「全然大丈夫です。」は正しい日本語?敬語として使うのは間違い?

今や日常的に使われている「全然大丈夫」という日本語ですが、みなさんは違和感を覚えませんか。「全然」と「大丈夫」は対比の言葉なはずなのに、既に日本には定着していますよね。仲間内だけでなく、会社の上司にも使える言葉なのでしょうか。使っても全然大丈夫??

「全然大丈夫です。」は正しい日本語?敬語として使うのは間違い?のイメージ

目次

  1. 正しい日本語・綺麗な日本語
  2. 「全然大丈夫」の「全然」の意味
  3. 「全然大丈夫」の「大丈夫」の意味
  4. 時代の流れ
  5. 「全然大丈夫」以外の「全然〇〇」
  6. 年配者は「全然大丈夫」をどう思う?
  7. 上司や取引先に「全然大丈夫」は使えるのか
  8. 言葉は生きもの
  9. 正しいコト正しくないコト
  10. まとめ

正しい日本語・綺麗な日本語

「全然大丈夫」は?

日本人に生まれたからには、母国語である日本語を正しく綺麗に使いたいものですよね。みなさんは自分の言葉に自信があるでしょうか。
正しい日本語、綺麗な日本語のお手本といえば、アナウンサーや皇室の方々の日本語でしょう。聞き取りやすく、正確に発音されていますね。

お住まいの地域によって少なからず方言はあるものです。方言は正しい日本語、綺麗な日本語に属するのでしょうか。
他の地域の人には難解で何を言っているのかさっぱりわからない言葉でも、その地域では「正しく」使われていますよね。
言葉の「正しい」「間違い」は難解です。国語学者の「文法」に乗っ取った言葉であれば「正しい」言葉なのですよね。

「全然大丈夫」の「全然」の意味

「全然」という言葉は否定を表す言葉です。
使い方としては「全然○○ない」のように全然+否定形で使うのが正しいとされていました。
しかし、どうやらあながち間違った使い方とも言えないようなのです。

かの夏目漱石も、「全然○○ない」のような使い方をしていたそうです。昔は普通に使われていた言葉だったのです。
そうなると、「全然大丈夫」という言葉も決して間違いではありませんよね。
しかし、昭和20年代から、このような使い方はおかしいとされるようになってきたようです。


◆関連記事:おこがましいってどうやって使えばいいの?

おこがましいの意味と使い方は?例文や類語・漢字表記も解説!

「全然大丈夫」の「大丈夫」の意味

「大丈夫」は肯定を意味しています。なので、「全然」のあとに付けることがおかしいとされています。
普段使ったり耳にしても、もはや違和感がないほどの日常語になっているため気に留めなくても、あえて『でもそれはおかしくないか?』と言われると自信が無くなる言葉ですよね。

古くから「全然○○ない」という言葉があったのですが、日本語教育のなかでは、このような使い方は避けるべきであるとされています。
確かに、アナウンサーの方がこの使い方をすることはないですね。
間違いなわけではないが「正しい」とも言い切れない、とてもグレーな言葉であるようです。

時代の流れ

流れに乗った「全然大丈夫」

その時代、その時代で流行の言葉があります。流行語大賞というものまである現代は、流行の言葉をすぐ口癖にしてしまう人で溢れています。
気に入った言葉や目新しい言葉をすぐ口癖にし、時代の流れと共に口癖も変わる、そういう人はたくさんいます。
使っていて面白いか、流行に乗れているか、ここを気にする人があまりにも多いことが、日本語が乱れていく原因でもあるでしょう。

正しい日本語、綺麗な日本語は聞いていて気持ちの良いものです。それは方言であっても同じことですよね。
言葉は使う人の内面を如実に表します。乱れた日本語を平気で使ったり、子供に対し乱れた日本語を正さない親は、日本語に対する意識の低さが垣間見えます。

日本語を正しく使うということは、話す相手に敬意を表すことに繋がります。敬語をまだ使えない子供でも、正しい日本語を使っていれば、他人の子供であっても生末が安心できるものですよね。


◆関連記事:正しく言葉を遣いたいあなたへ

「至らない点」の意味と使い方!メールでの挨拶の例文など!

「全然大丈夫」以外の「全然〇〇」

「全然大丈夫」以外でも、よく使われている全然○○という言葉は多いですよね。
「全然美味しい」「全然平気」「全然間に合う」等々、どれも「全然」のあとに肯定形の言葉が来ています。
これらすべてが疑問視されている言葉になります。

しかし、「全然」+肯定形が間違いとは言えないわけですから、これら全て間違っているわけではありません。
これまで使われてこなかった文法であり、グレーな使い方であるがゆえに、耳にしっくりこないことが「間違いである」とされているわけです。

耳馴染みのない言葉は、どうしても直感的に否定したくなります。
しかもそれを使っている中心が若者となると、「今どきの言葉」扱いとなり、流行の言葉扱いされ、結果として乱れた日本語と認定されてしまうのですね。

年配者は「全然大丈夫」をどう思う?

年配の方々は、とても厳しく日本語教育を受けてこられた方もいますから、正しい日本語が使われているか気にする方が多いです。
どうしても日本語の間違いが多い若者が「全然○○」という言い方をすると、それこそ耳馴染みがないために。その言葉を間違いとするでしょう。


「全然大丈夫」などの「全然○○」は、日常どこでも耳にするようになりました。
しかし日本語は時と場合によって使い分けなくてはいけませんよね。
年配の方々は、その使い分けに長けています。年配の方々に見習う部分は多く、日本の未来に向けても正しい日本語を残していきたいものですよね。

上司や取引先に「全然大丈夫」は使えるのか

「全然大丈夫」が間違った日本語でないとしても、正しいとも言い切れない、それを仕事上、上司に使っていいかどうか…。

使っても間違いではないですが、使わないほうがベスト、というところではないでしょうか。
間違っているわけではないグレーな言葉ですが、グレーはグレーであって、白ではありません。白でない言葉は使わないに越したことはないのです。

特に仕事上で上司や取引先など、重要な人物が相手である場合、失礼に当たる言葉は勿論禁句ですが、耳馴染みのない流行り言葉や若者言葉的な言葉も禁句です。
会社勤めしている以上は敬語は使えて当たり前のはずです。流行り言葉を覚える前に敬語を覚える努力をしない人間は、会社には必要ないのです。

仕事をする上で、電話対応ができない新入社員が多い現代、それはネット社会になり、会話を文字で行う文化になってきているのが原因でしょう。
話し言葉と書き言葉が混同し、面と向かって話すよりも文字で伝えるほうが楽であると感じている若者は多いです。
実際に言葉を口頭で伝えることが不慣れとなり、会社勤めを始めた途端、口頭での伝達に戸惑う若者、そしてその現実を目の当たりにする上司や先輩は、それぞれの苦悩があるわけです。

言葉は、一度発してしまったら取り返しがつかないものです。
仕事をする上で、言葉選びはとても重要です。まずは敬語を覚えること、わからない言い回しは先輩社員に聞くことです。
先輩社員だって最初からソツなくこなしてきたわけではありません。わからないことを聞いてくる後輩は可愛がられるものですから、いろんな言い回しを聞いてみるといいですね。


◆関連記事:探求心の使い方はこちら

探究心の意味と使い方とは?探究心が強い人の特徴と自己PR例文も!

言葉は生きもの

「全然大丈夫」も生きている

言葉というものは生きています。
つまり、実際には言葉には有効期限があるようなもので、かつて言った言葉が今となっては無効…ということがなかったでしょうか。

「君の事、一生好きでいるよ」と言われたとします。言われた本人はその時は嬉しくて舞い上がってしまいますよね。しかし、第三者が冷静に聞くとどうでしょう。一生?無理でしょ。となりませんか?

そして、その二人に別れの時がやってきたとします。一生好きでいると言った言葉、その時は心から言った言葉であっても、別れの時にはもうその言葉は生きてはいませんね。
言葉というものは、その時その時だけのものと考えたほうがいいのです。
だからこそ、仕事をする上での言葉は、自分と会社の考えを伝える言葉ですので、より大事に言葉選びをしなくてはいけません。

一瞬一瞬を表現する日本語、時代を物語る日本語ですから、「全然大丈夫」も、この先日本人に愛されて使われ続ければ、将来はグレーではなく白とされることでしょう。

死語とされる言葉は過去に山ほど生まれましたが、どれも時代を物語る言葉です。いまだに死語を口癖にしている方もいらっしゃるでしょうが、それはそれで微笑ましいものです。口癖も、その人の内面を垣間見ることが出来ますから、人間観察の意味でもとても興味深いですよね。

正しいコト正しくないコト

正しいか間違いか、その判断は下すのは基本的に周囲にいる人間ですよね。
自分が正しいと思って使っている日本語も、周囲の人間に認められなければ、それは正しいとは言い硬くなります。
「全然大丈夫」も、周囲が認めてくれれば間違いではなくなるというわけです。

しかし、仕事に於いて、間違いは許されません。仕事をするときには仕事をするスタンスの日本語を使わなくてはいけません。
「全然大丈夫」は、仕事向きの言葉とは言い難いのではないでしょうか。
既に口癖になってしまっている方も多いでしょうが、仕事中はその口癖が出ないように気を付けたほうが無難でしょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。普段使っている「全然大丈夫」の使い方を少し見直そうと思われたでしょうか。
仕事で必要な敬語をマスターできている人は、若者では絶対的に少ないですが、時間が経てば敬語は自然と身に付くものです。
先輩社員の対応を見ていれば、自ずと敬語は身に付きますから安心して大丈夫ですよ。

「全然大丈夫」が口癖の方も、会社勤めしていれば言っていい時とまずい時の判断はついてきますし、次第にその口癖も変なタイミングで出ることはなくなることでしょう。

間違った日本語なわけではないですから、時と場所を考えながら使っていければいいですね。
これからどんな日本語が生まれて、そして消えていくのか楽しみになりますね。

もっと言葉について知りたいアナタはこちらもチェック

励ます言葉9選!【仕事・病気】落ち込んだ時にNGの言葉は?
「頑張ってね」よりも男性が言われたい言葉!これで彼を癒そう
人格否定とは?人格否定になる言葉や発言の例と特徴解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ