「全然大丈夫です。」は正しい日本語?敬語として使うのは間違い?

「全然大丈夫です。」は正しい日本語?敬語として使うのは間違い?

今や日常的に使われている「全然大丈夫」という日本語ですが、みなさんは違和感を覚えませんか。「全然」と「大丈夫」は対比の言葉なはずなのに、既に日本には定着していますよね。仲間内だけでなく、会社の上司にも使える言葉なのでしょうか。使っても全然大丈夫??

記事の目次

  1. 1.正しい日本語・綺麗な日本語
  2. 2.「全然大丈夫」の「全然」の意味
  3. 3.「全然大丈夫」の「大丈夫」の意味
  4. 4.時代の流れ
  5. 5.「全然大丈夫」以外の「全然〇〇」
  6. 6.年配者は「全然大丈夫」をどう思う?
  7. 7.上司や取引先に「全然大丈夫」は使えるのか
  8. 8.言葉は生きもの
  9. 9.正しいコト正しくないコト
  10. 10.まとめ

正しい日本語、綺麗な日本語は聞いていて気持ちの良いものです。それは方言であっても同じことですよね。
言葉は使う人の内面を如実に表します。乱れた日本語を平気で使ったり、子供に対し乱れた日本語を正さない親は、日本語に対する意識の低さが垣間見えます。

日本語を正しく使うということは、話す相手に敬意を表すことに繋がります。敬語をまだ使えない子供でも、正しい日本語を使っていれば、他人の子供であっても生末が安心できるものですよね。


◆関連記事:正しく言葉を遣いたいあなたへ

「至らない点」の意味と使い方!メールでの挨拶の例文など! | Lovely[ラブリー]のイメージ
「至らない点」の意味と使い方!メールでの挨拶の例文など! | Lovely[ラブリー]
仕事上のやりとりの中で言葉遣いは大変重要です。 仕事で未熟な部分があった際に「至らない点」と表現して謙遜する場合がありますが、正確にはどう使ったら良いのでしょうか?間違った表現で謝罪しては火に油を注ぐことも。「至らない点」の意味と使い方を見ていきましょう。

「全然大丈夫」以外の「全然〇〇」

「全然大丈夫」以外でも、よく使われている全然○○という言葉は多いですよね。
「全然美味しい」「全然平気」「全然間に合う」等々、どれも「全然」のあとに肯定形の言葉が来ています。
これらすべてが疑問視されている言葉になります。

しかし、「全然」+肯定形が間違いとは言えないわけですから、これら全て間違っているわけではありません。
これまで使われてこなかった文法であり、グレーな使い方であるがゆえに、耳にしっくりこないことが「間違いである」とされているわけです。

耳馴染みのない言葉は、どうしても直感的に否定したくなります。
しかもそれを使っている中心が若者となると、「今どきの言葉」扱いとなり、流行の言葉扱いされ、結果として乱れた日本語と認定されてしまうのですね。

年配者は「全然大丈夫」をどう思う?

年配の方々は、とても厳しく日本語教育を受けてこられた方もいますから、正しい日本語が使われているか気にする方が多いです。
どうしても日本語の間違いが多い若者が「全然○○」という言い方をすると、それこそ耳馴染みがないために。その言葉を間違いとするでしょう。


「全然大丈夫」などの「全然○○」は、日常どこでも耳にするようになりました。
しかし日本語は時と場合によって使い分けなくてはいけませんよね。
年配の方々は、その使い分けに長けています。年配の方々に見習う部分は多く、日本の未来に向けても正しい日本語を残していきたいものですよね。

上司や取引先に「全然大丈夫」は使えるのか

「全然大丈夫」が間違った日本語でないとしても、正しいとも言い切れない、それを仕事上、上司に使っていいかどうか…。

使っても間違いではないですが、使わないほうがベスト、というところではないでしょうか。
間違っているわけではないグレーな言葉ですが、グレーはグレーであって、白ではありません。白でない言葉は使わないに越したことはないのです。

特に仕事上で上司や取引先など、重要な人物が相手である場合、失礼に当たる言葉は勿論禁句ですが、耳馴染みのない流行り言葉や若者言葉的な言葉も禁句です。
会社勤めしている以上は敬語は使えて当たり前のはずです。流行り言葉を覚える前に敬語を覚える努力をしない人間は、会社には必要ないのです。

仕事をする上で、電話対応ができない新入社員が多い現代、それはネット社会になり、会話を文字で行う文化になってきているのが原因でしょう。
話し言葉と書き言葉が混同し、面と向かって話すよりも文字で伝えるほうが楽であると感じている若者は多いです。
実際に言葉を口頭で伝えることが不慣れとなり、会社勤めを始めた途端、口頭での伝達に戸惑う若者、そしてその現実を目の当たりにする上司や先輩は、それぞれの苦悩があるわけです。

言葉は、一度発してしまったら取り返しがつかないものです。
仕事をする上で、言葉選びはとても重要です。まずは敬語を覚えること、わからない言い回しは先輩社員に聞くことです。
先輩社員だって最初からソツなくこなしてきたわけではありません。わからないことを聞いてくる後輩は可愛がられるものですから、いろんな言い回しを聞いてみるといいですね。


◆関連記事:探求心の使い方はこちら

探究心の意味と使い方とは?探究心が強い人の特徴と自己PR例文も! | Lovely[ラブリー]のイメージ
探究心の意味と使い方とは?探究心が強い人の特徴と自己PR例文も! | Lovely[ラブリー]
探究心が強い人という言葉を聞いたことがありますでしょうか?また探究心が強いと言われる人にはどのような印象を抱きますでしょうか?この探究心が強い人には、共通して見られる特徴があります。今回は探究心が強い人の特徴や、それを活かした自己PRの例文をご紹介します!

言葉は生きもの

「全然大丈夫」も生きている

次のページ

正しいコト正しくないコト

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely