「愛」の意味とは何か?愛と恋と好きとの違い&名言まとめ【哲学】

「愛」の意味とは何か?愛と恋と好きとの違い&名言まとめ【哲学】

「愛」の意味を深く考えたことはありますか?愛と恋と好きとの大きな違いはどこなのでしょうか。簡単に“愛してる”なんて言わないで欲しいと思う愛の意味と愛とは何かをご説明します。そして、愛とは何か、愛と恋と好きの違いと名言をまとめてみました!

2970View

記事の目次

  1. 1.愛の意味とは
  2. 2.愛という漢字の意味
  3. 3.好きという感情とは何か
  4. 4.恋とは何か
  5. 5.愛とは何か
  6. 6.恋と愛の大きな違い
  7. 7.結婚式の誓いの言葉の意味
  8. 8.愛しているなんて簡単には言ってはいけない
  9. 9.運命の相手とは何か
  10. 10.運命の相手を見極める方法
  11. 11.愛の定義とは何か
  12. 12.それぞれの愛のカタチ
  13. 13.子どもやペットへの無償の愛
  14. 14.哲学とは何か
  15. 15.哲学者ニーチェの愛の名言
  16. 16.哲学者たちの愛の名言まとめ
  17. 17.人を愛する意味とは何か
  18. 18.人を愛すことは幸福なこと
  19. 19.愛する感情の仕組みとは何か
  20. 20.意味のある人生にするために愛する人を大事にしよう

愛の意味とは

愛という漢字の意味は、可愛がり、慈しみ、労わるの意味も込められています。

愛でるように可愛がり、我が子を大切に慈しみ、愛情を注ぎ溺愛し労わるなど、全てに愛の意味があるのです。

恋愛・偏愛・寵愛・恩愛・情愛も全てに愛情があって、成り立つのです。

愛という漢字の意味

素敵な意味と響きから、「愛」の漢字を使った名前が多いですよね。

愛する・愛でる・愛らしい・愛情など、素晴らしい意味が込められていますから、名前に付ける人も多いのでしょう。

愛の漢字の意味は、愛するもの全てに当てはまります。

愛しいと想う気持ち、可愛らしいと愛でる気持ち、大事なものを愛する気持ち。

そんな素敵な気持ち、感情が表れたものが「愛」という漢字です。

両親が我が子に対する想いが名前をつける理由にもなるのでしょう。

愛の漢字の由来

愛の漢字の由来は、元は人が切なさに胸を詰まらせて、のけぞった形が由来だと言われています。

その意味から、名前に付けるのを悩む方もいますが、愛には切なさも当たり前のようにあるのです。

切なさから生まれている愛という漢字は、寂しさだけでは決してありません。

温かな愛があっての漢字です。

なので、愛という漢字を名前に付けるか悩んでいる方は、決して由来だけを見ず、その先を見れば愛は素敵な漢字だということがわかります。

愛という漢字を名前に付ける意味

男女ともに、「愛」という漢字を使った名前は多いですが、なぜ愛という漢字を名前につけるのか。

それは、両親が愛しい我が子のためを想っての漢字を名前に使っています。

愛しい我が子がたくさんの人から愛されるように、愛し愛される、愛情を持った子に育つように。

そんな気持ちが込められて名前に愛という漢字を付ける理由が多いです。

その他にも名前をつける理由はそれぞれですが、親が子を想って名前をつけるので愛を感じられますよね。

好きという感情とは何か

好きな人・好きな物・好きな事と「好き」だという感情は、どれだけの種類があると思いますか?

「好き」だと一言に言っても、好きとは何かと聞かれたら、難しいですよね。

しかし、人それぞれの感情なので、「好き!」と直感的に思ったものが、その人の“好き”なのです。

ちょっといいな…と気になってから、目が離せなくなったら、もうそれは「好き」なのです。

好きの種類とその違いとは何か

感情はたくさんあり、その人のそれぞれの好きがあるのが当たり前です。

ただ好きという感情が恋愛の好きなのか、物に対しての好きなのかの誰に対しての好きなのかが変われば、感情も好きの気持ちも違います。

「好き」だという感情が一時の物なのか、一生の物なのかも人それぞれの違いがあります。

なので、比べる必要は全くありません。

恋とは何か

恋とは何かを考えたことはありますか?

恋とは、思い焦がれる想いと異性に愛情を抱くその心のことを言います。

その想い、心と愛情が恋だから、恋愛と呼びます。

次のページ

愛とは何か

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely