男性恐怖症の原因・特徴と克服方法解説!チェックしよう

「男性が近付くと怖い」「男性と話せない」などの男性恐怖症で悩んでいる女性は意外とたくさんいます。 もしかしたら、あなたも「これって男性恐怖症?」と思い当たる症状はありませんか? ここでは、男性恐怖症の原因や特徴、克服法、接し方についてまとめました。

男性恐怖症の原因・特徴と克服方法解説!チェックしようのイメージ

目次

  1. 男性恐怖症とは
  2. 男性恐怖症の原因
  3. 【男性恐怖症の原因】①幼少期に男の子からいじめられた
  4. 【男性恐怖症の原因】②暴力的な家庭環境
  5. 【男性恐怖症の原因】②性的暴行やいやがらせを受けた
  6. 【男性恐怖症の原因】③セクハラ
  7. 【男性恐怖症の原因】④過去の恋愛経験
  8. 男性恐怖症になりやすい人
  9. 男性恐怖症の主な症状
  10. 男性恐怖症の特徴
  11. 【男性恐怖症の特徴】①男性と目を合わせられない
  12. 【男性恐怖症の特徴】②男性っぽい女性も苦手
  13. 【男性恐怖症の特徴】③男性との空間でいられない
  14. 【男性恐怖症の特徴】④接触するだけで鳥肌が立つ
  15. 【男性恐怖症の特徴】⑤アニメのヒーロー好き
  16. 男性恐怖症かどうかをチェックする方法
  17. 男性恐怖症は克服できる?
  18. 【男性恐怖症の克服法】①認知行動療法
  19. 【男性恐怖症の克服法】②自立訓練法
  20. 【男性恐怖症の克服法】③周りの理解と協力
  21. まとめ

男性恐怖症とは

男性恐怖症とは、男性に触られる、男性と話すなど、男性と関わる事に対して、恐怖を感じる事を言います。

男性恐怖症の症状の程度はそれぞれですが、男性に触られるまでいかなくても、男性が近くにいるとか、男性と同じ空間にいるだけで怖くなったり、不快な感情になったりする人もいます。

中には、男性を見るだけで、とか、声を聞くだけでも耐えられない、男性との接し方が分からないと言ったような重い症状に苦しめられている女性もいるようです。

男性恐怖症は、対人恐怖症の一つであり、女性に多い症状ですが、まれに男性でも男性恐怖症の症状が現れる人がいます。

女性でも、男性恐怖症である事が社会生活に差支える事が多いのに、男性でありながら、男性に近づけないと言うのは、実生活ではかなり支障があることでしょう。

男性恐怖症に悩まされている人は、強いコンプレックスを持ち、実社会で孤立してしまう事があったり、結婚どころか恋愛も出来ないのではないかと言う不安を抱えています。

男性恐怖症と診断された人でも、出来る事なら、克服したい気持ちが強い人が殆どです。

そんな男性恐怖症の症状や特徴、原因、克服法などをここで解説していきます。

また、男性恐怖症かどうか、診断の目安になるような自己診断チェック項目も用意しましたので、もしあなたが気になっているなら、是非チェックしてみて下さい。

さらに、男性恐怖症の症状の人への接し方についても注意点を記載しましたので参考になさって下さい。

男性恐怖症の原因

男性恐怖症になる原因は、過去のトラウマによることが多いです。

過去に男性に怖い思いや不快な感情にさせられるような経験をして、強い心理的ダメージを受けたことが原因でトラウマとなり、男性恐怖症になる場合が多いのです。

そのトラウマの原因によって、どのような男性との関りに対して恐怖を感じるか、などの特徴が変わって来ます。

まずは、男性恐怖症になる原因について解説していきましょう。

■参考記事:女性恐怖症もトラウマが原因!コチラも参照

女性恐怖症はトラウマが原因?克服するには?症状をまずはチェック!

【男性恐怖症の原因】①幼少期に男の子からいじめられた

男性恐怖症になる人には、幼少期に男の子からいじめられた経験がある人がいます。

小さい頃、男の子に叩かれたり、追いかけられたりして泣かされた、とか、仲間外れにされた、とかのいじめに合い、それがトラウマとなっているパターンです。

いじめた男の子はそんなつもりはなくても、幼い女の子にとっては、その時に受けた不快な感情が、その後の人生にも深い傷となって残り、男性恐怖症になり、苦しんでしまうケースがあります。

【男性恐怖症の原因】②暴力的な家庭環境

男性恐怖症になる人の多くは、暴力的な家庭環境が原因であることがあります。

幼少期から、父親や兄弟などから日常的に暴力を振るわれていた、とか、母親が父親から酷い暴言・暴力を受けていた光景を目の当たりにして育った女性は、男性恐怖症になりやすい傾向にあります。

また、大人になってからも、恋人や夫に暴言を吐かれたり、暴力を振るわれて心理的ダメージを受け、男性恐怖症になる事もあります。

男性恐怖症の症状を自覚していない人でも、小さい頃から父親の怒鳴り声を聞いていた女性は、男性の大きな声を聞くと、恐怖で震えや動悸などの症状が出る事もあります。

【男性恐怖症の原因】②性的暴行やいやがらせを受けた

性的暴行や性的いやがらせを受けた事が原因で、男性恐怖症になる女性は多いです。

痴漢やレイプ、強姦などの被害者となった経験がある女性は、誰にも言えず、一人で苦しみを抱え込んでしまう傾向にあります。

その時に心に負った深い傷は、なかなか忘れる事が出来ず、脳裏に焼き付いてしまいます。

その経験がトラウマとなり、社会復帰するのにも時間を要してしまう、最も大きな男性恐怖症の原因です。

【男性恐怖症の原因】③セクハラ

会社の上司などから日常的に受けるセクハラが原因となって、男性恐怖症になる女性もいます。

一度や二度程度の軽いセクハラではなく、女性が「やめて下さい」と言っているにもかかわらず、執拗にセクハラ的発言や、体を触ってくるなどの行為を繰り返す男性上司がいます。

嫌がっている女性を楽しんでいるかのように、どんどんその行為がエスカレートし、性的暴行へと発展する事もあります。

男性上司はそんなつもりはなくても、受け取り側の女性が不快に思い、心理的ストレスが溜まってきて、男性に対する嫌悪感が増してくるものです。

ある程度、恋愛経験のある大人の女性なら、笑って済ませる程度のセクハラでも、恋愛や男性経験の少ない真面目な女性は、その行為をとても苦痛に感じて、男性恐怖症になる事もあります。

【男性恐怖症の原因】④過去の恋愛経験

大人になってから男性恐怖症になる原因として、過去の辛い恋愛経験がトラウマとなっている場合もあります。

恋人から暴力を振るわれたり、強い束縛を受けるなどの怖い経験をしたとか、暴力を受けなくても、酷い裏切り方をされた、などの心理的に深く傷ついた経験をした事が原因です。

そのような恋愛経験が元で、男性を信じられなくなったり、男性との接触が怖くなったりと、その後の恋愛に悪影響を及ぼす男性恐怖症になる事があります。

男性恐怖症になりやすい人

男性恐怖症になる原因は色々ありますが、同じような経験をしても、男性恐怖症にならない人も当然います。

また、男性恐怖症になる原因は、必ずしも一つとは限らず、複数の経験の積み重ねで症状が出るようになる人もいます。

さらに、男性恐怖症になりやすい人とならない人の違いは、その人の元々の性格が影響していると考えられます。

男性恐怖症になりやすい人の性格は、次の通りです。

(1)自意識過剰
(2)男性に対する理想が高い
(3)人目を気にしすぎる
(4)こだわりが強い

このような素質のある人は、男性恐怖症になりやすいと言われています。

全体的に、自分に意識が向いているので、物事を受け流す事が出来ず、心理的ダメージを受けやすいのが特徴です。

■参考記事:人間不信を克服するには?コチラも参照!

人間不信の症状の特徴!7つの原因ごとの克服方法教えます!

男性恐怖症の主な症状

男性恐怖症になると、身体にどんな症状が表れるのか、気になりますよね。

そこで、主な症状をまとめてみましたので、自己チェックしてみて下さい。

(1)動悸
(2)手足の震え
(3)緊張
(4)赤面
(5)めまい
(6)頭が真っ白
(7)発汗
(8)口やのどの渇き
(9)息苦しい
(10)パニック
(11)声が上ずる
(12)尿意

男性といる時に、このような症状があるなら、男性恐怖症の疑いがあるかもしれません。

この時点で、男性恐怖症であると診断は出来ませんが、後の項目でもう少し詳しい症状のチェック項目を記載していますので、まずは、男性恐怖症の特徴について読み進めて行って下さい。

男性恐怖症の特徴

女性なら誰でも、男性の前に立つと、普段とはちょっと違う心理状態になりますよね?

特に好きな人の前では、ドキドキしたり、赤面したり、声が上ずったりする、と言ったような、上記にあるような症状になることはあります。

だからと言って、男性恐怖症だと診断する事はできません。

では、男性恐怖症と診断するのは、どのような特徴がある場合なのか、また、そのような特徴的な症状の人の周りの接し方などを詳しく解説していきます。

【男性恐怖症の特徴】①男性と目を合わせられない

男性恐怖症の特徴は、男性と目を合わせられない、という方が多いです。

男性と話す時、怖くて目を見れない、どこを見て良いのか分からなくて、キョロキョロと挙動不審になってしまうのは、男性恐怖症の可能性があるかもしれません。

【男性恐怖症の特徴】②男性っぽい女性も苦手

男性恐怖症の人の周りには、女性っぽい人ばかりであるのが特徴と言えます。

男性恐怖症の人は、女性でも、男性的な雰囲気が伺えるような人は、苦手です。

言葉遣いが乱暴であったり、男性っぽい振る舞いをする人・・・例えば、大声で威圧的な話し方をする人や、あぐらをかいて座ったり、男性のようなワイルドな服装をしたりする女性は、男性を連想させてしまいますので、心理的に受け付けません。

そのため、相手が女性であっても近付こうとはしないのが特徴です。

【男性恐怖症の特徴】③男性との空間でいられない

男性恐怖症の人は、狭い空間で男性と一緒にいる事が出来ません。

特にエレベーターの中などの密室で男性と一緒にいると、逃げられない恐怖から、激しく動悸がしたり、息苦しくなるという特徴があります。

その為、一人でエレベーターに乗っていて、あとから男性が入ってくると、思わず降りる階でなくても飛び降りてしまう事もあります。

また、密室でなくても、男性が隣に座ったり、傍に立っているだけの状況でも、男性恐怖症の人にとっては苦痛です。

特に何かをされた訳でもないのに、恐怖でいっぱいになり、感情のコントロールが出来なくなるのです。

もし、あなたの周りに男性恐怖症の人がいるなら、そのような場合の接し方としては、周りに男性を座らせないようにするとか、出入り口の傍に座らせてあげる事で、症状を軽減できるでしょう。

また、あなた自身が男性恐怖症の場合は、男性から遠い場所に座るとか、部屋の奥ではなく、いつでも逃げられるように、ドア付近に座るようにしましょう。

【男性恐怖症の特徴】④接触するだけで鳥肌が立つ

過去に男性からの暴行や虐待を受けた事が心理的ダメージとなり、男性に恐怖を覚えるようになった人は、男性とちょっと触れただけ、あるいは触れそうになっただけで、鳥肌が立つことがあります。

そのような人の接し方を知らない男性は、軽くポンと肩を叩く程度のコミュニケーションを取るために取った何気ない接触が、男性恐怖症の人には嫌悪感が走り、とてつもなく苦痛なのです。

そのような男性からの軽いボディタッチは、普通の女性なら、ちょっと嬉しい気分になりそうなものですが、男性恐怖症の人には鳥肌ものなのです。

もし周りに、男性に触れられると鳥肌が立つほど不快に感じている人がいるなら、その人は男性恐怖症の可能性があります。

そのような人の接し方として、なるべく男性と距離を保つように自分が間に入るなどの気遣いをしてあげましょう。

もし、あなた自身がこのような症状に悩まされているとしたら、周りの人に接し方を伝え、協力してもらう事で不快な思いが軽減できるかもしれません。

■参考記事:生理的にムリな時の対処法は?コチラも参照!

生理的に無理な人の対処法・付き合い方!職場など!

【男性恐怖症の特徴】⑤アニメのヒーロー好き

男性恐怖症の人は、「男性が怖い」と思っている人がほとんどですが、アニメのヒーローは好き、という人はいます。

アニメの世界のヒーローは、暴力も振るいませんし、自分に対して暴言を吐く事もありません。

見た目も美しく、理想の男性像を映し出しています。

そのため、アニメのヒーローに本気で恋愛感情を抱く女性も少なからずいるようです。

また、アニメだけではなく、実際には手が届かないアイドルを好きになる事もあります。

画面に映るアイドルに恋愛感情を抱く事もあるのですが、そのアイドルが実際に自分の目の前に現れ、触れるような事があれば、症状が出る可能性は十分にあります。

男性恐怖症かどうかをチェックする方法

男性恐怖症の症状は、誰にでもあるような症状もあるので、男性恐怖症と診断するにはどこで区別したら良いのかわかないという難しさもあります。

そこで、男性恐怖症の診断基準となるチェック項目を用意しましたので、自己診断チェックしてみて下さい。

あなたはいくつチェックが入るでしょうか?

自己診断チェック表

以下のチェック項目について自己診断してみて下さい。
チェックの数によって、あなたが男性恐怖症であるかどうか、診断の目安になります。

(1)男性に対して、恐怖や嫌悪感を持っている
(2)男性が近付いてくると威圧感を感じる
(3)男性と目が合わせられない
(4)男性と話すと赤面し、声が上ずったり動悸が激しくなる
(5)男性に触れられると鳥肌が立ち、不快に思う
(6)密室で男性と一緒になると激しく動悸がして息切れや過呼吸になる事がある
(7)男性を連想させるような女性に近づけない
(8)男性と二人きりの空間が耐えられない
(9)男っぽい体格の男性に恐怖を感じる
(10)男性の事を考えただけで嫌悪感を抱く

上記の自己診断チェック表で、2つ以上チェックがついた人は、男性恐怖症の可能性があります。

これだけで男性恐怖症だと断定できるものではありませんが、全て当てにチェックがついた、とか、チェック項目が半分以上の方の場合は、重度の男性恐怖症である可能性が高いです。

男性恐怖症の程度は様々で、男性におびえながらも、接し方を自分や周りが知っていれば、なんとか普通に社会生活を送れる人もいます。

時間と共にトラウマも少しずつ解消され、いつの間にか男性に対する恐怖心がなくなり、恋愛が出来るようになる人もいます。

中には、通常の社会生活がままならない程、強い症状が表れる人もいます。

会社の男性社員はもちろん、取引先や男性のお客様にまで恐怖を抱き、恋愛はおろか働く事さえ出来なくなり、専門家の治療が必要になる事もあります。

男性恐怖症は克服できる?

男性恐怖症と診断された人でも、その多くは、将来は恋愛も結婚もしたい、と思っている人が多いです。

このままでは、男性と恋愛や結婚できないのではないか、という不安が、更に心理的なストレスとなり、症状を悪化させている事も可能性としては十分あります。

でも、この症状を克服したいと思っている人がはたくさんいます。

恋愛や結婚の為だけではなく、症状が重い人は仕事も出来ず、ただただ苦しい思いをして過ごしています。

そこで無理して、男性との接し方を変えようとすると、却って心理的ストレスを抱えることになり兼ねませんので、適切な対処が必要です。

そこで、男性恐怖症の克服法や接し方について、いくつかご紹介します。

【男性恐怖症の克服法】①認知行動療法

男性恐怖症の克服法の一つとして、認知行動療法という方法があります。

この方法は、一種の心理療法で、男性恐怖症の克服だけではなく、多くの心に障害を持つ方への克服法として注目されています。

ものの見方や受け取り方の事を「認知」と言います。

この認知を書き換えていく事で、心理的ストレスを軽くしていく方法を、認知行動療法と言います。

男性恐怖症になるのは、過去の辛い経験が原因です。

そして、いくら辛い過去でも、もう過去を変える事は誰にも出来ません。

でも、その過去に起こった事で感じた「思考」は変える事が出来ます。

つまり、過去の思考パターンを知り、間違った思い込みを修正することで克服していくといった、心理的なアプローチをしていく療法です。




ちょっと難しく思ったかもしれませんが、これは、心療内科や精神科などの心理カウンセリングによって行われる手法の一つです。

基本的に、男性への接し方を変えると言う事ではなく、男性に対する考え方を変える、というやり方です。

その人の症状によって、接し方は変わって来ますが、一気に考え方や思考を変えるものではなく、少しずつ心理的に無理がないように進めていきます。

そして、繰り返していくうちにだんだんと自信を取り戻し、克服できるようになります。

ここで注意しておくことは、必ず専門家の診断と指導の下に進めていく事。

自己判断で治療途中で止めてしまったり、無理をしない事です。

これまで長い期間、男性恐怖症に苦しめられてきた分、ゴールまで長いスパンで考えて取り組んでいきましょう。

【男性恐怖症の克服法】②自立訓練法

男性恐怖症の人は、男性といる時、あるいは男性の事を考えただけでも、パニック状態になる人がいます。

そして、そのような症状になる事で、常にストレスを抱えています。

そのような症状を克服するために多く用いられている方法として、「自律訓練法」という方法があります。

自律訓練法は、疲労回復、ストレス緩和、仕事や勉強の能率向上、抑うつや不安の軽減などの効果がある。 また、心身症、神経症などの精神科、心療内科領域の病気にも効果がある。 自律訓練法は自己催眠への誘導法であるので、変性意識状態の体験、多幸感の体験、深いリラックス状態の体験などがある。

このように、自律訓練法は、自力で意図的に緊張した神経を落ち着かせたり、リラックスする方法を身に付ける、という方法です。

男性恐怖症の人は、「男性が怖い」という心理が根底にあるのですが、それによっておこる緊張や動悸、息苦しさが怖い、と言う二重の苦しみを抱えています。

その苦しみを軽減するために、まずは男性を目の前にして起こる症状の緩和をする為に、リラックス法をマスターしていく事が有効とされています。

自律訓練法は色々なやり方があり、慣れてくるとちょっとした合間の時間や、外出先でも簡単に出来るようになります。

この方法をマスターしておけば、男性恐怖症を克服した後にも、ストレスを感じた時やリラックスしたい時にいつでも使えるリラクゼーション法として、役に立つ事でしょう。

【男性恐怖症の克服法】③周りの理解と協力

自分が男性恐怖症であることを、「周りに知られたくない」と一人で苦しんでいる人は多いのではないかと思います。

でも、克服するためには、周りの理解と協力は必要です。

家族や友達、会社の上司など、信頼できる人に打ち明け、理解してもらう事で、自分への接し方の協力をお願いしておきましょう。

どうしても周りに信頼できる人がいない、あるいは、知り合いに打ち明けられないと言う場合は、病院や心理カウンセラーなどの専門家に相談してみるのも方法です。

また、同じ悩みを持つ方のコミュニティーに参加し、辛い気持ちを共有したり、男性への接し方や、克服法をシェアしたりして、心の支えとなる人を見つけましょう。

過去の辛い経験を吐き出すのは、勇気が必要な事かもしれません。

でも、これから恋愛も結婚もしたい、男性と普通に接したい、と思っているなら、今ここで、勇気を出しましょう!

必ず応援してくれる人がいます!

まとめ

今回は男性恐怖症について、その原因や症状、診断基準や男性恐怖症の人の接し方についてまとめましたが、いかがでしたか?

もしかしたら、あなた自身が男性恐怖症に悩まされているかもしれませんが、どうか一人で悩まないでください。

男性恐怖症は、克服することが出来ます!

でも、一人で克服するのは難しい病気です。

周りを頼って良いんです。

一日も早く克服し、これから素敵な恋愛や結婚が出来るよう、心から願っています。

男性恐怖症を克服、もっと情報を知りたいアナタに!

「男嫌い」になってしまう原因とその克服方法とは?
失恋でうつの症状が出る人の7つの特徴と理由!克服するためには?
恋愛恐怖症の男性・女性が急増中!原因を知り克服しよう!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ