歳の差カップルが上手くいく方法!メリットとデメリットは?何歳差までOK?

歳の差があるカップルだと、不安になることもあるはず。そんなときは、歳の差カップルが長続きする方法を取り入れていきましょう。本記事では、歳の差カップルにまつわる情報を紹介します。歳の差のある恋人と素敵な関係を築くために、参考にしてみてください。

歳の差カップルが上手くいく方法!メリットとデメリットは?何歳差までOK?	のイメージ

目次

  1. 歳の差カップルは上手くいくの?長続きする方法は?
  2. 歳の差は何歳から「歳の差カップル」と呼ぶ?
  3. 【女が上の場合】年下彼氏のメリット・デメリットは?
  4. 【男が上の場合】年上彼氏のメリット・デメリットは?
  5. 歳の差カップルが上手くいく方法・コツ!
  6. 歳の差結婚で上手くいくカップルの法則!
  7. 歳の差カップルにおすすめのデートスポットは?
  8. 歳の差カップルの喧嘩の理由&仲直りのコツは?
  9. 歳の差カップルは素敵な魅力がたくさん♡

歳の差カップルは上手くいくの?長続きする方法は?

歳の差があるカップルは「上手くいくのかな」と心配することもあるでしょう。どんなに不安になったとしても、長続きする方法を取り入れれば大丈夫。今回は、歳の差カップルが上手くいく方法やメリット・デメリットなどを紹介します。

歳の差は何歳から「歳の差カップル」と呼ぶ?

そもそも、「歳の差カップル」とは何歳差のあるカップルのことを指すのでしょうか。まずは、歳の差カップルの概要から見ていきましょう。男女による違いも含めてチェックしてみてください。

10歳以上の差があると年齢差を感じやすい!

一般的に、10歳やひとまわり(12歳)など、10歳以上の差があると歳の差カップルと呼ばれることが多くなります。恋人の年齢を聞いたときに「ひとまわり違う」と言われたら、「それは結構な歳の差があるね」と思う人は多いはずです。

中には、親子ほどの年齢が離れた歳の差カップルも。ふたまわり(24歳)の年齢差のあるカップルなど「そんなに歳の差がある人と付き合えるんだ」と驚かれることもあるでしょう。

男性は年下女性なら許容できる人が多い

男性は、「若ければ若いほど良い」と考える人が多いです。年齢を重ねた女性よりも、見た目が若い女性の方が「目の保養になる」と思いやすいのが理由。50代の男性が20代の女性と付き合うパターンも珍しくありません。

一方で、年上女性は敬遠する場合があります。自分よりも早く老けていくことに対して、抵抗を感じるからです。女性の方が10歳以上年上の歳の差カップルは、珍しいと言えるでしょう。

女性は年上男性の許容範囲が大きい

男性は、年齢を重ねるごとに魅力が増すと言われています。そのため、女性に関しては年上男性の方が好む傾向があり、10歳以上の差があっても受け入れる女性は多いです。

また、年下男性に対しては消極的な気持ちを持つ傾向にあります。年下男性の方が若く、自分の方が早く老いていくことに恐れを感じるからです。若さに劣等感を抱かないために、年下男性を恋愛対象と見ないこともあります。

【女が上の場合】年下彼氏のメリット・デメリットは?

続いては、年下彼氏と付き合うメリットやデメリットについて紹介します。年下彼氏には良いところもあれば、悪いところもあります。その点も踏まえた上で、歳の差カップルになると良いのではないでしょうか。

彼女をリスペクトしてくれる!

年下彼氏だと、必然的に彼女の方が経験豊富になります。「自分が知らないことを知っている」と考え、彼氏は彼女のことをリスペクトしてくれます。

例えば年下彼氏が仕事のやり方に悩んだとき、彼女からアドバイスをもらえれば「さすがキャリアウーマン!」と尊敬してくれるはず。彼氏からの尊敬を受け、彼女も「もっと頑張ろう」と思えます。

甘えてくるのが可愛い

疲れているときも、年下彼氏が甘える仕草を見せたら「可愛いな」と癒される女性は多いはず。年下だからこそ、気兼ねなく甘えてくれるのがメリットと言えます。

「ギュッとして」など、年下彼氏から甘えられたら母性本能がくすぐられますよね。甘えてくる年下彼氏のためなら、なんでもしてあげようという気持ちになれるはずです。

育てる楽しみがある

年上彼女にとって、年下彼氏はまだまだ経験不足なところがあります。だからこそ、立派な男性に育てる楽しむがあるのです。たとえば、女性のエスコートの仕方など、振る舞いから教えることで素敵な男性へと育ってくれます。

ファッションに無関心な彼氏なら、彼女が指南してあげることで魅力を備えた男性へと成長してくれるでしょう。こうして彼氏が変わっていく姿を見られるのが、年下のメリットです。

収入が少ない

現代になっても、日本は年功序列で収入が増えていく傾向が強いです。そのため、年下彼氏の方が収納が低い場合がほとんど。金銭面で彼氏に頼ることは難しくなります。

同棲や結婚をする段階になって、彼女の方が多くの費用を出さなければならないパターンもあるはず。彼氏がきちんと稼げるようになるまで、生活を共にするのは難しくなる可能性があります。

結婚するタイミングが難しい!

彼女の方は「そろそろ結婚したい」という年齢になっていても、彼氏は「まだ結婚しなくて良いかな」と思っている場合があるのも、年下のデメリットです。彼氏の結婚適齢期を待っている間に、結婚のタイミングを逃してしまうかもしれません。

女性には、出産のタイムリミットもあります。そのことを考えると、いつまでも彼氏の気持ちが決まらないことに対して、焦りを感じることもあるでしょう。

頼りにならないときがある…

彼女と比べて経験値が足りない年下彼氏は、いざというときに頼りにならない場合があります。彼女が仕事の悩みを相談したくても的確なアドバイスができなかったり、年下の経験不足に物足りなさを感じるかもしれません。

経験が足りないために一般常識を備えていないことも。年下彼氏の非常識なところに呆れ、「こんなことも教えなくてはいけないのか」とガッカリすることパターンも考えられます。

【男が上の場合】年上彼氏のメリット・デメリットは?

続いては、彼氏が年上だった場合のメリット・デメリットについて見ていきます。彼氏が年上だった場合、どのような特色があるのでしょうか。良い面と悪い面の両方を見て、年上の彼氏について考えてみてください。

わがままを許してくれる

さまざまなことを経験している年上彼氏は、年下を受け入れる心の広さを持っています。「今度、あのお店で食事をしたいから予約してほしい」「プレゼントには、あのブランドのアクセサリーが欲しい」といったわがままも受け入れてくれるはず。

これは、大人の余裕があるからこそ為せる技です。年下のわがままを「可愛い」とすら思っている場合もあるでしょう。

収入が多くて安定している

年上の男性は、年下の彼女よりも収入が多いパターンがほとんどです。また、年齢を重ねると管理職などの上の立場を任されることも多くなり、経済的に安定しやすくなります。

中には事業に成功し、大きな収入を得られるようになっている場合もあるでしょう。経済的な安定を求めるのであれば、年上男性の方が良いと言えます。

結婚や出産を急かされるかもしれない

年上の彼氏は「早く結婚して落ち着きたい」と思っている場合があります。「早くしないと子供ができないかもしれない」という焦りから、相手を急かすことも考えられるでしょう。

結婚や出産は、お互いの気持ちが固まったときにするもの。相手に急かされてするのでは、自分の意志が通らなくなってしまいます。その点は、年上男性と付き合うデメリットと言えるかもしれません。

介護などを求められる可能性もある

年齢差が大きければ大きいほど、相手の方が早く衰えていきます。いつまでも健康であれば良いですが、予期せぬ病気や怪我で、介護が必要になることもあるはずです。

どんなに愛している人でも、長い介護生活は辛いもの。それを乗り越える決意がなければ、年齢差のある男性と付き合うのは難しいでしょう。将来のことも想定した上で、年上彼氏との関係を考えてみてください。

刺激が少ない

さまざまなことを経験し終えた年上彼氏は、達観していることが多いです。彼女にとっては「楽しそう」と思えることでも、年上彼氏は「そんなことをしても無駄だよ」と言われることも…。

また、年齢を重ねると親しみ慣れた場所ばかり行くようになる傾向も。旅行先も「いつも同じでつまらない…」と感じるかもしれません。刺激を求めているなら、年上彼氏だと物足りなくなってしまいます。

歳の差カップルが上手くいく方法・コツ!

年齢の差があると、「本当に上手く関係が続くのかな」と心配になることがありますよね。そんなときも、歳の差カップルが上手くいくコツを取り入れていけば大丈夫です。お互いに良い関係を築けるように、意識してみましょう。

年齢に関わらず相手を尊敬すること

「年下だから未熟だ」「年上だから達観しすぎている」といったように、年下・年上それぞれに対するマイナスなイメージを持つことがあります。しかし、歳の差カップルが上手くいくためには、年齢に関係なく相手にリスペクトを持つことが大切です。

人として尊敬できる部分があれば、年下・年上は関係ありません。相手の良い部分を見て、お互いに尊敬できる関係を作っていきましょう。

それぞれの時間を作ること

年齢が違うと、それぞれにやりたいことが異なる場合があります。年下はアクティブに動きたくても、年上はゆっくり過ごしたいと思うこともあるはずです。

そのため、いつも一緒にいるのではなく、お互いの時間を楽しむように意識してみてください。趣味を楽しむなど、それぞれの時間を作ることで、どちらかが相手に付き合って我慢することがなくなります。

ジェネレーションギャップを楽しむ

年齢の差が大きければ大きいほど、会話の端々にジェネレーションギャップが出てきます。そんなときに「自分の方が歳をとっているから…」といったようなネガティブな気持ちは持たないようにしましょう。

相手が知らないことがあったり、話が通じなかったりしても、それを楽しむ余裕を持つようにしてください。そうすれば、年齢の差に苦しみを感じることはなくなります。

相手を否定しない

「年上だから落ち着きすぎて刺激がない」「年下だから考え方が甘い」といったように、年齢によって相手を否定する言動はNG。自分が理解できないことがあっても、否定しないようにしてください。

相手を見るときは、年齢ではなくその人自身を見ることが重要です。「年上だから〜」「年下だから〜」と年齢を理由にして相手を否定していると、歳の差があることが辛くなります。

歳の差を気にしない!

「年下だから甘えた方が良い」「年上だから頼られるようにしなきゃ」といったように、年齢による役割は考えないのがおすすめです。「どちらが甘えても良い」「どちらが頼っても良い」という関係を築きましょう。

また、たとえ周りから「○歳も離れているの!?」と驚かれたとしても、気にしないことも大切。周りの目は気にせず、お互いの気持ちを大切にして付き合ってみてください。

歳の差結婚で上手くいくカップルの法則!

恋愛関係から結婚へと至ったとき、歳の差カップルはどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。歳の差がある相手との結婚で、幸せな生活を送るためのコツを紹介します。理想の夫婦になれるように意識してみてください。

子どもはいてもいなくてもいい!

歳の差があると、どちらかが子どもを作るのには適さない年齢になっている場合があります。そのため、結婚する際に「子どもはいてもいなくてもいい」と心構えをしておくことが重要です。

子どもに対する覚悟をしておくことで、二人で楽しい時間を過ごすための工夫ができます。子どもがいなくても充実した夫婦生活を送れるようにしていきましょう。

相手を介護する・看取る覚悟をもつ!

歳の差のあるカップルは、年下の方が看取る・介護する覚悟を持つことも心がけておきましょう。また年上側は、相手に看取ってもらう、介護してもらうことも考慮しておくようにしてください。

将来的に介護付きの施設を利用するなど、お互いの負担のならないプランを立てておくと良いのですね。先々のことを考えておくことで、もしもの時に対応しやすくなります。

貯金は大事!経済的な見通しは柔軟に♡

夫が定年を迎えて収入が減ったあとの生活など、歳の差があるからこそ考えなくてはならない経済的な問題があります。将来を見据えてきちんと貯金をしておけば、どちらかが早めにリタイアしても安心。

貯蓄や資産運用など、充実した人生を送るための備えを行っておきましょう。専門家に相談をするなど、柔軟に対応することで経済的な苦境に立たされるのを防げます。

歳の差カップルにおすすめのデートスポットは?

年齢の差があると、「どこにデートすれば良いのかな」と迷ってしまうこともあるはず。そんな場合におすすめしたいデートスポットを紹介します。お互いに楽しいと思える場所に行って、デートを満喫してください。

美術館・博物館

お互いにゆったりと落ち着いた時間を過ごせるのが、美術館や博物館です。知的好奇心をくすぐられる場所なら、有意義な時間を過ごせるのではないでしょうか。

ただし、人気の展示会は混み合うことがあります。人混みが苦手な場合はピークの時間帯を避けるなどの工夫が必要です。

温泉

「あまりアクティブに動きすぎると、疲れそうだな」と感じたときは、温泉に行ってみましょう。温泉なら、年齢差のある年上の恋人もゆっくり過ごせるので、無理をしすぎることがありません。

カップルで入れるプライベートな温泉なら、親密なひと時を楽しめます。ドライブで遠出をし、自然豊かな温泉スポットへ行くのもおすすめです。

美味しいレストラン

食の趣味は、カップルの相性を見る上で重要なポイントになります。食の趣味が合えば相性も良いと言われているので、レストランをデートスポットにするのも良いでしょう。

お互いに美味しいと思えるレストランに行けば、きっと大満足の時間を過ごせます。お気に入りのレストランを探して、食べ歩きをするのも楽しそうです。

歳の差カップルの喧嘩の理由&仲直りのコツは?

どんなに仲良しなカップルも、ちょっとしたことがきっかけで喧嘩をしてしまうことがありますよね。どのような方法で仲直りをすれば良いのか、理由別にまとめました。喧嘩をしたときの参考にしてみてください。

年上の恋人のお説教に我慢の限界…!

年上側から見ると年下は未熟なところがあり、お説教をしたくなりがちです。普段から「○○するべき」といったように年上からのお説教が多いのが原因となり、我慢の限界がきてしまうことがあります。

お説教に我慢できなくなって喧嘩をした場合、年下側は自分のダメなところを見直してみましょう。そして、年上側は口を出すことを控えることでお互いに歩み寄ることが大切です。

年齢いじりはほどほどに

例えば年下から「○○歳だから、体力不足でアクティブに動けないんだよ」と年齢をいじられると嫌な気持ちになることがあります。年齢いじりの度が過ぎると、喧嘩になることもあるでしょう。

そんなときは、相手の年齢をいじったことを素直に謝ることが大切。「からかったけど、本心ではなかった。ごめんね」と素直に謝ることで、相手も理解してくれます。

束縛のし過ぎには注意…!

年齢差があると、「同年代の人に目がいくのでは」と不安になり、束縛してしまいがち。頻繁な連絡を要求するなど、束縛をしすぎると相手が窮屈に感じ、喧嘩に発展することがあります。

束縛した側は、相手の気持ちを考えた上である程度の自由を与えることが大切に、束縛された側は相手が不安にならないようにきちんと愛情を伝えましょう。お互いに信頼関係を築ければ、束縛がなくても強い絆で結ばれることができます。

◆関連記事:束縛しがちな人はこちらをチェック!

束縛彼女はうざいんです。彼に嫌われないために気を付けたいこと

歳の差カップルは素敵な魅力がたくさん♡

歳の差カップルは相手のことを尊重し、お互いの時間を大切にすることで年齢の壁を乗り越えることができます。それぞれが心地良いと思える関係作りを意識し、絆を深めていきましょう。きっと素敵なカップルになれるはずです。

カップルについて知りたい方はこちらもチェック!

年の差恋愛事情を解析!年の差カップルの悩みや魅力って?
同棲カップルが上手に貯金する方法!「無理のない目標設定」と「息抜き」が大切♪
彼氏を深く知る質問35選!効果的な質問でより良いカップルの関係を築こう!
理想的な彼氏とのLINEの頻度はどのくらい?長く続くカップルから学ぶ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ