顔色が悪い原因9選!改善して顔色を良くする方法教えます

顔色が悪い原因9選!改善して顔色を良くする方法教えます

朝起きてスッピンの顔を鏡で見てみると、なんだか顔色が悪い…なんて思った経験のある方、いらっしゃるのではないでしょうか?この顔色が悪いというのは、体の状態を表す何かのサインかもしれません。顔色が悪くなってしまう原因を解明して、改善に努めましょう!

記事の目次

  1. 1.私って顔色が悪い!?
  2. 2.顔色が悪い原因①【体温が低い】
  3. 3.顔色が悪い原因②【便秘気味】
  4. 4.顔色が悪い原因③【緊張やストレス】
  5. 5.顔色が悪い原因④【呼吸が浅い】
  6. 6.顔色が悪い原因⑤【タバコ】
  7. 7.顔色が悪い原因⑥【腎臓の調子が良くない】
  8. 8.顔色が悪い原因⑦【肩凝り】
  9. 9.顔色が悪い原因⑧【化粧の相性】
  10. 10.顔色が悪い原因⑨【体調不良や病気】
  11. 11.顔色が悪い時の改善方法!①『マッサージ』
  12. 12.顔色が悪い時の改善方法!②『首周りを温める』
  13. 13.顔色が悪い時の改善方法!③『運動をする』
  14. 14.顔色が悪い時の改善方法!④『朝日を浴びる』
  15. 15.顔色が悪い時の改善方法!⑤『バランスの取れた食事』
  16. 16.顔色が悪い時の改善方法!⑥『お風呂に入る』
  17. 17.顔色が悪い時の改善方法!⑦『鉄分を摂る』
  18. 18.☆顔色が悪い時のオススメスキンケア☆ お風呂で洗顔
  19. 19.☆顔色が悪い時のオススメスキンケア☆ ピーリング
  20. 20.おわりに

私って顔色が悪い!?

自分ってなんだか人と比べて顔色が悪い気がする。

そう悩む女性って、いらっしゃるのではないでしょうか?

特に日焼けはしていないのに、人よりも肌が黒いなと感じていたり、白いなと感じていたり…自分の顔色について気になっているということはありませんか?

このような顔色がなんだか黒い、白いというのは、自分の体からの何かしらのサインである可能性があります!

顔色が悪いという状態には、何か原因があるのです。

その原因は1つではありませんから、自分が顔色が悪い原因は何なのかを知る必要がありますね。

そして、その原因にあった改善方法で、顔色の改善に努めなければなりません。

この顔色が悪い原因は、顔色が黒い、白いといった色味からも推測することができます。

なかには病気が原因という場合もありますから、もし病気だった場合に早く治療にあたれるよう、顔色が悪いことが気になる場合にはその原因は早めに解明しなければなりませんね。

今回は、顔色が悪いと感じる場合に考えられる原因や、その改善方法などをご紹介していきます。

自分の生活や状態と照らし合せながら、一体自分はなぜ顔色が悪いのか、原因を考えていきましょう!

顔色が悪い原因①【体温が低い】

顔色が悪いと感じる場合に考えられる原因の一つ目は、体が冷えているという状態です。

この体が冷えてしまうことによって、身体中を通っている血管が縮んでしまいますので、血管を流れる血液がスムーズに流れてくれなくなってしまいます。

それによって、全身に血液がうまく行き渡らずに体が冷えていってしまいます。

これが顔色が悪い原因になってしまうのです。

この場合は、顔色はどちらかというと白いという印象になるかと思います。

この体温が低くなって体が冷えてしまう原因には、寒い季節など気温の低下が関係しているという場合もありますが、他にも過度なストレスや無理なダイエットなどが影響している場合もあります。

ストレス社会で奮闘する女性や、容姿に気を使う女性はこのような体が冷えているという状態に陥りやすいのですね。

ですので、顔色が悪いなと感じた時には体温が下がっていないかどうか確認してみて下さいね。

顔色が悪い原因②【便秘気味】

顔色が悪い場合に考えられる原因の2つ目。それは多くの女性の悩みと言えるでしょう便秘が関係している可能性があります。

一般的に、便通がない状態が3日以上続くと便秘と判断されるのですが、この便秘は男性よりも女性の方が多く悩まされていると言われているのです。

この便秘がなぜ顔色が悪いという状態と関係しているのでしょうか?

便というのは、体の中で必要のなくなったもの、即ち老廃物が排出されたものなのですね。

その老廃物がちゃんと体外へ排出されていないということは、体の中に不必要な物質がたまっているという状態だと言えるのです。

これが血液の循環を悪くしてしまっていることから、顔色が悪いと感じてしまっているのかもしれません。

便秘の原因にはストレスなどがよく挙げられますが、運動不足や偏った食生活なども影響しているので、思い当たる場合には改善する必要がありますね。

この便秘によって顔色が悪いと感じる場合には、顔色が黒いなと感じることが多いです。

顔色が悪い原因③【緊張やストレス】

顔色が悪い原因には、先ほどから何度か登場しているストレスという重視すべきことがあります。

ここではこのストレスにもう少しフォーカスしてご紹介していきたいのですが、ストレスと聞くとイライラするといった心理状態が思い浮かぶでしょう。

しかし、体が感じるストレスというのはそのようなイライラだけではありません。

人前に立つ時など何か緊張感を感じるときってあると思うのですが、その緊張感も体にとってはストレスとなります。

それだけではなく、なにかを不安に思ったり、いつもとは違う慣れない環境で過ごしている時にも体はストレスを感じている場合があるのですね。

体はこのストレスに敏感に反応します。

ストレスを感じることでも血管が縮んでしまうことがありますので、それによって体の血の巡りが悪くなってしまうのです。

この場合は、顔色が青白いと感じる場合が多いようです。

顔色が悪い原因④【呼吸が浅い】

次のページ

顔色が悪い原因⑤【タバコ】

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely