怖い意味の花言葉を持つ35の花をご紹介!贈るときには要注意!

怖い意味の花言葉を持つ35の花をご紹介!贈るときには要注意!

花にはそれぞれ決まった花言葉があります。贈り物として花束を準備する時には、花言葉を確認してから、花を選ぶのではないでしょうか。しかし花には「怖い花言葉を持つ花」があります。今回は贈り物に花を選ぶときに気を付けて欲しい、怖い花言葉を持つ花を紹介します。

記事の目次

  1. 1.怖い花言葉の意味を持つ花
  2. 2.怖い花言葉の意味を持つ35の花
  3. 3.花を贈るときは花言葉をしっかりチェック!

怖い花言葉の意味を持つ花

花には花言葉があります。「幸せ」や「希望」のような明るいイメージの花言葉が付いている一方で、「不幸」や「絶望」や反対の意味の花言葉を持つ花があります。

また花によっては花びらの色によって花言葉が変わってしまう花もあります。贈った相手が花言葉を調べてショックを受けないように、花言葉はしっかりと調べましょう。怖い意味を持つ花を紹介しますので、花選びの参考にしてください。

怖い花言葉の意味を持つ35の花

怖い花言葉の意味を持つ花から、主だったものを35種類紹介します。一般的に人気のある花なのに、意外と怖い意味を持っている花もあります。事前に調べることにお役立てください。

1 黄色いカーネーション:軽蔑

カーネーションは4月~6月に開花時期を迎えます。母の日に送る花として、親しみの深い花ではないでしょうか。カーネーション全般には「無垢で深い愛」や、赤いものには「母への愛」という花言葉があります。

しかし古くから黄色の花には不吉な花言葉が付けられています。カーネーションも同様に黄色の花には「軽蔑」という花言葉があります。また「嫉妬」や「愛情の揺らぎ」という意味もあり、黄色のカーネーションには不吉なイメージが強いようです。

2 黄色いバラ:愛情の薄らぎ

「花の女王」と呼ばれるバラは5月中旬~6月上旬に開花の時期を迎えます。また品種によっては6月中旬~11月に開花時期を迎えるものもあります。花言葉は赤色なら「愛情」や「美」、白色なら「純潔」や「清純」を意味します。

しかし黄色いバラの花言葉は「愛情の薄らぎ」や「嫉妬」です。こちらも黄色の花にはネガティブな花言葉が付けられている傾向が見られます。バラの花の色は数種類花ありますが、花の色によって花言葉が変わります。

3 オレンジのユリ:憎悪

ユリは原産地が北半球の温帯地域の花で、5月下旬~6月上旬に開花時期を迎えます。スカシユリやテッポウユリのような品種があります。ユリは花の色によって花言葉が様々で、白色な「純潔」や「威厳」、赤とピンクは「虚栄心」という花言葉を持ちます。

一方でオレンジのユリは「憎悪」という花言葉を持ちます。同じように黄色のユリは「偽り」や「陽気」という花言葉があります。花の色によって花言葉が変わります。

4 白いゼラニウム:私はあなたの愛を信じない

ゼラニウムは南アフリカのケープ地方を原産としていて、4月~7月中旬、9月中旬~11月中旬に開花時期を迎えます。白・ピンク・赤・紫など花の色の種類があります。花の色によって花言葉が異なり、赤色なら「君ありて幸福」という花言葉を持ちます。

一方で白いゼラニウムは「私はあなたの愛を信じない」という花言葉を持ちます。またピンクのゼラニウムは「疑い」という花言葉を持ちます。

5 クローバー:復讐

次のページ

6 アンズ:疑い

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely