「全然大丈夫です。」は正しい日本語?敬語として使うのは間違い?

「全然大丈夫です。」は正しい日本語?敬語として使うのは間違い?

今や日常的に使われている「全然大丈夫」という日本語ですが、みなさんは違和感を覚えませんか。「全然」と「大丈夫」は対比の言葉なはずなのに、既に日本には定着していますよね。仲間内だけでなく、会社の上司にも使える言葉なのでしょうか。使っても全然大丈夫??

記事の目次

  1. 1.正しい日本語・綺麗な日本語
  2. 2.「全然大丈夫」の「全然」の意味
  3. 3.「全然大丈夫」の「大丈夫」の意味
  4. 4.時代の流れ
  5. 5.「全然大丈夫」以外の「全然〇〇」
  6. 6.年配者は「全然大丈夫」をどう思う?
  7. 7.上司や取引先に「全然大丈夫」は使えるのか
  8. 8.言葉は生きもの
  9. 9.正しいコト正しくないコト
  10. 10.まとめ

正しい日本語・綺麗な日本語

「全然大丈夫」は?

日本人に生まれたからには、母国語である日本語を正しく綺麗に使いたいものですよね。みなさんは自分の言葉に自信があるでしょうか。
正しい日本語、綺麗な日本語のお手本といえば、アナウンサーや皇室の方々の日本語でしょう。聞き取りやすく、正確に発音されていますね。

お住まいの地域によって少なからず方言はあるものです。方言は正しい日本語、綺麗な日本語に属するのでしょうか。
他の地域の人には難解で何を言っているのかさっぱりわからない言葉でも、その地域では「正しく」使われていますよね。
言葉の「正しい」「間違い」は難解です。国語学者の「文法」に乗っ取った言葉であれば「正しい」言葉なのですよね。

「全然大丈夫」の「全然」の意味

「全然」という言葉は否定を表す言葉です。
使い方としては「全然○○ない」のように全然+否定形で使うのが正しいとされていました。
しかし、どうやらあながち間違った使い方とも言えないようなのです。

かの夏目漱石も、「全然○○ない」のような使い方をしていたそうです。昔は普通に使われていた言葉だったのです。
そうなると、「全然大丈夫」という言葉も決して間違いではありませんよね。
しかし、昭和20年代から、このような使い方はおかしいとされるようになってきたようです。


◆関連記事:おこがましいってどうやって使えばいいの?

おこがましいの意味と使い方は?例文や類語・漢字表記も解説! | Lovely[ラブリー]のイメージ
おこがましいの意味と使い方は?例文や類語・漢字表記も解説! | Lovely[ラブリー]
仕事をしていると、何かと「おこがましい」という言葉を使いますが正しい意味と使い方を理解していますか?何でも自分が話す時に「おこがましい」と付ける人がいますが、その意味と使い方で本当に大丈夫なのでしょうか?!「おこがましい」についてもう一度確認してみましょう!

「全然大丈夫」の「大丈夫」の意味

「大丈夫」は肯定を意味しています。なので、「全然」のあとに付けることがおかしいとされています。
普段使ったり耳にしても、もはや違和感がないほどの日常語になっているため気に留めなくても、あえて『でもそれはおかしくないか?』と言われると自信が無くなる言葉ですよね。

古くから「全然○○ない」という言葉があったのですが、日本語教育のなかでは、このような使い方は避けるべきであるとされています。
確かに、アナウンサーの方がこの使い方をすることはないですね。
間違いなわけではないが「正しい」とも言い切れない、とてもグレーな言葉であるようです。

時代の流れ

流れに乗った「全然大丈夫」

その時代、その時代で流行の言葉があります。流行語大賞というものまである現代は、流行の言葉をすぐ口癖にしてしまう人で溢れています。
気に入った言葉や目新しい言葉をすぐ口癖にし、時代の流れと共に口癖も変わる、そういう人はたくさんいます。
使っていて面白いか、流行に乗れているか、ここを気にする人があまりにも多いことが、日本語が乱れていく原因でもあるでしょう。

次のページ

「全然大丈夫」以外の「全然〇〇」

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely