好きな人とLINEが続くおすすめの話題を紹介!コツを掴んできっかけを作ろう

好きな人とLINEが続くおすすめの話題といえばどんな内容があるでしょうか。好きな人とLINEをするときは自分も相手も楽しい話題を見つけて長くメッセージのやりとりを続けたいですよね。今回は好きな人とLINEが続くおすすめの話題をご紹介いたします。

好きな人とLINEが続くおすすめの話題を紹介!コツを掴んできっかけを作ろうのイメージ

目次

  1. 好きな人とのLINEはきっかけ作りから
  2. 話が続くLINEの話題
  3. 中学生や高校生の学生にはほのぼの日常会話が◎
  4. 社会人には飲み会の誘いもおすすめ
  5. 気を付けたいLINEでの話題
  6. LINEを続かせるコツは?
  7. LINEでやりがちな注意したいこと
  8. LINEだけに頼りすぎないことも大事

好きな人とのLINEはきっかけ作りから

好きな人とLINEを交換して話ができるようになると嬉しいですね。LINEがいつまでも続くようにするにはどんな話題が良いのでしょうか。今回は好きな人とLINEで話す時のおすすめの話題やきっかけ作りについてご紹介します。

話が続くLINEの話題

好きな人とLINEをするときは、話題作りに気を使いますね。自分本位にならずに相手にも楽しんでもらうためには、話題作りにちょっとしたコツがあります。話が続くLINEの話題をいくつかご紹介していきましょう。

共通のネタ

好きな人とLINEをするときは、やっぱり共通の友人や仕事仲間などの共通のネタが盛り上がります。

共通のネタは2人で一緒にその人物を想像しながら話ができるため、1つの話題で終わらずにいろんな話に繋り、長くメッセージのやりとりを続けられるのも良いですね。

好きな人が同じ職場や同じ学校の人だった場合は、職場や学校で起こった面白いできごとなどを織り交ぜながらLINEをするとお互いに楽しい時間を過ごすことができます。

趣味

趣味の話もLINEの話題にはとてもおすすめです。好きな人が自分と同じ趣味を持っている場合は特にマニアックなネタやあるあるネタなどが尽きることがなくて面白いですね。

同じ趣味を持っていない場合は、相手が今ハマっている趣味の話を聞いてみるのも良いでしょう。相手が興味を持ってくれているのであれば自分の趣味の話をするのも良いですが、一方的に自分語りをしないように少し注意も必要です。

LINEで趣味の話が盛り上がったときは二人でお出かけやデートに誘うきっかけにもなりますよ。

休日の過ごし方

特別な用事がないときもLINEは積極的に活用したいですね。話題がないときは休日の過ごし方について話をしてみてはいかがでしょうか。

休日の過ごし方は人それぞれ異なりますので、「休日って何をしてるの?」と聞くことで相手の性格や行動パターンなどを知る手がかりにもなります。

職場や学校など好きな相手の平日の顔しか知らない場合は、意外な相手の素顔を見ることができるかもしれませんね。

グルメの話題

また、好きな人とLINEをするならぜひグルメの話題も振ってみましょう。好きな食べ物や嫌いな食べ物を聞くことで相手の好みを把握することができます。

「〇〇が好きって言ってたよね。おいしいお店を見つけたから一緒に行かない?」と言えばとてもスムーズにデートに誘うことも可能です。

もし自分が料理が得意だった場合は手料理を食べてもらうことを理由におうちデートに誘うこともできるかもしれませんね。

相手が好きなこと

好きな人に自分の好意の感情を伝えたいときは、相手が好きなことをいろいろ訊ねてみるのもおすすめです。たくさん質問をされると、相手の人は自分に興味をもってくれていると感じて好ましく感じてくれるはずです。

好きな人がゲームが好きなら「どんなゲームが好きなの?」と聞いたり、釣りが好きなら「今ならどこへ釣りに行くの?何が釣れるの?」と聞くと話もどんどん繋がっていきます。

文字やスタンプのみのLINEでも、自分の好意を相手に伝えることは十分可能ですよ。

恋愛話

好きな人とLINEをするなら絶対に一度は恋愛話をしてみたいですね。これまでにどんな恋愛をしてきたのかお互いに語り合ったり、理想の恋愛について意見を言い合ったり、恋愛話は同性同士でも盛り上がりますが、男女になるとさらに盛り上がります。

恋愛話をすると好きな人の好みのタイプを知ることができますので、努力次第で自分がそのタイプに近づくこともできますね。

お互いのこと

お互いの第一印象について「今だから言えるけど」という感じで切り出すのも楽しいですし、秘密を暴露して「実は〇〇なんだ」と意外性のある話をすると相手の興味や関心を引くことができます。

LINEの会話で二人だけの秘密を作ってそれを共有することで恋心も急加速するかもしれませんね。

子供や学生時代

意外とLINEの会話の中で盛り上がるのが子供の頃の話や学生時代の話です。大人になってから出会った場合は相手の子供の頃や学生時代を知らないため、どんな話を聞いても新鮮に感じます。

出身地が近くであれば地元のあるある話で盛り上がるかもしれませんし、出身地が全然別の地域だった場合は風習や言葉の違いなどで話しのネタが尽きてしまうこともないでしょう。

子供の頃のユニークなエピソードや学生時代の失敗話などがあればさらに良いですね。

今日のできごと

定番のネタである天気の話なども「今日は暑かったけど体調大丈夫だった?」と相手を気遣うメッセージを入れるだけで優しさをアピールできる特別なやり取りに変わります。

特別なできごとがあった日は、もちろんその話をするのも良いですね。その日に起こった出来事をその日のうちに話題に出すと臨場感のある会話を楽しめますよ。

やりたいこと・行きたい場所

週末や休日前にLINEをしていると、自然に「今やりたいこと」や「行きたい場所」などの話題になることもありますね。その理由を話すことで「今度一緒に行こう」「一緒にやろう」という話の流れに持っていきやすくなります。

デートに誘うきっかけやタイミングがなかなか掴めない時にはぜひ話題に出してみましょう。

仕事や悩みの相談

仕事や悩みの相談はとてもプライベートな内容であり、本当に信頼している人にしか話すことはできません。そのため、悩み相談をすることで相手に特別な存在だとということを伝えることができ、信頼関係を築きやすくなるためだと考えられます。

重すぎる悩み相談は引かれてしまう可能性もありますので、まずは軽い悩み相談から始めて相手がどんな反応を返してくるか伺ってみてください。

現在進行形の話題

LINEはタイムラインで自分のリアルタイムを伝える人も多いですよね。好きな人とLINEをする時も今なにをしているかなど自分の様子を伝えるのも楽しいかもしれません。

ただし、現在進行形の話題を出すときは、相手が仕事中などの忙しい時間は避けたほうが無難です。空気を読めない人だと思われないように、タイミングはしっかり考えてメッセージを送るようにしたいですね。

中学生や高校生の学生にはほのぼの日常会話が◎

中学生や高校生が好きな人にLINEをするときは、授業内容やテストについての話題を出して「今日のテスト難しかったよね」など、ほのぼした日常会話をするのが自然ですね。次の日に学校で会うときもその流れで会話がしやすくなりますよ。

社会人には飲み会の誘いもおすすめ

好きな人も自分も社会人であれば、LINEで飲み会の誘いをするのもおすすめです。まだ関係が浅ければグループで誘ってみて、ある程度仲が深まってきたら2人でといった感じでゆっくり順を追って誘うと相手もOKを出しやすいですね。

気を付けたいLINEでの話題

好きな人とLINEをするのはとても楽しいですが、楽しければそれでいいというものではありません。LINEをするときは以下のような話題はなるべく出さないようにしっかり注意しておく必要があります。

愚痴や悪口

好きな人とLINEをするときは、特定の人の愚痴や悪口を言ってしまうのは絶対にNGです。

嫌なことがあったときや腹立たしいことがあったときは話を聞いてもらいたいと思うかもしれませんが、ネガティブな愚痴や悪口が多くなると自分の印象まで悪くなってなってしまうことがあります。

LINEをしても楽しくないと相手に思われてしまうと、だんだんLINEの返事は遅くなり、ついには返信されなくなるかもしれません。暗い話題はなるべくやめておいたほうが無難ですね。

深堀しすぎたこと

また、好きな人とLINEをしていると話に夢中になってしまいつい深堀しすぎてしまうこともありますね。

相手が話したがらないプライベートに関することやお金のことをしつこく聞いてしまったり、同じ話を何度も蒸し返したりするのはやはり悪い印象を与えてしまいます。

もし後から自分のLINEが失礼にあたると感じたときは、なるべくすぐに失礼を謝っておくことも大事です。LINEでは相手の顔が見えないため、特にこのあたりは気を付けておかなくてはいけません。

LINEを続かせるコツは?

では、好きな人とLINEを続かせるコツはあるのでしょうか?なぜかいつもLINEがすぐ途切れてしまうと悩んでいる人は、以下の点を意識してLINEを送ってみてください。きっと今まで以上に長くやりとりを続けることができますよ。

質問系で返す

好きな人とLINEを続かせるコツは、とにかく質問系で返していくことです。相手に何かを聞かれたら「~だよ」と返すのではなく、「私はこうだけど、〇〇君は?」と尋ね返すのはとてもおすすめの方法です。

一方的に話が途切れてしまうことが多いと悩んでいる人は、まず聞かれたことには質問系で返して次の話題につなげていけると良いですね。

相手のリズムに合わせる

好きな人とLINEを長く続かせたいときは、相手のリズムに合わせてあげることも大切です。

LINEを返すスピードがのんびりの人には自分も即座に返信せずに一呼吸おいてから返してみたり、朝早く出社する人には朝のLINEは控えて夜に返信をしたりすると相手に余計な負担がかかりません。

LINEをするのが大変だとマイナスな気持ちを与えないように配慮することが、長くLINEを続かせる大きなコツになりますのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

感謝や労いの言葉

LINEをしてくれている相手に対して感謝の気持ちや労いの言葉をかけることも大切です。

LINEをすることが当たり前になってきたときこそ「ありがとう」のメッセージをたくさん送りたいですね。また、仕事が終わった後の夜にLINEをするときは「お疲れさま」の一言を添えるだけで癒しを届けることもできます。

気づかいにあふれたメッセージには、きっと優しいメッセージが返ってきますよ。

LINEでやりがちな注意したいこと

とても便利で楽しいLINEですが、慣れてくるとついやってしまいがちなNGなこともあります。最後は好きな人とLINEをする時にやりがちな注意したいことについてチェックしていくことにしましょう。

過度な質問責め

好きな人とLINEをしていると話を続けたいために過度な質問責めにしてしまうことがありますが、これは少し注意したいですね。

自分の気持ちを優先させることで相手を疲れさせてしまうと、「もうあの子とはLINEをしたくない」と思われてしまう可能性もあります。しつこく質問をして、くどい人だと思われないように気をつけましょう。

自分の話だけをする

また、LINEに夢中になってしまうと自分の話だけをする人もいますが、これももちろんNGです。人の話を聞かずに自分の話だけをする人とは何を話していても相手は楽しくありませんね。

好きな人と楽しくLINEをしたいのであればきちんと相手の話を聞く雰囲気作りを心がけたいものです。

目的のないだらだらとしたやり取り

LINEに対する男女の考え方にも注意が必要です。女性と違って男性はLINEを連絡手段のひとつと思っているタイプが多く、例えばスタンプだけの目的のない長いやりとりは無意味だと考える傾向があります。

相手がLINEのメッセージのやりとりを楽しいと感じない場合はやはり早々に終わってしまうことが多いため 、だらだらしたやりとりをしないと割り切ることも大切ですね。

LINEだけに頼りすぎないことも大事

LINEは好きな人とコミュニケーションを取るためにとても大事なツールですが、そればかりに頼りすぎるのも禁物です。LINEは好きな人に実際に会って仲を深めるための1つの方法と割り切って、上手に活用していきましょう。

◆LINEの上手な恋愛テクニックをもっと知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

LINEで告白するのが定番?伝え方と告白の奥義
LINEでされた告白に応える時のトーク例|返事は少し待ったほうが良い
彼に会いたいと思わせる方法13選!LINEの送り方まで解説!
好きな人への返信LINEに悩む…話題も脈ありサインもこれで解決!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ