163センチの理想の体重は?美しく健康的に見える体重や体型を目指そう!

163センチの理想の体重は?美しく健康的に見える体重や体型を目指そう!

ダイエットをしている女性のみなさんは、何を目標にしていますか?ただやみくもに痩せるよりも、目標がある方が頑張れますよね。この記事では、身長163センチの女性の理想体重をご紹介。シンデレラ体重やモデル体重、体脂肪率などについて、幅広く解説していきます!

9066View

記事の目次

  1. 1.163センチ女性の平均体重や理想の体重は?
  2. 2.163センチの細く見える見た目のシンデレラ体重は?
  3. 3.163センチの体重は体脂肪率もきちんとチェック
  4. 4.163センチの体重の理想体型と服のサイズ
  5. 5.163センチの理想体重に近づく体型の作り方
  6. 6.163センチの芸能人10選!
  7. 7.163センチの体重はやせすぎず理想の美容体重を目指そう!
出典: https://unsplash.com/photos/Mx0U-3uPgHw

美しくメリハリのあるボディを目指すなら、体重だけではなく、体脂肪率を意識したダイエットがおすすめです。体脂肪率とは、全体重に占める脂肪の割合を表した数値のことです。

体脂肪には2種類あり、体のボディラインにつくのが「皮下脂肪」、内臓の周りにつくのが「内臓脂肪」です。どちらもつきすぎると見た目がぽっちゃりしてしまいます。

体脂肪率の標準値は20~29%

体脂肪率とは、全体重に占める脂肪の割合がどれくらいなのかを表した数値。「体脂肪率(%)=(体脂肪の重さ(kg)÷体重(kg))×100」で求めることができます!

体脂肪率の標準値は20~29%と言われています。体脂肪率を測ることができる体重計を購入して、日々チェックすることをおすすめします。

スリムな体型を目指すなら20~22%に

スリムな体型を目指すなら、体脂肪率20〜22%を目指すのがおすすめです。この体脂肪率になると、腹筋に少し縦線が入ります。ダンスやヨガをしている女性に多いイメージ。女性らしさは残しつつ、華奢なボディラインです。

体脂肪は、エネルギーを蓄える、体温を維持する、ホルモン分泌をコントロールするなどの働きを担っており、身体に欠かせない存在です。そのため、体脂肪率が低すぎると健康に害があります。

女性の場合は、20%を下回ると生理が止まってしまう危険性が高まります。最低でも20%は保つようにしましょう!

163センチの体重の理想体型と服のサイズ

出典: https://unsplash.com/photos/aIlAhLdwk2g

体重や体脂肪率以外の身体の理想体型も気になりますよね。身長163センチの女性のバスト、ウエスト、ヒップの3サイズや服のサイズをご紹介します。

バスト84センチ・ウエスト60センチ・ヒップ86センチ

身長163センチの女性のバストは84cmが理想だと言われています。そもそも、アンダーバストが「身長(cm)×0.432」で計算され、70cm〜71cmが理想です。そのためトップバスト84cmでB〜Cカップということになります。

ウエストは、「身長(cm)×0.370~0.390」で60cm〜63cmが理想です。キュッとくびれたウエストが理想ではありますが、細すぎるとヒップが大きく見えたり、ボトムスのウエストがゆるすぎたりしますよね。この数値を目安に鍛えていきましょう。

ヒップは「身長(cm)×0.530~0.542」で計算され、86センチ〜88センチが理想だと言われています。女性には下半身太りや洋ナシ体型で悩んでいる人も多いですよね。ぜひ目安にしてみてくださいね!

服のサイズはS~Mもしくは9号~13号がベスト

服のサイズは、Mサイズがバスト79~87、ウエスト64~70、ヒップ87~95で理想体型に一番合います。Sサイズは着丈が合わないことがありますが、バストが小さい人は体型にフィットするでしょう。

号数で表記されているものは、バスト83、ウエスト64、ヒップ91の9号から、バスト89ウエスト70ヒップ95の13号がベストです!

今、Lサイズの服や14号以上の服がぴったりだという人は、サイズダウンを目指してエクササイズしてみてはいかがでしょうか?

163センチの理想体重に近づく体型の作り方

出典: https://unsplash.com/photos/3I2vzcmEpLU

理想体重や理想体型をご紹介しましたが、一番気になるのはやっぱり「具体的にどうすればいいの?」ということですよね。ダイエットはやりすぎても良くないですし、間違ったやり方をしてしまうと結果が出ないこともある難しいものです。

きつくなく、簡単に続けられる方法を2つご紹介します!運動も取り入れながら、今日から試してみてください♪

①朝と夜に体重を測る

体重は、食べたものの量や排泄などによって、1日のうちでも変わるものです。毎日同じタイミングで測ることで痩せたかどうかがわかります。

おすすめなのが、朝と夜の2回体重を測ること!朝だけや夜だけだと、寝ている間やお風呂での発汗などによって、大きく体重に変化が出るため、その日の生活の影響がわかりにくいです。

朝との体重の違いで、その日一日の食事量などがわかりやすくなります。減量や体重の維持に役立つはず。ぜひ参考にしてみてください。

②きちんとした食事

ダイエットと聞くと、カロリー制限や糖質制限などの食事制限を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、食事制限は栄養不足に繋がってしまいます。女性に多いのが、鉄分不足による貧血や、低血糖症だと言われています。

また、いくら運動をしても、たんぱく質と適度な炭水化物がなければ筋肉はつきません。筋肉がないと、基礎代謝が上がらず、脂肪燃焼の効率が上がりません。

しっかりと野菜をとり栄養補給をすること、たんぱく質や炭水化物も摂って、筋肉をつけることで、効率よく美しいボディを目指せるのです。

次のページ

163センチの芸能人10選!

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely