女性恐怖症はトラウマが原因?克服するには?症状をまずはチェック!

女性とコミュニケーションをとるのが怖い!今、女性恐怖症と呼ばれる症状を抱える男性が増えていると言います。原因はトラウマ?女性恐怖症は克服できるんでしょうか?その症状や心理・特徴をチェックしながら、原因や克服法を探っていきましょう。

女性恐怖症はトラウマが原因?克服するには?症状をまずはチェック!のイメージ

目次

  1. 女性恐怖症とは?その症状の心理・特徴に迫る!
  2. トラウマの表れ!女性恐怖症の症状1
  3. トラウマの表れ!女性恐怖症の症状2
  4. トラウマの表れ!女性恐怖症の症状3
  5. トラウマの表れ!女性恐怖症の症状4
  6. トラウマの表れ!女性恐怖症の症状5
  7. トラウマの表れ!女性恐怖症の症状6
  8. トラウマの表れ!女性恐怖症の症状7
  9. トラウマの表れ!女性恐怖症の症状8
  10. トラウマの表れ!女性恐怖症の症状9
  11. トラウマの表れ!女性恐怖症の症状10
  12. トラウマの表れ!女性恐怖症の症状11
  13. トラウマの表れ!女性恐怖症の症状12
  14. トラウマの表れ!女性恐怖症の症状13
  15. トラウマの表れ!女性恐怖症の症状14
  16. トラウマの表れ!女性恐怖症の症状15
  17. トラウマが原因?女性恐怖症の原因1
  18. トラウマが原因?女性恐怖症の原因2
  19. トラウマが原因?女性恐怖症の原因3
  20. トラウマが原因?女性恐怖症の原因4
  21. トラウマが原因?女性恐怖症の原因5
  22. トラウマとはさようなら!女性恐怖症の克服法1
  23. トラウマとはさようなら!女性恐怖症の克服法2
  24. トラウマとはさようなら!女性恐怖症の克服法3
  25. 女性恐怖症と向き合って、幸せな人生を!

女性恐怖症とは?その症状の心理・特徴に迫る!

女性恐怖症って知ってますか?その名称が如実に示す通り、女性に対して恐怖心を抱く病気で、対人恐怖症の一種です。近年、この病気にかかっている男性は多くなっていると言います。

生きていれば、女性と接しないことはまずあり得ないですし、女性恐怖症の男性は、私たちが想像する以上に病気と戦っているのだと思います。

女性恐怖症であることは、恋愛や結婚が難しいことを意味します。

女性恐怖症の原因は、大体が過去の女性関係によるトラウマにあると言われています。トラウマとなる原因が、幼少期にまでさかのぼる人もいます。

女性恐怖症で見られる主な症状や特徴、そして原因や克服法についてお話していきます。この病気の正体を知れば、女性恐怖症に向き合うヒントになるかもしれませんよ。

■参考記事:女嫌いはトラウマが原因?コチラも参照!

女嫌いの男性の特徴9選!その心理とは!過去のトラウマが原因?

トラウマの表れ!女性恐怖症の症状1

【女性と話すことに恐怖心がある】

対人恐怖症、あがり症に通ずるものがあるのですが、女性恐怖症の人は「女性と話すことで嫌われたらどうしよう」という心理があります。

ただ緊張するだけならともかく、恐怖心が表面に出てしまって、まわりから見ると「なんでそんなに怖がるの?」と言いたくなるくらいです。

実際に話してみないと、女性に限らず、相手がどんな人かなんて判断できません。実際どう転ぶかわからない未来のことに対して、過度に恐怖心を抱いてしまうんですね。

女性恐怖症でなくとも、女性と話すと緊張するという人はいますが、女性恐怖症の人は話すと考えただけで、クタクタに疲れてしまうのが特徴です。

トラウマの表れ!女性恐怖症の症状2

【女性の目線が常に気になる】

人がたくさん集まる学校や会社にいると、まわりの視線が気になってどうしようもない。精神疾患のひとつに「視線恐怖症」がありますが、それが女性の視線に特定されたのが、女性恐怖症の特徴です。

女性の視線が気になって、動きがぎこちなくなったり、自分の意に反したような行動をとったりするのです。

男子校や、男性しかいない職場というならともかく、女性はどこにでもいるので、常に女性の目線に対する恐怖心にさらされることになります。

その心理的恐怖から、恋愛や結婚はおろか、学校や職場を立ち去らなくてはならない事態に陥ることもあるそうです。

トラウマの表れ!女性恐怖症の症状3

【女性を見るだけで赤面する】

極端な照れ屋の人が、たくさんの人の前に出ただけで赤面してしまう精神疾患「赤面症」がありますが、特に女性に対してそうなってしまうのが、女性恐怖症の特徴です。

まわりから見て非常にわかりやすく、顔や耳、ひどくなれば首や肩まで真っ赤になってしまいます。

赤面症は、学校の先生や会社の上司など、目上の人や自分に影響力のある人を前にすると起こりやすい、と言われています。

女性恐怖症の場合、好意を抱いている女性や、恋愛や結婚を意識する女性に対しても起こりやすいんですね。あこがれの女性を前にして、うれしそうと言うよりは苦しそうに見えるのが、また大変そうです。

トラウマの表れ!女性恐怖症の症状4

【女性と話すと汗がダラダラ出る】

激しい運動をしたわけでも、溶けるほど暑い夏でもないのに、女性と話しただけで汗がダラダラ出てくる。精神疾患のひとつに「多汗症」がありますが、女性と話した時だけに特定されるのが、女性恐怖症の特徴です。

多汗症は、たとえ体を動かさずリラックスしていても、その心理状態に関係なく、突然大量の汗が噴き出してくる病気です。

特に若い女性や、恋愛や結婚を意識するような女性と話をした時に、症状が顕著に出やすいとされています。

また、汗が出ることで服に汗ジミができたり、ワキガのように臭い匂いを発したりと、二次的被害を被ることもあり、ハンカチや着替えが欠かせないという悩みがあります。

トラウマの表れ!女性恐怖症の症状5

【女性の目を正視することができない】

視線恐怖と似ていますが、一対一で話をする時に、相手の目を見ることができない「正視恐怖」という精神疾患があります。女性恐怖症の場合、女性に対してのみ、その症状が現れます。

女性と面と向かって、一対一で話そうとする意思はあっても、女性の目を正視することができないのです。

目のやり場に困っているかのように、視線をあちこちに泳がせ、「何かやましいことでもあるんだろうか?」と思わせてしまいます。

女性の目を正視することができないのは、恋愛や結婚において大きなデメリットです。やはり女性心理としては、自分を真摯に見つめてくれる人と恋をしたいものですから…。

トラウマの表れ!女性恐怖症の症状6

【女性と食事ができない】

精神疾患のひとつに「外食恐怖」があります。飲み会やパーティーなどで、人と接するのに恐怖心を抱き、食事が喉を通らなくなるという症状です。

緊張のあまり吐くとまではいかないんですが、女性と食事をして、思うように食事が喉を通らなくなるのも、女性恐怖症の特徴です。

楽しく食事をしたいがために集まっているのに、食事に手をつけず、バシバシと緊張感をたぎらせていては、まわりの人が不安になってしまいます。

恋愛・結婚において、いっしょに食事ができないことは大きなマイナスポイントです。外食でも手作り料理でも、食べないのを目の当たりにすると、「私といっしょにいるのが苦痛なの?」という心理になってしまいますからね…。

トラウマの表れ!女性恐怖症の症状7

【女性と付き合う気がない】

そもそも女性恐怖症であるがゆえに、女性と付き合う気がまったく起きない、ということもあり得ます。と言っても、女性に興味がないわけではないんです。

それなりに「かわいい、キレイ」と思う女性がいても、恋愛したいという感情がわいてこないのです。

女性恐怖症を抱える本人の心理としては、恋愛・結婚を考える前に、「まず、この病気自体をなんとかしないと…」という思いがあるのかもしれません。

何にせよ、まわりから見ると、とてつもなく淡白に見えるのが、女性恐怖症の特徴のひとつです。

トラウマの表れ!女性恐怖症の症状8

【女性を無意識に避けてしまう】

会社の男性上司に「これやっといてくれよ」と頼まれたら、「はい、わかりました」と快く引き受けるのに、女性上司に言われると、思わず顔を背けて、何も答えずに席を立ってしまった。

本人の意識とは関係なく、女性を避けてしまうのも女性恐怖症の特徴です。

女性の存在そのものに接したくない心理があり、「これじゃダメだ!」と意識的に接しようとしても、拒否反応が出ることすらあるようです。

まるで穢れたものから逃げるような態度をとられた女性は、とてもショックですね。無意識とは言え、まわりの人間関係を気まずくしてしまうのは、本人としても本意ではないでしょうに…。

トラウマの表れ!女性恐怖症の症状9

【女性と接すると手足が震える】

電車の中で、となりに女性が座っただけで手足が震え出した。直接的に触れなくても、近くに女性がいるだけで、手足が震えるというのは、女性恐怖症の特徴のひとつです。

まわりに気づかれない程度の震えのこともあれば、時々「何かの病気?」と思わせるくらいの震えのこともあります。

手足が震えるというのは、まさに対人恐怖症の典型的な症状です。

女性恐怖症の場合、「女性と接する時に震えが出る」という思い込みのような心理状態になっています。緊張や不安から解き放たれるには、その心理状態から脱却するのが第一にすべきことと言えます。

トラウマの表れ!女性恐怖症の症状10

【女性と接すると頭がパニック状態になる】

「パニック障害」「不安神経障害」といった精神疾患の症状には、何も考えられなくなったり、頭が真っ白になることがあります。

女性と接することで、それらの症状が顕著に現れるのが、女性恐怖症の特徴のひとつです。女性に対する極度の人見知りとも言えます。

女性と会話しようとしたり、対面しただけで、無意識のうちに頭の中に何も考えが浮かばなくなってしまうのです。

まわりの目には、突然男性がフリーズしたようになってしまうので、「何かよからぬことが起こった!」と恐怖心を抱かせることになります。

もちろん、恋愛や結婚の大きな支障となることは、言うまでもありません。

トラウマの表れ!女性恐怖症の症状11

【グループに女性がいるだけで緊張する】

精神疾患のひとつに、「場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)」と呼ばれる病気があります。これは、普段は問題なく話ができるのに、特定の場面になると、急に話せなくなる病気です。

女性恐怖症の人にとっては、女性がいる場面で、急に話せなくなることを意味します。頭が真っ白になるパニック状態とは少しちがいますね。

女性がいることを認識しており、女性と同じ空間にいることはできるのですが、話そうとすると、何も言葉が浮かばなくなってしまうのです。

また、仕事や勉強など必要なことは女性相手でも話せるけれど、雑談やどうでもいい話となると、症状が起きやすいという人もいます。

恋愛や結婚には、どう考えても不向きと言わざるを得ません。

トラウマの表れ!女性恐怖症の症状12

【自分は女性にモテないと思っている】

実際はどうであれ、女性恐怖症の自覚ある人の中には、「自分なんかが女性にモテるわけがない」という、ネガティブな考えに捉われている人が多くいます。

女性と目が合えば「自分の顔、変だったかな?」と思い、「自分の話なんかだれも聴きたがらない」とばかりに口を閉ざします。

その深層心理には、実は「女性にモテたい」という思いが横たわっています。モテないと思い込むことで、女性との恋愛や結婚を避ける心理があるのです。

一見「女性が相手にしないから」という風に捉えてしまいがちですが、実は女性恐怖症である本人が女性を遠ざけているのです。

■参考記事:こじらせ男子になっていない?コチラも参照!

こじらせ男子の心理特徴9選!うまく恋愛するための接し方とは!

トラウマの表れ!女性恐怖症の症状13

【コンプレックスのかたまり】

自分の外見や性格にコンプレックスがあると、それを理由に社会との接触を避けようとする人がいます。女性恐怖症の人は、コンプレックスから女性との接触を避けようとします。

女性恐怖症の人にとって、コンプレックスは克服するものではなく、女性との恋愛や結婚を避けるためのツールなのです。

本人が恋愛や結婚をあきらめるのは致し方ないにしても、女性以外にも接していく人がいる以上、まわりの目に奇異に映ることはたしかです。

そんなまわりと、社会的にどう折り合いをつけていくかが、女性恐怖症の人にとっての課題と言えそうです。

トラウマの表れ!女性恐怖症の症状14

【口下手で会話に乗れない】

幼い頃からまわりの人とあまり接することなく生きていると、会話をする場があまりなかったためか、口下手になる傾向があります。その傾向が女性に対して顕著に現れるのが、女性恐怖症の特徴のひとつです。

恋愛でも結婚でも、おしゃべり好きな女性にとって、口下手な男性はあまり歓迎されないところですね。

自分では何とかしようと思っているケースも少なくないですが、口下手であることがコンプレックスとなって、さらに女性恐怖症に拍車をかけることも多々あります。

本人の意思とは裏腹に、言葉がほとんど出てこずに、会話の波に乗れないまま終わってしまった…ということも往々にあるようです。

■参考記事:無口な人の心理って?コチラも参照!

無口な人の心理と性格の特徴11選!なんで無口なの?【納得】

トラウマの表れ!女性恐怖症の症状15

【女性と話す時にどもる】

精神疾患のひとつに「吃音症(きつおんしょう)」があります。言葉がスラスラと出てこないどころか、一言一言がつまったような話し方をすることです。要はどもりです。

女性恐怖症の人は、女性と話す時に吃音症になりやすい特徴があります。同性と話す時は、吃音症の症状が出ることがまずないのです。

吃音症そのものは、苦手だと思っている人と話す時に症状が出やすいと言われています。つまり、女性恐怖症の人が、女性と話す時に吃音症になるのは当然とも言えるんですね。

吃音症は本人にとってもまわりにとっても、「何が言いたいの?」とばかりに、気まずい雰囲気を作り出します。そうした空気を感じることで、ますます女性恐怖症に拍車がかかってしまうのです。

トラウマが原因?女性恐怖症の原因1

【女性にフラれた】

女性恐怖症になる最たる原因は、女性との恋愛関係に見られます。ひどくなじられてフラれたわけでなくとも、男性にとっては深い心の傷となっていることがあります。

相手から「ごめんなさい」という言葉があれば、何かが変わっていたかもしれませんが、フッた側が謝るような恋愛もそうそうないでしょう。

またフラれてしまったら立ち直れないという恐怖心から、恋愛をする気が起こらなくなります。さらにその状態が長く続くと、立ち直ろうとする気力すらなくなってしまいます。

そうなると、そのまま女性恐怖症になってしまう方が楽と言えます。

トラウマが原因?女性恐怖症の原因2

【女性にいじめられた】

社会人になってから女性にいじめられるというのは考えづらいので、大体は幼少期や小学校にまで記憶が遡ることになります。

小さい頃は、女性の方が体格がいいこともあり、大きくなるにつれて「女にいじめられてたなんて、だれにも言えない」といったトラウマを抱えやすくなります。

いじめっ子である女性(たち)は、本当に軽い気持ちでいじめていた可能性が高く、恋愛と同じく、謝罪の言葉を聞くのは難しいでしょう。

いじめられた人は自分の気持ちを塞ぎがちになったり、自尊心が低くなる傾向があります。「どのように女性と接すればいじめられずに済むか?」という心理が根底にあり、女性恐怖症に陥ってしまうのです。

トラウマが原因?女性恐怖症の原因3

【女性に免疫がない】

破局やいじめなど、女性からトラウマとなる傷を受けたというよりは、女性に免疫がないゆえに、女性恐怖症に陥ることがあります。

女性との恋愛経験がないので、女性を目の前にして、どう接すればいいのか心底わからないのです。知らないからこそ生まれる恐怖心と言えます。

女性に清らかなイメージを抱き過ぎて、いざ現実の女性の態度や行動を見た時に、幻想が打ち砕かれた気分になるのも特徴です。

「男兄弟ばかりで育った」「男子校で過ごしていた」という男性が、このタイプに該当します。もっと現実を知る必要があるでしょう。

■参考記事:男子校出身者の特徴って?コチラも参照!

男子校出身者の特徴!女子必見の魅力を徹底解説します!

トラウマが原因?女性恐怖症の原因4

【女性に劣等感がある】

男性は、「女性より優位にいたい」という心理を隠し持っています。その気持ちとは裏腹に、勉強でも仕事でも、まったく女性に勝てなかったら、最初は「悔しい」という感情に過ぎなかったのが、劣等感へと変わっていきます。

その劣等感が極端になると、女性恐怖症になるのです。

たとえ女性が「大丈夫?ムリしないでね」と優しくねぎらいの声をかけたとしても、それが皮肉としか捉えられなくなってしまいます。

そもそも「女性より優位にいたい」という心理自体が、女性からすると、ずいぶん身勝手な気もしますが、その劣等感に一番苦しんでいるのは、やはり本人なのでしょうね。

トラウマが原因?女性恐怖症の原因5

【女性からの虐待】

幼少期に身近な女性から受けた虐待。本来、自分を守ってくれるはずの大人に虐待されることは、幼い心に大きな傷を残します。

幼い子どもが、大人の暴力に為す術がないことは周知の事実なんですが、虐待を受けた子どもは自分を責め続ける特徴があります。

また、母親が必要以上に子どもの生活を管理したり、ヒステリックにわめいたりといった環境も、子どもの心理を抑制するという意味では虐待です。

自分自身は何も悪くなくても、育った環境の影響で女性恐怖症に陥ることもあるのです。

トラウマとはさようなら!女性恐怖症の克服法1

【専門家に相談する】

女性恐怖症は精神疾患のひとつです。となれば、プロであるカウンセラーや精神科医に相談するのがいちばんです。

女性恐怖症はそれほど広く知られた病気ではないので、家族やまわりの人に相談したところで、理解が得づらいと思います。

その道の専門家であれば、しっかり話に耳を傾けてくれ、適切な心理療法を駆使して、女性恐怖症の克服を手伝ってくれます。

女性とコミュニケーションをとって、恋愛や結婚を考えていきたいと願うなら、まずは専門家に相談するようにしましょう。

トラウマとはさようなら!女性恐怖症の克服法2

【年上女性と話してみる】

日々の生活で女性と少しずつ接することで、女性恐怖症が克服されていくことがあります。

女性恐怖症克服への近道は、恐怖の対象である女性と話すことが何よりの薬です。ただし、接するのは年配の女性や、年の離れた女性に限ります。

女性恐怖症は、若い女性に対して発症しやすいと言われています。恋愛や結婚を意識する可能性の低い年上女性であれば、男性も気軽に話しかけやすいでしょう。

年上で人生経験豊富な分、多少失礼な発言をしても、大らかに受け止めてもらえるのもポイントです。女性恐怖症を克服すると、若い女性との結婚話も持ってきてくれるかもしれませんよ。

トラウマとはさようなら!女性恐怖症の克服法3

【女性の存在をネガティブに考えない】

恐怖の対象を「イヤだな~」と思えば思うほど、どんどん心が遠ざかっていきます。反対に、ムリしてでも嫌いなものを好きだと思い込むことで、心理的に近づいていく、受け入れられるという不思議な現象が起こります。

トラウマが原因で発症した女性恐怖症は、いきなり克服できるものではありません。段階を踏んで克服していく必要があります。

そのためには、普段から「この女性のおかげで、毎日仕事が滞りなく進めることができるんだ」「母が産んでくれたから、今人生を楽しむことができるんだ」というふうに、女性の存在をポジティブに捉えていきましょう。

その考え方が当たり前になったその時こそ、女性恐怖症を克服できたと宣言できる瞬間でしょう。

女性恐怖症と向き合って、幸せな人生を!

心の問題が大きい女性恐怖症は、克服するのも一筋縄では行かないでしょう。

でも、もし女性と恋愛・結婚して、幸せな人生を築きたいと願うのなら、必ず克服すべきです。そのためには、一筋縄に行かないにしても、女性恐怖症にしっかり向き合いましょう。

女性恐怖症を克服した暁には、きっと幸せな人生が待ち受けていますよ!

女性恐怖症の克服についてもっと情報を知りたいアナタに!

うるさい女の心理・特徴9選!男はうるさい女が大嫌い!
人を愛せない人の心理・理由!自分を愛すことから始めよう

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ