丑三つ時の意味とは?何時なの?幽霊がよく出る時間帯?

丑三つ時という言葉を聞いたことがあっても、何時なのか知らない人は意外と多くいます。 今回はそんな丑三つ時の意味や、何時なのかということや、その他幽霊との関係性についてもご紹介していきます。 雑学として参考にしてみてくださいね。

丑三つ時の意味とは?何時なの?幽霊がよく出る時間帯?のイメージ

目次

  1. 丑三つ時の時間帯は?
  2. 【雑学:丑三つ時】由来は干支にあった
  3. 【雑学:丑三つ時】草木も眠る丑三つ時
  4. 【雑学:丑三つ時】幽霊の出やすい時間帯
  5. 【雑学:丑三つ時】逢魔が時も幽霊が出やすい
  6. 【雑学:丑三つ時】人が寝ぼけやすい時間帯でもある
  7. 【雑学:丑三つ時】丑の刻参りをする人も…
  8. 【雑学:丑三つ時】丑の刻参りを見ると…
  9. 【雑学:丑三つ時】草木も眠る丑三つ時の物語
  10. 【おわりに】

丑三つ時の時間帯は?

草木も眠る丑三つ時という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
しかし、丑三つ時と言われても実際何時なのか知らない人は数多くいます。

この草木も眠る丑三つ時というのは、午前2時から午前2時30分の30分の時間帯のことを指します。
草木も眠る丑三つ時は、はっきりと何時とは言えないようですね。
では、なぜ丑三つ時が30分もあるのかというと、これは平安時代の時間の数え方が由来となっています。

【雑学:丑三つ時】由来は干支にあった

草木も眠る丑三つ時の由来は平安時代にまでさかのぼります。

平安時代には現代のように12の数字を使って表す時計が無かったので、24時間を干支で区切るという方法がとられていました。
干支なら12匹いるので、ちょうど2倍すれが24時間になりますよね。

ですから、それぞれの干支には2時間ずつ割り当てられています。
今のように1分や1秒を意味することはできませんが、平安時代の人々にとって、何時なのかを知るためには画期的な発明だったことでしょう。
干支それぞれの時間帯は以下の通りです。

【雑学:丑三つ時】草木も眠る丑三つ時

子の刻…23時 〜 1時
丑の刻…1時 〜 3時
寅の刻…3時 〜 5時
卯の刻…5時 〜 7時
辰の刻…7時 〜 9時
巳の刻…9時 〜 11時

午の刻…11時 〜 13時
未の刻…13時 〜 15時
申の刻…15時 〜 17時
酉の刻…17時 〜 19時
戌の刻…19時 〜 21時
亥の刻…21時 〜 23時

草木も眠る丑三つ時が入っているのは丑の刻。午前1時~3時の2時間ですね。

また、丑の刻の中も4つに分けられており、30分単位で区切られています。
例えば、丑一つ時は、午前1時~午前1時30分。丑2つ時は午前1時30分~午前2時。丑3つ時は午前2時~午前2時30分。丑四つ時は午前2時30分~午前3時。
このようにそれぞれが区切られているんですね。

それに、今でも草木も眠る丑三つ時以外に動物の名前が入っている時間帯がありますよね。
例えば正午や午前などには牛という漢字が入っています。
牛の刻の手前の時間帯だから午前。牛の刻の後だから午後。
こうした呼び方も、この平安時代の頃の時間帯の呼び方が由来なんですね。

では、なぜ草木も眠る丑三つ時だけがこんなに有名になって残っているのでしょうか。
それは、丑三つ時という特殊な時間に由来がありました。

【雑学:丑三つ時】幽霊の出やすい時間帯

丑三つ時には幽霊が出ると考えられており、古くから恐れられてきました。
この考え方は、平安時代に重要視されていた陰陽道が由来となっています。

陰陽道には五行という考え方があり、方向や色などによって物事の相性や将来が決まってしまうと考えられていました。
どこの方角に何を置くと運気が上がるとか、下がるとか…現在でも風水の由来となっている考え方ですね。

その五行に従って物事を考えると、丑三つ時というのはとても不吉な時間帯に当たるのです。

干支を24時間で区切って円にしてみると、ちょうど北東の方角に丑三つ時が来ますよね。
この北東の方角というのは陰陽道ではとても不吉な方角で、鬼の出てくる方角。「鬼門」と呼ばれていました。
「鬼門」というのは言葉の通り、鬼が出入りする門を意味する言葉です。

丑三つ時はこの「鬼門」の方角にあることから、幽霊や鬼が門を開けて入ってくる時間帯だと考えらていたようです。
平安京は陰陽師によって結界が張られていると考えられていましたが、丑三つ時にはこの結界の力が弱まり、幽霊が沢山入ってきてしまうので、外から出ると怖いことが起こると信じられていたんですね。

それに、平安時代は今とは違って「草木も眠る」時間帯。電気もなく、静かで真っ暗というだけでも幽霊が出てきそうです。


◆関連記事:占いって本当に当たるの?

占いは当たらない?当たる?その理由を解説します!

【雑学:丑三つ時】逢魔が時も幽霊が出やすい

余談ですが、丑三つ時以外にも幽霊が出やすいとされている時間帯があります。
それが、「逢魔が時」です。
逢魔が時は、夕日が沈んで行く黄昏時を意味する言葉で、夕日の日差しが強くなる時間帯を指します。

夕日が強いと影が濃くなって相手の顔が見えなかったり、暗くなっていくと辺りが見えにくくなる時間でもありますよね。

この黄昏時という言葉は、そんな周囲が見えにくくなる時間帯に「誰そ彼」と聞いていることが由来になっていると言われています。
つまり、「あれは誰だ?」と聞いてしまうような時間帯ということですね。

こうした誰が誰なのかわかりにくい時間帯というのは、幽霊や鬼が人間に紛れて悪さをしやすい時間帯だと考えられていたので、「逢魔が時」、つまり「魔に逢う時間」と言われているんですね。


◆関連記事:日本沈没を予言した人をご存知ですか?

エドガーケイシーとは?日本沈没の予言は当たるか?

【雑学:丑三つ時】人が寝ぼけやすい時間帯でもある

幽霊に遭う、鬼に遭うと考えると怖いような気もしますが、最近ではそれが幻想ではないかということが科学的に解明されています。

というのも、丑三つ時という時間は、人の脳が最も寝ぼけやすい時間なんだそうです。
寝ぼけている時には、何かを見間違えてしまったり、意味の分からないことをしてしまいがちですよね。
例えば干してある白いシーツを幽霊と見間違えてしまったり、黒い影を人に見間違えてしまったり…。

そんな風に寝ぼけた脳が勘違いを起こしやすい時間帯が丑三つ時というわけです。
そうした科学的な考えの無かった時代に何かを見間違えてしまい、幽霊だ!と騒いでいたというわけですね。
しかし、本当に寝ぼけていただけなのかどうか考えるのはあなた次第です。
もしかしたら本当に幽霊が出ていたのかもしれませんよね。

【雑学:丑三つ時】丑の刻参りをする人も…

丑三つ時は鬼門が開いて霊界との繋がりが強くなる時間帯です。
そうした時間帯にはもちろん、霊的な呪術もよく行われていました。
その呪術の一つとして有名なのが丑の刻参りです。

丑の刻参りとは、白装束を着た人がろうそくを立てた冠のようなものを被り、呪いたい人に見立てた藁人形を五寸釘で打つという呪術です。

実は、この丑の刻参りは1日にしてならず、7日間もしなければなりません。
7日間、誰にも見られずに丑の刻参りができると、憎んでいた相手が、五寸釘を打った場所を怪我したり、病気になったり、死んでしまったりします。

この丑の刻参りで有名なのが京都にある貴船神社です。
縁結びとしても大変有名な神社ですが、丑の刻参りが有名になるきっかけにもなった「宇治の橋姫」の舞台でもあり、今でも五寸釘で打たれた藁人形があるそうですよ。

【雑学:丑三つ時】丑の刻参りを見ると…

丑の刻参りというのはそれだけでもとても怖差を感じる呪術ですが、実は人がこの丑の刻参りをしているのをみられてしまうと、とても恐ろしいことがあると言われています。
自分が丑の刻参りをしているところを誰かに見られてしまった場合、その呪いが自分に跳ね返ってくると言われているからです。

もし、その人が相手のことを殺したいほど憎んでいたのであれば、その呪いの力はかなりのものでしょう。
人を呪わば穴二つという言葉の通りですね。見られてしまうことが死を意味するかもしれません。
ですから、丑の刻参りをする人は何時も誰にも見られないようにと気を張っている必要があります。

また、丑の刻参りを見てしまった人もかなり危険です。
というのも、丑の刻参りをしている人は自分の願いをかなえるためには人に見られてはならず、もし人にその姿を見られてしまった場合にはその人を殺さなければならないとも言われているからです。
ただ見てしまっただけなのに命に危険が及ぶなんて嫌ですよね。
もし丑の刻参りをしている人を見てしまったら、安全のためにも見なかったことにして早々にその場を立ち去るのが正解でしょう。

【雑学:丑三つ時】草木も眠る丑三つ時の物語

丑三つ時は人々にとても怖がられていたことから、その物語も多く紡がれてきました。

例えば、あの有名な百鬼夜行も、この丑三つ時の時に見られたとされています。
ある人が愛人のもとからそそくさと帰ろうとして居た時に、それがちょうど丑三つ時で、鬼や幽霊の大群が来るのを見て陰で震えていたという物語です。

また、丑の刻参りのもととなった宇治の橋姫も丑三つ時を有名にするきっかけとなりました。
宇治の橋姫は夫をとられてしまった憎しみや悲しみから鬼になってしまうという物語で、安倍晴明が活躍する話として今でも能などの舞台で上演されています。

【おわりに】

以上「丑三つ時の意味とは?何時なの?幽霊がよく出る時間帯?」でした。
丑三つ時が何時なのか、その意味や由来を知ると意外な発見がありましたね。
今では丑三つ時も煌々と明るい現代ですが、まだまだ地方には「草木も眠る」ということを実感できそうなところがありそうですね。

もっと干支について知りたいアナタはこちらもチェック

干支の順番の意味や由来・理由は?十二支の覚え方・読み方も解説
十二支(干支)の相性・性格!【干支占い】
干支の漢字の意味は?普段と漢字が違う理由も解説

関連するまとめ

tm1ss0do
tm1ss0do

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ