冬休み期間2017-2018!【小学校・中学・高校・大学】

当たり前のように過ごしている冬休み期間。それってもしかしたら普通の期間ではないかもしれません。そう、冬休み期間は地域によってかなり差が出るもの。あなたの地域の冬休みはいつから?今回は全国の冬休み期間についてご紹介します!

冬休み期間2017-2018!【小学校・中学・高校・大学】のイメージ

目次

  1. 冬休み期間2017-2018はいつまで?
  2. 【冬休み期間2017-2018】地域によってかなり差が出る
  3. 【冬休み期間2017-2018】冬休みは小学校と中学校で同じ?
  4. 【冬休み期間2017-2018】中学校や高校になると差が出る?
  5. 【冬休み期間2017-2018】高校が冬休みに入る時期は2通り!
  6. 【冬休み期間2017-2018】終業式の多い時期
  7. 【冬休み期間2017-2018】始業式の多い時期
  8. 【冬休み期間2017-2018】冬休みの平均日数は?
  9. 【冬休み期間2017-2018】大学の冬休みの期間は?
  10. 【冬休み期間2017-2018】東北地方の冬休みの平均日数
  11. 【冬休み期間2017-2018】北海道は長い!
  12. 【冬休み期間2017-2018】沖縄はものすごく短い
  13. 【冬休み期間2017-2018】冬休みの期間は暮らしぶりが関係
  14. 【冬休み期間2017-2018】夏休みに影響している?
  15. 【おわりに】

冬休み期間2017-2018はいつまで?

冬のイベントといえばクリスマスにお正月。子供なら元旦にお年玉ももらえますよね。羽根つきに餅つきに凧あげにすごろく、ゲーム大会などなど…。冬休みは楽しいイベントが目白押しです!
そんな冬休みが早く来ないかな?と思っている人も多いことでしょう。大人はどうかわかりませんが…。

一体冬休み期間はいつからいつまでなのでしょうか?大抵十数日だと思っている人が多いかもしれませんが、実はそうでもないんです。
今回は、冬休みの平均期間についてご紹介します!

■関連記事:冬休みは子供と遊びましょう♪こちらもチェック!

クリスマスのパーティーゲーム!幼児・子供から大人まで楽しめる!
正月遊び13選!子供に伝えたい伝統的な遊びまとめ!

【冬休み期間2017-2018】地域によってかなり差が出る

冬休みの平均期間は地域によってかなり差が出ます。大抵の場合、同じような時期に冬休みが始まり、同じような時期に冬休みが終わりますが、地域によってはとっても遅い時期に終わったり、とっても早い時期に終わったりするんです。
これは、地域の暮らしぶりに大きく影響されるためですね。というのも、雪が降るとかなり登校をするにも支障がでるもの。大変な思いをして学校へ行っても、危険です。
そうした危険性に配慮して、冬休みの期間は決まっているんですね。

【冬休み期間2017-2018】冬休みは小学校と中学校で同じ?

地域差のある冬休み期間ですが、冬休みの期間は小学校と中学校とでほとんど同じです。
義務教育中はほとんど同じ期間でお休みがもらえるんですね。ただ、小学校よりも中学生の方が冬休み期間が短いと言えるかもしれません。
中学校に入ると、クラブや部活動などに入る人が増えるでしょう。そうすると、クラブや部活動によってはかなり冬休みに練習が入ったり遠征が入る場合があります。

そうしたことを考えると、冬休み期間が小学校と同じとはいっても家に居る時間は小学校の時よりも短くなりそうですね。家族旅行の計画を立てるなら、そうした部活動などの予定を加味した方が良さそうです。

【冬休み期間2017-2018】中学校や高校になると差が出る?

小学校・中学校・高校でほとんど期間に差はないと言われていますが、やはり中学校・高校になると冬休みの期間に小学校とは差が出てきます。それは、やはり私立の中学校や高校が増えることが原因でしょう。
特別に3学期制ではなく2学期制などを設けている中学校や高校もあるので、冬休みの期間に差が出るのは当然だと言えそうです。特に高校になると大学受験というものがあるので、特に勉強に力を入れている私立高校の場合には冬休みの期間が極端に少なくなる場合もあります。

【冬休み期間2017-2018】高校が冬休みに入る時期は2通り!

12月25日のクリスマスを基準にする高校と、12月23日の天皇誕生日を基準にする高校です!
このどちらを基準にして冬休みに入るかによって、高校では冬休みの期間に差が出てきます。
というのも、もし12月23日に入るとしたら12月22日が終業式になりますよね。しかし、12月25日に冬休みに入るとしたら12月24日のクリスマスイブが終業式です。
ここで約2日間の差が出ます。
また、テスト期間が明けたら終業式ということも多くの高校で行われているので、補習があればその分冬休みの期間は短くなると考えた方が良いでしょう。

【冬休み期間2017-2018】終業式の多い時期

大抵の小学校・中学校・高校は12月22日、天皇誕生日の前日に終業式を執り行います。この日になると街のあちこちで小学生や中学生をみることが出来るでしょう。
天皇誕生日の前と言っても、子供たちの目はその次の日にくぎ付け。12月23日はもうすぐクリスマスイブの時期ですから。
クリスマス気分を味わう子どもたちも多そうです。

【冬休み期間2017-2018】始業式の多い時期

始業式の多い時期は、1月8日。大抵お正月の3が日ならぬ7が日が過ぎると、始業式を行う学校がほとんどのようです。お正月気分もつかのま。すぐに宿題をしなければ!となるわけですね。ただ、受験生にはそうしたことは関係ないかもしれませんが…。
1月8日が全国的に見ると平均の数字ですが、東北の方ではそれよりも一週間遅い、1月14日~1月17日あたりに始業式を行うところが多いようです。

【冬休み期間2017-2018】冬休みの平均日数は?

小学校から中学校、高校ではほとんど冬休みの期間に差が無いのです。ですから、平均日数も自然と近くなります。大抵冬休みの平均日数は12月23日から、1月7日まで。
ですから、大抵の場合14日間、つまり2週間ほどで冬休みが終わると考えて良いでしょう。

関東地方や中部地方、近畿地方、四国、中国は大抵の場合この平均期間内に冬休みが終わります。
クリスマスとお正月を過ごして、宿題を終えたらすぐに学校!という感じですね。
ただ、大人の冬休みの平均日数が1週間あるかないか…ということを考えたなら、かなり長い冬休み期間だと言えるでしょう。夏休みに比べると確かに短いですが…。

【冬休み期間2017-2018】大学の冬休みの期間は?

夏休みが2か月近くもある大学。
単位制なので、それほど大学の冬休みというのは、小学校や高校、中学校の時に比べて重要視するものでもないのかもしれません。大学の冬休みとはいっても、ほとんど単位をとりに来る必要が無ければ大学に行く用事もありませんからね。

しかし、冬休みの期間は大学が閉まってしまうということもあるので、一応大学の冬休みの平均日数をご紹介します。
といっても大学の冬休みの期間は高校や中学校、小学校とほとんど変わりません。
大学生になって暮らしぶりは変わっても、冬休みの期間はほとんど変わらないんですね。

【冬休み期間2017-2018】東北地方の冬休みの平均日数

冬休みの平均期間についてみてきましたが、やはりというべきかなんというべきか、東北地方はまた違った冬休みの長さがあります。東北地方は雪がおおいので、その関係で交通にも乱れが生じやすく、家の雪かきなどもあります。
そうした暮らしに対する配慮から、東北地方の冬休みは平均して1月14日くらいまで続くことがほとんどです。日数にして20日間ですね。

【冬休み期間2017-2018】北海道は長い!

東北の冬休みの平均日数が長いなら、もちろん北海道の冬休みの平均日数も長くなります。しかも東北よりもとても長いのです。それは雪が沢山降っているところに住んでいる暮らしぶりからうかがえるところでしょう。

北海道は、同じように12月23日ごろに冬休みに入り1月19日ごろまで冬休みです。ほとんど1月はまるまる休みですね。
その日数はおよそ25日間!もうまるまる1か月近く休みです。この冬休みの期間に雪遊びを楽しむ子供たちも多いようですね。

【冬休み期間2017-2018】沖縄はものすごく短い

冬休みの期間がとても長い北海道にくらべて、沖縄の冬休みの期間は、お察しの通りとても短いのです。もともと本州の方でもほとんどの学校が14日間と短い期間の冬休みですが、沖縄はまたとても短いです。
まず、大抵他と同じように12月23日ごろに終業式をしています。しかし、沖縄のほとんどの学校は1月4日に始業式をします。お正月の3が日が終わるとすぐです。

その期間はたったの10日間。1週間とちょっとのお休みですね。沖縄の子供たちの冬休みは、ほとんど社会人と変わりません。
沖縄の子供たちがかわいそう…とも思うかもしれませんが、そんなことはありません。沖縄では、冬休みが長い代わりに、日差しの強い夏休みが長くなるなどしてバランスがとれているようです。

【冬休み期間2017-2018】冬休みの期間は暮らしぶりが関係

以上のように、どのような暮らしをしているかで冬休みの期間は変わるようですね。
寒い地方に住んでいる東北や北海道の人は冬休みが長くなる傾向に、温かく、雪の心配のない沖縄に住んでいる人は冬休みの期間が短くなる傾向になるようです。
子供の安全を考えて、暮らしぶりに合わせた休みが設定されているようですね。
しかしどちらにしろ、冬休みの期間も夏休みの期間も、トータルするとほぼ同じのようですね。

【冬休み期間2017-2018】夏休みに影響している?

冬休みの期間だけ見ていると、北海道に住んだらあれだけ冬休みが長くなるのか~いいな~なんて思ってしまいそうですが、それは違います。確かに、暮らしのなかでどうしても冬休みが長くなっていますが、その分夏休みにも影響しているのです。

冬休みが長いのは北海道の雪が多い暮らしぶりのせいですが、そのツケは夏休みに回ってきます。
冬休みが長いのなら、夏休みを短くするしかない!というわけですね。
そこの暮らしにはそこの暮らしなりの工夫があるようです。

【おわりに】

以上、「冬休み期間2017-2018!【小学校・中学・高校・大学】」でした。
いかがでしたか?冬休みの期間、自分の小さな頃は常識のように考えていましたが、地域に差があるようですね。
大人になって、冬休みの期間どのくらいあった?なんて聞いてみるのも面白そうです。
また、学校の年間予定表に自分の学校の冬休み期間が書かれているはずなので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

もうすぐクリスマス♪こちらの記事もチェック!

東京のクリスマスマーケット5選!おすすめはどこ?【2017】
クリスマスプレゼントのおもちゃのおすすめは?【2017】
コンビニのクリスマスケーキ2017を比較!【予約方法・種類】
クリスマスディナーは手作りご飯で!おすすめレシピ紹介!【簡単】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ