わだかまりの意味と使い方は?わだかまりを解消する方法も解説!

「わだかまり」の言葉の意味をご存知ですか?少し難しい言葉ですが、覚えておくと便利です。わだかまりの意味や使い方、語源を調べてみました。また、実際にわだかまりが起こった時に、どう解消したらいいかも悩みますよね。そんなときの解消方法も解説します。

わだかまりの意味と使い方は?わだかまりを解消する方法も解説!のイメージ

目次

  1. わだかまりの意味と使い方は?わだかまりを解消する方法も解説!
  2. わだかまりの意味と使い方は?①わだかまりの意味は?
  3. わだかまりの意味と使い方は?②わだかまりの使い方は?
  4. わだかまりの意味と使い方は?③わだかまりを使った例文
  5. わだかまりの意味と使い方は?④わだかまりの文体は変化する
  6. わだかまりの意味と使い方は?⑤わだかまりの類語は?
  7. わだかまりの意味と使い方は?⑥わだかまりの語源は?
  8. 人間関係でわだかまりが生まれるとどうなる?
  9. 人間関係のわだかまりを解消する方法は?
  10. わだかまりを解消する方法①本音で話し合う
  11. わだかまりを解消する方法②素直に謝ることで解消する
  12. わだかまりを解消する方法③相手の良いところを見つける
  13. わだかまりを解消する方法④根に持たないことで解消
  14. わだかまりを解消する方法⑤常に冷静に話し合う
  15. わだかまりを解消する方法⑥いつも通りに話しかける
  16. わだかまりを解消する方法⑦時間が解消してくれるのを待つ
  17. わだかまりを解消する方法⑧相手を許す
  18. わだかまりを解消する方法⑨悪意がないことを伝える
  19. わだかまりを解消する方法⑩もとの関係に戻りたいことを伝える
  20. わだかまりの意味と使い方は?まとめ

わだかまりの意味と使い方は?わだかまりを解消する方法も解説!

日本語は、難しい言語のひとつだと言われています。
最近は、言葉の意味が分からないけれど、なんとなくニュアンスで使っている言葉も多いのではないでしょうか。
その言葉の中の一つに、「わだかまり」が入ると思います。

「わだかまり」は、なんとなくのイメージはわかりますよね。
仕事の中でも「わだかまりを無くそう」なんて言われることもあると思います。
でも、この「わだかまり」はどういう意味なのかを説明しろと言われると、上手く意味が説明できない言葉だと思います。
今回は、この「わだかまり」について、色々な角度から解説させていただきます。

わだかまりの意味と使い方は?①わだかまりの意味は?

まずは、「わだかまり」とは、どういう意味を持った言葉なのでしょうか。
「わだかまり」という言葉自体は、聞いたことがありますよね。
「わだかまり」を辞書で引いてみると、「すらすらと運ばず、つっかえていること」「心の中につっかえた状態になっていてたまっている感情」という解釈が出てくるようです。
すらすらと運ぶとはどういうことなのか、つっかえているとはどういうことなのか。
イメージはわかるのですが、やっぱり言葉の意味はよくつかめません。

違う辞書を引いてみると、「不安や不平不満が心の中でぐるぐるとしていて、すっきりしない様子」という解釈が出てきました。
つまり他人に対する不安や不信感で、心がすっきりしない様子、という意味になるようです。
自分の心の中で起こっている、負の感情をあらわしているのだそうです。
難しい心の動きを、無理やり一言で表現した言葉のようです。

わだかまりの意味と使い方は?②わだかまりの使い方は?

負の心の動きを表現した「わだかまり」は、どのようにどんな時に使うのでしょうか。
「わだかまり」は、自分が悩んでいたり、すっきりしない時などに使われます。
心の動きなので、主語の多くは「自分」「私」などになります。
上にも書いたように、他人への不信感がある時に使う言葉になります。

しかし、「わだかまり」の意味を知らないために、間違った場面で使ってしまっていたこともあるのではないでしょうか。
例えば、「この問題は難しくてわからない」ということを、「この問題はわだかまりがあるな」なんて言ってしまっていませんか?
問題に不信感がある、と抗議をしていると捉えかねられません。
正しい場面で、正しく「わだかまり」が使えるように、「わだかまり」を使った例文を見ていこうと思います。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

わだかまりの意味と使い方は?③わだかまりを使った例文

〈わだかまりを使った例文1〉
相手の言動に、何故だかわだかまりを感じてしまう。
そのわだかまりが何であるかは、誰にも説明できないことでしょう。

上の使い方の例文は、「その不信感ですっきりしていない事が何であるかは、誰にも説明できないことでしょう」と言い換えることができます。

〈わだかまりを使った例文2〉
相手は何も言わずに、私の隣の椅子に座った。
ただ自分の心の中に、その仕事にわだかまりが残っている気持ちだけは話してしまいたい。

上の使い方の例文は、「ただ自分の心の中に、その仕事のことで相手に対する不信感ですっきりしない気持ちが残っていることだけは、話してしまいたい」と言い換えることができます。

〈わだかまりを使った例文3〉
彼は、すっきりとした表情で窓から景色を眺めている。
私がまだ、心にわだかまりを秘めているなどということを、彼が知る必要はない。

上の使い方の例文は、「私がまだ、心に不信感ですっきりしない気持ちを秘めているなどということを、彼が知る必要はない」と言い換えることができます。

〈わだかまりを使った例文4〉
私は、少し感情的になっていた。
胸にわだかまっていたことを存分にぶちまけ、彼はそれを聞いてくれた。

上の使い方の例文は、「胸にあった不信感ですっきりしない気持ちを存分にぶちまけ、彼はそれをきいてくれた」と言い換えることができます。

〈わだかまりを使った例文5〉
今日は休日であった。
全員が仕事に出席するらしく、そこになんのわだかまりはなかった。

上の使い方の例文は、「全員が仕事に出席するらしく、そこになんの不信感ですっきりしない気持ちはなかった」と言い換えることができます。

〈わだかまりを使った例文6〉
まるで、シナリオでもあるかのように、早口で会話が進む。
会話のスムーズさが妙なしこりとなって、私の中にわだかまりが生じた。

上の使い方の例文は、「会話のスムーズさが妙なしこりとなって、私の中に相手に対する不信感ですっきりしない気持ちが生まれた」と言い換えることができます。

〈わだかまりを使った例文7〉
これでもう、お互いになんの秘密も持ち合わせていない。
お互いの仕事上の秘密を知ったことでわだかまりも消え、2人は友達となる。

上の使い方の例文は、「お互いの仕事上の秘密を知ったことで相手に対する不信感ですっきりしない気持ちが消え、2人は友達となる」と言い換えることができます。

〈わだかまりを使った例文8〉
どちらかを選ばなくてはいけない。
仕方なく仕事のチームの解散に同意はしたものの、心のどこかにわだかまりがある。

上の使い方の例文は、「仕方なく仕事のチームの解散に同意はしたものの、心のどこかに不信感ですっきりしない気持ちがある」と言い換えることができます。

〈わだかまりを使った例文9〉
あまりにも興奮しすぎたためか、涙も出ていたようだった。
まだ、さっきの感情の爆発の余韻が胸にわだかまっているようだった。

上の使い方の例文は、「まだ、さっきの感情の爆発の余韻が胸に不信感となってすっきりしない気持ちが残っているようだった」と言い換えることができます。

〈わだかまりを使った例文10〉
相手の言葉には、嘘は無いようではあった。
胸の中には、何だか大きな異物がわだかまっているような気がする。

上の使い方の例文は、「胸の中には、何だか大きな異物が不信感となってすっきりしていない気持ちにさせる」と言い換えることができます。

〈わだかまりを使った例文11〉
もう、これで全部話した、と相手は席に着いた。
だけど、なんとなくまだ、胸の中にわだかまるものがあるのを感じていた。

上の使い方の例文は、「だけど、なんとなくまだ、胸の中に不信感となって、すっきりとしていない気持ちがあるのを感じていた」と言い換えることができます。

わだかまりの意味と使い方は?④わだかまりの文体は変化する

「わだかまり」を使った例文を11例見てきました。
「わだかまり」という言葉が入ると、なんだか固い文章のような感じがしますね。
使い慣れていない言葉だと、少しかしこまった感じがでます。
そのため、仕事のシーンや、深刻なシーンで使われる言葉なのでしょうね。

例文では、それぞれの文によって「わだかまり」というのは、その「わだかまり」の単語だけで使う言葉ではないことがわかります。
「わだかまっていた」「わだかまっている」「わだかまる」と文体も変化します。

「わだかまり」の意味が分かることで、色々なシーンで「わだかまり」の使い分けをする方法を知ることができますね。
仕事やプライベートの時など、他にも使う方法があると思うので、言葉のバリエーションを増やしていってください。

わだかまりの意味と使い方は?⑤わだかまりの類語は?

「わだかまり」は、色々なシーンで使う方法のある言葉だということがわかりました。
では、「わだかまり」の類義語には、どんなものがあるのでしょうか。
調べてみると、書ききれないほどたくさんの類義語が出てきました。
「わだかまり」自体が、それだけメジャーな言葉ではないのかもしれません。
類義語であげた言葉の方が、普段よく使う言葉ではないでしょうか。
先ほども書きましたが、それだけ「わだかまり」という言葉を使う時は、深刻な時だということかもしれません。

「わだかまり」の類義語

・懸念事項
・気がかり
・心に引っかかっている
・割り切れない気持ち
・心のしこり
・悩み事
・ジレンマ
・不平不満
・晴れない気持ち

「わだかまり」の類義語を調べてみました。
自分の心の中のネガティブな感情を表現する言葉が多いようです。
割り切れない気持ち、なんていうのはそのままですよね。
自分で生み出した、負の感情であるともいえます。
類義語を知ることで、より一層「わだかまり」の意味を理解することができました。
上記以外にも、「わだかまり」の類義語はあるようです。
興味のある人はぜひ、辞書をひいて調べてみてください。

わだかまりの意味と使い方は?⑥わだかまりの語源は?

「わだかまり」の意味がわかったところで、「わだかまり」の語源について考えてみます。
「わだかまり」は、漢字で書くと「蟠り」になります。
漢字の「蟠」は、「わだかまる」という読み以外にも、「バン」と読んだり、「ワラジムシ」という読み方もあります。
「蟠」には、蛇がトグロを巻く、という意味を持っています。
そのため、トグロを巻いた状態、渦状態のように曲がる、ということから、「まっすぐではない心の状態」を言っているのだと言われています。

また、「わだかまり」は曲がり屈むという意味もあるそうです。
曲がったように屈んでいる姿から、思い悩んでいたり、心がすっきりとせずに思い悩んでいる様子を連想したのかもしれません。
昔の人は、本当に想像力が豊かだったのですね。
「わだかまり」の語源は、諸説あるようなので、気になる人は調べてみてくださいね。

人間関係でわだかまりが生まれるとどうなる?

「わだかまり」の例文や意味、語源を調べてみてきました。
では実際に「わだかまり」が、自分や自分の近い人に生まれるとどうなるのでしょうか?
「わだかまり」が生まれるということは、自分の心の中に負の感情が沸き上がっている状態だと言えます。
相手に対しての不満になりますので、何かしてほしいけどしてくれない、という感情もあるでしょう。
また、相手がこうしてくれるかもしれない、と期待している時にも「わだかまり」は生まれやすくなります。

なぜなら自分が、納得のできる状態にならなかった時に、相手に対して負の感情を抱いてしまうからです。
例えば、「明日は私の誕生日だから、相手はきっとプレゼントを買ってきてくれるに違いない」と思っていたのに、相手はあなたの誕生日であったことを忘れていて、プレゼントを用意してくれていなかった時、この人は自分のことを大切に思ってくれているのだろうか、と不信感をいだきますよね。
それが、「わだかまり」の状態なのです。

そのため、「わだかまり」は見ず知らずの人に対して起こる感情ではないようです。
友人や、仕事仲間、恋人など、自分と距離が近い人に生まれる感情だと言えます。
「わだかまり」が、自分か相手のどちらかに生まれることによって、相手との関係は良くない方向を向いてしまうでしょう。

人間関係のわだかまりを解消する方法は?

それでは、そんな「わだかまり」を解消する方法はあるのでしょうか。
先ほども書いたように、友人や仕事仲間、恋人との「わだかまり」はできれば早めに解消しておきたいですよね。
あなたと相手が、元の関係に戻れるように、生まれてしまった「わだかまり」を解消する方法をいくつかご紹介していきます。

わだかまりを解消する方法①本音で話し合う

友人や仕事仲間、恋人に「わだかまり」が生じてしまった場合は、何か根本的な問題が発生していることが多いのです。
この場合の一番良い「わだかまり」の解消方法は、本音で話し合うことです。
どうして自分が相手に不信感を持ってしまったのかを、ぶつけてしまうのです。

例えば、仕事相手であれば、「メールを送ってほしいと言ったのに送ってくれなかった。何度も同じようなことをしているけれど、仕事を失敗させたいと思っているのか?」などです。
もしかしたら相手は、そのことであなたが不信感を持ったとは思っていなかったかもしれません。
しっかりと本音で話し合ってみたら、ただ相手に連絡が上手く伝わっていなかっただけ、なんてこともあるかもしれません。

自分の本当の気持ちや、相手の気持ちを伝えあうことで、不信感を無くしましょう。
「わだかまり」の状態が長くなってしまうと、お互い気持ちが悪くて、自然と距離を置く様になってしまいます。
本音で話し合っても「わだかまり」が消えることはなく、結局、自分と相手の関係は終わってしまうかもしれません。
それでも、少しでもすっきりするのであれば、しっかりとお互いが話をする必要があるでしょう。

わだかまりを解消する方法②素直に謝ることで解消する

友人や仕事仲間、恋人に「わだかまり」が生じてしまった場合、その原因が自分にあるなら、早めに相手に素直に謝ることが、「わだかまり」を解消する方法になります。
変に時間がたってしまい、ずるずると引きずっていては、「わだかまり」は解消されません。
友人や仕事仲間との「わだかまり」は、「あの時は、ごめんね」と簡単でいいので、自分が悪かったことを素直に謝りましょう。
友人や仕事仲間も、もしかしたら謝るタイミングを逃していて、謝ることも許すこともできずに困っていたかもしれません。
あなたから、「わだかまり」の解消のチャンスをつくってあげることも大切です。

恋人との「わだかまり」の解消には、少し時間がかかるかもしれません。
どんなことで「わだかまり」が生まれてしまったのかにもよります。
些細な喧嘩であれば、「あの時はごめんね」という、簡単な謝罪で「わだかまり」が解消されることもあります。
しかし浮気をした場合や、記念日を忘れたなどの場合は、その程度の簡単な謝罪では、「わだかまり」が解消できないことがあります。
「あの時は、記念日を忘れてしまって、寂しい思いをさせてごめんね」など、相手の気持ちを汲んだ謝り方をしたほうがよさそうです。
また、誠心誠意心をこめた謝罪が必要だと思います。

わだかまりを解消する方法③相手の良いところを見つける

友人や、仕事仲間、恋人などと「わだかまり」が生まれた時には、相手の良いところを見つけることも大切です。
「わだかまり」ができてしまうと、相手の悪いところばかりが見えてしまいます。
そのため、より悪い事ばかり考えて、「わだかまり」から抜け出せなくなってしまうこともあります。

相手のいいところを探してみると、そういえばあの時助けてもらったな、など相手を信じる要素を思い出すかもしれません。
そうすることで、相手への「わだかまり」を解消することができそうです。

わだかまりを解消する方法④根に持たないことで解消

友人や、仕事仲間、恋人などと「わだかまり」が生まれた時には、根に持たないことも大切です。
あなたが相手との「わだかまり」を解消したいと思っているのなら、過去のことを根に持ってはいけません。
すっぱりと忘れることはできないかもしれませんが、よりよい関係をつくるために、目をつむることも必要です。

■参考記事:根に持つタイプの心理って?コチラも参照!

根に持つタイプの人の心理・性格!根に持つ人への対策も解説

わだかまりを解消する方法⑤常に冷静に話し合う

友人や、仕事仲間、恋人などと「わだかまり」が生まれた時に、それを解消しようと思うのであれば、常に冷静に話し合うことが大切です。
相手に不信感があると、ついつい怒ったような話し方になってしまいますよね。
時には声を荒げてしまうこともあるかもしれません。
でも、それでは話が前には進みません。

少なくとも、あなたが相手との関係をよくしたいと考えているのであれば、まず落ち着いて話し合える環境をつくりましょう。
相手の話を聞いて、もしお互いの誤解であれば解決しなくてはいけないですし、どちらかに否があるのであれば謝罪するチャンスを作らなくてはいけません。
そのためには、まずはあなたが冷静になりましょう。
時間がかかるかもしれませんが、お互いが冷静になって話し合えることで、解消できるようです。

わだかまりを解消する方法⑥いつも通りに話しかける

友人や、仕事仲間、恋人などと「わだかまり」が生まれた時には、話し合ったり謝ったりする解消方法もありますが、あえていつも通りに話しかけることで、「わだかまり」が解消されることもあります。
いつも通りと言っても、何を話しかけていいかわからない、というときには、「おはよう」などの挨拶でもいいのです。
挨拶を快くするだけで、相手の気持ちが少し晴れていくこともあります。

もしかしたら、「わだかまり」があると思っていたのは自分だけで、相手は何も感じていなかったのかもしれません。
あなたの勘違いで、なんとなく嫌な空気が流れていたのであれば、あなたが普通に接することで、より相手の気持ちも晴れやかになると思います。
いつも通りに相手と接する、というのも「わだかまり」の解消方法になるのです。

わだかまりを解消する方法⑦時間が解消してくれるのを待つ

友人や、仕事仲間、恋人などとの間に「わだかまり」が生まれて、解消しようとアクションを起こしても、無駄になってしまうこともあります。
自分や、相手が冷静になれていない時には、何をやっても「わだかまり」を大きくするだけで、一向に解消する方法になることがありません。

「わだかまり」が生まれた原因にもよるのかもしれませんが、まずはお互いが冷静になれる時間が必要なのかもしれません。
相手のことを、少なからず思っているのであれば、時間が「わだかまり」を解消する方法になるかもしれません。

■参考記事:「来る者拒まず、去る者追わず」の人間関係にするには?コチラも参照!

来るもの拒まず去るもの追わずとはどんな心理?【人間関係】

わだかまりを解消する方法⑧相手を許す

友人や、仕事仲間、恋人などとの間に「わだかまり」が生まれて、「わだかまり」を解消したいと思った時、その原因が相手にあるのであれば、相手を許そうと思うことも大切です。
お互いが悪い場合もありますよね。
相手を責めることは簡単ですが、「わだかまり」を解消したいと思っているのであれば、まずは相手を許す気持ちを持ちましょう。
許すということは、言葉で言うよりも難しいことです。
心に余裕がないとできないことでしょう。
しかし、相手を許してあげることで、生まれた「わだかまり」を解消する方法になるのです。

わだかまりを解消する方法⑨悪意がないことを伝える

友人や、仕事仲間、恋人などとの間に「わだかまり」が生まれた場合、その原因が何かの誤解で生まれた可能性はないでしょうか。
自分の行動で、相手に何か不快な思いをさせてしまったことで「わだかまり」が生まれてしまったのではないでしょうか。

もしその可能性があるのなら、相手にしっかりと悪意がなかったことを伝えることで「わだかまり」が解消されることがあります。
自分と相手は、違う人間ですから、捉え方が変わってしまうこともありますよね。
しっかりと話をして、「自分はこういう意味で言ったけれど、誤解をさせていたらごめんね」と伝えることで、「わだかまり」を解消する方法になることがあります。

わだかまりを解消する方法⑩もとの関係に戻りたいことを伝える

友人や、仕事仲間、恋人などとの間に「わだかまり」が生まれた場合、相手がなかなかあなたに心を開いてくれないこともありますよね。
そんな時は、どうしたらいいのでしょうか。

一番簡単な方法は、諦めてしまうことです。
相手が「わだかまり」を解消する気がないのだから、もういいと投げ出してしまうことです。
でもあなたにとって、相手は大切な人だから「わだかまり」を解消したいと思っているはずです。
その素直な気持ちを、相手に伝え続けることも大切です。
相手も、あなたのことを大切に思って今まで付き合ってくれていたはずです。
あなたの気持ちは、きっと相手に届きます。
そうすることで、「わだかまり」を解消する方法となることがあります。

わだかまりの意味と使い方は?まとめ

いかがでしたか?
今回は、わだかまりの意味と使い方から、実際にわだかまりが生まれた時の解消方法までご紹介させていただきました。
なかなか普段の生活では使うことのない言葉ですが、シチュエーションは色々なところでありそうですね。
言葉の意味を理解して、正しく使うようにしましょう。

人間関係は難しい!コチラにもヒントはあります♪

損得勘定で動く人の性格と心理的特徴7選!どんな人間関係を築くの?
人間嫌い診断で性格と心理がわかる!人間関係のストレスをチェック!
人間関係がうまくいかない人の特徴9選!原因はなんなの?
人間関係リセット症候群の特徴と心理!人間関係リセット癖の対処法は?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ