれます。

男気のある男性はこういった女心の機微を察することができるのです。
さすがに完ぺきな人間はいませんので100%察して至れり尽くせりということは難しいですが、自分が大切に思っている女性の女心くらいは察してあげたいという努力をするのです。

【男気のある人の特徴⑫】計画性が有る

女性をしっかりとリードして行動が出来る

例えばデート中、デート代をさりげなく出しておいてくれる。プランをしっかりと練っていてくれる。飽きさせないようなサプライズを用意してくれるなど。
男気のある男性は、女性の笑顔をなんとか引き出そうと不器用ながらにも考えてくれる人が多い傾向です。

どのレストランで食事をするのか、どこへ向かうのか、大体どういった日程で動いていくのかも含めて計画をたてておき、デート代に関しても彼女にあまり負担をかけないように配慮をします。

さらに恋愛をする上で男気を発揮する人は彼女に「気を遣わせない気の遣い方」ができます。
デート代を出すときも彼女にあえて負担にならない額を出してもらうのです。
中にはデート代を全額出したい男性、デート代を全額出してほしい女性もいるのは事実ですが、デート代を折半したい女性もいるのです。
理由はそうしないと女性側が気負いしてしまい、申し訳なく思うからです。

そんな律儀な人が彼女だった場合、相手の負担にならない程度の額を支払ってもらったり、
大きいデート代は男性が払ってちょっとした支払いの時はお願いするなど、
「デート代を半分もちたい女性」への気配りができる人も男気のある男性の特徴です。

お付き合いをした彼女に対しての態度はカップルによりそれぞれですが、相手も自分も気持ちよく交際できることを大前提として考えてくれるのです。

人生の設計図もしっかり持っている

将来のことについて、女性から根掘り葉掘りきいてしまうのは気が引けるのが女心。
とても気になっている事柄だったとしても、しかるべき話し合いをするタイミングが来ないと持ち出しにくい話題ですよね。

男気のある男性はしっかりとした自分の人生設計をたてています。
人によっては資産の計画も立てているかもしれません。

計画性があり、心にきめた女性と安定した生活を築いていきたいと思う男性は、計画を怠りません。
人によって、デート代などのお金に細かくても、それは将来の結婚式のための貯蓄であったり二人の将来を見た時にかかってくるお金を寄せているからかもしれません。

男気のある人は女性が将来も安心して隣を歩けるように、実はしっかりと頭の中で人生設計ができる人のこともあてはまるのです。

【男気のある人の特徴⑬】家族や恋人を大切にする

仕事だけではない、唯一無二の家族や恋人を大切にできる

仕事も頑張ってほしい…だけど恋人のうちはいいけど家族になったときは家族と過ごす時間も大切にしてほしい…と考えてしまうのが女心ですよね。

男気のある男性は仕事に対する責任感も強いですが、恋人や家族と過ごす時間もちゃんと大切にできる人が多い傾向です。
仕事に安心して臨んでいけるのは優しく癒してくれる恋人であったり、大切に育んでくれた家族がいるからこそだということを男気がある人は知っています。

そのため、仕事に対する向き合い方もしっかりとしていますが、時間がとれた時はできるだけ自分の大切な人に時間を遣おうとしてくれるのです。

催事やイベントの時なども、家族や恋人との時間を確保してくれる

年に一度のイベントが行われる時、女心としてはイベント時にできるだけ時間を割いて一緒にいてほしいと思う人が多いでしょう。

男気がある男性は、そのような大切な時間やイベントのなどをしっかりと確保できるように努力してくれます。

あまり繊細なタイプではない人は記念日などは忘れてしまうこともあるかもしれませんが、例えば誕生日やクリスマス、バレンタインデーなど主要なイベント事にはきちんと対応してくれます。
また彼女や妻から要望があれば、しっかりと約束を果たしてくれるのも「交わした約束は裏切らない」という男気を存分に発揮してくれるからです。

【男気のある人の特徴⑭】金銭的にも頼りになる

誠実に仕事をして、職や金銭的に困っていることがない

あえて正反対の例をあげるならば、仕事がなくお金に困って彼女にすがる所謂「ヒモ男」です。
男気のある男性はしっかりと自分の手に職をつけて仕事をし、裕福とまではいかなくとも貯蓄をある程度は行っています。

年齢が若いうちは貯蓄額こそ高額ではないにしろ、金銭的管理能力がありますので安心してお付き合いすることができます。
デート代を出してくれる男性もいれば、デート代は折半派の男性もいますが、金銭管理ができる人というのは、将来性を考えた時に生活を苦にさせない家庭を築いてくれる人と考えることもできます。

旅行や結婚、イベントごと等ここぞという時にしっかりお金の話合いをしてくれる

このご時世の中で、金銭的負担を全部請け負ってくれるというのはなかなか厳しい状況です。
しかしそんな中でも、大切な時ほどしっかりと話合いの場を設けるというのが男気のある人のとる行動といえるでしょう。

デートの時のデート代などはさほど大したことではないので、支払いの出所がその時々で変わりますが、いざ旅行や結婚、大きなイベントの時などには、きちんと男性本人の意思や金銭的負担の配分はどうするのか等も知っておきたいのが女心。

男気のある男性は彼女に心配をかけないようにきちんと意思疎通や話し合いの場を設けるが出来る人でもあるのです。

【男気のある人の特徴⑮】大切なものを守れる

目には見えない大切なものや絆をもしっかりと守っていける

男気のある男性は、自分の家族や恋人、子供など大切なものを守れる力を持っています。
守るということは、何も金銭的にだけということではありません。
心を傷つけないことや、良好的な関係を保つということも守るということなのです。

男気のある人は守る=お金や家庭環境の維持だけということではなく、気遣いや言葉がけでも大切な人たちを守っているのです。

女性から見た男気は将来守りたい物を守れるかが鍵!

お付き合いしてる時は楽しいだけでいいけれど…

恋愛は結婚の延長線上です。結婚をしたら男性が変わる、子供が生まれたら変わるという意見もありますが、よっぽどの心境の変化がない限りは人はそうそう変わることはありません。

デート代を全く出さなかった人が結婚をしたら急に家庭にお給料を持ってくるようになるということもありませんし、逆をいうとデート代をある程度出してくれたり、話し合いでデート代を折半をしてくれる人は堅実的で地に足がついた男性だと言えるでしょう。

男気のある人は恋人関係の段階から既に結婚した後の生活風景や姿勢の片鱗が見え隠れしているものです。
うわべの言葉だけで騙したり誤魔化したりすることなく、しっかりと行動を伴わせて恋人との信頼関係を築いていってくれる相手でもあると言えます。

将来結婚して、大切な家族や居場所が出来た時に、しっかりと守れるか

男気のある人と無い人の違いは、将来守りたい人や笑顔でいて欲しい人が出来た時、しっかりと守り通せる覚悟があるかないかです。

何かを守る、良い関係性を維持するということはその人自身もコミュニケーションや努力を惜しむらく費やせる人であったり、悪いものに手を染めないひとである必要があります。

人生のなかでいくら努力してもトラブルはつきものですし、ぶつかる壁や予期せぬ事態も沢山発生しますが、それでも家族を守っていこう、守り抜こうという覚悟があるかないかで事態は全く変わってくるのです。

そういった覚悟がある男義ある男性についていきたい、家庭を築いていきたいと女性は思うのです。

男気溢れる偉人達の名言

男気あふれる偉人たちの名言を抜粋してご紹介します。
日本国内だけではなく、歴史にその名を刻んできた勇敢で男気のある男性たちが残した言葉は、男性に限らず女性も心打たれるものばかりです。

世の人は我を何とも言わば言え 我が成す事は我のみぞ知る

この名言は坂本龍馬が残している言葉です。彼が残した中でも最も有名であると言っても過言ではないでしょう。
分かりやすい言葉に書き直すとすれば、「周りの人が自分の事をなんと言っていようがかまわない。自分が分かっていればよいのだ。」という表現となります。

当時鎖国状態であった日本の国を開国まで導いたのは、当時誰に何をいわれても事を成し遂げようとする彼の男気あふれる精神と情熱があったからこそかもしれませんね。

垣根は相手がつくっているのではなく、 自分がつくっている。

この言葉はアリストテレスという古代ギリシャの哲学者が残した言葉です。

男気のある人は他者に対して偏見を持たないという性格を持っている通り、相手への苦手意識や相手への嫌悪、嫌いな相手の長所を見ようともしない姿勢が自然と心の垣根になってしまうのです。

アリストテレスは人間の本性が知識を愛するものとしていたように、男気のある人は自らの心の垣根を作らないことから他者と関わり、様々なことを学んでいくのです。

人を信じよ、 しかし、 その百倍も自らを信じよ。

この言葉は日本の漫画史に歴史を刻んでいる巨匠、手塚治虫が残した言葉です。
他の人から信じてもらう前に、まずは自分が何より自分のことを信じてあげることからすべては始まるのですよ、という意味をはらんでいます。

男気のある人は、自分に対して、または今まで行って来たり努力してきたことに対して敬意と信頼を寄せています。
他人をも知り得ない自分の努力や情熱を知っているのは自分以外ありえないのですから、苦難に直面した時も、物事が上手くいかなかったときも自分を信じて邁進していけるのです。

イケメンとはイケてるメンタルの略称と心得て

顔が良いだけの男なんて空っぽの人

いかがでしたでしょうか。男気のある人は中身が全てです。
確かに顔が整った男性も世の中には沢山存在しますが、中身までしっかりとした男気のある人はなかなかご縁をつなぐことが難しいご時世でもあります。

その人の心意気、精神的な姿勢をよくよく観察して、恋愛に限らず友好関係でも仕事関係でも男気のある人と信頼性のある確かな絆と培っていきましょう。

メンタルが奥深く、強いからこその男前である

世の中にはイケメンというとイケてる面子(顔)の事を指示しますが、実はイケメンは、イケてるメンタルであるということを改めて認識しましょう。

人を思いやる心や守るべき人を守る覚悟、冷静さや器の大きさは一長一短では身につくものではありません。一時的にそう見せている人はただの付け焼刃です。

男前の精神は、日々の積み重ねからにじみ出てくるものなので時間をかけてその人を見ないとわからない面も沢山あるでしょう。
しかし一度恋人や友人関係になった時には、この上なく信頼のおけるパートナーとなってくれる存在なのです。

もっとイケメンについて知りたい方はこちら

イケメンなのに彼女がいない男子の特徴9選!シングルな理由は?
性格イケメンな男の特徴!そんな男を見抜く方法とは?
彼女にブスをどうして選ぶ?美人よりもブス好みなイケメンの秘密!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ